FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

義母の班の神社当番。



   今年のGWは、長義兄の長女の海外結婚式、次義兄の次男が受験生(後日記述)等々で、
   昨年に続いて、義兄たちの帰省なし。 \(^o^)/☆☆☆


   例年は、こうだったり、 こうだったり、 こうだったり、と

   盆暮正月、農繁期に次ぐ、恐怖・悪夢のGWなのである。
   んでもって、夫は休みぢゃないし。
   めちゃくちゃ てんてこまい だったのが 嘘のよう。


       とってもとっても有難いけれど、
       義母は不本意で、淋しくて、

         「 やっぱり、おとうさんがおらんようになるとサエんのぅ 」と愚痴る。

       それは義父がいなくなったから、なのではなく、
       孫たちが皆それぞれ長じて、それぞれに忙しく、
       無理をしても皆が集まれなくなって来ているのだ、と言ったのだが、
       頭では理解しても、義母のこころが納得してくれない。

       こうして私は、何処にも行かず、ちゃんと義母の傍に仕えているのに、
       それは「当たり前」で、喜んではくれないのか~~~ぃ。

       いつだって、GWだから、といってレジャーも何もなく、
       貴女の傍に在るのに。

                     私だって、遊びたいし、何処かへ行きたいぞ~~!


 




    今年度の義母の班では、義母が班長。

    義母の手に余るようなことはお手伝いをしているが、
    昨夜、班会議があり、神社の当番についてモメにモメた、という。

  
       これまでは、神社への寄附集め、祭り準備等の班内割り当ては
       班内の氏子が中心になってヤって来たが、氏子も高齢化してきたため、
       氏子ばかりではキツいので、班内で全世帯が持ち回りでヤって欲しい。

   
    との提案が出され、
    持ち回りで当番が当たって、できない場合はお金ではなく、
    代わりのひとを出して欲しい、というところで喧喧諤諤となったそうである。


    82歳の義母が当番になるのは6年後。

      「 寄附金集めはともかく、祭りの前夜から準備を手伝い、餅を搗いたり、
        行列にも付き添って町内を練り歩くなんてとてもできない。
        お金で勘弁して貰えないだろうか 」

    義母がそういうと、氏子連のひとは、

      「 お宅には三男さんが帰っておられるし、
        三男さんがダメなら、長男さんに帰って貰えば済むことじゃ 」 と。
 
    義母はカンカンになっていたが、
    でも確かに、皆がお金で済ませたら、結局誰もお世話をするひとがいないことになる。。

    
    、、、これ、多分、どーせ、私がするようになるんだろうな。。。orz....

    って、6年後、といったら、ちょうど 我が家も神社当番ぢゃん!?! ショック  

    でぇええ。  し~らないっと。 そのときが来たら悩もう>ぢぶん。


溜

氏子の高齢化って言ってるけど、
本当のところは、氏子さんたちの神社離れ、だと思うなぁ。。。(゚゜)\バキ☆



関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : 神社 鎮守 氏子 当番 持ち回り 高齢化

[ 2007/04/30 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(10)
Re:義母の班の神社当番。
今年の連休はお義母さま、淋しいんですね。いつまでも賑やかだった頃を思い出されるんでしょうね。

んでも「賑やかだった頃」は嫁には「辛い日々」でしたね~。読み返してしまいましたm(__)m

ウチは昨日、義父の墓参りに義母と義叔母ともども行って参りました。腰痛でよちよち歩きだから私だけパスしたかったけど(笑)でも最初に夫が「お彼岸に行ったからいいじゃん?」と言うので、お尻を叩いて連行しました(爆)

義母から義母の腰ベルトを拝領し(ゆるゆる~♪)、気遣われるダメ嫁(^^;)

今日はこれから息子の遠足。夫はゴルフ(-"-;)自分のことばっかでごめんなさいm(__)m

神社のお祭り。外に出た子が勇んで帰ってくるような神社ぢゃないのが問題?

6年後には新展開があって、大変ぢゃなくなりますように。。。
[ 2007/05/01 06:50 ] [ 編集 ]
おぉ~っ!お仲間か!
早くに義母を亡くし単身、大阪に赴任して家にいない主人…。義父と同居している私には、そう、そう!って感じっ。横にいて、一番世話を焼いてるのにそれが当たり前で、感謝のお言葉って聞いた事しばらくない…。たまに来る実の娘家族には決して勝てない。むかつくコトバも数知れず!私、最初のうちは家政婦だと割り切ってましたから(^^)でも、年を重ねる毎に聞こえないふりがうまくなって、それなりに付き合い方ってわかっていくんですよね。せっかく子供の手が離れても何かと自由がきかない生活、いつまで続くのやら。って感じですか?
[ 2007/05/01 07:23 ] [ 編集 ]
当たり前だと有難くなくなっちゃうのかねぇ...
いつも気遣ってる方にこそ、感謝ってあるんだと思うのだけどねぇ...。

たまに来るから、親子エッセンスが濃いのかな?

*りうりうさんの日記読んで、NACSの舞台を思い出してしまいました。実は観てる最中も*りうりうさんと観てる感が(町村合併やお祭りにからむ内容だったので)

こっちは神社当番はないけど、町内会はモメる。各世帯が順に当番になるけど、その世帯も高齢化。

ウチは隣の雪かき仕切り温泉饅頭(隣のオヤジ)が引っ越すからと一昨年、振られたが未だに隣に住んでるし(苦笑)、次の当番は生きてないとか言い出すしねぇ...(結局、次はワタシかよ)

伝統は守りたいけど、できることできないことがあることもわかって欲しいし、独立して他の地域に住んでる人とか、いろんな人に協力はできないのでしょうかね(--:)

2つの神社当番って...しかも6年後って..
[ 2007/05/01 08:15 ] [ 編集 ]
Re:義母の班の神社当番。(04/30)
りうりうさんの、例年こうだったり、こうだったり・・・が今も進行中の我が家。(それでも県外に住む義弟たちは来ないので近くに住む義弟1家族が増えるだけなんやけど)



しかも今年は息子が来てくれない(泣)

途中に平日が入るので長い休みとならず帰らないことにしたんだと。きっと農作業から逃れたい思いもあるんだろうな・・・。



田植えは4・5日。んで、4日に同窓会がある。悩んだけど行っちゃる!もちろん農作業の後、全部(食事・お風呂などの準備)したくすませてから行くけどね。



かくして3日から2日間のための準備に入ります。

戦闘体制のようです。。。

農作業が負担になる分、盆・正月より嫌いなGWなのだぁぁぁ。
[ 2007/05/01 09:02 ] [ 編集 ]
Re:義母の班の神社当番。(04/30)
この地に越してきて、氏子でもなんでもないのに

仕事を休んでまでいろいろな行事に参加させられてしまうのはなんだかなぁ・・・と思ってしまう、バチアタリはワタシです^^;

地の人が幅を利かせ、新しい住人の意見を聞いてくれず「昔から・・・」との言葉で済ませてしまえるような会議成り立ってしまうようでは

何年住んでも愛着を感じることができません。



義母は不本意で、淋しいお気持ちは手に取るように解ります

けれど、愚痴ったところで・・・ねぇ^^;

「いい時代」には、もう帰れないのだから・・・。

りうりうさんに 甘えておられるんですね。

ご苦労様です^^;





[ 2007/05/01 10:30 ] [ 編集 ]
「 辛い日々 」
くぅぅ>ゆうやけぐもさん

義父母が倒れた当時のことを思えば、そんな辛さも贅沢な辛さだった、と、今では思えます。



んでも、生活習慣、食生活の違いは、身体に染み込んでいるものだから、やはり辛いですね。

「釣書」という書類選考のある「お見合い」というのは、

それなりに、転ばぬ先の杖のような、昔のひとの知恵のひとつだったのかも、、、と

ヘンなところに想いを馳せたりした私(笑)。



 > ウチは昨日、義父の墓参りに義母と義叔母ともども行って参りました。腰痛でよちよち歩きだから私だけパスしたかったけど(笑)でも最初に夫が「お彼岸に行ったからいいじゃん?」と言うので、お尻を叩いて連行しました(爆)



長男さんのお嫁さん、だものね。

偉かったですね^^*☆

やはり「嫁」として苦労して来られた時代もあったでいらっしゃるだろう年配の方々も

報われるような想いをなさらなくては、哀しいですよね。



 > 神社のお祭り。外に出た子が勇んで帰ってくるような神社ぢゃないのが問題?



ただただ【宮司が問題!】だと感じておりますです~~。

神社は神社としての務めをきちんとヤり、努力し、

地域の神サマに愛されていることを住民に伝え、地域に畏敬されてこそ、と思いますですよ~~。



6年後。。。それまでに宮司さんがこころを入れ替えて下さいますでしょうか。。。ぅぅぅ。

[ 2007/05/02 08:16 ] [ 編集 ]
Re:おぉ~っ!お仲間か!(04/30)
を~~~っ!!!>なかちゃん0131さん



 > 早くに義母を亡くし単身、大阪に赴任して家にいない主人…。義父と同居している私



偉いっ!!( ┬_┬)。

ご夫君が不在でいらっしゃるのに、お義父さまとご同居していらっしゃるなんて。

もぉ、大尊敬です。

私だったら、とても務まりませんわ。



私がなんとか頑張れたのは、夫が仲良しの三兄弟であり、私たちがこの地に転居するまで、

三人とも出ており、嫁同士が(長義兄のお連れ合いさんは別格ですが)ある意味対等であったこと。

義父母には娘がおらず、私に小姑が居なかったこと、だと感じておりますですよ~~。



義父母は、嫁同士を比較はできても、自分の愛娘とは比較しようがなく、

「息子を頼む」という気持ちでいらして下さってたのが、とても有難いことでした。



 > 感謝のお言葉って聞いた事しばらくない…。



そそそ。

別に感謝されたくてヤってる訳ではないのですが、「当然」と思われちゃうと哀しいですよね。

それなりに無理して、我慢して、頑張ってるんですもん。

たまには、感謝とか感謝とか感謝とかして欲しい。

「いつも有難う」「いつもごめんね」。。。そんな癒しの言の葉に飢えているのを感じます。

ほんの1日でいい、半日でいい。

「たまには代わるよ」と、義父母の傍に在ってくれて、

何も聞かず、後でその間のことを根掘り葉掘り聞かず、全くの自由!!にさせてくれたらな~~~。



それだけで、またこころ新たに頑張れるのに。。。

[ 2007/05/02 08:33 ] [ 編集 ]
Re:当たり前だと有難くなくなっちゃうのかねぇ...(04/30)
きゃ~~☆>*春花*さん

NACSさんの舞台を私と共に観て下さったんですね^^*☆

すんごぃ光栄です。 ありがとーーーー\(^o^)/☆



 > たまに来るから、親子エッセンスが濃いのかな?



というより、有難いことに(汗)、義兄たちは「お客さま」、

私のことは「身内」感覚でいらっしゃるのだろう、と。

いへ、もっと言えば、この地では、「男性はお客さま」、女性は「下働き」が当たり前感覚。

義母もずっとそうヤって来たんですよね(涙)。



郡部地域社会は、何処も過疎化、高齢化の問題を抱えていると思います。

その分、「若い」世代におんぶに抱っこでは、

ますます「若い」世代の流出を拡大させるだけなのだと気付いて欲しいです。

「若い」世代が、これまで自分を育んで来てくれたものに、自然に感謝できるよう。

無理なく伝統を守って行くためには、何をどう工夫して変えて行かなくてはならないか。



 > 2つの神社当番って...しかも6年後って..



ぷぷ。 6年後の心配。

鬼が笑いすぎて痙攣起こすかも。

、、、ただ、確かに小手先の改革ではどうにもならないところに来ていますから、

長期的展望は必要なことなんですよね。



展望、、、を持つためにも、根本=宮司がなんとか変わってくれないと。。。(o_ _)oポテッ

[ 2007/05/02 09:24 ] [ 編集 ]
大尊敬☆
ぅんぅん( ┬_┬)>とらトクさん



 > りうりうさんの、例年こうだったり、こうだったり・・・が今も進行中の我が家。



農家のご同居ご長男のお嫁さん現役バリバリのとらトクさんには、

大尊敬!申し上げておりますですよ~~~\(^o^)/☆

それ+PTA執行部+ピアノの先生+女優さん、でいらっしゃいますからね、

そのパワー、バイタリティ、ご努力には、私など、とても足元に及びませんんんんん( ┬_┬)。



 > しかも今年は息子が来てくれない(泣)



これは痛手ですね( ┬_┬)。

昨年は、息子さんが帰省されるから、倖せに思われ、

頑張れたところがおありでしたもんね( ┬_┬)。



うちの場合は、田植えはもう少し先になるのです。

だもんで、下準備はあっても、GWは、田植えとは別物でした。

この時期は、毎週帰省しなくてはなりませんでしたから、

(車のない私は、少年たちと山のような荷物を抱えてJR電車で(号泣))

せめてGWは、自宅でゆっくりしたい、と願っていたものです( ┬_┬)。



 > かくして3日から2日間のための準備に入ります。

 > 戦闘体制のようです。。。



戦闘ですとも( ┬_┬)。

息子さんが帰省されない分、同窓会で気分転換。

リフレッシュがおできになりますように☆☆☆

(農家でない、ご自分たちだけの生活を満喫してるように見える旧友の方々の倖せや愚痴話に、

 イライラしたりなさいませんよう(汗)。

 とらトクさんをしっかり観て、学ばれてる娘さんがいらっしゃいますからね\(^o^)/☆☆)

[ 2007/05/02 09:48 ] [ 編集 ]
「 バチアタリ 」
ぃゃぃゃ>ゆいぽんちゃん。さん



私も「バチアタリ」度では、人後に落ちません( ̄^ ̄;)。

本来ならば、氏神さまのおわします地に居を構えるからには、

おそらく自動的に全員が氏子、となるべきものであったんですよね。

んでも、時代と自然の変容とともに、

「いつも自分を見守ってくれてる氏神さま」という意識はどうしても失ってしまう。

って、氏神さんが確かにおわすことを意識させられるような、

そんな常ならむできごとがあっちゃイカンのも確かで。



昔の如く、神仏やら自然に対する畏敬のこころが私たちから消えてしまうことは、

時代の流れ、と言ってしまえばそれだけのことなんだけれど、

「失わせてしまった」のもまた「ひと」であることは確かで。

それが、良いことか悪いことかは別にして、色々とご年配の方々を中心として、

考え直さなきゃならないときに来てるのを痛烈に感じます。



 > 地の人が幅を利かせ、新しい住人の意見を聞いてくれず「昔から・・・」との言葉で済ませてしまえるような会議成り立ってしまうようでは何年住んでも愛着を感じることができません。



ご一緒、ご一緒です!!

「昔から、、」で済ませなくなっていることに気付いて欲しい、ですよね。

どうかすると、「それは何故か」を識るひと、語れるひとも数少なく、

「形だけ」になってしまっていることが、どれだけ多いことか。

「昔から、、」で、済ませなくしていったのは、自分たちでもあることに気付いて欲しい。



老若男女が各々の宗教を超え、

その「地」におわす氏神さんにこころ寄せ、自然に手を合わせる気持ちになれるのは、

お正月とかお祭りとかの「ハレ」の日は、とてもいい機会になるのに、

うちの神社さんなどは、それを台無しにしちゃってる一方のような気がしていますヽ(`Д´)ノ。

[ 2007/05/02 10:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する