FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

お彼岸中日、おはぎ考。







   実家のお墓参りはできなかったけれど、義父のお墓と、仏壇にはお参りをする。

   牡丹餅(広島では、この時期でも『 お萩 』と言う)をつくるのをサボってたら、
   近くに住む、義父の姪が義母にお裾分けをしてくれて、助かった(゚゜)\バキ☆



     以前も記したが、この地では「牡丹餅」とも「お萩」とも言わず、「お団子」という。

     義母のお団子は、自家製の小豆で手間をかけて漉し餡にし、
     これまた自家製のもち米(稲作時代)をすりこ木で搗いて餅にし、
     この餅のなかに餡を入れて、外に青黄粉をまぶす。

     私の実家のお萩は、なかはお餅、外に餡。
     もしくは、甘い黄粉をまぶすだけで、なかには餡なしのもの、の2種類であったので、
     最初に義母のお萩に遭遇したときは驚いた。

     でも、自家製の小豆、自家製のもち米でつくる「お団子」は、とても美味しかった。
     青黄粉も、最初ぎょっとした色にも慣れれば、どうということはなく、
     香ばしくて、栄養価も高いようで、美味しい。(値段も少し高い)
     和菓子の苦手な私にしては、珍しいことなのである。。。
          (和菓子嫌い、餡嫌いは下の少年の方が徹底している)

     手間のかかる漉し餡を義母が辞め、粒餡にして5年経つ。
     それで十分、と思いながらも、時折、義母の漉し餡を恋しく思うことがある。。。



     義母は、義父の姪がわざわざお裾分けに持って来て下さったお団子を、
     喜びながらも「粒餡」だし、「青黄粉」でないことを残念がり、
     2個だけお仏壇に供え、残りは全部我が家へ下げ渡されてしまった。
     私は1つだけいただき、後は和菓子好きの夫へラップをして冷蔵庫へ。

     お餅が固くなってしまうけれど、
     夫には蒸すか、レンジで温めて食べて貰うことにする。。。



怪獣くん




   ?? お萩 or 牡丹餅

      
     何故、広島では、春でも「 お萩 」というのか不思議で、
     昔、調べたメモ書きたちと、今回ググって確認したものから。

     諸説あるが、春でも秋でも「 おはぎ 」という地域は少なくないようでちょっと安心。

     春秋の彼岸に食するのは、
     悟りの境地である彼岸へ、苦しみに満ちた此岸から渡るための仏道修行に励む7日間で、
     春の牡丹餅、秋のお萩を祖先に捧げ、霊を慰め、自分自身の功徳を積むため。

     元々、日本古来の太陽信仰から始まっているらしい。
     春には豊穣を祈り、秋には収穫を感謝し、太陽が真東から出て真西に沈む春分、
     秋分の日に「かいもち」として、神に捧げていた。

     そこへ彼岸の中日が春分・秋分であるという仏教の影響を受け、
     春秋のお彼岸に食べるものと定着する。

     サンスクリットのbhuktaやパーリ語のBhutta(飯)が「ぼた」となり、
     mridu , mudu(柔らかい)が「もち」となって「ぼたもち」に。
     
     そのぼたもちは、語感から、牡丹の花をかたどって丸く大きく豪華に作り、
     秋に、小豆の粒が萩の花の咲き乱れるさまに似ていることから、
     秋の七草の萩の赤紫の花をかたどり、小ぶりで長めに丸められて
     「萩の餅」→「おはぎ」となる。

     秋の彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じであり、収穫直後のまだ柔らかい小豆を
     餡にするために、皮も柔らかく、一緒につぶして粒餡とする。

     春の彼岸は、冬を越した小豆となるため、皮が固い。
     そのため、皮を取り除き漉し餡でつくる。 ← 、、これは理に適い、納得。( ..)φ


          この彼岸に、私はおはぎをつくらなかった(汗)。
          擂り胡麻(白ゴマ・黒ゴマ)をまぶしたり、青のりをまぶしたりして、
          三色おはぎにして楽しんだのは、広島時代である。

          それも、小豆の好きな夫が喜ぶから、つくっていたのだが、
          そうでなければ、きっとつくらない(゚゜)\バキ☆
          下の少年が独立したらどうなるかな。
          お嫁さんが、おはぎを特別好きでなかったら、
          お彼岸に、お墓参りはしても、
          おはぎを食べる習慣は、なくなっていくのかも。。。??


ペン?



関連記事
スポンサーサイト



Re:お彼岸中日、おはぎ考。
ほうほうφ(。。)メモメモ

私が昨日疑問にしていたことが氷解しました(^^)

ちなみに牡丹餅もお萩もつくったことない私。

義母は毎年作るうえ、義母宅には叔母からも届くので、

それを楽しみに(゚゚)\☆バキ昨日行ったら、もうありませんでした(笑)

漉し餡より粒餡が好きですが、小豆の堅さも関係していたんですね。農事が全然分からない都会者です。。。
[ 2007/03/23 00:22 ] [ 編集 ]
子どもの頃、お彼岸の夕食はおはぎでした
私の亡くなった母は、あまり料理が得意ではないほうでしたが、おはぎはつくっていましたね。数少ない母の手作りお菓子でした。餡を煮ていた時期もありましたが、餡は自家製よりもお菓子屋さんのものが美味しいと、買ってきていましたが、もち米を蒸篭で蒸してはんごろしにして、俵型にまとめ、餡ときなこのおはぎを作ってくれました。ただし、お彼岸の夕食はおはぎのみ!お重にたくさんつくって詰めて、一人4個から5個くらいは食べていた記憶があります。市販のおはぎよりふた周りくらい大きいおはぎでした。

私は2回ほど自分でつくってみましたが、今はもっぱら買ってきて食べることにしてます。

もちろん、夕食にはしません・・・

[ 2007/03/23 00:37 ] [ 編集 ]
義母がつくるから。
きゃは☆>ゆうやけぐもさん

お彼岸というのに、私は連日フィギュアと春高バレーに現を抜かす

困ったちゃんになっております(゚゜)\バキ☆



 > 私が昨日疑問にしていたことが氷解しました(^^)



私の識りたがりぃが、お役に立てて嬉しいです^^*☆



 > ちなみに牡丹餅もお萩もつくったことない私。

 > 義母は毎年作るうえ、義母宅には叔母からも届くので、



ん。 お義母さまの近くに在り、たくさんおつくりになられるのだったら、

全くつくらなくていいもんね。 食べきれないし(゚゜)\バキ☆

でも、お手伝いに行かなくてもいいんですか。。。?(羨)



 > 農事が全然分からない都会者です。。。



くぅぅ。 私も都会者だったのよ~~。

ほんの10数年前まで。  (o_ _)oポテッ

    ↑ うぅむ。 結婚して半分以上になろうとしている。。。( ┬_┬)。
[ 2007/03/23 01:22 ] [ 編集 ]
Re:子どもの頃、お彼岸の夕食はおはぎでした(03/21)
よたよたあひるさん

おかあさまの想い出いっぱぃのおはぎですね^^*☆

もち米を蒸篭で蒸されるなんて、本格的です。



 > 餡は自家製よりもお菓子屋さんのものが美味しい



甘さの好みがありますから、

それはきっと安全で、美味しいお菓子屋さんが近くに在られたんですね^^*☆



実家の母も義母も、市販の餡は考えたこともないようで、私もそれを見て来たので、

自分でつくるときも、考え付きませんでした(汗)。



夫の実家の場合は、周りが皆農家ですし、自給自足が当たり前のお土地柄ですから、

当然と言えば当然ですよね。 んでまた、量も量ですから。

た~くさんつくり、お正月のお餅のように、あちらこちらの神仏にお供えして回ります。

(神さまも入っているのが、なんとなく律儀で可笑しい)



 > お彼岸の夕食はおはぎのみ!お重にたくさんつくって詰めて、一人4個から5個くらいは食べていた記憶があります。市販のおはぎよりふた周りくらい大きいおはぎでした。



これは、この地ではそうみたいです。

おかずは何かとちょこまかあるのですが、主食が当然のように義母のお団子です。

それも大きい。

独身時代に、1度、結婚前の夫のお弁当箱におはぎがぎっしり詰まっていて、

瞠目したことがあったのですが、まさか、それが我が家になろうとは。。。

結婚して驚いたことのひとつです。



 > もちろん、夕食にはしません・・・



今年はサボりましたが、めちゃくちゃ量もつくるので、

今でも夕食はおはぎになります。。(汗)。

餡がダメな下の少年へは、小さ目の餡なしの青黄粉バージョン。

美味しいですけど、しばらくは青黄粉も餡も見たくなくなります(゚゜)\バキ☆

[ 2007/03/23 01:46 ] [ 編集 ]
「 はんごろし 」 ?
よたよたあひるさん



 > もち米を蒸篭で蒸してはんごろしにして、俵型にまとめ、



スルーしてしまいましたが、「はんごろしにして」って、、、(滝汗)。

こ、こ、これは、もしかして五分搗き、半分搗き、のことでしょうか。

初めて聞きましたですぅぅぅ。

[ 2007/03/23 01:49 ] [ 編集 ]
Re:お彼岸中日、おはぎ考。(03/21)
うちのあたりでも、一年中「おはぎ」と言っています。

外に餡をつけるもの、中に餡を入れて外を黄な粉や胡麻をまぶすもの、やはりいろいろと作ります。



息子のお嫁さんの時代になったら、もう手作りする人はいなくなって、買ってくるものになってしまうのかと思うと、ちょっと寂しいです。
[ 2007/03/23 10:01 ] [ 編集 ]
Re:子どもの頃、お彼岸の夕食はおはぎでした
うちの実家でも、この時期、夕飯が牡丹餅でした。

俵型じゃなかったけど、市販より二周りほど大きいのを、4~5個はぺろりでしたねぇ



黄な粉と餡の2種類ですね。黒ゴマはあまり作らなかったなぁ

餡は、その年の母の気分で、粒餡だったり、手間隙かけて漉し餡を作ったり…

最近は、和菓子屋さんで餡だけ買ったりしているようです。



結婚して、我が家も、鹿児島と沖縄の時は、「おすそ分け」をもらってくれる方がいたので、年2回必ずたくさん作って配ったのですが、転勤を重ねて、今はそういうお付き合いの方がいないので、作らなくなっちゃいました…



夫婦二人では、買った方がいいんですよね(^_^;





半殺しって、実家方面では言わないけど、確か、昔、料理番組で聞いてびっくりした記憶が……

「おばあさま」な感じの先生だったような気がする。
[ 2007/03/23 10:15 ] [ 編集 ]
Re:お彼岸中日、おはぎ考。(03/21)
お彼岸におはぎ・・・祖母がいた頃は大きなお皿いっぱいに作ったっけかな~懐かしい



外で買うと甘すぎて やっぱり手作りが一番

そういえば買ったおはぎ 漉し餡の中はお餅で粒餡の中は搗いたもち米でしたな~

うちのは粒餡で半搗きのもち米です



「はんごろし」実はうちの田舎では言ってました

で 私この半搗きの熱いもち米が大好きで、子供の頃お餅搗いてるおじいちゃんのそばにくっ付いてて「はんごろしのお餅頂だい頂だい」と貰って食べてました~

で それを聞いた母が「はんごろしなんて言わないで半搗きとか五分搗きとか言ってよ~」と言われました。自分の実家で言ってるのに~ぶー
[ 2007/03/23 11:59 ] [ 編集 ]
Re:「 はんごろし 」 ?(03/21)
あ、うちも「半殺し」と言います。

こういう漢字を当てるんだろうと。



うちは餡なしで、周囲に黄粉かすり胡麻に砂糖を加えたものをまぶすだけ。

餡が入っていると甘すぎるかな。

(大福もあんころ餅も好きですが)。



春秋関係なく「おはぎ」です。

[ 2007/03/23 14:54 ] [ 編集 ]
うう、食べたい~
食べたいと思ってるおはぎは、やはり実家の母のおはぎです。口にしなくなって早何年!?やっぱり自分で作らないといけないなぁ…私の思い出のおはぎの黄な粉も青黄な粉でした♪
[ 2007/03/23 16:31 ] [ 編集 ]
Re[1]:子どもの頃、お彼岸の夕食はおはぎでした(03/21)
りうりう*さん



>甘さの好みがありますから、

>それはきっと安全で、美味しいお菓子屋さんが近くに在られたんですね^^*☆

- - - - - - - - -

実家のある町は、小さいけど江戸時代にはお城のあった歴史の古い町で、明治以降は別荘地でしたから、それなりに由緒あるおいしいしかも作る人の顔がわかるお菓子屋さんがあったのです(今もあります)。うちの実家は、太平洋戦争末期に移住してきたので、いまだに「新住民」なのですけどね(笑)。



母のようにおはぎを作ったら、おはぎの夕食もぜひやってみたいことのひとつなんですが、市販のおはぎは小さいし、おなかいっぱい食べるにはやっぱり甘くて高いですから・・

だから、おはぎの夕食はしません。

お食後にひとり二つくらいづついただきます。

とろろ丼さんは、餡も黄な粉も好きなんです。



「はんごろし」は耳で覚えたのでどういう字なのかよくわからないのですが、新潟出身の母ではなくて、多分、房総の地元の言葉なんだと思います。五分づきのことです。
[ 2007/03/23 17:15 ] [ 編集 ]
日記で
「ぼたもち」と「おはぎ」の違いがわからず、レスで教えていただきました。

お彼岸のおはぎ...ウチは買います。

21日は4つ入りパックと6つ入りパックで身内が喧嘩になったようです。

これみよがしに2つ残ってましたが、私は食べませんでした(年中売っている)

変わりに積み団子を食しました。(すあま、美味し)

漉し餡と粒餡の話もレスに書かれてましたが、漉し餡嫌いの私は粒しか食しません(饅頭&どら焼き然り)
[ 2007/03/23 17:48 ] [ 編集 ]
年中「おはぎ」。
を☆>kanitoko3さん

ご一緒ですね^^*☆



ご実家の方では「おだんご」とおっしゃいませんですか?

義母のおだんごは一種類で、中に餡、外に青黄粉です。。



 > 息子のお嫁さんの時代になったら、もう手作りする人はいなくなって、買ってくるものになってしまうのかと思うと、ちょっと寂しいです。



ね。 私自身も今回はサボったくせして、なんだか淋しいって思ってしまう。

勝手なものだなぁ>ぢぶん。

[ 2007/03/23 18:13 ] [ 編集 ]
Re[1]:子どもの頃、お彼岸の夕食はおはぎでした(03/21)
しゅすらんさん



 > うちの実家でも、この時期、夕飯が牡丹餅でした。

 > 俵型じゃなかったけど、市販より二周りほど大きいのを、4~5個はぺろりでしたねぇ



しゅすらんさんちも、だったんですね^^*☆

んで、「ぼたもち」って言っておられたのですね。

義母のも俵型ではないです。 まぁるいお饅頭みたいで大きくて、青黄粉たっぷり。

小ぶりの俵型は実家の母。(懐)



 > 夫婦二人では、買った方がいいんですよね(^_^;



大量でも少量でも、つくる工程はおんなじですもんね。

たくさんつくって、みんなで美味しくいただくのが楽しいですよね^^*☆



「はんごろし」。 結構広範囲で遣われている言の葉なんですね~。

搗くお米の形をコロしちゃうから、なんでしょうか。

なんだか、抵抗を感じちゃいます~~。

[ 2007/03/23 18:22 ] [ 編集 ]
「半殺し」
      多分>うさとら119さん

 ↑ この字ですよね(汗)。



半殺しの好きなうるとらねぃさん、『御用だ!』(笑)。

おじいさまは、可愛い孫にねだられて、愛しい想いをされたことでしょうね?

搗きたてを何もつけずに食べておられたのでしょうか。

それともちゃっかり黄粉を乗せたお皿を持っておねだりされてたのかな^^*☆



お餅はおじいさまが搗かれ、おばあさまが餡担当で、みなで丸めて黄粉をまぶして、、、

「古き良き時代の風景」になっちゃうのかな。。。。

。。おかあさまは、たくさんおつくりになられませんですか?

[ 2007/03/23 18:40 ] [ 編集 ]
「半殺し」
くぅぅ(汗)。>あそびすとさん

やっぱり、こーゆー字ですよね? 漢字にしちゃうとエグいぞ~~~。



 > うちは餡なしで、周囲に黄粉かすり胡麻に砂糖を加えたものをまぶすだけ。

 > 餡が入っていると甘すぎるかな。



全く餡なしなのですか?

餡がないと、餡の工程が丸々要らないので、割合楽にできますですね^^*☆



義母のおだんごは、中が餡なので、外の黄粉には砂糖を遣いません。

だもんで、意外にそんなに甘くないんですよ^^*☆

やさしい感じ。 だから私も好きなのかも。



 > 春秋関係なく「おはぎ」です。



んぢゃ、粒餡、なのでしょうか?

それは「おはぎ」とは関係してませんですか?

日本って、狭いけど、広いですよね^^*☆

[ 2007/03/23 18:47 ] [ 編集 ]
Re:うう、食べたい~(03/21)
tarantini78さん



 > 食べたいと思ってるおはぎは、やはり実家の母のおはぎです。



tarantini78さんがおつくりになったら、

知らず知らず、おかあさまのお味になっておられるんじゃないかな^^*☆

ナイトくんたちやドビーちゃんに「おかあさんのお味」を食べさせてあげて下さいませ^^*☆



 > 私の思い出のおはぎの黄な粉も青黄な粉でした♪



私は、青黄粉は結婚して初めてで、今ではこの青黄粉のファンです^^*☆

(青黄粉牛乳やヨーグルト、色が凄いことになる(笑))

[ 2007/03/23 18:54 ] [ 編集 ]
おはぎの夕食。
よたよたあひるさん、お返事有難うございます^^*☆



 > 実家のある町は、小さいけど江戸時代にはお城のあった歴史の古い町で、



城下町には、イイ和菓子屋さんが生き残っておられるところが多いですよね~~^^*☆

歴史と伝統にふんぞり返ることなく、寧ろ努めて受け継ぎ、今尚頑張っておられる姿には、

素直に、凄いなぁって尊敬できますです^^*☆



 > いまだに「新住民」なのですけどね(笑)。



う"。

「地のひと」には、なかなかなれませんですよね~。

「82歳の義母ですら、○○から嫁に来たひと」ですもん。

その地を愛し、その地に定住し、何年も生業を紡いで来たのだから、

もう「地のひと」でええやん、って思うんですけど、

冠婚葬祭等々の度に地縁血縁の恐ろしさ、狭隘さを思い知らされる日々です。



娘さんが餡や黄粉をお好きでしたら、いつかゆっくりお休み日をつかって、

一緒におつくりになったら、楽しいかも^^*☆

甘さは好きに調整できますから、是非夕食に^^*☆

小豆に大豆。 健康食ですよ☆☆☆



 > 多分、房総の地元の言葉なんだと思います。五分づきのことです。



有難うございます☆☆ しっかりメモしておきますです( ..)φ

[ 2007/03/23 19:26 ] [ 編集 ]
「すあま」と「すはま」。
きゃ~☆>*春花*さん

春花さんのお役に立てましたですか?(嬉)



 > 変わりに積み団子を食しました。(すあま、美味し)



「積み団子」 くぅぅ。 初耳です。

タイトルにもしましたが、こちらでは

黄粉を砂糖と固めてつくる『すはま』というお菓子(広島名産ではない)は有名でしたが、

『すあま(素甘)』はなくて、同じもので呼び方が違うのだ、と長じるまで思っていました。

この生地に餡が入っているものはあるけれど、この生地だけのお菓子には遭遇しなかったなぁ。。



ニッポンは、やっぱり狭いけど広~ぃ\(^o^)/☆



 > 漉し餡と粒餡の話もレスに書かれてましたが、

 > 漉し餡嫌いの私は粒しか食しません(饅頭&どら焼き然り)



私は自分では粒餡派、かと思っていたのですが、

最近、漉し餡派だったことに気付きました(笑)。

おそらく小豆がささげのようなもので、皮の匂い、苦味を持つものに出逢ったためだと思います。。

北の大地の小豆は、良いものが多いですよね^^*☆

[ 2007/03/23 19:37 ] [ 編集 ]
おはぎ・・・
・・・・・お姑さんの作った おはぎが、一番好きなんですけど、

昨年は増改築で台所が実質使えなかったし、

今年もどうやら、作る気配 なし( ┬_┬)

おねだりするより、自分で作れるようになった方が良いのかどうか、悩んでいるうちに ぼた餅の季節になりそうです(;ーー)
[ 2007/03/23 20:29 ] [ 編集 ]
Re:「半殺し」(03/21)
りうりう*さん



「生殺し」と混ざって、もっとえぐいことになっていた遠い日・・・。



>んぢゃ、粒餡、なのでしょうか?



いや、春秋かわりなく、牡丹も萩もかんけいなく、餡なしの「おはぎ」です。



これが、富山の文化なのか、母の好みなのかは不明です。
[ 2007/03/23 22:03 ] [ 編集 ]
「はんごろし」
ぐぐってみました。

「飯ごろし」・・炊き上がったご飯をつくのではなく握りつぶすところからきた呼びかた、という説をみつけました。ただ、「半殺し」と表記する場合もあるようですし、おはぎ・ぼたもちそのものの呼び名になっていて、飯粒の形が残っているのを「半殺し」、完全につきあがっている餅を「皆殺し」と呼ぶ地域もあるようで・・

「はんごろし」の使用地域は東北、関東甲信越、九州他各地にあるようです。

房総の言葉と思っていましたが、そうともいえないみたいですね。母から聞いたのだったのか、近所のおばさんから聞いたのだったか、記憶がはっきりしなくなりました。
[ 2007/03/23 23:23 ] [ 編集 ]
Re:おはぎ・・・(03/21)
_AZ_さん



お姑さまに、是非

「お姑さんの作った おはぎが、一番好き!」とおっしゃってあげて下さいませ。

るんたった♪で、増改築もなんのその。

たくさんつくって下さると思うけどな~~~^^*☆



 > おねだりするより、自分で作れるようになった方が良いのかどうか、

 > 悩んでいるうちに ぼた餅の季節になりそうです(;ーー)



ご一緒に、つくるべし、つくるべし、つくるべし!(笑)

すぐマスターなさいますですよ^^*☆

[ 2007/03/24 00:55 ] [ 編集 ]
Re[1]:「半殺し」(03/21)
「生殺し」(汗)?>あそびすとさん

逮捕だ、逮捕だ~~~ヽ(`Д´)ノ



 > いや、春秋かわりなく、牡丹も萩もかんけいなく、餡なしの「おはぎ」です。



そうなんだ~~~~。

はんごろしのお餅は、うっすら塩味なのかな、何も入れないのかな。。。



 > これが、富山の文化なのか、母の好みなのかは不明です。



是非、識りたがり屋の困ったちゃんが居る、と、便の折にご確認願いますです~~~m(__)m

[ 2007/03/24 00:59 ] [ 編集 ]
「飯ごろし」!
あ"~~!!! なるほど!!>よたよたあひるさん



有難うございます^^*☆

これは、思わずポン、と膝を打ってしまうような、ふのおちかたを致しました!

そうだ、そうだ。 絶対そうだ。

「飯ごろし」ね~~。 何故気がつかなかったんだろ>ぢぶん。



 > 「飯ごろし」・・炊き上がったご飯をつくのではなく握りつぶすところからきた呼びかた、という説をみつけました。ただ、「半殺し」と表記する場合もあるようですし、おはぎ・ぼたもちそのものの呼び名になっていて、飯粒の形が残っているのを「半殺し」、完全につきあがっている餅を「皆殺し」と呼ぶ地域もあるようで・・



( ..)φ 必死でメモ書きです。

「飯」と「半」は、おそらく当時の、

粋で言の葉遊びのお好きな方々が掛詞にされたんだと思うです。

で、そこから半殺し→皆殺し、と遊んじゃった、と。



 >「はんごろし」の使用地域は東北、関東甲信越、九州他各地にあるようです。



地域がポンポンと飛んでいるのが面白いですね。

誰かが運んだんだと思うな~~。 わくわく。

もし、また、何かお判りでしたら、いつでも教えて下さいね^^*☆

楽しかったです\(^o^)/☆ 有難うございました☆☆

[ 2007/03/24 01:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する