FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

選挙に行こう!!







      ゆうやけぐもさんちで教えて貰った 毎日新聞のサイト。

      『 毎日ボートマッチ (えらぼーと)』


      毎日新聞社が、参院選の立候補予定者を対象に行ったアンケートと
      全く同じ設問に答えることで、
      候補者の回答を基に算出した各政党の平均値が比較され、
      主要政党の主張と自分の考えがどれだけ近いかを、
      【一致度】という数値で示される、というもの。
              ( 候補者個人の全回答を見ることも可 )。

      21の設問項目に答えて行き、最後に性別と年代を入力すると
      一致度がニョキニョキと棒グラフで示されていく。


      設問項目には、今回のヤマとなりそうなものがずらり。

      例えば、

    問14  安倍内閣は「学力向上」を掲げ、「ゆとり教育の見直し」の具体策として
        小中学校で授業時間を10%増加させる方針です。
        ゆとり教育の見直しについてどう思いますか。

           1. 賛成
           2. 反対 


      など、
      「 安倍内閣の授業時間10%増加 」には反対だけれど、
      これまでの「 ゆとり教育 」と呼ばれるモノの中身をきちんと見直し、
      真の意味で「 ゆとり 」について論議を重ねて欲しい、と思う場合、
      1 なのか、2 なのか。

      随分迷う設問もあったのだったが、結局、私の結果は。。。。
 
           自民党  35%
           民主党  54%
           公明党  51%
           共産党  65%
           社民党  67%
           国民新党 44%
           新党日本 68%


      ほぇええ。 見事に予想通り?バリバリのサヨク??(爆)

      憲法関係で、社民党が濃い数字となるだろうとは予測していたが、
      共産党とそんなに変わらないのに驚いたし、
      1番近し、と出た『 新党日本 』に驚く(゚゜)\バキ☆ (ノーマーク(汗))。

      『新党日本』をもっときちんと識らなくては、と思った。



    で、何はともあれ、 選挙に行こう!



    選挙に行こう。


    万障繰り合わせて選挙に行こう。

    投票率を限りなく100%に近付けよう。

    例え自分の考えと全く同じではないにしても。


      よく観て、よく聴いて、よく考え、
      少しでも自分の考えや想いに近いひとに投票しよう。


   少なくとも、安倍政権下の各政策に是、なのか、否、なのか。
   現状に鑑み、未来を見据えて、現時点での自分の答えをきちんと出そう。


   そして、國に、國会議員に、

    しっかり観てるよ。 ずっと観てるよ! と、

   きっぱりはっきり、伝えよう、意思表示をしよう。


ペン読書

マニフェストをきちんと読もう>ぢぶん。



                * この日は、台風直撃の恐れがあるため、
                  義母宅にて、風除けの補強を行う。


                ** 追記)
                   トラックバックのお返しのため再アップ。
                   本文は、下記以降改定なし。
                   【Last updated 2007/07/18 01:02:48 AM】

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/07/14 00:00 ] メモ メモ ( ..)φ | TB(0) | CM(48)
それ、私もやりました^^
わたしの結果はほぼどこも50%前後で、しいて言えば、自民党が5%ほど高かったかなぁ・・・と言うところ。



もっと参考ページをよく読んでやりなおしてみようかなぁ・・・と思うのでした



でも、やりやすかったです。
[ 2007/07/18 02:12 ] [ 編集 ]
やってみたけど
辛い設問でした。

まさに、りうりうさんが仰るとおり。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ---

これまでの「 ゆとり教育 」と呼ばれるモノの中身をきちんと見直し、真の意味で「 ゆとり 」について論議を重ねて欲しい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ---

と思っているわけで。



憲法だって、9条は堅持したいけれど、全体を見渡すという行為自身は否定することではないと思っているし。でも、改正賛成?と問われると、どうしたって9条を俎にのせたいと思っている皆様方の顔がちらついて、そんなキケンな橋は渡れない。



ああああ、これじゃ投票できないよぉぉ。と叫んじゃったのでした。



[ 2007/07/18 07:03 ] [ 編集 ]
Re:選挙に行こう!!(07/14)
こういうサイトをみなさんが気軽に利用することはいいですよね。

*毎日新聞(サイト含)は時折おもしろい企画がありますね。



選択肢でどれをとるかというのが辛い質問が多いですよね。



で、結果なのですが・・

うーむ、新党日本が55%で1位か・・



マニフェスト読んでみよう・・っと。
[ 2007/07/18 07:39 ] [ 編集 ]
Re:選挙に行こう!!(07/14)
今月5日に20歳をむかえた 娘にも選挙券が届きました。お手手繋いで 行ってきます。



ん?年齢とともに というか 家庭を持って 子どもが生まれ けど 障碍のあって 自営業者はどんどん厳しい生活に追いやられ・・。結果も ありゃ 全く知らない 国民新党48%・・。過半数をどれも越えていないなんて・・。



 自分に合う政党作って!(笑)
[ 2007/07/18 08:40 ] [ 編集 ]
良い情報をありがとうございます。
こんにちは。

足跡をたどって参りました。

良い情報をありがとうございました。

私も記事に使わせていただきました。

TBさせていただきましたのでよろしくお願いします。
[ 2007/07/18 13:41 ] [ 編集 ]
Re:選挙に行こう!!
あ゛~ 私も実は日本新党が僅差で一位に輝きびっくりしました。

一番迷った設問はやっぱり「ゆとり教育を見直すか」。

自分の考えを整理するのにも役立ちました。

選挙。期日前投票にいくことになりそうです。
[ 2007/07/18 18:04 ] [ 編集 ]
Re:それ、私もやりました^^(07/14)
ぅわ!>rain27jpさん



 > わたしの結果はほぼどこも50%前後で、しいて言えば、

 > 自民党が5%ほど高かったかなぁ・・・と言うところ。



自民党が5%も高かったですか~~。 ふみみ~。(意外)



んでもまぁ、最後の『 どの項目を特に重要と思うか 』という複数選択のところでも、

随分パーセンテージが動くようですからね。



 > もっと参考ページをよく読んでやりなおしてみようかなぁ・・・と思うのでした



ぅんぅん。

各政党、各候補者を、漠然としたイメージで見てしまわない。

そして、(今回の選挙への)自分自身のスタンスを整理し、確認するためにも、

何回かヤってみるのはお勧めだと思います^^*☆



 > でも、やりやすかったです。



何回ヤっても、絶対譲れないところはバシっと変わらないし、

微妙なところは考えちゃうし、辛い選択のところは唸っちゃうし。

面白いですよね^^*☆

[ 2007/07/18 19:01 ] [ 編集 ]
Re:やってみたけど(07/14)
でしょでしょ?>あそびすとさん



 > - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ---

 > これまでの「 ゆとり教育 」と呼ばれるモノの中身をきちんと見直し、真の意味で「 ゆとり 」について論議を重ねて欲しい。

 > - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ---

 > と思っているわけで。

 >

 > 憲法だって、9条は堅持したいけれど、全体を見渡すという行為自身は否定することではないと思っているし。でも、改正賛成?と問われると、どうしたって9条を俎にのせたいと思っている皆様方の顔がちらついて、そんなキケンな橋は渡れない。



 > ああああ、これじゃ投票できないよぉぉ。と叫んじゃったのでした。



それでも!!

しなくちゃなりません(笑)。 選択しなくちゃなりませんぞ~~~!!!



立候補者も、党派でなくては、国会においての発言権がなきにも等しいため、

悶々たる想いで、党派を選ぶ方々もきっと多いのでしょうね?



「寄らば大樹の、、」ではなく、あくまで自身の想い、理想に向かう手段として、

軸になる想いを共にできる党派を選び、後は党派の路線を改革する位の熱い志で、

ヤっちゃって欲しいです。

[ 2007/07/18 19:09 ] [ 編集 ]
気楽に自分のこころや立ち位置をチェックしてみる。
そそそそ!>oribe77さん



 > こういうサイトをみなさんが気軽に利用することはいいですよね。



ゆうやけぐもさんちで教えていただき、

これは面白い! 是非とも大々的に広めちゃいたい!って思っちゃいました^^*☆

もっと広報してくれればいいのに>毎日新聞



 > 選択肢でどれをとるかというのが辛い質問が多いですよね。



そうなんです。

こんな単純な平板な設問で、答えきれるもんぢゃないぞ?って思うけれど、

そやって、1番簡潔に言えば、整理すれば、どの党派やどの立候補者はどういう主張を持ち、

そして、自分自身はどーなの?って、ちょっと追い詰められた状況下で、

是か非かを答えてみるのは、なかなかイイことのように思えます。



自分自身の勉強不足なところもよく判るし、

誰の何処をきちんと観て聴かねばならないかも、よく判る^^*☆



 > うーむ、新党日本が55%で1位か・・



あひゃひゃひゃ~。

なんかね、PTAでぶぃぶぃ改革して来たひとは、「新党日本」のパーセンテージが

高いような気がしています(笑)。

[ 2007/07/18 19:18 ] [ 編集 ]
りきぱぱ党(笑)。
んふふ~☆>りきkkぱぱさん



 > お手手繋いで 行ってきます。



激愛中でいらっしゃるご様子の娘さん、ぱぱさんとお手々を繋いでくれるといいけど(笑)。



 > 結果も ありゃ 全く知らない 国民新党48%・・。



んむむむ。

ぱぱさんは保守色強し、と感じていましたので、驚きません(゚゜)\バキ☆



 > 自分に合う政党作って!(笑)



そりゃ、ぱぱさんが立ち上がるしかないでしょう^^*☆

なかなかイイ感じで盛り上がりそうですよ?

きっと親分も、緑のバナナ達磨をつくってくれるよん\(^o^)/☆☆

[ 2007/07/18 19:24 ] [ 編集 ]
Re:良い情報をありがとうございます。(07/14)
たんぷくさん、ご丁寧に有難うございます。



たんぷくさんちには、【政治について】のカテゴリで、時折お邪魔しておりましたm(__)m。

今回は、

『「人より党」 か 「党より人」 か 』という日記を拝読しにお邪魔致しました。



トラックバックを有難うございます。

後ほど伺わせていただきます。

[ 2007/07/18 19:27 ] [ 編集 ]
新党日本 と 日本新党
く~~~!!>ゆうやけぐもさん



 > あ゛~ 私も実は日本新党が僅差で一位に輝きびっくりしました。



ご一緒、ご一緒!と言おうとして覚えた違和感。

あちゃぁ>くもさん、日本新党ってば、新進党へと解散した党派ですぜ。

細川元首相とか、小池百合子さんとか。

新党日本は、あの田中康夫さんが代表しておられる党ですってば(滝汗)。



もぉ、ここで、『新党日本』が如何に予想外の政党であったか、如何にびっくらこいたか、

如何におろおろしてるか、がとっても判っちゃいますですね^^*☆(それはぢぶん)



 > 選挙。期日前投票にいくことになりそうです。



私は当日、義母付き添いとして、行ってまいりますです~~~。

[ 2007/07/18 20:35 ] [ 編集 ]
こんばんは
PTA広報誌から離れて・・・。



面白いサイトご紹介いただきましてありがとうございました。アタシの結果は予想通り(?)共産86、社民80、話題の新党日本は75、民主59、国民49、公明36.自民21%。立派なサヨク確定ですね。



先日現行の教育改革に批判的な自民党若手議員と飲みましたが、「自民党に入れなくていいですから」言ってて大受け。ボランティアの義務化やバウチャー制度、教員免許更新など反対してて、こういう人が与党内部で頑張ってくれるんなら一票入れてやってもと。



ちなみにアタシの人生初の投票は、雑民党(東郷健)でした。



[ 2007/07/18 21:45 ] [ 編集 ]
日本新党日本…
間違えまひた(油汗)

ちなみに一致度はその他ミニ政党はでませんねー。

候補者としての答えはあるのに。。。
[ 2007/07/18 21:56 ] [ 編集 ]
こないになりました。
自民25 民主52 公明39 共産74 社民74 国民45 新党75



妙に一致率高いんですが。それでもやっぱりバリバリの○○○組ですねぇ。



ゆとり教育・・・現状とそれを支える仕組みの方を見直して欲しい。
[ 2007/07/18 23:13 ] [ 編集 ]
Re:こんばんは(07/14)
を!>ちょめさん



 > アタシの結果は予想通り(?)共産86、社民80、話題の新党日本は75、

 > 民主59、国民49、公明36.自民21%。立派なサヨク確定ですね。



ご報告、有難うございます☆☆

燦然と輝く見事なサヨク! お見事です\(^o^)/☆(笑)。



 > 先日現行の教育改革に批判的な自民党若手議員と飲みましたが、



 > こういう人が与党内部で頑張ってくれるんなら一票入れてやってもと。



それは楽しい飲み会になりましたですね?

んでも、難しいところ、ですよね。

今の国会は【 ひと ではなく 党派 】で動いて行きますもんね?



私も、外からの改革より【内なる改革】の方が何倍も現実味があるし、効果的と思うのですが、

自民党内(に限らず)で若手が力を持てたり、発言権を持てるのはまだまだ先でしょうし、

ちょめさんの、そうした切なる願いの一票は、

結局は【安倍政権YES】としか受け取られなかったり、機能しなかったりしますもんね。



 > ボランティアの義務化やバウチャー制度、教員免許更新など反対してて、



これを本気でヤろうと思っているらしいのが、愕然とする想いですよね。

ボランティアの義務化?

まずは、お前たちからだろうが!!と思うのは私だけ、でしょうか。



以前もブログで書いたのですが、

國会議員に立候補する前に、3ヵ月間は介護施設などで奉仕活動をして貰いましょう。

それで「優」を取ったひとたちで選挙活動をしてくれ、と。

そして、晴れて当選した暁には、障害者自立支援法、介護保険法の見直しからスタートする。

その様子を全国にテレビ中継してくれ、と。

徴農? それも、まずもって自分が行け!

第一次産業で汗を流し、その置かれてる厳しさを肌で識り、

ニッポンの第一次産業を守り育てるにはどうしたらいいか、自分のこととして考え、動け!と。

[ 2007/07/19 08:44 ] [ 編集 ]
雑民党。
続きです>ちょめさん



 > ちなみにアタシの人生初の投票は、雑民党(東郷健)でした。



それはスゴいです。 それはスゴい!!



『雑民党』ってのは、私には、

'86年の参院選、東京都選挙区に聴覚障碍を持つ候補者を擁立し、

障碍を持つ候補者の政見放送に、手話通訳が認められるようになったこと、という認識しか

ありません(恥)。



で、ここまで書いて念のためにググって確認しましたが、

通常の政見放送の手話への翻訳は、2007年の現在でも政党の任意に留まっているんですね!!

んで、衆議院比例区は、全国11ブロックに別れていて設備が揃わない地方があるとの理由で、

現在でも手話による通訳は設けられていないとか。

(ウィキペディア  『雑民党』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%91%E6%B0%91%E5%85%9A】)



ぅぅむ。

今現在も。。。。(怒)!!

それを識らずに今在る私にも(怒)!



國は、もっともっと足元から。

きちんと見直して、ヤらなきゃいけないこと、山積なんぢゃないでしょうか!(怒)

[ 2007/07/19 08:48 ] [ 編集 ]
Re:日本新党日本…(07/14)
あはあはあは(汗)。>ゆうやけぐもさん

日本新党日本。 漢字クイズみたいよね(笑)。

民主やら社民やら民社やら、この辺だって、ついうっかり間違い入力、なんてありそうです。



 > 間違えまひた(油汗)



    ↑ 可愛ぃ(笑)。

      猿も木から。 河童の川流れ。 弘法も、、、。



ぃゃぃゃ、私も、最初、思わず「ご一緒~~!!」と書こうとしたんですから(汗)。



 > ちなみに一致度はその他ミニ政党はでませんねー。

 > 候補者としての答えはあるのに。。。



そそそ。

できれば、全員を網羅していて欲しかったし、

アンケートの答えそのものも、もう少しだけ詳細であって欲しかったなぁ。。。。

[ 2007/07/19 08:54 ] [ 編集 ]
Re:こないになりました。(07/14)
ご報告をありがと☆>あそびすとさん



 > 自民25 民主52 公明39 共産74 社民74 国民45 新党75



をををを!! バリバリですね~^^*☆



 > ゆとり教育・・・現状とそれを支える仕組みの方を見直して欲しい。



ほんとにね!!

円周率を「3」にした、と耳にした当時の衝撃がまだ忘れられません。



土曜日の子どもたちの受け皿のないまま、机上の空論で週5日制をゴリ押しし、

それを持って「ゆとり教育」の象徴としたおバカさ加減を、早いとこ認めて撤回し、

現場をきちんと識っての再構築をお願いしたいですね。

子どもたちが(感情豊かに)【生き抜く力】を培えるように。

真の自立の力を培えるように。

[ 2007/07/19 09:28 ] [ 編集 ]
Re:選挙に行こう!!(07/14)
遅ればせながら、私もやってみました。

結果は、自民31%、民主61%、公明46%、共産68%、社民68%、国民新党52%、新党日本77%でした。

りうりう*さんの結果と似ていますね。私もバリバリの・・・ですね。(笑)

実は候補者は決めているものの、政党はまだ決めかねています。

投票には、いつも娘たちと一緒に行きます。

それで選挙についての話をしたり、どういう風に投票をするのかを見せています。

長女は投票できなくても、やはり関心があるようで、前回の選挙のときに開票速報を一緒に見ていました。

で、投票率をアナウンサーが発表した後、「え?投票率って絶対に100%じゃないの?」と言っていました。子どものこういう感覚のまま、大人になって欲しいと思いました。
[ 2007/07/20 00:35 ] [ 編集 ]
ザッツミント・・いや雑民党
『お、東郷健さんがゲタはいて、選挙名簿提出にいらっしゃったぜ・・』



こんなことばを耳にしたことがあるんです、私。



実は大学生の時、バイトで旧自治省で初比例代表選挙の受付のお手伝いをしていたものですから。



すごーく東郷健さんは印象に残っておりますです、はい。



ちなみに他の政党では50%を超えたところは1つだけ、社民党でしたとさ、ちゃんちゃん。



おかしいなぁ~自民党員なんですけど、私(自爆)
[ 2007/07/20 16:10 ] [ 編集 ]
「 バリバリ 」(笑)。
をを☆>蘇芳色さん

ご報告を有難うございます☆☆



 > 結果は、自民31%、民主61%、公明46%、共産68%、社民68%、国民新党52%、新党日本77%でした。

 > りうりう*さんの結果と似ていますね。私もバリバリの・・・ですね。(笑)



わはは。 サヨク決定、それも抜きん出た新党の比率(汗)、おめでとうございます(爆)。



本当は、右だの左だの、そんなレッテル紛いなものは百害にしかなりませんよね。



PTAの本部に在り、毎日のように現場の先生方とお子たちに接していると、

誰も彼もがいっぱぃいっぱぃ。 疲労困憊、カリカリ状態。

ひとりひとりのお子たちや保護者にきちんと向き合う時間がない、もう気力もない、

向き合えば向き合うほど、孤立されたり、潰れてしまわれる多くの先生方。。。。



そういった現場の抱える諸々の原因やら、実態やら、対策やらで

頭を抱えたり、駆けずり回ったりしていれば、誰もが「現状」に「現実」に、

【疑問】を感じないでいられるハズはない、と思っています。



そこへきて、今回の教育三法の「改正」は、今、喘いでいる先生方、子どもたちを

どう導いていくものになるのか??



PTA役員として、我が子だけでなく、大勢のお子たちを見守り、育む側に立ってみると、

安倍内閣方針に「是」という答えは、どう逆立ちしても出て来ないのではないか、と

思っています。。。。



 > 投票には、いつも娘たちと一緒に行きます。

 > それで選挙についての話をしたり、どういう風に投票をするのかを見せています。



97年から、投票所のなかにもお子さま連れで入れるようになりましたもんね^^*☆

お子たちを、「1度も棄権しないおとな」、に育てて参りたいですね^^*☆

[ 2007/07/21 01:29 ] [ 編集 ]
Re:ザッツミント・・いや雑民党(07/14)
ザッツミント、、、、( ̄▽ ̄lll)>oribe77さん



ぐぐぐ。

かつての紅顔の美少年も、おやぢギャグをかます程に成長されたんですね(号泣)。



 >『お、東郷健さんがゲタはいて、選挙名簿提出にいらっしゃったぜ・・』



そうだったのですか~~~。

バイトで旧自治省で初比例代表選挙の受付のお手伝い。。。

当時は、まぢめな紅顔の美青年だったですか?(笑)



 > おかしいなぁ~自民党員なんですけど、私(自爆)



PTA関係者は、今回、新党日本と社民になる確率がめちゃ高いと思いますですよ(笑)。

新党日本。。。マニフェストの表紙やら『新しい日本宣言』には思いっきり頷いておりました。



oribe77さんは、自民党員のまま、どぞどぞ内からドッカンドッカン変えてやって下さいませ。

ちょめさんが一緒に飲まれたような若手議員さんを支えてあげて下さい^^*☆

[ 2007/07/21 01:43 ] [ 編集 ]
Re[1]:ザッツミント・・いや雑民党(07/14)
ちょっと書いた「雑民党」でここまでお調べくださるとは‥。いやぁ恐縮です。 。・゚・(ノ∀`)・゚・。



何しろ失意の浪人中、20歳初めての投票で右も左も分からず、政策うんぬんで選んだワケではなく、単に党の名前が良かったから。理由はそれだけで、東郷健が代表を務めていたのも投票後に知りました。



あれから幾星霜、今では県議会も市議会も議会議事録をバッチリ読んでAFO議員をチェックしております。



アタシのところは民主党が酷い! 自民党右派も裸足で逃げ出すほどです。勉強不足もはなはだしい議会質問のオンパレード! 中国侵略はなかったと、教育長に長々と説教たれる議員やら、子どもの権利条例があるせいで、先生は子どもが授業中立ち歩くのも注意できないとのたまう議員やら、これでよくもまあ議員が務まるもんだと感心しました。男女共同参画センターの女子男子のトイレが色分けされていないのは、行き過ぎたジェンダーフリー政策のせいとか質問したAFOもいて、他の市議会議員連中の笑いものになってました。こんなのに給料支払うのはまさに税金のムダ使いですわ。



議会議事録はウェブサイトで公表されている自治体も多いと思うので、「教育」「人権」など興味のあるキーワードで検索して読むと面白いかと思います。







[ 2007/07/21 20:59 ] [ 編集 ]
Re[2]:ザッツミント・・いや雑民党(07/14)
件の議員とは初当選の折、子ども会のモチつき大会に挨拶にきたところを私たち酔っ払いのオバはん役員たちで取り囲んで「自民党のジェンダーフリーバッシング、性教育叩きは何事じゃゴルァ」と因縁つけたのが付き合いの始まり。



話してみたら、教育行政やら人権施策をかなり勉強しているまともな人物であることが判明しました。ヤンキーもY谷も「敵」ということでさらに意気投合。



彼は衆議院議員なので今回の選挙は関係ないのですが、りうりうさんのおっしゃる通り

>ひと ではなく 党派 】で動いて行きますもんね?

が現実なので、仮に出馬しても投票するつもりはないです。



ただ、野党がいくらワアワア言っても圧倒的多数の与党の前ではどうにもならないので、内部で頑張ってもらいたいなあ。



さて、ボランティアについても「お前がやってみれ」ですね。アタシは自分が好きで小中学校の図書やら里山保全のボランティアやらやってます。あくまでもアタシがやりたくて活動が楽しいから。そのおつりで子どもたちが笑ってくれたり、大好きな珍しいキノコと出会えたりするのがうれしいから。子どものため、地域のため、では断じてありません。つまんなかったらとっとと止めます。



他者のためにタダで働けとお上が強制するのは、究極特攻隊と変わらない。断じて阻止しないとですね。





[ 2007/07/21 21:46 ] [ 編集 ]
Re:選挙に行こう!!(07/14)
面白いサイトですね。私もやってみました。



自民党41%

民主党32%

公明党23%

凶惨党(誤字にあらず)23%

捨民党(同上)26%

国民新党38%

新党日本21%



どうやら憲法改正賛成・自衛隊海外派遣容認が決め手になったようですね。他は割とナチュラルに選んだつもりですが。



今回の参議院選挙だけど、有権者の関心が一番高いのが「年金」というのが正直言って気に入りません。自分さえ良ければいいと思う人がこんなにいるとは…同じ日本人として恥ずかしい限りです(怒)。



私は、何をさておいても「教育」が最重要課題だと思います。やれ政治家が悪い、官僚が悪い、大企業のトップが悪いなどと批判する人が沢山いるけど、元を正せばそーゆー人間に育てた「教育」に問題があるわけで。



しかし、どの党も学校教育について案を出すだけで、家庭教育にまで踏み込んだ党は一つもありません。どんなに学校を変えても、バカ親に歪んだ道徳や躾を植え付けられた糞ガキばかり放り込まれたら何の役にも立たないんですけどね。いじめが無くならないのはそのためです。



教育改革はまず家庭からという事で、安倍総理が提案した「親学」の概念は基本的に間違っていません。ただそれに付随する具体策がダメダメだっただけの事です。なので私は「育児基本法」の制定が必要と考えます。



しかし、現時点で同じ考えのマニフェストを出してきた政党は皆無です。よって、今回も 自 信 を 持 っ て 棄権します。「少しでも近い考えがあれば~」と言われますが、基本政策が違うので話になりません。

[ 2007/07/22 07:39 ] [ 編集 ]
「自信を持って」棄権する、ということ。
コアラのリボン222さん、こんばんは。

メッセージを有難うございます。

たんぷくさんちで拝見しておりました。



私も現行の教育が1番の問題だと感じています。

コアラのリボンさんが書いておられる、

【偏差値重視の詰め込み教育】が元凶だと。



「ひと」より「偏差値」を育てる教育は問題である、と。



しかしそれは、どうしてなのか。

何故、皆、血道を上げて『良い大学』に行こうとしたか。

何故、幼稚園児どころか0歳児、胎児の時から、競争のように教育費を掛け、

我が子の偏差値を上げることに熱心なのか。

社会のからくりから、決して無縁ではないでしょう。



現在の大学制度、学歴学閥偏重主義な社会が変化しない限り、

この傾向は決して、是正されることはないと思っています。



さて、

 > 有権者の関心が一番高いのが「年金」というのが正直言って気に入りません。自分さえ良ければいいと思う人がこんなにいるとは…同じ日本人として恥ずかしい限りです(怒)。



と感じていらっしゃる御方が、



 > しかし、現時点で同じ考えのマニフェストを出してきた政党は皆無です。よって、今回も 自 信 を 持 っ て 棄権します。「少しでも近い考えがあれば~」と言われますが、基本政策が違うので話になりません。



とおっしゃるのには頷けません。

党派に属していない以上、(属していても)

ひとりひとり考え方は違う訳ですから、

フツー、ある党派のマニフェストと1から10まで【同じ考え】になるはずがありません。

【基本政策】が違っておられて、共産党を『凶惨党』、社民党を『捨民党』と

公言されるほどの主張をお持ちであるなら、ご自身が立候補されてはどうでしょう。



評論家よろしくブログなどで発言なさるのではなく、

ご自身の主張を、広く民草に発信なさればいいのに、と思えてなりません。

[ 2007/07/22 23:20 ] [ 編集 ]
「自信を持って」棄権する、ということ。 2
続きです、コアラのリボン222さん。



挙句に【自信を持って棄権】て。



【棄権】されるのなら、どうか【白票】を投じられるなり、

各政党への批判を書かれて【無効票】となさって下さい。

せめて、ご自身の「NO」を【投票】で突きつけて下さい。

ご自身の関心は「年金」などではないのだ、と誇り高く。

有効票ではないのですから、無意味ではありますが、意義はあります。



【棄権】は、圧倒的なる「政治的無関心層」と看做され、

民草など「なんとでもなる」國だと内外に思わせてしまいます。

それはやっぱりイヤだなぁ。





尚、

 > 教育改革はまず家庭からという事で、安倍総理が提案した「親学」の概念は基本的に間違っていません。ただそれに付随する具体策がダメダメだっただけの事です。なので私は「育児基本法」の制定が必要と考えます。



この部分には申し訳ないけれど大反対です。

それこそ大きなお世話、でしょう。



國に「育児基本法」を制定して貰わないと、

國に都合のよい押し付けマニュアルがないと育児ができない悲劇はたくさんです。



まずは世の年寄りたちが自分たちの育児の失敗を反省し、

現在進行形の私たち、世の大人たちが、今の自分たちの育児や、

地域、地域のお子たちとの関わり方を反省するところからではないでしょうかね。



皆に祝福され、感謝のなかに女性が伸び伸びとおおらかに出産できる環境。

皆でお子たちを温かく、厳しく見守り育む環境。

ひとりひとりの血のにじむような努力が報われる環境。

自分たちを取り巻く全てのことに感謝しつつ成長していける環境。



そんな環境をまず、現在のおとなたちが苦心し、率先して作っていったとき、

自然にお子たちひとりひとりに、感謝のこころと公共心が生まれ、育ち、

根付いていくものだと思っています。

[ 2007/07/22 23:33 ] [ 編集 ]
Re[3]:ザッツミント・・いや雑民党(07/14)
あらま~(汗)。>ちょめさん



ちょめさんのことだから、きっちりリサーチされて、

1番シンパシィを感じられた、もしくは劣勢に加勢したく思われて

「雑民党」に投票されたかと思いましたのに(笑)。



んでも、いまや、議会議事録をバッチリ読んでチェックしておられるのですね\(^o^)/☆

じつは、私もです(爆)。



ていうか、以前は町政の町議会であったために、PTAであれこれ動いていると、

無縁ではおられず、小学校の体育館の件では、毎回町議会を傍聴に出掛けました。



以来、議会便りは隅々までチェック。

市へと統合されても、引き続き「教育」「人権」「福祉」については、

必ず隅々チェックです。



うちの町では、町長と町長シンパ、そして共産党が酷かったです。

絶望ものでした。



 > あくまでもアタシがやりたくて活動が楽しいから。



ボランティアに従事するうえで、(PTAも)この視点は絶対に忘れてはならない、と

私も思っています。

でないと、独善的な悪臭紛々になったり、やたら押し付けがましくなって来ますもんね?



お子たちが喜んでくれて自分が(勝手に)嬉しい。

学校や地域の○○になってくれて自分が(勝手に)嬉しい。

ってのはアリだと思っていますけれど^^*☆



ちょめさんの周囲には現役議員に「ゴルァ」と言えちゃうラディカルな方々が

多くいらっしゃるんですね^^*☆

ちょっと嬉しい\(^o^)/☆

[ 2007/07/23 00:05 ] [ 編集 ]
Re:選挙に行こう!!(07/14)
さきほどは、コメントありがとうございました。

事後報告ですみません。「選挙に行こう!」の日記にリンクをはらせていただきました。



>PTAの本部に在り、毎日のように現場の先生方とお子たちに接していると、

誰も彼もがいっぱぃいっぱぃ。 疲労困憊、カリカリ状態。



最近の私の状態をよくわかっていらっしゃる・・・と驚きましたよ。これに地域の方々の思惑も絡んで、胃に穴があきそうです・・・。

基本は、どの子どもたちも伸び伸びと育っていくことを願うことだと思うのですが・・・。



他の方へのりうりう*さんのコメント、



>皆に祝福され、感謝のなかに女性が伸び伸びとおおらかに出産できる環境。

皆でお子たちを温かく、厳しく見守り育む環境。

ひとりひとりの血のにじむような努力が報われる環境。

自分たちを取り巻く全てのことに感謝しつつ成長していける環境。



↑まさしくその通りだと思いました。こんな世の中になって欲しいですね。私も微力ながら、頑張らなくっちゃ。
[ 2007/07/23 01:51 ] [ 編集 ]
Re:選挙に行こう!!(07/14)
ちょめさんとりうりうさんのやりとりを拝見してて思ったことを少しだけ。



>お子たちが喜んでくれて自分が(勝手に)嬉しい。

>学校や地域の○○になってくれて自分が(勝手に)嬉しい。

>ってのはアリだと思っていますけれど^^*☆

私はまさにこの考えだからこそ、PTAを含むいろんなことにかかわりつづけていられる、と思っています。



変な自負心ですみません(^_^;)

[ 2007/07/23 07:43 ] [ 編集 ]
こころが三角。
こちらこそ>蘇芳色さん

日記でご紹介下さり、有難うございました☆☆



 >> PTAの本部に在り、毎日のように現場の先生方とお子たちに接していると、

 >> 誰も彼もがいっぱぃいっぱぃ。 疲労困憊、カリカリ状態。



 > 最近の私の状態をよくわかっていらっしゃる・・・と驚きましたよ。これに地域の方々の思惑も絡んで、胃に穴があきそうです・・・。



く~。 蘇芳色さんご自身も、でいらっしゃいましたか。。。

私がこれを書きましたのは、ヨユーのない先生方とヨユーのない子どもたちについて、

のつもりでした(汗)。

でもよくよく考えれば、毎日のようにそれを観、それに接する私たちも、

自分たちの無力さに歯噛みし、胸痛く、胸塞ぐばかり。

少しでも役立てば、と、ひとりひとりの保護者同士の絆を紡ぐはずの行事に追われ、

本意ではないところに時間と手間を取られてヨユーなく、キリキリキリとこころが三角。



ゆったりとまぁるいこころで、まずはお子たちをぎゅっと抱きしめたい、のにね。

先生方にもゆったりとまぁるいこころで、お子たちに接して欲しいのに。



 > まさしくその通りだと思いました。こんな世の中になって欲しいですね。私も微力ながら、頑張らなくっちゃ。



有難うございます☆☆ ふぁいと、ふぁいと、ですよね^^*☆ ふぁいと~!>ぢぶん



[ 2007/07/24 01:10 ] [ 編集 ]
「 変な自負心 」
有難うございます☆☆>oribe77さん



 >> お子たちが喜んでくれて自分が(勝手に)嬉しい。

 >> 学校や地域の○○になってくれて自分が(勝手に)嬉しい。

 >> ってのはアリだと思っていますけれど^^*☆



 > 私はまさにこの考えだからこそ、PTAを含むいろんなことにかかわりつづけていられる、と思っています。

 > 変な自負心ですみません(^_^;)



そそそ!!

結局のところ、全ては自分のため、なんですよね。

感謝と喜びのこころを持てないと、誠をもって、とても続いては行けない。



ただ、それを言の葉足らずのまま全面に出すと、とんでもないことになるので、

PTAであれば、「子どもたちのため」「学校のため」だと、

互いの共通項である、互いの立脚点であるハズの旗印を掲げている訳で。

(逆に言えば、「(互いの)子どもたちのため」というフレーズが通用しないのなら。

 地域で地域の小中学校や子どもたち、その保護者たちがひとつの核となって、

 手を繋ぎあえないなら、もうそれは、最悪の状態なんだよな、って思っちゃう)



「変な自負心」だなんて、とんでもありません^^*☆

国際的なボランティアもなさっているoribe77さん。



自分の努力や想いが、一瞬の手応えになって還って来るのが嬉しいから、好きだから、

楽しいから、努力して、踏ん張って、頑張る。

そのことに誇りを持ち得る自分であるために、ますます頑張ろうと思う。



ちっとも変でない、ですよ~~~^^*☆

今、この時代に。

【自分だけ良ければ、、】なおとなばかりではないことに気付き、見直し、また頑張れる自分でありたい、です^^*☆

ふぁいと>ぢぶん。

[ 2007/07/24 01:54 ] [ 編集 ]
消費税増税 - 税率 10%, 16%, 18% or 30%?
[消費税増税 - 税率 10%, 16%, 18% or 30%?]

’07参院選:全候補者アンケート 消費税、自民「引き上げ論」74%-政党:MSN毎日インタラクティブ

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20070714ddm003010048000c.html



財界や政府・自民党から消費税増税・法人税減税大合唱

http://www.toshoren.jp/Ctg-Toshoren_Undo_News/news2007_06/news2007_06-02.htm

米国からの便り 消費税が16%?

http://kensirou2001.blog79.fc2.com/blog-entry-67.html

八国山だより 消費税を16%に

http://patience052.blog101.fc2.com/blog-entry-4.html



日本経団連意見書:「近い将来の税制改革」についての意見 消費税率引上げの展望

「消費税率を、第一段階として3%程度は引き上げるべき」

「消費税率を遅くとも2007年度までには10%とすべきである。」

「消費税で賄おうとすれば30%以上の税率」

「2025年度までの消費税率の増加を18%程度までに」



棄権は危険!そのわけは??

http://senkyo2.seesaa.net/

[ 2007/07/26 19:25 ] [ 編集 ]
Re:「自信を持って」棄権する、ということ。(07/14)
りうりう*さん



論点が多く全部答えると長くなるので、焦点を絞ってお返事します。放置した部分は貴方のコメントを一つの意見として受け入れたものとお考え下さい。

(この辺がブログの欠点でもありますね)



なぜ幼少時から教育熱心なのか。それは、言うまでもなく「格差社会」が原因です。しかし、誰がそれを生み出したのかと言うと、他ならぬ「格差是正反対」を叫ぶ方なのです。自分たちで勝手に「学歴」「収入」を物差しにしてしまっただけだと思います。



他人が作った物差しに惑わされず、伸び伸びと育てる事で、自然にその子が「勝ち組」になれる道を見つけてあげればいいとの考えは間違っていますか?



高学歴・高収入こそが「勝ち組」という誤った風潮を真に受けるからこそ、「早いうちから何とかしなきゃ」という話になるんだと思います。



それと、育児基本法については確かに現場の方にしてみれば大きなお世話でしょう。それは分かります。しかし、周りの親御さんやニュースの報道を見ると、それも止むを得ないと思わせる方が沢山います。騒いでも注意しないのは日常茶飯事で、給食費を払わないだの掃除をさせるなだの。私は、いじめの責任は全て親にあると思っています。

[ 2007/07/29 21:35 ] [ 編集 ]
「勝ち組」
コアラのリボン222さん、お返事を有難うございました。



 > 論点が多く全部答えると長くなるので、焦点を絞ってお返事します。放置した部分は貴方のコメントを一つの意見として受け入れたものとお考え下さい。



ご丁寧なお返事をいただけたことは嬉しいのですが、

肝心のタイトル関連に触れておられないのは残念です。

「受け入れ」て下さり、その上でやはり「棄権」されたのですね。



 > なぜ幼少時から教育熱心なのか。それは、言うまでもなく「格差社会」が原因です。しかし、誰がそれを生み出したのかと言うと、他ならぬ「格差是正反対」を叫ぶ方なのです。自分たちで勝手に「学歴」「収入」を物差しにしてしまっただけだと思います。



「自分たちで勝手に物差しにしてしまっただけ」という部分に、

なるほど、と思う私と、だからいってそれが民草だけの責任なのか?と思う私がいます。



 > 他人が作った物差しに惑わされず、伸び伸びと育てる事で、自然にその子が「勝ち組」になれる道を見つけてあげればいいとの考えは間違っていますか?



「勝ち組」と言う単語をお使いになられる時点で、そのお考えは間違ってる、と感じますですよ。

「勝ち」ということは「負け」がある、ということで、それは何かを基準に

「物差し」を持っていることに他ならず、それでは伸び伸び生きていける訳がありません。

けれど、私も高学歴・高収入こそが「勝ち組」という風潮は間違っていると心底思っています。

[ 2007/07/30 02:11 ] [ 編集 ]
「育児基本法」
コアラのリボンさん、続きです。



私も、いじめの責任は親にある、と思っていますが、

親【だけにある】とは、必ずしも言えない、と思っていますから、

【(いじめの責任は親にある、)だから】【育児基本法が必要である】とは思えません。



ひとがひとを産み育てるのに、育児基本法というマニュアルがないと育てられないような、

そんな脆弱で画一的なひとをつくってどうしますか?

育児基本【法】というマニュアルをつくるのは國、ですよね?

コアラのリボンさんは、そこまで國を信用し、そこまで國に委ねられるのですか?

事実、コアラのリボンさんは、誰ひとりにも投票できない、しない決断を

誇りを持ってされたのに?

あなたが棄権することによって否定された議員たちが当選し、

國、となって法をつくるんですよ?



今、弱っているのは、

【社会通念上】【道義上】と言われる際の、【社会通念】であり【道義】でしょう。



これを打ち壊してきたのは、現在のお子たちの親の、そのまた親の育児時代のなかで、です。

その辺りから「何故、打ち壊さねばならなかったか」を含めて、痛烈に反省し、

まずもって自分たちから見直し、変わり、変えて行かねばならないことだと私は感じています。



あくまでそれは、自分たちで変わっていかねばならないことであり、

【法】で縛って強制していくことではない、と考えますですよ。



育児を法で縛れば、母親はますます精神的に追い詰められることになるでしょうし、

「法律で決まってるから、○○する」という人間たちだらけになり、

何事にも自分の頭を使わず、智恵も工夫も生まれない、國の意向に唯々諾々と従う、

國に都合の良い人間だけになってしまいそうで、私はとても恐ろしいです。

[ 2007/07/30 02:24 ] [ 編集 ]
Re:「勝ち組」(07/14)
りうりう*さん

>ご丁寧なお返事をいただけたことは嬉しいのですが、

>肝心のタイトル関連に触れておられないのは残念です。

>「受け入れ」て下さり、その上でやはり「棄権」されたのですね。



あくまで一つの「意見」としてです。賛同したわけではありません。ただ、文字数制限もあるし明確に「それは違う」という所だけに返させていただいた次第です。だからブログの欠点と注釈させていただきました。



>「勝ち組」と言う単語をお使いになられる時点で、そのお考えは間違ってる、と感じますですよ。

>「勝ち」ということは「負け」がある、ということで、それは何かを基準に

>「物差し」を持っていることに他ならず、それでは伸び伸び生きていける訳がありません。

>けれど、私も高学歴・高収入こそが「勝ち組」という風潮は間違っていると心底思っています。



だったら「格差拡大がどうこう」などと言わない事です。そういう人が普段使ってるからとそれに合わせて言葉を選んだつもりですが、却って誤解を与えてしまいましたかね。

[ 2007/07/30 06:16 ] [ 編集 ]
Re:「勝ち組」(07/14)
抜けていました(汗)。>ぢぶん。



 > 「自分たちで勝手に物差しにしてしまっただけ」という部分に、

 > なるほど、と思う私と、だからいってそれが民草だけの責任なのか?と思う私がいます。



● だからいって → だからといって



 > 「勝ち組」と言う単語をお使いになられる時点で、そのお考えは間違ってる、と感じますですよ。

 > 「勝ち」ということは「負け」がある、ということで、それは何かを基準に

 > 「物差し」を持っていることに他ならず、それでは伸び伸び生きていける訳がありません。



● それは何かを基準に「物差し」を持っていることに



  ↓



それはなにかを基準に、勝ち・負けとする「物差し」を持っていることに。





大事な部分が抜けておりました(汗)。 申し訳ありません。



ひと皆、それぞれに価値観があり、それに基づいた「物差し」を持つものであること、

「物差し」自体、を私は否定しません。



しかし、自分のその「物差し」を持って、他者を量ったり、

もしくは他者と比較し、「勝ち・負け」とすることには嫌悪感を持つものです。



自らが自らの目標とする状態、状況に達したかどうかで、勝ち負けをいうのはアリ。

でも、他者と自身を比べ、理不尽に僻んだり、○○よりはマシ、みたいな、

さもしい、差別の温床のような考え方はしたくない、と私は考えるので。

[ 2007/07/30 06:20 ] [ 編集 ]
Re[1]:「勝ち組」(07/14)
コアラのリボン222さん



 > だったら「格差拡大がどうこう」などと言わない事です。そういう人が普段使ってるからとそれに合わせて言葉を選んだつもりですが、却って誤解を与えてしまいましたかね。



思わず、天を見上げました。



私を「そういう人」だとみなされていることに対しての憤りは横に置きます。



個々人の価値観がどうであれ、【経済格差】【教育格差】は【現実】として在るのです。

それは、一個人の努力、心がけ、その他で克服できる範囲のものではありません。

そしてそれは広がるばかりです。



いわゆる『プア』なひとびとは『プア』なりに、他のことで倖せを感じなさい、とでも?



コアラのリボンさんがおっしゃった、



 > 他人が作った物差しに惑わされず、伸び伸びと育てる事で、自然にその子が「勝ち組」になれる道を見つけてあげればいい



その道があちらにもこちらにもごろごろと用意され、認められている社会ではないでしょう?



そしてお子たちそれぞれが、伸び伸びと輝ける道を「見つけてあげる」にも、

その殆どに何らかの大きなお金が掛かるしくみになっているのですが。

[ 2007/07/30 07:23 ] [ 編集 ]
Re[2]:「勝ち組」(07/14)
りうりう*さん

>思わず、天を見上げました。



>私を「そういう人」だとみなされていることに対しての憤りは横に置きます。



あららあ、そう取られちゃいましたか。それは申し訳なかったですm(__)m

だって、格差=カネと決め付ける人があまりに多いので、皆そうなのかなと思った次第です。



>個々人の価値観がどうであれ、【経済格差】【教育格差】は【現実】として在るのです。

>それは、一個人の努力、心がけ、その他で克服できる範囲のものではありません。

>そしてそれは広がるばかりです。



私が一番突っ込みを入れたいのが『教育格差』です。「良い(質の高い)教育」って何ですか?それを受けるとどんな恩恵がありますか?今問題を起こしている政治家や官僚、大企業のトップは大概そのレールに乗った人じゃないですか。受験戦争にカネを注ぎ込む親は、私には「中・高卒で働くのは負け組」と言ってるようにしか見えないのですが。

[ 2007/07/30 21:12 ] [ 編集 ]
教育格差。
コアラのリボン222さん



 > だって、格差=カネと決め付ける人があまりに多いので、皆そうなのかなと思った次第です。



 > 私が一番突っ込みを入れたいのが『教育格差』です。



私もカネ・カネ・カネの社会には嫌気がさすものですが、

現実としての『経済格差』の存在をお認めになられますか?

『経済格差』は『教育格差』と連動している、ということは?



いまの日本で、ある程度のお金がなければ、

安心して老後を過ごせない、という現実はご存知ですか?

お金がなければ、入院も、老人ホームにも施設にも入れない、ということは?

自宅介護でさえ、自身の係累に多大な労苦を強いることとなり、

ヘルパーさんをお願いするとなれば、莫大なお金がかかる、ということは?



個々人の価値観で、『いわゆる【高学歴・高収入】、なにするものぞ』と

日々倖せに暮らしていたとしても。

数ある自分の進路、ライフスタイルのなかで、

そのことを自由に自らが選択できてこその倖せでしょう。



また、自身がそうであっても、自身の係累がそうであるかどうかは判りません。

現在、コアラのリボンさんには、奥さまもお子さまもいらっしゃいませんが、

もし、いらっしゃったとしたら、ご自身の妻子といえども、その価値観はひとりひとり、

当然自由ですからね。



ハナから、お金がないために、思うところに進学できない、

ハナからその選択肢がない、という状況が、勝ち組・負け組、云々でなく、【教育格差】です。





自分が○○について学びたい、尊敬する師のもとで研鑽したい、と願っても、

そのために培う学力、経済力から切り離されている状況を言うのです。

[ 2007/07/30 23:19 ] [ 編集 ]
教育格差。2
コアラのリボン222さん



私は、コアラのリボンさんの



 > 今問題を起こしている政治家や官僚、大企業のトップは大概そのレールに乗った人じゃないですか。



には、深く同意致します。



その多くの方々が、苦もなくレールを敷いて貰える財力を持った家に在られたことも。

そしてこの方々の係累の方々もまた、苦もなくレールに乗って行かれるでしょう。

それが、【経済格差】であり【教育格差】です。



生れ落ちたときから【エリート】な方々だから、

現実を識らない、ひとの痛みを識らない政策・法律が

次々生み出されていくのだと感じています。

[ 2007/07/30 23:22 ] [ 編集 ]
Re:教育格差。(07/14)
りうりう*さん

>私もカネ・カネ・カネの社会には嫌気がさすものですが、

(略)



もちろん、全く無いとは言いません。私も実感する部分は多々あります。ただ、それが直接「教育格差」とは関連しないというのが私の考えです。



>個々人の価値観で、『いわゆる【高学歴・高収入】、なにするものぞ』と

(略)



確かに、そこを突かれると何も言えないですね。結局「不満」「不便」を直接肌で感じないと気付かない部分なのかもしれません。というか、感じても「まあ何とかなるだろう」と流してしまっているのでしょう。ここは仰る通りだと思います。



>また、自身がそうであっても、自身の係累がそうであるかどうかは判りません。

(略)



そうですね。だからこそ「個性を伸ばす」教育が必要だと思います。そのためにお金が必要なら親として何とかしてあげたいのは当然でしょう。しかし、いわゆる「質の高い教育」を目指す家庭の殆どが「親の強制」だとは思いませんか?



>ハナから、お金がないために、思うところに進学できない、

(略)



ですから、なぜ「進学」しか考えないのですか?「中・高卒で働くのは負け組ですか?」と聞いたのはその部分についてです。



>自分が○○について学びたい、尊敬する師のもとで研鑽したい、と願っても、

(略)

さすがに「尊敬する師の下で~」までいくと経済的な要素が大きくなっちゃいますね。それは否定しませんが、「○○がしたい」程度なら選択肢もある程度広がってくるんじゃないでしょうか。

[ 2007/07/31 01:39 ] [ 編集 ]
Re[1]:教育格差。(07/14)
コアラのリボン222さん



先の私のメッセージで、



 > その道があちらにもこちらにもごろごろと用意され、認められている社会ではないでしょう?

 > そしてお子たちそれぞれが、伸び伸びと輝ける道を「見つけてあげる」にも、

 > その殆どに何らかの大きなお金が掛かるしくみになっているのですが。



という部分を読んでいただけましたか?

昨今では「エリートになるため」「高収入を得るため」の大学進学だけではなく、

お子たちお子たちの【個性を伸ばす】ため、にも、お金が掛かるのです。



むしろそちらの方が、より困難な道で、大変、かも知れません。



例えば、音楽。 例えば絵画。

特別「質の高い教育」を受ける必要のない、お遊び程度のものとしてもお金が掛かります。

また、「お遊び程度」にそれだけのお金を掛けてあげられる余裕のある家は限られています。



まして、それで食べていけるようになるためには、どうしても音大、芸大進学、といった

ことが必要になってくるでしょう。

お子本人にだって、才能があればあるほど、上昇志向、学びたい願いは強いものです。



例えば私。

ピアノなどの高額器楽ではない、この身体、喉ひとつでよい声楽、でさえ、

きちんと学ぶことも、勿論、身を立てることは叶いませんでしたよ?

どうしてもヤりたいことなら、就業してからヤれば良かっただけのことではありますし、

そうしなかった自業自得だったと思い、負け組とは思っていませんが。

ただ、それだって、幼い頃からしかるべき先生についてボイストレーニングを受け、

音感、リズム感を叩き込まれているお子とそうでないお子とでは、

出発点から違う訳です。 これは【格差】ではありませんか?

そのことが、お子本人の希望であるかどうかは、別にして、です。

[ 2007/07/31 02:05 ] [ 編集 ]
Re[2]:教育格差。(07/14)
コアラのリボン222さん、続きです。



例えば私は、市井の合唱団等で、自分の個性として自分のそれなりの歌唱力を生かし、

楽しむことはできます。

ひとつの私の財産だとは思っています。



しかし、それでは食べては行けないのです。

音大卒の肩書きやコンクール入賞歴や何らかの形となった実績がなければ、

お弟子さんだって取れないでしょう?



生業にする、というところまでは望まなかったにしても、例えば共働きをしていた私の両親は、

どんなに私が、音楽高校→音楽大学へ進学したくても、私を行かせることができなかった。



また、受験できたとしても、合格していない可能性の方が高い。

それまで満足なレッスンを受けてはいないのだから。



また、例えば学習指導要領に縛られず、

「お子たちは、まずは情操教育。 次に、とにもかくにも外で裸足で泥んこになって

遊ぶべき」という私立の小学校があったとして、そこでこそ我が子が伸び伸びと育ち、

我が子の個性が伸びるだろう、と願っても、財力がなければ、その学校へ行かせられない。



それが【経済格差】がもたらす【教育格差】です。

本人の才能の有無は別にして、

本人が希望していても、ハナから門扉が閉ざされている現実です。



失礼ながら、コアラのリボンさんは、

『教育格差』というときの『教育』という言の葉に対し、

『エリート』『高学歴・高収入』といった、何かしら、強い画一的なイメージを抱いて

語っておられるような気がしてなりませんです。



『勝ち組・負け組』の言の葉に縛られておられるのは、

コアラのリボンさんではありませんか?

[ 2007/07/31 04:32 ] [ 編集 ]
Re:選挙に行こう!!(07/14)
一つずつ答えると長くなるので簡潔に書きますが、まず最初に、貴方の個人的な事情を出されても「ああそうですか。それは大変ですね。」としか言えませんので、これ以上はご勘弁願います。



「教育格差」における「教育」を「学歴」に限定しているのは、巷で「格差是正」を声高に叫んでいる人たちです。貴方はどうか分かりませんが、少なくとも私にはそう聞こえます。



現在の高校進学率は90%後半あたりでしょうか。まるで「高校にさえ進学できない人はマトモじゃない」とでも言わんばかり。そんな偏った風潮が「偏差値教育」を生み出したのではありませんか?



私が突いているのはその点です。何事にもお金がかかるのは分かっています。ただ、それって単なる近道だと思うのです。高速道路や新幹線は確かに便利ですが、相応の対価が要求されます。一般道や鈍行を使ってのんびりと行く旅も、それはそれで価値があるのです。

[ 2007/07/31 21:51 ] [ 編集 ]
【格差】は あるのか ないのか。
コアラのリボン222さん



 > 貴方の個人的な事情を出されても



経済格差がどのように教育格差に連動するか、超具体例を出したつもりなのですが。

私の例の後に出した、私立小学校の例ではどうですか?



私個人は、ひと皆、頑張れば、自身が希うそれぞれの道への扉に、

誰もが等しくチャレンジできるよう、世の見直し、是正が必要だと思っています。



 > まるで「高校にさえ進学できない人はマトモじゃない」とでも言わんばかり。そんな偏った風潮が「偏差値教育」を生み出したのではありませんか?



んだから、偏った風潮は、どうして生じたのか。 それは民草だけのせいなのか。

というところを抑えねばならない、と最初から申し上げています。



 > 一般道や鈍行を使ってのんびりと行く旅も、それはそれで価値があるのです。



おっしゃる通りです。

しかし、これを『現実問題』にもスライドされるのなら話は別です。

現実に、お金のないひとが病に倒れたら。

事故で心身を損なってしまったら。



相互扶助のシステムや福祉が不十分な國では、いつ何処で何が起こるか判らず、

自身がお金を持つしか安心して生きられない。

自分のために、家族のために、1円でも高収入であろう、と民草が願い、

努力するのは当たり前の姿になって行きます。

自身の握っているお金しか、頼りにならず、信じられないのですから。



となると、民草が高収入である職にありつくには?、と

多くの民草が考えて行かざるを得なくされていきます。

そして、その前に立ちはだかる、スタート地点での経済格差。

それをして、民草【だけ】の責任にされちゃったら、たまらんなぁと思いますですよ。



ここまで申し上げても、コアラのリボンさんが、

経済格差や教育格差がない、とおっしゃるなら、この先は平行線ですので、

お返事は結構です。 これまでおつきあいいただき、有難うございました。

[ 2007/08/01 00:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する