FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

母のみた 桜。






    久々に実家の母と電話で話をした。


       「 元気だった? 桜を楽しめた? 」

       「 、、、大変だった。。。 」

       「 ? 」


    現在、母は、母の2人の姉が病に倒れ、
    上の姉は、娘がフルタイムで勤務、下の姉は息子が独身、なため、
    介護するものがいなくて、毎日交互に姉たちの病院へ出かけ、
    洗濯その他の世話をしてあげている。

    母も幾ら元気だとはいえ、74歳になったのだし、
    それは余りにハードではないのかと、
    気軽に母を使ってくれる従姉弟たちに、少々私は立腹しているのだが、
    肝心の母が「 姉が私がいい と言うのだから 」と気にしていない。

       「 妹として、叔母として、
         元気な自分が、気が付くことは全部してあげたい 」

                、、、そういうひとです、貴女は。。。orz....

    何がなくとも【 大変 】な日々ではあろう、とは思いつつ、
    気丈な母をして「 大変だった 」と言わせる日々とは、一体何があったのか。


ふたば



    実家の近くにアパートがあり、そこに住んでいる母と同世代の一人暮らしのご婦人。

    朝、母が庭に水撒きをしていると
    「 綺麗に咲きましたね~ 」と声を掛けて来られたことで、
    ばったり出逢うと、口をきく程度の知人、になっていたそうなのであるが。

    何年も経てば、段々とそのひとの事情が判ってくる。

        隣県に遠い親戚があるが、天涯孤独。
        心臓に病があり、時折短期入院をする。
        生活保護を受けている。
        自分に何かあったときは、全て 市 が処理してくれるようになっている。
        以前住んでいたアパートの近くの美容院の先生と仲良しで、
        入院中の面倒は彼女が看てくれている。
        近々に、また入院をする。

    そんなようなことを、いつのまにか母は識っていた。

    そして、先月の6日にそのひとを見掛けて以来、
    短期入院だと聞いていたのに、随分そのひとを見掛けないことに気付き、心配し、
    母はいても立ってもおれなくなる。

    民生委員さんに訊ねると、民生委員さんもそのひとの動向が掴めてない由。

    母は、自分の姉が入院している病院を中心に、
    心臓を扱う大きな病院をそのひとを訊ねて歩く。

        どの病院も個人情報を楯に最初は教えてくれない。
        でも、短期入院のはずなのに見掛けないので案じている。
        そのひとが入院しているかどうかだけでも教えて欲しいと
        母の必死の形相が功を奏したのか、1つの病院が判明する。

        しかしそれは、先月の上旬、
        母がそのひとを最後に見掛けた日から1週間後の退院記録だった。


    母は嫌な胸騒ぎがし、
    そのひとのアパートの大家さんを識っていたことから、
    きっとそのひとの保証人はそのひとと親しい「美容院の先生」だと予測し、
    大家さんの家を訊ね、「美容院の先生」を教えて貰う。 ビンゴ!

    
    美容院の先生は、自分の代理に娘をそのひとの退院日に、迎えに行かさせ、
    そのまま3日間、自分の家で面倒を看たが、
    4日目の朝、そのひとはアパートへと帰宅した、という。

    母は、大家さんと民生委員さんに声を掛け、共にそのひとのアパートへ向かう。

        そして、母は、そのひとのご遺体の第一発見者、となる。。。。



    警察に通報し、第一発見者となったために連日の取り調べ、調書の作成。

    ご遺体は解剖に回され、問題なくば、身寄りがないひとのため、
    直接葬儀会社に渡され、荼毘に付される。 お葬式は執り行われない。

    大家さんから「隣県の遠い親戚」へ連絡をして貰う。
    荼毘に付される翌日に、来広される、とのこと。

    荼毘に付される日取りが決まり、母は高天原へ行く。

        そこには、葬儀会社の御方と棺に入ったそのひとのご遺体と
        美容院の先生とその娘さん。

        読経も何もないなか、先生と娘さんと母の3人で見送り、お骨を拾い。

        骨壷は、隣県の遠い親戚のひとが取りに来られるまで、
        葬儀会社が預かる、ということだった。



    母が第一発見者となったとき、
    そのひとは死後3週間は経過している、とのことであった。

    母は、もっと早く自分が気付き、
    ぐずぐずしないで動けば良かった、と悔やんで悔やんでいるのだが、
    そのひとの外出時に出逢う度、庭の花を共に愛でてくれた、というだけの
    ご縁であったそのひとに、母がいったいこれ以上の何ができただろう。

    母だから、そこまで駆けずり回り、そこまでしてあげられたのだ、と私は思う。


    母は言う。


    なんとも言えない想いで登る、高天原への道々の桜が
    恐ろしいほど、凄かった、と。


    この桜を、一生忘れないだろう、と。






          広島の火葬場への山道が脳裡に浮かぶ。
          道路も、火葬場内も桜でいっぱいだった。

          確かに満開時は、凄い桜で埋まると思う。
          悲しい想いを抱いて集うひとびとしか観ることのできない桜。



          ひとりで逝く、ということはこういうことなんだ、と思う。

          それでもそのひとは、唯一の友人とその娘さんと母に見送られた。
          遺骨を引き取って下さる親戚もいらっしゃった。
          家財道具等々は、この親戚の方々が業者に依頼し、処分された由。

           
              「ひとりになりたい病」によく罹患する私は、気をひきしめる。


          。。。今は疲弊し、ヘコみきってる母を慰労してあげたい。

          『 かたくりの里 』 へ連れて行ってあげたいのに。。。。

                      手首が治らな~ぃ ヽ(`Д´)ノ


ペン…



関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/04/15 10:38 ] 徒然草 | TB(0) | CM(22)
Re:母のみた 桜。
言葉になりません

ご冥福をお祈り申し上げます

見つけて下さってありがとう…

そんな言葉が聞こえてきそうで、でも悲しくて、それでも心にかけて下さった方がいらしたのは幸せだったと思います
[ 2007/04/15 11:10 ] [ 編集 ]
う~ん.....何とも言えない
言えるとしたら、数多くの病院の中でその方が入院していた病院がわかったこと、保証人が美容院の先生と予測できたこと、そしてアパートでお母様が発見されたこと....すべてその方がお母さんに伝えたくて見つけて欲しいと願ったのではと思います。



ワタシは死ぬ間際にある方のサイトのレスを頂きました。(偶然にも亡くなった日のその方のレスは私だけでした)その直後亡くなったのです。でもそれがわかったのは3日後(翌日はメンテで全く楽天が見られず、日記更新がないのでおかしいと思ったのが

その翌日)そしてその方は亡くなったのです。

ワタシは人殺しなんだ....あの時気付けば、誰かに教えれば助かったかもしれない....。これはワタシの罪と背負って生きてる。だからその人と約束したから辛くてもサイトもやってます。(その年、お墓参りに行きました。ご遺族に土下座して...)



話がズレましたが、洗濯・介護身内でもして欲しい人として欲しくない人がいます。お母さんは心優しく、人を安心させる何かがあるのでしょう。人徳ですね。でも介護している方のお身体も心配。

*りうりうさんも大変でしょうが、お母様の身体見守って下さい(孤独死をひとごととは思えない私でした)



[ 2007/04/15 11:49 ] [ 編集 ]
Re:母のみた 桜。(04/15)
なんとも言えないお話ですね。1人というのはこういうことかと・・・。



それでも、その方は友人親子とお母様に見送られたんですもの。それで良かったんだと思いたい。お母様の気持ちも痛いほどわかります。あの時、私が気付いてあげていたら・・・同じ思いを持ったことがあるから。



いくら悔やんでもどうしようみない気持ち。

どうぞお母様を労わって、そっと支えてあげてください。

[ 2007/04/15 14:11 ] [ 編集 ]
Re:母のみた 桜。(04/15)
ショックです。

でも、現実にはこういうことがいつ起きてもおかしくない・・・・

私は、夫が隠退したら、私の実家に帰って同居したいと考えていますが、親がもしこういうことになったらと思うと、いまから心配です。



ただただご冥福をお祈りします。

[ 2007/04/15 21:19 ] [ 編集 ]
Re:母のみた 桜。(04/15)
お母さまは、できるかぎりのことは、なさいましたよね~

ただただ、ご冥福を祈ります。



お母さまは、やはりお世話できることが、

ありがたいことだと思っていらっしゃるから、

お姉さま二人の面倒をみていらっしゃるのではないですか?

素敵なお母様ですね~(*^_^*)

亡くなられた方も、そんなお母さまに見つけてもらって、

お別れが言いたかったんじゃないんでしょうか?
[ 2007/04/15 22:31 ] [ 編集 ]
Re:母のみた 桜。(04/15)
なんとも 印象的な桜・・・だったんですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。



一人暮らしの人が家の中で亡くなると、そりゃぁもう大変なんですよね・・・

まずは「この人は誰だ?」から始まるし。

念の為と、隣近所も警察に色々聞かれ、誰かが顔を確認して「○○さんに違いありません。」と証明しないとならず・・・

お母様も、言葉にならなかった事でしょう。お母様の思いも、察するに余りあります。

・・・そんな事があったから余計に、お姉さまの傍にいたいのでしょうか・・・・・・

お倒れにならないように。それが気がかりですね。
[ 2007/04/15 22:35 ] [ 編集 ]
Re:母のみた 桜。
言葉になりません。

そのお方のご冥福をお祈りいたします。

お一人暮らしの中で、花を愛でるお気持ちがお母さまとのご縁を結ばれたのですね。

お母さまのお人柄も大きいのでしょうが、やはり人はどこかで人と繋がって生きていたいのだなぁと、改めて思いました。

お母さま。ほんとうに大変なことでいらっしゃいましたね。どんなお気持ちで見上げた桜でしょうか。

お姉さんのお世話もしないではいられないのだろうと思いますよ。義母があちこちせっせと気を回し世話をしていますが、自分の姉妹はまた格別です。

でもお身体とお心の疲れを溜められませんように。

りうりうさんの手も早く治りますように。
[ 2007/04/16 06:14 ] [ 編集 ]
Re:母のみた 桜。(04/15)
なんともいいようがありません。

それにしてもりうりうさんのお母様、聞けば聞くほどすごい方です。

たくさんの功徳。頭が下がります。
[ 2007/04/16 10:19 ] [ 編集 ]
Re:母のみた 桜。(04/15)
 桜の別れって言うのは悲しいものですね。

 息子の親友宅の愛犬、高齢で家の中を徘徊したりしていたのですが、お散歩に出てちょっと目を放した隙に姿が見えなくなり、結局、各家から出ている排水溝に落ち、それを下へと辿り、どうしようもなくなり、そこで息絶えていたらしいです。

 そのお宅には、数年前、お父様がこの時期に他界されたこともあり、仲良しのヒロミちゃんは、「もう桜を見るのが嫌だわ。」なんて言っていました。



 新しい出会いがあり、スタートがある桜の時期の別れって、なんだか、さらに悲しいですね。
[ 2007/04/16 13:12 ] [ 編集 ]
来年からあとは、、
私も秋は嫌いです。だけど、コスモスをみて悲しくなっても嫌いにはなれませんでした…。来年から、お母様が桜をみて今年のことを思い出されて胸がいたむここちがするとしても、それでも桜の美しさを嬉しく思えることができますよう、ただただお祈りいたします。

[ 2007/04/17 08:33 ] [ 編集 ]
Re:母のみた 桜。(04/15)
大変だったですね。。。





桜という花は 時に美しく未来がみえるけど 辛い思い出にもなりやすいと思います。

日本にいる以上どこにいても 時期が来れば見る花。

3月2日 まだ桜のつぼみが膨らんでいること母が他界しました。

桜が大好きだった母。全国の桜の名所を歩くことが夢だった母。

桜が満開になったとき 母の30年来の親友のおばさんが電話してきた。



『とうとう咲いちゃったよ 桜。 見たくなかった 桜をみたくなかった』そう言って電話口で泣いていました。



りうりうさんのお母様が来年 また桜をみて辛いことを思い出しませんように。。。



[ 2007/04/18 14:32 ] [ 編集 ]
呼ばれたのだから。
萪柊さん



 > 見つけて下さってありがとう…

 > そんな言葉が聞こえてきそうで、でも悲しくて、それでも心にかけて下さった方がいらしたのは幸せだったと思います



有難うございます。 私も母にそう、申しました。

出来る限りのことをして差し上げられた、と思う。

きっと喜んで下さってる、きっと感謝して下さってるはずだ、と。



ご冥福をお祈りしつつ、元気になって欲しいです。

[ 2007/04/18 17:35 ] [ 編集 ]
Re:う~ん.....何とも言えない(04/15)
人殺し、だなんて!>春花さん

人殺し、とは、昨夜の長崎市長を銃撃したような者のことを言うのです。



その御方は、自死、なさいましたのでしょうか。。。。

その直前に、春花さんへメッセージを下さり、

たまたまそれを受け取るのが遅れたことが、どうして春花さんの「罪」になるのでしょう。



詳しい事情が判らないので、これ以上は差し控えますが、

その御方のお墓参りまでされたのですね。。。



罪として背負い、義務としてサイトを続けるのではなく、

どうぞ、楽しんで、春花さんのひとつの支えとされますよう。



 > 洗濯・介護身内でもして欲しい人として欲しくない人がいます。



おっしゃる通りです。

母は、親切の押し売りではなく、痒いところにさり気なく手を伸ばしてくれるようなひとなので、

伯母たちも、手放せないのだと思うのですが。。。



伯母たちは、時折、そんな母を「当たり前」のように、とても粗末に扱っているのを感じるので、

それだけはこころして欲しい、と思っています。。。

[ 2007/04/18 17:52 ] [ 編集 ]
ひとりで逝く、ということ。
とらトクさん



 > それでも、その方は友人親子とお母様に見送られたんですもの。それで良かったんだと思いたい。お母様の気持ちも痛いほどわかります。あの時、私が気付いてあげていたら・・・同じ思いを持ったことがあるから。



有難うございます。

とらトクさんのお辛いお気持ちは、以前、日記に書いておられた御方のことですね。。。



悔やんでも悔やんでも取り戻せない。

ヘコむだけヘコんだら、後は、それに学ぶこと、しかないですよね。

自分のなかに生かさせて貰う、しかない。

2度と、そんな気持ちを抱え込むようなことがないように。。。



んでも、母にしてもとらトクさんにしても、

遺されたものには、どうしようもなかったできごとだったように思います。



悔やむより悼み、ご冥福をお祈りすること。

自身はしっかり前を向いて歩むこと。

それしかない、、、ように感じています。。。

温かなお気遣いを有難うございました。

[ 2007/04/18 18:08 ] [ 編集 ]
「 いまから心配 」
kanitoko3さん



 > ショックです。

 > でも、現実にはこういうことがいつ起きてもおかしくない・・・・

 > 私は、夫が隠退したら、私の実家に帰って同居したいと考えていますが、親がもしこういうことになったらと思うと、いまから心配です。



先行きが限りなく不透明で、いつ何処で、何が起こるか判らない時代になりました。

先行きのことばかり心配して、「今、生きて在ること」に感謝できなくなってしまうようでは、

きっと間違い、なのでしょうけれど、確かに【備えあれば、、、】は真理だと感じています。



それは、いざ、というときの避難形態の打ち合わせであったり、

エンディングノートの作成であったり、整理整頓ラベリングであったり(汗)、

毎年検診を受けることだったり、毎日の規則正しい生活だったり、健康的な食生活だったり。。。



んで、こうしたことをきちんきちんとできていたとしても、

トラックなどが飛び込んで来たりしたらおしまい、なんですもんね。。。



結局は1日1日を、しっかり自覚して生きる、ということ、なんでしょうね。。。



ご夫君の引退後は、kanitoko3さんの方へ戻られるのですね。 倖せ、ですね^^*☆

[ 2007/04/18 18:23 ] [ 編集 ]
それでも時折、立腹しています。
ネコの目さん、温かな言の葉を有難うございました☆☆

私も、母は考えられ得る限りのことを精一杯した、と感じています。

あとはご冥福を祈るばかりです。。。



 > お母さまは、やはりお世話できることが、

 > ありがたいことだと思っていらっしゃるから、

 > お姉さま二人の面倒をみていらっしゃるのではないですか?



他に動けるものも居ないし、姉が自分を望むのだから、と東へ西へ奔走しています。

でもさすがに無理な遣い走りなど、伯母たちの我儘が過ぎると、

何処にも文句が言えず、時折私に愚痴っています。

「姉たちは、会社勤めをせず、お義兄さんたちも優しくて、ずっと大将で来たから、

ひとに遣われる側の気持ちを識らない」と。



思わず( ..)φしました(笑)。

[ 2007/04/18 18:34 ] [ 編集 ]
Re[1]:母のみた 桜。(04/15)
_AZ_さん



 > 一人暮らしの人が家の中で亡くなると、そりゃぁもう大変なんですよね・・・

 > まずは「この人は誰だ?」から始まるし。

 > 念の為と、隣近所も警察に色々聞かれ、誰かが顔を確認して「○○さんに違いありません。」と証明しないとならず・・・



一人暮らしでなくとも、自宅で亡くなると何かと大変です。

義父のときもそれなりに大変でした。

まずは病死、自然死であることが証明できなければ、

事故死、不審死等の「事件」扱いになってしまいます。



それが、一人暮らしで、かつ近しい身寄りのないひと、ということになりますから、

第一発見者となった母は、なかなか大変な目に遭ったようです。。。



だから姉たちの傍に居たいのかどうかは、限りなく「?」で、私は「否」だと感じています。

でも、よく気がつくひとなので、それを見過ごせないのでしょうし、

今は、使命感で疲れた心身に鞭を打っているように私には見えます。

少しゆっくりゆったり、休んで欲しい。

母のこころを溶かし、ほぐしてくれるのは、うちの少年たちだと思うのですが。。。。

[ 2007/04/18 18:59 ] [ 編集 ]
「 人はどこかで人と繋がって生きていたい 」
ゆうやけぐもさん、こころ寄せていただき、有難うございました。



 > やはり人はどこかで人と繋がって生きていたいのだなぁと、改めて思いました。



私もそのように感じています。

母からその御方の話を聞いたことがない位の、

朝の挨拶がてら花やお天気の話を交わす程度のご縁。



それでも、その御方のおこころには、

母が花と1セットで、少しでもぬくもりの感じられるものだったのかも知れません。



目に痛く、怖いくらいの桜の花――。



ご冥福をお祈りしつつ、早く母に元気になって欲しいです。。。。

[ 2007/04/18 19:28 ] [ 編集 ]
Re[1]:母のみた 桜。(04/15)
祐65116さん、母への労いを有難うございます。



本人は、本人が「当たり前」だと感じていることを、苦もなくすすっとヤっちゃうだけなんですよね。

そのことと、その中身に、いつも感嘆させられています。



こういうひとが母だと、自分の余りの至らなさが、いたたまれないです(汗)。

[ 2007/04/18 22:54 ] [ 編集 ]
「 桜の別れ 」
さきさん1850さん

息子さんは、大親友さんの悲しみを分け合われたのですね。。。



時期的に、桜は、別れの花であると同時に出発、出立、

スタート、再生の花でもあるように感じます。

だもんで、はらはらと花びらが散り始めると、勝手にどうしよう、とおろおろする私です。。。



やっぱりやっぱり特別な花。

この花に、悲しい想い出が織り込まれてしまうのは、辛いなぁと思います。

[ 2007/04/18 23:36 ] [ 編集 ]
Re:来年からあとは、、(04/15)
tarantiniさん、お祈りいただき、有難うございます。



桜は桜。

ただ、そこに在り、ただ時とともに咲いて散る。

何を想い、何を感じ、何を観るか、は、観る側である私たちそれぞれのこころ次第なのですよね。



来春、母がまた、桜を愛で、みつめることができますよう。

そこに、より深く、より重たい想いが重ねられているとしても。

[ 2007/04/19 00:24 ] [ 編集 ]
おかあさまの分も。
tiara_pittさん。。。

おかあさまの親友だった御方のおこころをいただき、悲しく切ない想いをされたことでしょう。



どうぞ、おかあさまの分も。

ご友人に、桜を愛で、桜を感じていただきたいですね?



おかあさまの想いから、アイバンクに登録され、

おかあさまの目は、きっと活き活きと桜をご覧になられたことでしょう。



桜は。



ひとの幾千幾万幾億の想いとともに、この國に在るのですね。

[ 2007/04/19 01:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する