FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

教育再生会議の『 親学 』と中教審会長の『 道徳教育不要論 』







   桜ボケした頭のリハビリ中、久々に「 教育再生会議 」とググってみた。

   くぅぅ。 ボケてる場合ぢゃない。
   朝日には載ってなかったので気付かなかったが、凄いことになっていた。

   よたよたあひるさん ちでも取り上げられていたが、

   教育再生会議は、25日、親に向けた子育て指針である
   「『親学(おやがく)』に関する緊急提言」の概要をまとめている。 ( 毎日新聞 )


   「 脳科学では5歳くらいまでに幼児期の原型ができあがる。
     9歳から14歳くらいに人間としての基礎ができる」と指摘し、
     11項目にわたり具体論を展開。


   ◇「親学」提言のポイント


     (1)子守歌を聞かせ、母乳で育児。

     (2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない。

     (3)早寝早起き朝ごはんの励行。

     (4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す。

     (5)インターネットや携帯電話で
        有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施。

     (6)企業は授乳休憩で母親を守る。

     (7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞。

     (8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施。

     (9)遊び場確保に道路を一時開放。

    (10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、
        思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる。

    (11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める


      。。。。。。orz....


      凄い、ですね? 「 母乳 」、から来ました。
      単位PTAでの講演会の内容かと思いました。

      長年PTAに在って、
      確かに、「 子どもより、まず親。 (自分を含めて)親が問題! 」って
      場面場面でずっと嘆いて来たけれども、教育再生会議がそう来ましたか?
     

      さすが、「団地やマンションに床の間をつくる」べし、と
      参考資料内で提言する会議だけありますよね?

      異様な細かさと、大事なところでのアバウトさ。
      いろんな意味で凄いです。 めちゃくちゃ脱力しています。

           ( 何故か、聖徳太子の17条憲法を思い出しました。
             聖徳太子の方が細かくて素晴らしいけど )


   んで、これに対抗したように、翌26日。
   文科相の諮問機関である、中央教育審議会の山崎正和会長が、個人的見解としながらも、

   「 道徳は教科で教えるべきではなく、
     教師や親も含めた大人が身をもって教えるべきだ。
     科目として点数をつけ、教科書を使う教科とすることは無理があると思う 」


   と、教育再生会議が検討している道徳の正式教科化に否定的意見を示す。( 読売新聞 )



      教育再生会議 vs 中央教育審議会



     教育再生会議発足時から何かと囁かれた文科省との不和、対立の図式が、
     いよいよあからさまになって来て、面白過ぎ。

     教育現場において、水戸黄門の印籠の如き機能を果たしていた「文科省」が、
    「教育再生会議」の前では、「現場」の機能を果たしているのが皮肉といえば皮肉。

    「文科省、頑張れ!」と思わず声援を送りたくなってしまう。


     んで、私は、『 教育基本法 』が改定される前に、
     是非とも、上記の両者は勿論、何より現場の方々、そして見識者も民草も交え、
     しっかりと検討、審議、やっさもっさしていただきたい、と思って来たのだが、

     それは「道徳」教育教科化の是非であったり、
     「体罰の見直し」の是非、であったり、高校での奉仕活動の必修化の是非であったり、
     大学の9月入学の普及促進についての是非であったりなのであって、
     例えば、今回の「親学」11項目について、時間をお金を掛けて、
     とことん審議して貰いたい、、、とは思えない。。。


    よたよたあひるさん曰く、

     個々の項目について言いたいことは山のようにありますが、
     それはともかく「正式発表」を見てからにしたいと思います。

     今は、こんなレベルの「提言」をだそうとしているような会議に税金が使われて、
     その会議の議論をもとに教育行政を考えようという政府に絶望しています。



    教育再生会議とは、
     「 21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、教育の再生を図っていくため、
       教育の 基本にさかのぼった改革を推進する 」 ための会議、なんですよね。

    その会議で、こんなことまで審議されなくてはならないほど、
    私たち親、大人がヒド過ぎるってことなんでしょうね。  (o_ _)oポテッ

    私たちは、自分で自分の首を締め、
    そのツケが「 教育基本法改定 」となり、子どもたちにハネ返っている、ということで。

    私は絶望、というより、「とほほ」な気分で今はいっぱいで、
    昨日の赤星選手の車椅子事件とともに、2つめの悲しいニュースとして受け止めてました。
    もうひとつ悲しかったのは、大きな火事のニュースでした。

      。。。とほほの春、です(哀)。


ペンはー



           追記) トラックバックのため再アップ致しますが、
               本文は、Last updated 2007/04/29 12:54:57 AM 以降、
               全く改訂しておりません。




関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/04/28 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(18)
教育再生会議のHP
教育再生会議のHPをみてきました。

デザインが変わってましたが、各分科会の議事要旨、配布資料など掲載されています。

で、問題の、第2分科会(規範意識・家族・地域教育分科会)ですが・・・・・・・

議事録はまだ準備中でしたが、議事要旨を見る限り、委員さんたちのお勉強会と素朴な感想披露大会のように読めました。有名人委員のみなさんは、本当に身近なご自分にわかる範囲のことをお話していらっしゃるみたいです。

私もまた新しい日記を書いたらトラックバックさせていただきます。
[ 2007/04/29 01:04 ] [ 編集 ]
Re:教育再生会議のHP(04/28)
私も>よたよたあひるさん

教育再生会議のHPをみました。



つい、文科省からの提出された資料『教育三法案の持つ意義』の方を読んでしまい、

第2分科会の議事要旨はざっと流してしまいました(汗)。



 > 委員さんたちのお勉強会と素朴な感想披露大会のように読めました。



同感です。

まさに講師の御方をお招きしての、お勉強会でレジュメ、といった感があります。



親学の11項目は、そのまとまりのなさからみて、

委員さんひとりひとりがそれぞれに出した、各々のごだわりの項目といった感じですね。



トラックバックはいつでも歓迎致しております^^*☆

どうぞよろしくお願い致します☆☆☆

[ 2007/04/29 01:32 ] [ 編集 ]
( ̄ ̄ ̄◇ ̄ ̄ ̄/)/ ナニィィィィィィィ!!!!!!?ですな
と言うか、『 教育基本法 』が改定されたのだから形骸化してるんだと思ってましたよ。

それをいまさら...床の間作るなら仮設住宅何とかしろ!とか団地の老人の孤独死はどうなる?と突っ込みたくなります。

更に、これ文部省で提案したって、厚生労働省の協力がなきゃ、どうしようもない問題もあるのに、縦割り行政で何かなるの?って感じです。

因みにワタシは混合栄養でしたが何か?

免疫の影響で母乳あげられないお母さんだっているだろーにさ。地デジだった始まるのに絵に描いた餅みたいなこと言ってるんですね。(5)は賛成できるが、現実無理では?

この再生会議、委員に既婚して育児を経験した女性もいるんですかね?義家さんはいるの知ってるけど

奥さん&子供見てこれが現実にできるのかわかってるのか....彼はいじめ専門なのか....

っちゅーか親もそんな育て方されてなかったら、できるか!



[ 2007/04/29 05:23 ] [ 編集 ]
Re:教育再生会議の『 親学 』と中教審会長の『 道徳教育不要論 』(04/28)
このニュースをうちは夫と2人で観ておりました

その感想は・・・

「少子化に拍車が掛かりそうやな」



深い問題が多々・多々・多々・・・・多々

親にも子にも社会にも親の親世代にも

義家さんの顔が映っていたのが・・・

この問題は、色々な意味で複雑な境智です。
[ 2007/04/29 07:25 ] [ 編集 ]
Re:教育再生会議の『 親学 』と中教審会長の『 道徳教育不要論 』(04/28)
もうね。言葉もないって言うか、よたよたあひるさんが書かれた通りの感想でした…(こっちの朝日には載ってたんですよ~)

こりゃお母さんたちの井戸端会議かせいぜい幼稚園の園長のお話し程度で、つっこみどころ満載の内容ですね。

文部官僚はせせら笑いしそうです。東京都の青少年心の革命(だったかな)事業からでていた冊子(母子手帳とともに配られる)に似てますかね。

問題をすべて個人に帰着させるあたり…。
[ 2007/04/29 07:41 ] [ 編集 ]
Re:教育再生会議の『 親学 』と中教審会長の『 道徳教育不要論 』(04/28)
現場をみてよ、という一言ですね。

「親業」のセミナーよりつまんない、おおざっぱな内容にビックリしました。

こうしたブログで現場の声がたくさん集められればあつめられるのに・・

私たちの「ことのは」は「戯れ言」なんでしょうか・・orz
[ 2007/04/30 08:36 ] [ 編集 ]
Re:教育再生会議の『 親学 』と中教審会長の『 道徳教育不要論 』(04/28)
追伸です <(_ _)>



今日の日記でこちらを紹介させて頂きました

もしご迷惑なら外しますのでお知らせ下さいませ

よろしくお願い致します<(_ _)>
[ 2007/04/30 12:29 ] [ 編集 ]
Re:( ̄ ̄ ̄◇ ̄ ̄ ̄/)/ ナニィィィィィィィ!!!!!!ですな(04/28)
*春花*さん

首相官邸直結の『教育再生会議』vs『文科省』。

まだまだ尾を引くのではないでしょうか。



で、首相が変わっちゃったら、また再生会議もビミョーに変わるでしょうから、

どうなっちゃうんでしょうね(゚゜)\バキ☆



 > この再生会議、委員に既婚して育児を経験した女性もいるんですかね?

 > 義家さんはいるの知ってるけど



確かに「有識者」17名のなかで女性は少ないですね!

私はもう、誰が何をどう言ったか、【議事録】を隅々まで読むことにしました(悲)。



母乳。。。

私自身は、生れ落ちてすぐに父が離婚していますから、混合オンリーです(汗)。

んで、私は少年たちを育てるにあたり、『桶谷式母乳育児』にご縁をいただきましたので、

母乳については、それはもう、おそらくブログ炎上するであろうぐらい(笑)、

一家言も二家言も持っています。



けれども、母乳で育てたくても育てられなかった方々はたくさんいらっしゃる。

赤ちゃんにとって、汚染されず、酸化していないベストな母乳を出し続けるために、

母体はどんな努力をしなくはならないか。

そして、出ないといって自分を責め、出過ぎては酸化させないよう毎回絞り、

乳腺炎と闘いながら、半狂乱になりながら、母乳ケアに専念できるひとが、

いったいどれだけ在るというのでしょう。



それでも母乳至上主義を掲げるなら、

全ての母親が、赤ちゃんを母乳で育てられるような社会のシステムにしていくのが先。

(6)企業は授乳休憩で母親を守る。

だけぢゃ、どーしようもないでしょうに。(怒)



[ 2007/04/30 13:53 ] [ 編集 ]
「 少子化に拍車が掛かりそう 」
よりちゃん(^^)さん

日記でのご紹介を有難うございました^^*☆

早速、よりちゃん(^^)さんちに長々と書かせていただきました。



 > 「少子化に拍車が掛かりそうやな」



ほんとにね。

國が、今の現状を「親」【だけ】の責に帰し、【親学】を押し付け管理して行こうとするならば、

個々人の親となる覚悟は、これまで以上に幾重にも重たいものになるでしょう。



 > 深い問題が多々・多々・多々・・・・多々

 > 親にも子にも社会にも親の親世代にも

 > 義家さんの顔が映っていたのが・・・

 > この問題は、色々な意味で複雑な境智です。



この11項目から成る『親学』が提言されるに至った教育再生会議の第2分科会では、

2時間程度の会議の度に、講師陣による講義をヒアリングし、それについて議論され、

そこから出てきた提言のようで(汗)。



私が、単P講演会の感想会のように思えたのも無理ありませんでした。

その通りだったんだもん(汗)。



「とほほ」から、私も「絶望」の境地に近付いてきました。

[ 2007/04/30 14:10 ] [ 編集 ]
「 つっこみどころ満載 」
ほんとにね>ゆうやけぐもさん

こころの針が、「とほほ」から「絶望」に傾きつつあるですよ。



 > こりゃお母さんたちの井戸端会議かせいぜい幼稚園の園長のお話し程度で、

 > つっこみどころ満載の内容ですね。



 > 問題をすべて個人に帰着させるあたり…。



そうなの!!!! そこ!!!なんです。

日記本文で



 > その会議で、こんなことまで審議されなくてはならないほど、

 > 私たち親、大人がヒド過ぎるってことなんでしょうね。  (o_ _)oポテッ



と書いたのは、自己反省の形を借りた、大いなる皮肉、憤りです。



『親学』なる提言は、間違ったことは言ってない。

んでもそれは、「有識者」の方々が講義をヒアリングされ、

ご自身の体験やご自身の専門分野においての【気付き】でしかない。



「提言」しなくちゃならないような現状は、いったい何処から来たものか。

何処からもたらされ、そしてそれは何故なのか。

そこの分析、全然できてないやん、って思う。

そこを克服するために「親学」? 違うでしょ、と思う。



今の大学制度、教育制度。

もっといえば社会、企業の体制そのものが変わらない限り、ひとにやさしい國なんて夢のまた夢。

お子たちひとりひとりが輝ける社会なんて、夢のまた夢。



自立支援法のようなものがまかり通る國の体制を省みることなく、

個々人の責だけに帰するな!!と憤っています。



國が乗り出して対処しなければならないのは、もっと違うところにあるはずだ、強く思っています。

[ 2007/04/30 14:41 ] [ 編集 ]
「 つまんない 」
「 つまんない 」よね>oribe77さん

んでも、これが國の提言として強制・管理されていくとなると、

「つまんない」では済まされなくなって行きます。



 > 現場をみてよ、という一言ですね。

 > 「親業」のセミナーよりつまんない、おおざっぱな内容にビックリしました。



びっくりしましたよね。

私たちが年間に受ける各種講演会、その後の討論会の方が数段濃ゆいんぢゃないでしょうか。。。

ただ、そこに、どれだけの人員が自主参加いただけてるか、という問題はありますが(汗)。



「有識者」な17名の方々は、それは凄い方々が名を連ねていらっしゃるんです。

「 それでこれかぃ 」と哀しいです。



もうね、誰が何をどのように物申されたか、議事録を隅々まで読むことに致しました。

(嗚呼、非建設的~~)



 > 私たちの「ことのは」は「戯れ言」なんでしょうか・・orz



 orz....

[ 2007/04/30 14:48 ] [ 編集 ]
ありゃま>ぢぶん
春花さん宛のお返事の訂正です(恥)。



 > 私自身は、生れ落ちてすぐに父が離婚していますから、混合オンリーです(汗)。



混合オンリー??  orz....



「粉ミルクオンリー」です。

森永事件の後で、実家の母は、私に粉ミルクを飲ませる度にとても怖かった、と言ってました。



乳製品の溶解度を上げるために砒素を使っていたこの事件も信じられない、許しがたい事件でした。

森永側がちゃんと認めるのは、70年代に入ってから。



被害者は、明らかになっているだけで1万2000人余。

今尚、脳性麻痺、知的発達障害、精神疾患等々の重複障害に苦しまれ、

保護者は、森永の粉ミルクを飲ませてしまった、という自責の念で苦しまれています。( ┬_┬)



もう少し早く生まれていたら、私も被害者だったかもしれません。。。。。

[ 2007/04/30 17:10 ] [ 編集 ]
Re:教育再生会議の『 親学 』と中教審会長の『 道徳教育不要論 』(04/28)
「母乳」って最初にあるってだけで、

「そんな程度の話しかできんのか」と脱力&怒り心頭。

母乳を言い出す人は、よほど幸せか どん底かの育児をされた方でしょうと思ってしまうんですけどね。

で、「演劇などの『芸術』」ですか。

(´ー`)┌フッ



なんだかもう、見ていて恥ずかしくなるような内容なような・・・

1からお勉強しているんですね。これの方々。

何もしないよりいいですけど。
[ 2007/04/30 22:20 ] [ 編集 ]
子守歌一つとっても
日本の子守歌は、いたいけな少女が、金持ちの赤ん坊を子守しながら、

恨みつらみを述べたものばかり。



いやぁ、教育再生会議のメンバーさんは子守歌を歌ったことも聞いたこともない

「人間としての基礎」のなってない人たちなんだぁ。
[ 2007/05/01 22:34 ] [ 編集 ]
「 母乳 」
_AZ_さん



 >「母乳」って最初にあるってだけで、

 >「そんな程度の話しかできんのか」と脱力&怒り心頭。

 > 母乳を言い出す人は、よほど幸せか どん底かの育児をされた方でしょうと思ってしまうんですけどね。



以前、県の母親代表会議で、講演もあり、

講師の御方がやはり【脳科学の大切さ】について語られる御方だったんですよ。



母乳について、3分の1近くの時間を費やされ、その後の大半が幼児期の大切さについて。



そんなことは、識ってるひとは識ってるし、

皆、「今言われても」「その時期に全てが決まるなら、もう遅いんぢゃん」

「私たちはヤり直せはしないぢゃん」、、と会場全体が切ない想いでいっぱいになりました。



私たちが若い方々やら、自分の子どもたちに「鬼姑」となって伝えていく、という、

長期的展望もなくはないですけど、たちまち小中のお子たちを抱え、

そのお子たちを放っぽいて県の会議に遠路集まっている役員にとっては、

打ちひしがれるような内容です。



「母乳」を語るなら、まずは、結婚しようとするひと。

赤ちゃんの父母になろうとしているひとに向けて語り、

そういったことを実行できる、

できないひとびとをフォローできる世の中の仕組みにしていくのが國の仕事のような気がします。



 > で、「演劇などの『芸術』」ですか。

 > (´ー`)┌フッ



浅利さんがいらっしゃいますからね(汗)。



 > 1からお勉強しているんですね。これの方々。

 > 何もしないよりいいですけど。



。。。ぅん。

でも、今回の「親学」の提言は?

、、、まぁ、こんな感じであちらこちらに波紋を呼んでるようですから、

あちらこちらで真面目な議論になっていけば、ないよりはあった方が良かったのかな?

教育再生会議の底も観え切れたし(汗)。

[ 2007/05/02 10:57 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
りうりう*さんTB失礼いたしましts。

またコメントありがとうございました。

母親の、授乳中テレビを観ることでしか落ち着けないとう状況がよくないわけで、子どもの育児に専念できる社会なら提唱する必要すらないと思います。

今回の親業の提唱は近所のおばちゃんに言われたら納得というか、決して変なことは言っていないですが、国に言われると抵抗があるのはどうしてなんでしょうね。

それよりも地域社会が希薄になっている社会をなんとかしないといけないなぁと思います。で、夫とひきこもり支援のアートサークルplaytを作っているのですが・・・なかなか。。
[ 2007/05/02 11:47 ] [ 編集 ]
「 地域社会が希薄になっている社会 」
playt*さん、ご丁寧に有難うございます☆☆



 > 今回の親業の提唱は近所のおばちゃんに言われたら納得というか、決して変なことは言っていないですが、国に言われると抵抗があるのはどうしてなんでしょうね。



私見ですが、近所のおばちゃんは、紛れもなく「実体験者」であり、

それを乗り越えて来られた御方の知恵を語られる訳ですから、

それなりに謙虚に聴く耳を持って然るべき、ですよね。



しかし、國は。。。

そんな國にしたのは、誰?

あんたが何をした? 

あんたに(上から)ものを言われたくない。

ってな抵抗感が生じるのはムベなるかな、と思っちゃいますです。



 > それよりも地域社会が希薄になっている社会をなんとかしないといけないなぁと思います。



私の在るこの地は、古い古いお土地柄で、壁に耳あり障子に目あり、の

濃密濃厚地域社会、なのですが、それでも、「要らんこと」には濃密で、

「必要なこと」には冷たいほどの希薄さを感じる、ヘンな状態に陥っています。



ご夫君と、「ひきこもり」状態の方々をご支援なさっておられれば、

何かと物思う毎日でいらっしゃることでしょう。



またいろいろと教えて下さいませ。

有難うございました☆☆

[ 2007/05/02 12:01 ] [ 編集 ]
Re:子守歌一つとっても(04/28)
ありのみ01505さん



【子守歌を聞かせ、母乳で育児】とは、要は母子がそれだけの濃厚なるスキンシップを持て、

と言いたいんでしょうけれどね。



つい、



 > 「子守唄>日本の子守歌は、いたいけな少女が、金持ちの赤ん坊を子守しながら、

 > 恨みつらみを述べたものばかり。



って、指摘したくもなりますよね。

4月17日の第2分科会の議事要旨【http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku/2bunka/dai9/9gijiyoushi.pdf】で読む限り、



山谷氏は、この分科会のしめくくりで、

 「 私は、子守唄や民話、神話、郷土の偉人伝などを読み聞かせる国会議員連盟の幹事長をやっているが、子守唄を聞かせようと呼びかけても、最近のお母さんは子守唄を知らない。市町村合併の影響から、全国で5000程度あるといわれる子守唄の資料も失われつつある。ふるさとの子守唄を、6ヶ月検診などの機会で集まる際に歌うことなども含め、母性、不正を育て社会をかえるようなメッセージを発信したらどうだろう 」



とおっしゃったようです。

少なくとも、首相補佐官という位置付けで出席された山谷氏は、子守唄にお詳しそうです(汗)。



17名の有識者の存在は、官邸や補佐官の弾除け(゚゜)\バキ☆でしかないような気が

ますますして来ました(汗)。

[ 2007/05/02 12:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する