FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

仁くん、バスケット部入部☆




昨日は、高校入学式より3日目。
クラブ紹介があり、下の少年は、早速、念願のバスケットクラブに入部した。
今日は土曜日でも、午前中にクラブがある、と嬉しそうに登校した。


だが、帰宅するなり2階に掛け上がって閉じこもる。
夜になっても降りて来ないので、花粉対策の甜茶を持って、部屋をノックする。

下の少年は、疲れ切った顔で爆睡していた。


男子バスケ部は、今のところ、新入生は経験者ばかりの8名が入部したそうである。
内、中学校の試合で(彼が一方的に)よく顔を知っている、
地元中学の強豪2チームから4名。
下の少年は、受験のときから彼らを見つけ、マークしていたそうである。


で、この4名は、既に春休み中からバスケ部の練習に参加していたらしく、
アップ順序も練習順序も知り尽くしているようで、常にリード。

彼らたちは、クラブ後の後片付けも率先してやり、
「僕もするよ? 代わろう?」と申し出たところ、
「ええよ。 君ら、遠いんじゃけん、先に帰りんさい」と譲らない。

確かに下の少年を含めた4名は、電車通学。
電車を1本逃すと、次は1時間後になったりする。

「有難いけど、何かヘン。 何か哀しい」と、下の少年は言う。

彼らは先輩たちとも打ち解けて、ふざけあってもいて、
下の少年を含めた4名は、とても疎外感を覚えたそうである。

「 ま~だまだ。 始まったばかりだよ。 これからこれから! 」

と元気付けたが、今一つ元気無し。


下の少年の中学時代のバスケ部は、県体で優勝できるチーム。
県代表で中国大会へ行けるチーム。
オール関西のメンバーに3名も4名もチームメイトが選ばれるようなチームで、
中学校からバスケを始めた彼はひたすら補欠だった。
補欠にすら入れないこともあった3年間、歯を食いしばって頑張って来た。

強いチームに所属していたからこそ味わう想い。
味わえた勝利の喜び、栄光。

でも、彼自身のゲームセンスが磨かれることはなく。
彼が出して貰えた試合は、いつも
100点差がついているような「消化」試合だった。

強豪ではなくても、県体出場を狙えるそこそこの高校クラブで、
今度こそ、自分自身が花咲きたい、と夢見ていたため、
ここへ来ての初っ端からの出遅れは、かなりのショックであったらしい。

そして、下の少年が受験のときからマークしていた4名の少年たちは、
当然の如く、補欠だった下の少年の名前も顔も知らなかったのである。


「 まだまだ。 スタートラインにも立ってないんよ。
  強いチームにおって、スター選手のいつも蔭におって。
  高校で今度こそ、と、想うとるのは、仁だけじゃない。
  想いだけでは、花は咲かんよ 」


としか、言えない。


明日から1泊2日の高校の学習合宿。

頑張って頑張って入学してきたひとたちのなかで。

また、ひとまわり大きくなって帰ってくれるかな。



仁くん、ふぁいと~~!






関連記事
スポンサーサイト



仁くん、ふぁいと~~!
うーん・・・・(ーー;)



仁くんの言い分からすると、その彼らをマークしていたのは、仁くんだけじゃなく上級生も(先生も?)だったようですね。もしかして、中学の先輩かも?



もし、そうだとしても、なんだかずるい。

春休みから、練習に参加していても、正式入部以後は新入生は平等に扱うべきだと思います。先生は知っているのか?知らないとすれば、顧問として無責任だし、知っているなら、どーゆー先生かと思います。



練習して、実力で、やっぱり負けてしまったのなら納得もできるけど、スタート以前のそれはフェアではないです。

それとも、「そういう体質」の部なのでしょうか。

だとしたら、そんなところで耐える必要があるんだろうか。

私って、やっぱり後ろ向き?



でも、強い立場にあるものがそれを振りかざすのは許せなくて、ごめんなさい。



そいつらが見直さざるを得ないような選手に、心身ともに成長してほしいです。仁くん、ふぁいと~~!
[ 2005/04/09 23:16 ] [ 編集 ]
Re:仁くん、バスケット部入部☆(04/09)
りうりうさん、こんばんは。

こちらは今日が入学式でした。



部活=青春 みたいな高校生活ですものね

部活に燃え、部活で悩み、部活で成長するのでしょうね。

もう、やりたいことが決まっている仁くん、うらやましいですよ!



うちの子は、新しいことに挑戦したいと言って

ずっとやりたかった剣道部を希望していたのですが

全国大会に出場するような強くて厳しい部活で

とても(ビリに近い成績では)勉強と両立できないと

早くもあきらめムードです。



ずっとスポーツをやっていたので挑戦してほしい気持ちと

親も、「無理じゃない?」と弱気な部分もあります。



きょうも昼も食べずに遊びに行き

帰ってからゲーム、そして夕食前から爆睡。

きょうはおばあちゃんが来ているというのに

ちょっとはいいとこ見せい!

[ 2005/04/10 00:01 ] [ 編集 ]
がんばれ!仁君
入学前から部活動に参加するっつうのは良く聞く話ですが、あとから入ってきた生徒が疎外感を感じてしまうのは、いかんですな。

正式な入部の段階で、一度リセットするのがスジというものでしょう。

どっちにしても時間が解決してくれる問題だと思います。もう、顧問に文句を言ったところで、春休みのことは取り返せないし。(それでも会ったら一言言ってやるべきだと思います。気がついていないとしたら来年もやるからね、その先生)



あとは男の子の心の中でどれだけ葛藤して、成長するかですなあ。理不尽も不公平も仁君を大きくする人生の肥やし。たくましく乗り越えていって、是非レギュラーをゲットして下さい。

ガンバレ、仁君。
[ 2005/04/10 00:30 ] [ 編集 ]
仁君、スタートですね!
そうですか~。

でも仁君、バスケが好きなのね。

またバスケ部に入ったんだもの。



高校になったら部活ももっと厳しいですよね。

うまい子はドンドン・・上にいくし。

練習も中学のときよりもきついし。



そんな中で仁君がどれだけがんばれるかですね。

りうりうさんが言うように、ひとまわり大きくなる・・と思いますよ、私も。

仁君、がんば~!
[ 2005/04/10 10:01 ] [ 編集 ]
Re:仁くん、バスケット部入部☆(04/09)
こんにちは。

つらいですね。でも、その疎外感は、自分で打ち砕いていかなければいけないもの。ファイトですよ。

高校の部活動って、先輩、後輩、そして同級生との関係を築くのが一番難しいのよね。中学までとは違って、顧問が面倒を見る感覚ではないですものね。

去年、長男で本当に苦労しました。

さくらマジックが起きるといいですね。

[ 2005/04/10 13:13 ] [ 編集 ]
中学と高校は、違う
同じ1年生なのに、そんなヒイキみたいなこと、いかんね・・・、というのは簡単。

でも、仁くんが、入学前、のんびりしていた時、彼らは、努力していたんだ、

ということ。

中学までは、先生が何かとフォローしてくれたが、

高校生になってまで、そんなことはありえない。



何事も積極的にいかなくっちゃ~☆



疎外感を感じるのは、当たり前。

では、僕は何をしたらいい?

考えなくちゃ。

まず、見る事。

先輩のすること。その同じ1年生の子たちのすること。

自分にできること。



親の言い方ひとつで、どう頑張れるのかも変わってくる。

私だったら、まずは、片付けは1年の仕事だから、ちゃんとやってらっしゃい。 かな。

その為に、1時間遅くなってもいいから。



りうりうさん、しっかりアドバイスしてあげてね。



[ 2005/04/10 15:02 ] [ 編集 ]
Re:仁くん、バスケット部入部☆(04/09)
親の立場としては、なんだか納得いかないけど、かと言って顧問の先生に言うようなことでもないと思います。

うちの夫は私立高校の教師をしていて、運動部の顧問もしています。

毎年入部してくる生徒の中には、学校以外の場でそのスポーツをしている子も数多くいて、顧問の言うことには耳をかさずに、そちらでの指導者の言うことしか聞かないなんて子もいるようです。

学校側としては、どの部でも好成績を納めることのできる生徒は大切な存在です。

そういった生徒を、春休み中の練習から参加させることは珍しいことではないようです。

先輩達も、同級生のその4名も、わざと仁君たち4名をはずしにかかってるわけではないのなら、ファイト、ファイトで頑張って、仁君!!

心ある指導者は、努力している生徒の姿を必ず見ていますから!
[ 2005/04/10 15:18 ] [ 編集 ]
Re:仁くん、バスケット部入部☆(04/09)
 あぁ、青春の1ページですね。私は音楽部だったので、「補欠」を味わった経験はありませんが、バレーボールをやっている娘は、ことごとく「補欠」について語ります。

 補欠でも何でも、やりたいことに関わっていられるんだから、良いんじゃないの?と言う私に、冷たい視線が。

 でも、後片付けとかに弾かれるのは面白くないよね。ソコは先輩たちがちょっとは目を光らせて、公平にやらせるべきじゃない?例えば曜日を決めて、とか。
[ 2005/04/10 18:14 ] [ 編集 ]
Re:仁くん、バスケット部入部☆(04/09)
ううう・・・、分かるなあその気持ち!



でもここで頑張らないと気持ちで負けちゃうよね!!乗り越えられるよう陰ながら応援しています。



私も部活で他の人に比べて条件が悪く、「あの子はきっとすぐ辞める」って思われていることが悔しくて頑張りました!
[ 2005/04/10 20:59 ] [ 編集 ]
Re:仁くん、バスケット部入部☆(04/09)
仁くん、今はつらいだろうけど きっと時間が解決してくれますよ。

さっそく合宿なんですね。前向いて頑張ってくれること祈ってます!

仁くん、ファイト~~~☆

[ 2005/04/10 22:59 ] [ 編集 ]
中学だったら、黙っていなかったかも。。。
私もなんだかもやもやしてたのですが、

もしかすると、地元では、慣例というか当たり前のことなのかもしれません。



「知ってたら僕だって!」と悔しがる仁に、



「知ろうとしなかったもんね、仕方ないよね」と言いつつ、



思いもしなかったよな~~。と内心。

そんなことができる、してもいい、なんて。



んでも、スポーツ推薦で他の強豪校へ行った子たちは、春休みから合宿でした。

それを横目で見つつ、「あれは別世界」と、線を引いてたのは私たち。



バスケが好きで好きで、仕方なかったら、

地元のクラブに顔を出したり、庭のゴールで汗を流したりするより、

まずは、高校のクラブの門を叩いてみれば良かったのかもしれません。



>でも、強い立場にあるものがそれを振りかざすのは許せなくて、ごめんなさい。

>そいつらが見直さざるを得ないような選手に、心身ともに成長してほしいです。仁くん、ふぁいと~~!



有難うございます!!

私も、とにかく仁が成長すること!それしかない、と思っています。

今晩、合宿から帰って来る仁の顔を見るのが楽しみです☆☆。
[ 2005/04/11 14:44 ] [ 編集 ]
剣道☆
Urara0115さん、桜満開の入学式でいらしたんですね☆

おめでとうございます☆



>部活=青春 みたいな高校生活ですものね

>部活に燃え、部活で悩み、部活で成長するのでしょうね。



私はバレー部でしたが、お決まりの人間関係がボロボロで、

生徒会執行部に入ったのを機に、そちらで青春を謳歌しました(笑)。



剣道部!!

高校時代の彼が剣道……(゚゜)\バキ☆



剣道を全国大会レベルの強豪チームでいちから始めるには、

なかなか厳しそうですね。

んでもスポーツできる身体はつくっておられるようですし、

なんといってもセンスがものを言いますから、

トライしてみなければわかりません。

想いはお持ちなのですから、挑戦してみられたらいいのに…。。。



先日、からくりTVで、インターハイ優勝した高校の主将が

顧問の先生に「今だったら、勝てるような気がするので、お相手下さい」と、

挑戦状を突き付け、先生が「生意気に」と受けて立たれた場面を見ました。

厳しい先生で、きちんと対戦したのは、これが初めてだったそうです。



先生は七段。 主将は四段(?三段だったかな?)



最初から、叩きのめすおつもりだった先生の気迫は凄いもので

思わず息を飲んで見つめてました。

延長の末、主将に旗があがり、先生は無念のお顔。



生徒から「先生、悔しいだろうけど、でも先生、カッコ良かったよ!」

と声が上がって、うるうるされながら

「くそっ、エエこと言いおって」とつぶやかれました。



とても、良い試合でした。

[ 2005/04/11 14:56 ] [ 編集 ]
高校生としての頭と口
をを>あ~さんままさん。

私も同様に感じてもやもやしてしまったのですが、

なんせ、高校ですから。



「仁の頭と口は何処についてる?」 で済ませました。

どうしても納得できず、これをずっとひきずるんなら、

先輩にも4人にも先生にもきちんと言おう。

言ってリセットして貰おう。 8名を同じ1年生として扱って欲しいと。

言えないのなら、もう黙って気持ちを切り替えろ、と。



これが公立中学だったら、黙ってなかったかも知れません。



>理不尽も不公平も仁君を大きくする人生の肥やし。

>たくましく乗り越えていって、是非レギュラーをゲットして下さい。

>ガンバレ、仁君。



はい☆☆ ホントにホントにそう願っています。

仁にエールを有難う!!!!

[ 2005/04/11 15:05 ] [ 編集 ]
RE:仁君、スタートですね!
bamukero3さ~ん、

バスケをするために高校を選んだようなところが多分にある仁です。。。



>そんな中で仁君がどれだけがんばれるかですね。

>りうりうさんが言うように、ひとまわり大きくなる・・と思いますよ、私も。

>仁君、がんば~!



仁へのエール、有難うございます!

想いだけでは花は咲かない。

中学3年間の悔しさをバネにするだけの底力。

是非是非見せて欲しい!と願っています。

[ 2005/04/11 15:15 ] [ 編集 ]
さくらマジック☆
ELKさん、「さくらマジック」は私のMYブームな言の葉となりました☆



>つらいですね。でも、その疎外感は、自分で打ち砕いていかなければいけないもの。ファイトですよ。



有難うございます☆

自分自身で打破し、乗り越えないと、どうしようもありませんものね。



高校、ともなれば、単なる友人関係や先輩後輩関係のなかにも、

微妙な駆け引きや利害関係が生じて来るもの。

私自身の高校生活を振り返ってみて、そう感じています。



まだまだ心が透けて見える、非常に幼い仁ですから、

揉まれて揉まれて、消滅してしまうのではないか、なんて心配もあるのですが、

もう、手も(できれば口も)縛って、ただ後ろで見守っていよう、と決心しています。



「さくらマジック」、まずは昨日、私自身に起こりましたよ~~☆

地味で辛くて、面白くないアップをこなして、身体を柔らかくしてなければ、

ゲーム中にすばやい状況判断ができず、動けない。

怪我まで大きなものとなる。



心も同じ。 柔らかくしてないと、膨大な情報を的確に処理できない。

怪我まで大きなものとなる。

「リセット」して感謝して、また「頑張ろう」って、

桜が柔かなこころを戻してくれたような気がしました。

[ 2005/04/11 15:41 ] [ 編集 ]
RE:中学と高校は、違う
をを>OMITAさん、やっぱりね~~、、、なんて感じさせていただきましたよ^^。

もうもう、おっしゃる通りで、私も同様なこと、仁には言ったのですが、、、



>でも、仁くんが、入学前、のんびりしていた時、彼らは、努力していたんだ、

ということ。



ぅん。 それは否定しない。

んでも、情報さえあったらなぁって、残念にも思うの。

仁は、決して「知っててのんびりしてた訳ではない」って思うから。



んでも、「知ろう、と努力する必要がある」とは思いもしなかった。

そこが私たちの甘さだったよね。



>親の言い方ひとつで、どう頑張れるのかも変わってくる。



はいっ! にっこり笑顔で、ふぁいとぉ!ですね。

私も、まずは片付けから一緒に同じことをやさせてもらおう、って言いました。



今晩、どんな顔で帰って来るか、楽しみです☆

明日の代替休も、きっとクラブはあるでしょう。ふぁいとぉ、です。

[ 2005/04/11 15:50 ] [ 編集 ]
好成績を納められなくても
arue718さん、仁へのエール、有難うございます☆☆

ご夫君は高校の先生でいらしたんですね^^☆



>学校側としては、どの部でも好成績を納めることのできる生徒は大切な存在です。



それは当然のことだとわかっています。

黙ってても有望な選手が入部してくる強豪チームならなおさらのこと。



んでも、「学校」なのだから、それも公立の学校なのだから、

ウソでもいいから、

「皆等しく大切な存在なのだ」と言って欲しいし、

生徒ひとりひとりがそう実感できるような雰囲気を持っていて欲しいと思います。

(を! 期せずして、また「ナンバーワン」と「オンリーワン」のお話を

 また改めて皆さんとできるかな?)



>心ある指導者は、努力している生徒の姿を必ず見ていますから!



学校の部活動って、

生徒たちが先生方のこういったご姿勢を

日々実感できるような部活動でありたいですね。

そして、部員間にも、互いが高めあい、努力し、

認め合える雰囲気であって欲しいと願います。

そして、この「雰囲気」は与えられるものではなく、

皆でつくりあげていくものであること、知って欲しいですね。

[ 2005/04/11 16:21 ] [ 編集 ]
やりたいことに関われる倖せ☆
さきさん0208さん、コメントを有難うございます☆



>補欠でも何でも、やりたいことに関わっていられるんだから、良いんじゃないの?



ホント、そうなんですよね~。

んでも、この倖せがわかるには、仁も含め、晃子ちゃんも

まだ若くて元気で、経験値が足りない。



2年半前、町P連のバレーボールの試合中、ブロックに飛んだ私は

隣の選手と接触して着地失敗。

無理な姿勢からそのまま、フライングレシーブに飛んだために、

右膝前十字靭帯断裂という怪我をして、2ヶ月近く入院・手術することに。。



そのとき、同じ怪我で入院していた高校の女子バスケ部の子と知り合いました。

その子は高校2年生。

ママさんバレーと違って、高校生の彼女には「今しか」なかったんですね。



毎日、クラブ帰りにお見舞いに来るチームメイトと楽しく笑い転げ、

彼女たちが帰るといつも号泣していました。



やりたくても、もうできない。

皆に否応なく置いて行かれるこの哀しさ、やり切れなさに比べれば、

レギュラーだの補欠だの、監督が不公平だの、先輩が厳しいだの、

ほんとぶっ飛んでしまうような些細なことです。



自分で選んだ道なのだから、

早く気持ちを切り替え、

やりたいことに関われる倖せに感謝しつつ、

日々、全力投球して、頑張って欲しいです☆
[ 2005/04/11 16:34 ] [ 編集 ]
悔しさをバネに☆
♪がらがらどんさん、仁に共感して下さり、応援して下さって有難う☆



>私も部活で他の人に比べて条件が悪く、「あの子はきっとすぐ辞める」って思われていることが悔しくて頑張りました!



そこをまた、今度、詳しくお聞きできると嬉しいです☆

私も筋金入りの意地っぱりなのですが、

「誰か止めてぇ」状態の、

困ったちゃん方向に突っ張ってしまうことが多くて、

振り返れば脂汗と共に消してしまいたいことばかり。



悔しさをバネに、良い方向で自分自身にも突っ張って歩いて行かねばなぁあ、、と

昔の自分のお尻を引っぱたいてやりたいです(がっくり)。
[ 2005/04/11 16:48 ] [ 編集 ]
時が解決?
ほのびーさん、コメント有難うございます☆



合格発表後の春休みと入学式から2日間だけの出遅れですもんね。

これから2年半のクラブ生活に比べれば、どうってことない出遅れなのだと、

思い直してくれれば良いのですが。



これから、これから。

濃ゆい想いとなかみと、努力で勝負ですよね。



今晩はトンカツにしました^^☆☆

きっと、私の心が伝わるハズ。

ふぁいと~~!です☆

[ 2005/04/11 16:53 ] [ 編集 ]
予想どうりのコメントだったかしら・・・
りうりうさん、こんにちは。



いろいろとコメント読んでいたら、

仁クンは、ちょっとお母さんに愚痴ってみただけなのかな?

そうそう、日記読んでいて真っ先におもったのが、



バスケは4人ではできんぞ~☆



ということ。

5人でも、勝ち続けること難しいですよね。

あんなに激しいスポーツ。

結局、部員全員が同等の実力、持っていないと、

交代もできない。



お互いに切磋琢磨して、バスケット、精進してください。

まだ、入り口ですから。
[ 2005/04/11 16:56 ] [ 編集 ]
RE:予想どうりのコメントだったかしら・・・(04/09)
ふへへ>OMITAさん

誕生日が同じ、「どついたるねんシスターズ」として、予想通りでしたとも(笑)。



>仁クンは、ちょっとお母さんに愚痴ってみただけなのかな?



たぶん、そうだと思いますよ。

で、愚痴こぼしの相手として選んでくれたことを、私は嬉しく思っています☆

彼にとってもまた、私のコメントは予想通りのものでしたでしょう。



>バスケは4人ではできんぞ~☆



ぅんぅん。

んでも、先輩・後輩、と居ますからね。

強いチームでは、勝ちに行くためにレギュラーメンバーは

練習態度の如何を問わず、実力で選ばれて行きますからね。

高校ではなおさらのことでしょう。



だからこそ、互いが高いを認め合うことのできるチームは

素晴らしい、と思う。

やって良かった、と振り返ることのできるクラブで

汗と涙を流して欲しいと思います。

[ 2005/04/11 17:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する