FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

『 マスターズ甲子園 』








   先週、広島時代に大変お世話さまになった整体の先生から連絡を受け、
   ちょっとお手伝いをし、木曜日に完了、となった。


   そのお手伝いとは、、、先生の原稿整理である^^*☆


     3人の娘さんのおかあさまでいらっしゃる先生は、
     小中高大とバレーボールを続けて来られて、大学は日体大。
     超本格的バレーボーラーの大先輩でいらっしゃる。

     しかし在学中に大きな怪我をされ、選手生活を断念。

     その折にめぐり逢ったトレーナーの先生に大きな感化を受けられ、
     スポーツ医療の道に進まれ、独特の整体の道に入られた。


   やさしくて、明るく朗らかで、腕もピカ一の先生は、大人気で、
   どうかすると1ヶ月先まで予約でいっぱい。

   人づてにこの先生を紹介いただき、仲良くしていただいて。
   。。。私とこの先生とのご縁は、下の少年の誕生前まで遡る。


      以来、ピンチにはいつもこの先生に助けていただき、
      お蔭で、この地に転居してしまって、
      どんな整体の先生にも満足できなくて困っている(笑)。


怪獣くん



   原稿内容は、先生が何処かに発表される依頼原稿で、
   先生の三女にあたる娘さんのお連れあいさんが、
   マスターズ甲子園の県予選に勝ち抜き、本選に出場されることになったこと、
   先生がそこから得たこと、学んだこと、といった手記だった。



       同窓生同士が、仕事の合間を縫って懸命に練習し、
       紆余曲折のうえ、県予選を勝ち抜き。
       憧れの甲子園に立って、プレイする選手たちの倖せそうな顔、顔、顔。

       娘さんのお連れあいさんは、高校時代はベンチにも入れない補欠であったため、
       甲子園の電光掲示板に自分の名が入れられ、アナウンスされた時には足が震え、
       自然に涙がこぼれた、という。



   先生は、夢を叶えられた娘さんのお連れあいさんにこころから拍手を送られ、
   最後に、こう結ばれる。


     高校球児には、誰も戻れない。
     しかし、あの時の気持ちにはみんな戻れる。
     そして皆、思いを忘れず自分を信じて、夢を追い続けることはできるのだ。

     私はこの感動を忘れない。
     私も夢に向かって(ほんの小さな夢だけれど)これからも前に突き進んで行こう。
     楽しく、軽やかに歳を重ねて行こう。




   先生との初対面で、「整体の先生」のイメージには程遠い、
   若くて可愛らしい先生に、とても驚いた。 当時、40代前半でいらした、と思う。

   その後、診療所も大きくなり、市中央に転居され、仕事を取り、離婚され、
   3人の娘さんを育てられ、今ではたくさんのお孫さんに囲まれていらっしゃる。

   先生の原稿は、目をみはるような達筆で、
   私が手を入れさせていただくようなところは、殆どなかった。

        「 もうすぐ還暦よ~~! 」

   と、変わらぬ笑顔と若々しいお声でころころとお笑いになる。

   
   変わらない先生と、先生が活き活きまるごと!の原稿に、
   なんともいえない感動を私もいただいて。


      ひとは、それぞれに、夢、想い、願い、を持てないと、
      ( 健全に )生きていけないのではないか、と思う。

      夢を持てる社会であること、環境であること。
      何より、夢を持てる自分である、ということ。

      生涯を通じ、自分の能力・志向を大事に、夢に向かって精進し、努力していく力は、
      最初に夢ありき、ではないのか、といったような。



      全ての子どもたちに、夢を持って活き活きと前向き努力で毎日充実!
      、、、 といった日々を過ごして欲しい私たちは、

        まず、自分たちが夢持って、わくわく、毎日を楽しまなくちゃ、ですね。

      子どもたちにとっては、今や、私たちがマスターズ!! 

            、、、って、胸張って言える自分たちであろう。 ぅん。。。(o_ _)oポテッ

ペンこけ



関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/03/08 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(2)
Re:『 マスターズ甲子園 』(03/08)
野球を愛してやまない方にとって、甲子園でプレイできる喜びはそれはそれは夢のようでしょう。



あの場所はスタンドにいることだけでも、全身が震えるほど幸せなのに(私だけ?)電工掲示板に名前が出され、アナウンスされるなんて想像するだけでくらくらきます(笑)



娘さんのお連れ合いの方の幸せな気持ちを、素直に受けとめてその感動を書きとめたいとされるお母様の気持ちがまたステキだなと思いました。



私は・・・甲子園でアナウンスができたら、気絶してしまうかも(そしたらアナウンスできないやん)
[ 2007/03/09 09:50 ] [ 編集 ]
憧れの甲子園
全国の何千校からの予選...そして夢の甲子園

汗と涙&感動。

大人になってその夢を叶えること、影の努力もあったのではないかと思います。

日記読みながら....私の夢、想い、願いは何かと改めて考えてしまいました。

そして

*りうりうさんの夢、想い、願いは何かと興味をそそられたのでありました。
[ 2007/03/09 11:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する