FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

年頭から この問題 かぃ。。。 orz....







    朝6時に、大荷物を下げた下の少年を高校まで送っていく。


    今日から2泊3日の日程で島根県へ遠征である。

       現地では洗濯ができない、とのことで、
       昨夜も洗濯して夜通し浴室乾燥機にかけた練習着を含め、
       ありったけの練習着を詰め込んでいった。


     夫も寮だし、
     これは『 みはらし温泉 』へ湯治のパターンでしょう! ♪


       解放感でるんたった♪と準備してたら、バチが当たったかな~~?



    義母が襲来し、玄関ホールが片付いてない、と叱られてしまった。
     
    玄関が低温であるために、食べ切れない義母の野菜がいっぱいだし、
    1日に配達された温泉水もそのままだったし。。。。 
    明朝・金曜の初ゴミ収集日のために、たくさんゴミ袋もあったし。。。はぅぅ


    義母の襲来の目的は、義母の隣家のお宅からの情報によるものだった。


    義母の隣家へ来られた、うちの班の長老格の御方が、
    
      国道建設を楽しみにしているのに、なかなか進まない。
      「 僅か4軒の反対 で公共の利益が損なわれるのは理不尽だ 」

    と嘆かれた由にて、
    その4軒の筆頭として、我が家をあげられた、という。


    義母は、

        何も気にすることはない。 反対するのが当然だ、反対して何が悪い!

    と鼻息荒く、その長老格の御方がお若い時分、
    如何に利己主義であったか、を次々と数え上げ、私は耳を塞ぎたくなる。



      私がショックなのは、
      班長の仕事として、赤十字の愛の募金活動のために1軒1軒歩いたとき、
      この長老格の御方に呼び止められ、「道路建設に賛成か、反対か」を訊ねられ、

       「 反対ではありません
         けれども、我が家が立ち退いた後も、どなたかの反対によって、
         結局は道路建設が頓挫したりしたら悲しいので、
         1番最後に判を押させて下さい、と市役所の御方にお伝えしてます 」

      と、きっちりお話していたから、である。

      ここまでお話して、何故、私が「 道路建設反対筆頭格 」となるのか、意味が判らない。


      そして、何故、この御方が、年頭にわざわざ義母の隣家を訪れて、
      そういう話をされるのか、が判らない。

      義母の耳に入るのは、計算済みのはずであること。
      隣家は、自民党県連のひとであったりすること。

      我が家の他にあがった3軒の顔ぶれ。

      3日後には、この御方が中心となられる、本年初の班内溝掃除を控え、
      あれやこれやが脳裡を飛び交い、気分が悪いことこの上なく。



            なんだか、いっぺんに 面白くなくなってしまった。 


               。。。んーーー。


                      その御方の意向が判らない以上、ヘコンでても仕方ないし。
                           
                                 溝掃除も、その御方から何か言われるまでは知らない顔をしとこう。

                                 明日は気持ちを切り替えて、朝から みはらし温泉へ 行って来ようかな。




ペン曇
 


関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/01/04 23:34 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(2)
Re:年頭から この問題 かぃ。。。 orz....(01/04)
道路建設と言うと、実家の母のことを思ってしまいます。結局お金の破綻は、そこから来たのですから。

道路建設で家が立ち退きになり、そのとき多くの建設会社が家の立て替えの勧誘に来たんです。母は、その中の一番親切にしてくれた営業マンのいる有名な住宅メーカーSハウスに決めたそうです。テレビでCMもよくしているし。そこが落とし穴だったんです。その営業マンが悪かった。どんどん高い家にしていって、お金もどんどん使わせて、たぶんその人が紹介した金融機関(?)が悪徳で、思いがけない借金を背負うことになったんです。金利も高くて、私がその営業マンに文句を言いに行ったら、もうやめていた。話を聞けば、半年前に採用された人らしい。(ちゃんとした人間を採用しなかったSハウスに文句は言ってもどうしようもないですよね。「うちには、関係ない。」って言われましたから。)老人2人を騙して、自分はトンズラ。なんか、テレビドラマを見ているようでした。

だから、母は、何度も言います。「道路建設に賛成するんじゃなかった。あの道路がなんのためにいるのか分からない。それで立ち退きをしなければこんなことにはならなかった。」と言います。

確かに立派な道路が出来ていますが、ほとんど利用されてませんもんね。
[ 2007/01/05 16:33 ] [ 編集 ]
立ち退き。
ごりえさん。

おかあさまのこと、詳しく教えて下さり、有難うございました。

そういう訳だったのですね。。。

ごりえさんちで、何度読ませていただいても、

おかあさまのことがどうしても納得できなかったんです。

そこには、立ち退き建て替え問題が深く絡んでいたのですね。。。。。



道路や空港に家土地がかかって、一挙に億万長者になられる方々がいらっしゃる反面、

こうした災難、不幸に見舞われる方々もどんなにいらっしゃることか。



おかあさまのお見舞いに行かれたごりえさん。

感じ入ってしまいましたです。。。。



 > 確かに立派な道路が出来ていますが、ほとんど利用されてませんもんね。



30世帯のうちの班に建設予定の国道も、生活道路ならまだしも、

今の里道より、酷いところでは3m近くも高くなり、家から道に出るのに階段が必要になったり、

農機具の乗り入れも困難になります。



それでも要所に直結し、便利になるのなら良いのですが、

車の離合できない細い町道へ繋ぐだけですから、時間も距離も短縮できません。

山と川に挟まれたどん詰まりの30世帯の班に、どうして10mもの国道が必要なのでしょう。。。



道路建設には反対ではないのですが、そのルートと、大きさは是非再考して欲しいです。。。

[ 2007/01/05 20:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する