FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

『 自然人 』






    晴れて、11月から司法修習生となる上の少年だが。



    昨年まで、司法修習生は 国家公務員扱いで、
    国家公務員一種採用者と同等額 ( 本俸20万4200円に各種手当 )の
    給与をいただけていたのであったが、
    今年度から給与制が廃止され 貸与制 になっちゃうのである。 なみだ

    ( ほんとは昨年度から、だったのだが、日弁連などの要求から
      議員立法で 給与制の1年延長が成立したため 今年度からに しょんぼり )


        新司法試験ってば、ロースクールに行かなくちゃならない上に、
        司法修習生時代も お金が掛かるのだから、
        マジ で、家庭財政が逼迫してるところは 辛い。 
     

    だもんで、院の奨学金返済免除となった 慶びも束の間、
    またまた、貸与を受けるための 保証人書類の作成にドタバタドタバタ。


    ん? 保証人は 自然人2名  ??

    自然人んんん??


  




    聞き慣れない言の葉に固まっていると、上の少年から

     「 法人 」 に対して、「 自然人 」って言うんよー。

    ははぁ。  ( ..)φ
    なんか、めちゃくちゃ ナチュラリストなイメージがあるけど、
    ひとりの「 人間 」、1個人を指す正式??名称なのかぁ。
 
    この 「 貸与 」は、 最高裁が貸与するシステムらしいので、
    厳密なる言の葉を遣うんだね。 


        ざっと 23万 × 12ヶ月。 !!( ̄▽ ̄ノ)ノ


    学部時代の奨学金 + 276万もの借金を背負いつつ、
    「 司法修習生考試 」 に挑むんだね。


    何処に配属されるかな^o^;。
       あれこれ希望はあるみたいだけれど。



       とにもかくにも、元気で、ふぁいとーーー!! 





ペンダンベル

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 思うこと

タグ : 司法修習生 自然人 最高裁判所 修習資金の貸与

2011年 新司法試験合格発表。




       上の少年が 短答試験を 好成績にて突破して以来
       この日まで 長かったこと。



         就職活動も インターン先を中心に 順調に終了し、
         早々と内定を貰うにあたり、東京か 大阪か 悩みに悩んだ結果、
         ヒューマニティな事務所の空気、
         親しく接していただけ、大好きになれた先輩方が
         たくさんいらっしゃった大阪 に 決め。


         引っ越し業者も 自分で見積もりを取って決定し、
         京都を20日に引き払うことも決め。

         弁護士事務所に入ったら、早速 外国に行くことになるらしく、
         そのこころの準備を兼ね、
         これから司法修習生になるまでの期間、
         短期留学をしてみることを決め。


         大人になった 彼を見つめ、
         彼の年齢で 夫と私は結婚したのだ、と 改めて想い。 


       君は 『 HERO 』 の 久利生公平 になる んぢゃなかったの?

       ぃゃ 自分は、攻めて行くタイプぢゃないし、
       権謀術数渦巻く組織からは 距離を置きたい と思ってる。
       弁護士ぢゃなかったら、裁判官かな、と思うけど、
       裁判官の尋常ならざる私生活への締め付けは、僕には無理。

       、、、そんな濃ゆい話も今夏はじっくりできて。








      
   2011年 新司法試験        

    ●  出願者数 11,891人
    ●  受験者数 8,765人(うち途中欠席44人)
    ●  短答式試験の合格に必要な成績を得た者の数 5,654人
    ●  合格者数 2,063人



              無事、合格!! 


              塾にも行かず、セミナーも受けず、
              高額な模擬試験も受けず。
  
              自らを信じ、こつこつと努力し続け
              クリアしてくれたこと、有難く、誇りに思う。

              何より、君自身の大きな財産、自信、になったよ、ね。
              ほんとにほんとに おめでたう!!



ペン感謝

だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 司法試験・資格試験・語学試験

タグ : 盡人事而待天命。 人事を尽くして天命を待つ。 新司法試験 ありがとう

続 ・ 「 僕たち、結婚しましたぁ 」





        下の少年から いきなり、新郎新婦姿の写メが来て

        正直、ほんの一瞬、頭が真っ白になった。 なったけれど、
        花嫁さんのきらきらしい美しさに、 !!

        その手には乗らないっ!! 
        急いで 返事を打ちながら、 私は間違ってないハズ、と確信する。



          「 なに モデルさん紛いのバイト ヤっとん?
            本格的ぢゃ~ん?  」



        送信ボタンを押す直前、下の少年から電話が掛かって来る。
        仕掛けたいたずらの反応見たさか、と、思わず にやり。



          「 観たぁ?  」

          「 ぅん、観たよ 」  ヘーゼンと聞こえるように気をつける(笑)。

          「 なんで、返事、くれんのん! ヽ(`Д´)ノ
            慌てるぢゃろ、フツー  」

          「 凄いモデルをさせて貰ったんだね~。 何のパンフ? 」

          「 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
            なんで、わかるんんんんんn ヽ(`Д´)ノ 」



        ふっふっふ。
        君と付き合いの長~~~ぃ おかあさまを侮るなかれっ( ̄^ ̄)/☆


        聞けば、とあるホテルの ウェディングセレモニーでの、
        「 デモモデル 」 だったらしい。
        多くの予約見学客が 参列者としていらして、
        そのホテルでの挙式関係が 全て本式に行われたそうである。 

          「 結婚式って、大変ぢゃね~~~ 」 

        誓いのキスシーンで、花嫁さんのヴェールを上げたときは、
        不覚にも 足が震えた由。 …初々しくて よろしいのでは 「 ぷ 」
        式を終えて、チャペルから出るときには ライスシャワーを浴び、
        なんだか、とても嬉しくて、ハイテンションになったとのことで。


          「 滅多に経験できんのんぢゃけん、良かったぢゃん。
            それにしても、大きな式は、ほんと大変ぢゃろ?
            本番では、なるたけ質素にヤっちゃってね 」


        さりげに釘をさしてみたが、
          「 花嫁さん役、めっちゃ綺麗なひとでねー 」などと、
        未だ、ハイテンションな 夢のなか。しょんぼり


          「 ねぇねぇ、ちっとも驚かんかった? なんでなん? 」

          「 ついこの間、教育実習で帰ってたし、
            これから院へ進学しようとしてるひとが、
            親に黙って、結婚なんて出来る訳ないやん 」

          「 … はーぃ  」



   





とても イイネタを 貰ったので、
実家の母、夫、上の少年に 転送してみる。


夫と上の少年は 狙った通りに 驚愕し、
ただただ おたおたしていたが、

実家の母からは 「 仁くん、何のバイトなん? 」
… さすが。 にっこり





溜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



   

ジャンル : ブログ
テーマ : 本日の小ネタ

タグ : 結婚式 記念写真 挙式 モデル バイト 結婚

「 僕たち、結婚しましたぁ 」




下の少年から 珍しく、写メール。





「 僕たち、結婚しましたぁ 」




タイトルだけで、本文なし。


そして、添付されていた画像は。





「 僕たち、結婚しましたぁ 」



To be continued...






絶

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



ジャンル : 学校・教育
テーマ : ★大学生活★

タグ : 写メール 学生結婚 挙式 サプライズ

博士課程。



     …という訳で、 下の少年の入学金を支払うために、
     彼の大学の 院のHP に アクセスしたのだが、
     学費は明記されているものの、入学金の金額が何処にもなく。

     自分のことなんだから、ちゃんと 自分で調べて報告して来いよっ と、
     少々 ぃらぃらしつつ、探しあぐねて 学部の方を彷徨い、
     そこで、学部のときと 同じ金額ではないかと思える記述に遭遇する。

     今回は、彼の住民票を移しているので、
     「 県外在住者 」 として、倍額納付しなくてもいいらしい。 


     、、、と ちょこっと浮かれてて、気付いたのだけれど。


     この院には、修士課程、なるものがない。 汗

     「 博士課程 前期 」 というものらしい。

     ぜ、前期???


          めちゃくちゃ学問させる大学だとは思ってたけど、
          これって、修士をすっ飛ばして博士ってことで、
          後期も在学しないと、
          院を出ても、修士の学位はない ってこと??? ショック


             ってことは、 あと 5年んん?



                 ぅっそ~~~ん  汗






慌

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





ジャンル : 学校・教育
テーマ : 大学院入試

タグ : 大学院 修士課程 博士課程 入学金 博士課程前期の謎