FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

『 四谷怪談 』 を 識らない高校生。






      私譲りで、肌が劇的に弱い下の少年。

      毎年夏には上半身を中心に汗疹が湿疹化し、
      それを掻き壊して大変なことになるのだが、
      今夏はバスケットクラブを引退したことであるし、
      少しは楽に過ごせるのでは、と期待していた。

      だが、やはりいつもと同じ。
      学校帰りに塾へまわるので、1日中、制服を着ていることも悪いのだと思う。

      殊に、今夏は額から両目の横辺りに汗疹が出来、
      食事などで身体が温まると、ぱぁっとそれが鮮やかな紅色に浮き上がり、
      本人は痒くてたまらないらしいし、
      傍で観ている方も、まるでニキビの花盛りのようで、思わずギョっとする。


      日曜朝、台風通過に備え、シャッターまで下ろしたために蒸れたのか、
      夜中に掻き毟ったようで、少年の両瞼はじくじくと真っ赤に腫れあがり、
      目もきちんと開いていない顔に仰天し、思わず、


        「 これは酷いね~~!! まるでお岩さんぢゃん! 」と 叫ぶ。


      したらば少年曰く、


        「 お岩さん、って何? 」


      a a a   げぇえええん。 信じられない。

      君は 『 四谷怪談 』 を識らないのか?  (o_ _)oポテッ

      確かに兄と違って、本を読まないお子ではあったが、
      んで、就寝時の本読みのときも、怪談ものを選んで読んだりはしなかったが。
      それでも、お岩さんを識らない、なんて思いもしなかった!

         私など、小学生のときには、好んで妖怪もの、幽霊もの、怪談の類を
         読み漁っていたものだったが。

      んぢゃ、小泉八雲を識らないのか。 『 番町皿屋敷 』も識らないよね?
      母があれほどショーゲキを受けた京極氏の『 嗤う伊右衛門 』なんて、
      読んでも、母の受けたショーゲキの半分も感じないんだろうな。
      なんか勿体無いぞ~~~ヽ(`Д´)ノ。


              そのくせ、『 貞子 』には、異様に脅える。

              んで、「 欧米の幽霊はグロいだけで怖くない、
              なんといっても怖いのはニッポンの幽霊だ、
              恨みつらみの塊だから 」、、、等々、
              いっぱしのお化け論をかましてくれるのにね>少年

              お岩さんを識らないで語ってたなんて、ちょっとイタい。

              江戸時代から、脈々と語り継がれ、誰もが識ってた
              お岩さんやお菊さんの悲劇は、もう消えてしまうのかな。

                        、、、って兄も識らなかったら、だうしやう。


                                   だめぢゃん
ペン嘆

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ



関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/07/15 00:00 ] 驚き 桃の木 @@ | TB(0) | CM(21)
入り口はいろいろ・・
うちのとろろ丼さんは、小さいころから水木御大を尊敬していて妖怪大好きだったのですが、お岩さんの怪談にのめりこんだのは、天海祐希さん出演の、劇団☆新感線 舞台版「阿修羅城の瞳」からでした。別にお岩さんがメインの話では全然ないんですけど、劇中劇で、鶴屋南北が新作がかけずに困っているときに、役者の戯言から「東海道四谷怪談」を思いつくシーンがあるんです。そこから入っていって、「嗤う伊右衛門」も読んでしまいました。

 入り口はいろいろ・・たまたま、いままで出会わなかったということなんじゃないでしょうか。



 もっとも、私の四谷怪談の入り口は、かわぐちかいじの「アクター」だったりして(汗)
[ 2007/07/19 01:31 ] [ 編集 ]
Re:『 四谷怪談 』 を 識らない高校生。
言われてみると「四谷怪談」の原作は読んでないです

内容は歌舞伎の坂東玉三郎の「四谷怪談」からですね

お菊さんも原作は読んでなくて子供の頃ドリフとかのコントで「一枚足りない…」と言うのを見て親に聞いたような気がします

推理物、探偵物は好きでしたが怪談物は夜恐くなるからあまり読んでなかったです(^_^;)
[ 2007/07/19 04:12 ] [ 編集 ]
Re:『 四谷怪談 』 を 識らない高校生。
こいつぁ春から縁起がいいやぁ

↑これが四ッ谷怪談のセリフと知ったのは高校生かなぁ。

今、知らなくても当然な気がします(^^;)

私、四ッ谷怪談も番町皿屋敷も多分ちゃんと読んでいません。でも、昔の少女マンガで、「はいからさん」や「パタリロ」なんかはその手の話がパロディーで出てきたりするので、何となく知ってたかな。

よたよたあひるさんのおっしゃるとおり、入り口は様々ですから(^^)

でも息子が「さるかに」も「浦島太郎」も「一寸法師」もよく知らないのがショックだったりして(汗)
[ 2007/07/19 06:43 ] [ 編集 ]
その実
私も、原作ないしそれに近いものは読んだことがありませんねぇ。通説として知っているだけ。

・・・怖がりで、エログロホラースプラッターはご勘弁なのでした、って小泉八雲もホラーかい?



[ 2007/07/19 07:22 ] [ 編集 ]
Re:入り口はいろいろ・・(07/15)
をを☆>よたよたあひるさん



とろろ丼さんとは、大の仲良しになっちゃいそうです^^*☆

水木先生から『嗤う伊右衛門』に至る道のりなんて、素晴らしい^^*☆

現在はググりの森で彷徨う私ですが、ネットのない時代には、

まさに何事も文字通り体当たりで、とろろ丼さん状態だったです(笑)。



 > 入り口はいろいろ・・

 > たまたま、いままで出会わなかったということなんじゃないでしょうか。



ぅん、それは何事もそうだと思っていますが、

ただ、私には「お岩さん」という名称すら識らなかったことがビックリで。



子ども時代、例えば「世界の七不思議」みたく、超常の世界に夢中になる時代が、

誰しも在ったはず、って思っちゃってるんですね。

その延長上に、妖怪やら幽霊の世界も必ず在る、ように思ってた私。。。



はぅぅ。

、、となると、彼の四谷怪談の入り口は、

『 17歳のときに母から「お岩さんみたい」と言われた 』ことから、ですね。 orz....

[ 2007/07/19 09:42 ] [ 編集 ]
Re:『 四谷怪談 』 を 識らない高校生。(07/15)
最近 四谷怪談 ってテレビでも映画でもしないですからね。。。若い子って知らないのかも。。



この記事読んでワタシも思い出し笑いしました。

子供が年長さんのとき NHKの子供番組の中で

『のっぺらぼう』話をしていたんです

人形劇みたいなので。。。

真剣にテレビを見ている二人。

最期の『こんな顔かぇ~~~~ 』って所の子供のリアクションが楽しみで ちょっと離れて 見ていたんですね。

いよいよラストシーン

ドロドロォ~~~ンって音楽が鳴って

『こんな顔かぇ~~~~~』って振り向いた人形を見た瞬間 二人の子供はテレビを指差して

『あっ!ペプシマンだ!』

・・・・・・・・・・・・・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ

もう爆笑でした!

たしかにペプシマンです (笑)

そして 時は流れ 中学2年のとき。。。

『食いたん』って番組で 東山くんがブルースリーのコスプレで出てきた(上半身裸でスパッツ)のを見て ムスメが

『江頭?』

ひぇぇ~~~~っ・・・・・・

ブルースリーが判らないムスメでした。。。

あ~~~~時代を感じる。。。。



子供たちって 『昭和時代』って言うんだもん

『時代って言うな 時代って。。。。』

っていつも 切り替えす母。。。。



[ 2007/07/19 09:46 ] [ 編集 ]
原作は識らなくても。
あは☆>萪柊さん



 > 言われてみると「四谷怪談」の原作は読んでないです



原作や関連本を探し出しては読み耽るような私のような奴は、確かに少数だと(汗)。



んでも、『お岩さん』ってのは、ニッポンの幽霊の代名詞、代表、第一人者(?)みたく

思ってきましたから、ちょっとしたカルチャーショックでしたです~~~。



 > 内容は歌舞伎の坂東玉三郎の「四谷怪談」からですね



それは素敵です!

大昔、お盆の頃に、たまたまTVをつけたら、『四谷怪談』の舞台を中継してて、

それは、京塚昌子さんがお岩さんで、戸板のシーンがとても重そうだったことと、

最後は「愛してる」と伊右衛門をやさしく抱きしめて、

ほのぼのと終わるものだったのが、忘れられないです^^*☆

[ 2007/07/19 09:49 ] [ 編集 ]
『 三人吉三 』
ありゃりゃ?>ゆうやけぐもさん



 > こいつぁ春から縁起がいいやぁ



こ、これは、歌舞伎の『 三人吉三巴白浪 』の名セリフかと(汗)。

女装して悪事を働くので「お嬢吉三」と異名をとる盗人が、

客の落としていった百両を持っている「おとせ」という夜鷹を隅田川に突き落として、

百両を奪い、そして大見得を切る。。。。



んでも、あまりに有名な台詞だから、完全に一人歩きしちゃってますよね^^*☆



 > 今、知らなくても当然な気がします(^^;)



く~~。

それでも「名前」位は識ってて欲しかったなぁ。。。



 > でも息子が「さるかに」も「浦島太郎」も「一寸法師」も

 > よく知らないのがショックだったりして(汗)



そうなのですか???(驚)

んでも、現在は、良質の絵本、童話、物語がた~~くさんありますもんね。

童話まで、大人が選択、厳選(汗)できる時代、なんですよね。

[ 2007/07/19 10:10 ] [ 編集 ]
Re:『 四谷怪談 』 を 識らない高校生。(07/15)
昔、小学生だった頃

お盆になると決まって怪談物をTVでしていたような気がします。

最近ないですね、そういえば。

あってもお祓いものとか・・・

ウチの息子達は「お岩さん」知ってます。言葉だけ。

どんな物語かは・・知らないですね^^;

[ 2007/07/19 10:19 ] [ 編集 ]
Re:その実(07/15)
ぃゃぃゃ>あそびすとさん



 > 私も、原作ないしそれに近いものは読んだことがありませんねぇ。

 > 通説として知っているだけ。



通説で十二分ですとも~~。

「お岩さん」という名詞というか単語というか、そんなものが、

下の少年に全くインプットされていなかったことに驚いたんです~~。



 > って小泉八雲もホラーかい?



え"、って、そりゃ『怪談』という怪奇文学作品集を出されていますから~。

んでも、アイルランドから日本に帰化し、

日本人の妻をこころから愛した彼の琴線に触れた、

『 あやし かなし 』の物語だと思っておりますですよ^^*☆

[ 2007/07/19 10:23 ] [ 編集 ]
『 ペプシマン 』
わはは(笑)>tiara_pittさん



 > ドロドロォ~~~ンって音楽が鳴って

 > 『こんな顔かぇ~~~~~』って振り向いた人形を見た瞬間



わはははは(爆)

男女一対の可愛い双子ちゃんが、声を揃えて『ペプシマンだ~~!!』って。

めちゃくちゃ可愛い(笑)。



あ~~。。。 ブルース・リーは、格闘技系に興味がないと、もう識らないかも知れませんね。

ワッキーが物真似しても全然ウケてないようですもん。





 > 子供たちって 『昭和時代』って言うんだもん



平成生まれの下の少年が、昭和生まれの上の少年をよくそう言ってからかいます(笑)。

まだ、昭和生まれの方が断然人口では勝ってますが、

逆転してくると肩身が狭いかも(笑)。

[ 2007/07/19 14:43 ] [ 編集 ]
お盆の頃の「TV怪談」もの。
ありましたですよねぇ??>ゆいぽんちゃん。さん



片方の瞼がコブのように腫れ、ところどころ髪が抜け落ち、口元から血を流して

両手を前に「うらめしや~~」という『お岩さん』バージョンが、

ニッポンの幽霊のデフォルトだと思いますですよ。



古井戸に浮かぶ姿も、お岩さんやお菊さんの話から。



今やすっかり、『貞子』のビジュアル(ぃゃ、あれもめちゃくちゃ怖かったけど)が

ニッポンの幽霊の標準形になっちゃったかも。



職場の昼食時に話をしたら、40代の後輩が、

「トイレの花子さんも標準形では」てな話になりました。

幽霊も進化、なんでしょうね(汗)。

[ 2007/07/19 14:50 ] [ 編集 ]
こんにちは!
今朝ラジオで幽霊画のコレクションをしてた

(なんとか)という落語家さんのコレクションを飾って

松島のずいがん寺で落語の会があるって言ってました。

お寺での最初で最後の落語の会!って。

(なんとか)なんて・・・勉強不足ですみません。

行きた~い!なんて思ってたので

同じ(?)幽霊の話題だー!なんて。

・・・全然関係ないですね。。。



我が家の読書家の娘は学校図書室の本をすべて読破したんですけど・・・。

お岩さん・・・識らないみたいです。

学校図書室には無いのかな~?

[ 2007/07/19 17:46 ] [ 編集 ]
松島瑞巌寺。
をを☆>mi-ponさん

瑞巌寺といえば、大きなお寺さんですよね。

ググってみるとたくさんヒットしました^^*☆

瑞巌寺さんご自身のHPもあったので、覗いてみましたが、

「行事」のページには、年間行事(仏事)しか載っておらず、残念んんんん!!



 > お寺での最初で最後の落語の会!って。



幽霊画コレクションで有名なのが、故・三遊亭円朝氏で、

毎年8月1日から1ヶ月間行われる『円朝まつり』(谷中三崎・全生庵)にて、

虫干しを兼ね、全生庵の所蔵になる幽霊画が50幅公開されます^^*☆



なかでも、円朝忌である8月11日には、落語家による盛大な供養の会が催され、

法要の後、奉納落語があるので、それを模したようなものが瑞巌寺さんで行われるんでしょうね。



お寺で幽霊画を飾っての落語、となれば、おそらく、まずは『応挙の幽霊』。

超有名な『へっつい幽霊』、お寺つながりで『幽霊飴』。

後は『幽霊の辻』、『茶漬幽霊』、『夫婦幽霊』、、、



あぁ、もうわくわく致しますですね^^*☆



 > 我が家の読書家の娘は学校図書室の本をすべて読破したんですけど・・・。



ご一緒、ご一緒\(^o^)/☆

だもんで、毎月学校へヤって来る巡回図書館『ともはと号』が待ち遠しくて待ち遠しくて。

父母弟の分まで自分が借りて(゚゜)\バキ☆、読みながら帰宅中、

溝にハマったのは、私です。  orz....



 > お岩さん・・・識らないみたいです。

 > 学校図書室には無いのかな~?



ぅ~。

私は図書室の900の棚を読み尽くし、000、100、300、700と漁りました。

鳥山石燕「画図百鬼夜行」に出遭ったのは、300か700の棚、

で、肝心のお岩さんには、000の項、百科事典や叢書・全集等で出遭ったように

覚えています。(んでも一番最初は、友人の持っていた雑誌の付録であったかも~~(汗)。)

[ 2007/07/20 08:05 ] [ 編集 ]
Re:松島瑞巌寺。(07/15)
瑞巌寺の落語は、桂歌丸師匠の納涼落語会でしょうかねぇ。詳しくは分かりませんでした。



>ご一緒、ご一緒\(^o^)/☆

>私は図書室の900の棚を読み尽くし、000、100、300、700と漁りました。



・・・・おんなじだぁ。



高校図書館3年間、000に始まって、とにかく読めそうなものは、哲学書から心理学書から物理学書から片端。中身はともかく、活字であればよかったというのは、ちっとも中身が残っていないことからも明らか (^^;)。

700番で、仏像の写真集にはまって出てこられなくなりました。

だから、800番がちょっと薄いです。



幽霊・怪奇譚・・・雨柳堂みたいのならいいんですけど・・・・。稲村淳二(だっけ?)はダメです。



お願いだから、PTA室で、その手の話しを市内で下さい~(悲鳴)。



[ 2007/07/20 09:04 ] [ 編集 ]
Re:『 四谷怪談 』 を 識らない高校生。(07/15)
うちの娘らの常識力にはもう絶望してるので、確かめる気にもならないのだけど、

日本昔話も知らないと思うな~。



夫は私と結婚してから歌舞伎を見始めた人ですが、

名せりふの数々を「なんで知ってるんだろ?」と不思議がって自問自答してました。

「TVのお笑い番組なんかでパロディやってたんだろうなぁ、

 『殿中でござる』って後ろから抱えたり」

 (忠臣蔵三段目加古川本蔵のセリフかな、

  これはテレビドラマでもやってたのか)

という結論になったのですが。



知人の国立大文学部准教授に伺ったのですが、

共通の「教養」というか共有できる典型的イメージというのが、今の若い子にはないんだそうです。

「フーテンの寅さん」がこないだダメで、使えるものありますかね?と訊かれました。

「ドラえもん」「サザエさん」「ちびまるこちゃん」あたりかね~。



ところで、ホントの原作はりうりうさんも読んでないでしょ。

私は読んだのだ、えっへん、鶴屋南北の戯曲。

近年映画化された2編が両方とも忠臣蔵がらみの原作を踏襲してるのですが、

評論家がそれにすごく感心してるんだから、もうどうでもいいやの心境です。



そもそも幽霊に足がなくなったのは18C後半丸山応挙から。

夏にお化けものをやるのは、芝居小屋が暑いからぞっとしてもらおう、

それと夏は暑いからエライ役者はでないんだよね。

クーラーできちゃったから別に夏のお化け芝居も必要ないしね。

ホラーものはいつの時代どこの国にもあったと思うので、

その時代その生活に合わせてお化けも進化するしかないんでしょう。



ともかく下の坊ちゃんのお岩さんが治りつつあるの、よかったですね~。
[ 2007/07/20 09:42 ] [ 編集 ]
Re[1]:松島瑞巌寺。(07/15)
をを☆>あそびすとさん



 > 瑞巌寺の落語は、桂歌丸師匠の納涼落語会でしょうかねぇ。



8月7日がヒット致しましたね^^*☆

瑞巌寺さんでは【最初で最後の】との由ですから、歌丸師匠で間違いないでしょう♪

面白そうですね!



 > 700番で、仏像の写真集にはまって出てこられなくなりました。

 > だから、800番がちょっと薄いです。



こういうところも、金のぞうさんだからでしょうか(笑)。

810番は漁りましたよぉん(笑)。

んでも、高校生で、というのが凄いです。

私は小学生で、小学校の図書室なのですから、読破レベルが違いますです。



 > お願いだから、PTA室で、その手の話しを市内で下さい~(悲鳴)。



PTA室のないうちの小中学校では、

その手の話で盛り上がることなどできませんんん(淋)。

[ 2007/07/21 00:20 ] [ 編集 ]
「 共有のイメージ 」
ありのみさ~ん



 > 日本昔話も知らないと思うな~。



如何になんでも、それはないでしょー^^*☆

歌舞伎、狂言にとってもお詳しいおかあさんの後姿を観ておられると思いますですよ~。

門前の小僧さんで、実は、ご本人も識らぬ間に、刷り込まれてたりしてるんぢゃないかなぁ。。。



 > 共通の「教養」というか共有できる典型的イメージというのが、

 > 今の若い子にはないんだそうです。

 >「フーテンの寅さん」がこないだダメで、使えるものありますかね?と訊かれました。



あぅぅぅ。。。『 フーテンの寅さん 』は、私も1度も観ていない(汗)。。。。orz....

んでも、寅さんの名台詞やさくらさんや、おいちゃん、タコ社長の面々は判ります。。。



誰もが「あぁ」とぽーんと手を叩いてイメージするものが存在しない、というのは、

価値観の多様化 → TV番組、雑誌等の多さ、「棲み分け」していく現代にとって、

不可避のことであるのでしょうか、ね。。。



 > ところで、ホントの原作はりうりうさんも読んでないでしょ。

 > 私は読んだのだ、えっへん、鶴屋南北の戯曲。



凄~~ぃ(//▽//)☆

さすがありのみさん! 『 東海道四谷怪談 』を読まれましたか~~!!

私はどなたかの意訳は読みましたが、戯曲の形のままのものは読んでいないです。

さすがだなぁ。。。(//▽//)



 > 近年映画化された2編が両方とも忠臣蔵がらみの原作を踏襲してるのですが、

 > 評論家がそれにすごく感心してるんだから、もうどうでもいいやの心境です。



あは。

元々、忠臣蔵の外伝という位置付けだったのを評論家が識らなかった?? あぅぅ。

[ 2007/07/21 00:54 ] [ 編集 ]
Re:「 共有のイメージ 」(07/15)
ありのみさん、続きです。



 > それと夏は暑いからエライ役者はでないんだよね。



なるほど~~~。

応挙の幽霊から、ニッポンの幽霊像が固定したことや、夏の怪談については識っていましたが、

「夏にはエラいひとが出ない」というのは識りませんでした~~。



『NHKアーカイブス』で、江戸時代の仕組みをそのままに残す旧金毘羅大芝居を84年に視察し、

85年に第一回のこんぴら歌舞伎として、江戸時代の仕組みのままに、

自然の光と闇を駆使し、歌舞伎を再現した吉右衛門さまご一行の活躍を観ました。



そのとき、吉右衛門さまは、幽霊にもなっておられました。

何から何まで、あのとき私が観た以上に奥深く、凄いことだったのですね(はぁと)。



 > ともかく下の坊ちゃんのお岩さんが治りつつあるの、よかったですね~。



有難うございます^^*☆

顔がここまで酷くなると、【1回だけ】ステロイドで叩いてしまいたい気持ちを抑えるのが

辛いです。。



私の顔なら、粗塩で勝負するのですが、少年にはそんな気概もなく。

このひとを来春手放すのがとても不安で仕方ありません。。。。

[ 2007/07/21 00:56 ] [ 編集 ]
トラックバックおおくりします
『仮名手本忠臣蔵』をいろいろ調べていて楽しかったです。で、忠臣蔵と四谷怪談の話を書いていたら、りうりうさんのこの日記を思い出しました。トラックバックをおおくりします。
[ 2008/02/22 01:22 ] [ 編集 ]
トラックバックを有難うございました☆☆
をを☆>よたよたあひるさん



 > 『仮名手本忠臣蔵』をいろいろ調べていて楽しかったです。



私も楽しませていただきました^^*☆ 有難うございました\(^o^)/☆



あひるさん母娘の濃ゆ~ぃ楽しそうなお喋りを、ずっとお聞きしていたいです(//▽//)☆☆

[ 2008/02/22 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する