FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

京都学生殺人事件。






    「 京都 左京区で 20歳の男子学生が刺殺されたって 」


  
      夫からのメールで心臓が止まりそうになる。

      

    「 心配してメールしたら、『 精華大学の学生らしいよ 』 って
      返事が来たから、たっくんは大丈夫!!

      返事が来るまで、仕事が手につきそうになかったよ~~  」




      この凶報を私も知らなかったので、
      上の少年から無事、返事が来た、という下りを読むまでは、こめかみがきりきり痛んだ。


      そして、【 我が子でない 】 ことにほっとしてしまう。


      男子学生は、左京区の歩道で、
      知らない男性にいきなり刺されたらしい、とのことで、
      これが、うちの少年であっても、不思議はない訳で。



            どうしてこんなことが起こるのか。


            どうしてこんなことができるのか。


            そして、何故、私たちが、
            「 我が子でなかったことを【喜んでしまう】」ことに
            罪悪感を覚え、地の底までヘコみ、落ち込まなくてはならないのだ。



ペン大雪



関連記事
スポンサーサイト



ヘコむな~!
私もこのニュースを聞いて、一番最初に思った事は、「タッくん大丈夫?」でした。大学名が違う事で、ホッとして・・・

我が子ではなくて喜ぶ事、間違っていませんよ。私だってそうだと思うし、世の母や父はみんなそうでしょ。

無事を喜ぶ事と、事件の残虐さや被害者に対する事は、別に考えていいんじゃないかと思う。都合の良い考え方かな?

でも、こんな時間、起きて欲しくない。本当に・・・



[ 2007/01/17 08:06 ] [ 編集 ]
ヘコむな~!(訂正)
こんな時間じゃなくて、事件だよね。
[ 2007/01/17 08:08 ] [ 編集 ]
Re:京都学生殺人事件。(01/16)
ワタシも心臓がドキドキして・・・

でも息子1に何かあったらニュースより早く警察から連絡があるはず・・そう思っても嫌な汗かいてました。

我が子じゃないことにホッとしたのもつかの間

楽天仲間の知人のお子でした。

楽天仲間の辛さを思うと

「息子1じゃなくて良かった」と単純に思ってしまった自分に嫌悪感。

嫌な嫌な事件です。
[ 2007/01/17 08:40 ] [ 編集 ]
Re:京都学生殺人事件。(01/16)
海外の事件事故のニュースで「なお、日本人の死亡者はなく」という言い方に「じゃぁ外国人ならいいのか!?」と怒っていたコメンテーターがいましたけど、

そりゃまぁそうですけど、何より自分に身近な人からまず心配し、違えばホッとする事に罪悪感を抱いていたら、

罪悪感だけで死んじゃいますよ。っつか、生きている事自体が罪悪にもなりかねないじゃないですか。

身内ではない事に まずホッとし、それから当事者の方々への気持ちが、気遣いが出来るのが、人間の自然な気持ちだと思います。

自分の子じゃなくたって心が痛むのには変わり無いのですし・・・



ご冥福をお祈りすると共に、一刻も早く犯人が逮捕されるように祈るしかできません。
[ 2007/01/17 13:00 ] [ 編集 ]
罪悪感はもたなくていいと思うけど・・・
我が子の無事を確認できて、ほっとするのは当然のことですから。でも、罪悪感を持ってしまう気持もわかります。



やっぱり普段のニュースをいかに他人事としてみているかということなんだろうと思うんですよね。

ある意味、そうでもしなければやっていけないというか・・・



いろいろ思うことあるんですが、コメントでは書きにくいので、そのうち、自分の日記になにか書いてみます。

[ 2007/01/17 14:20 ] [ 編集 ]
Re:京都学生殺人事件。(01/16)
もう殺人事件は、うんざりです。

本当に、イヤになる。

なぜ、簡単に人を殺せるんだろう。

悲しいです。
[ 2007/01/17 15:06 ] [ 編集 ]
Re:京都学生殺人事件。(01/16)
まずは、身内のことを思うのは当たり前ですし。

それに罪悪感を持たれることはないんだろうと思います。

だからこそ、海外のニュースで邦人の安否を報道するんだろうと。

もちろんマスコミの場合は、時間の中でのプライオリティもありますけど。



それにしても、最近殺人事件が多い。

これは本当に殺人事件が増えているのか?

それとも報道回数件数が増えているのでしょうか?
[ 2007/01/17 18:24 ] [ 編集 ]
Re:ヘコむな~!(01/16)
ありがと( ┬_┬)>ELKさん

ELKさんまで、うちの少年を案じて下さって有難うございます!



京都は学生比率の高い街。

そのなかでも「左京区」といえば、モロにうちの少年の生息しているところ。

そして20歳という年齢――。

心臓が跳ね上がり、両脇がひきつるように硬くなり、コメカミがきぃぃんときしりました。



 > 無事を喜ぶ事と、事件の残虐さや被害者に対する事は、

 > 別に考えていいんじゃないかと思う。都合の良い考え方かな?



言葉足らずでごめんなさい。

子どもを手放す、外に出す、ということは、こういうことも在り得る、ということでもあり、

そして、それは誰しもがいつだって直面していることで、

例え家の中で、我が子を抱きしめている瞬間にだって、何が起こるか判らない。



だからこそ、毎日毎日を大切に生きるのだ、と、

あのJR電車事故のとき、イヤというほど学んだハズでした。



、、、、「我が子でなかった」ことに安堵した私は、まずもって、犯人に怒りを抱いたのです。



不幸にも「我が子だった」御方に想いをはせ、当人の無念さを思うといたたまれず。



人為的災禍を被らねばならなかった方々のこころを想い、

「そうではなかった」自分たちの幸いを喜ぶ自分たちのこころ、というものに、

無理矢理向き合わされる理不尽に腹を立てました。



どうぞ、「そうではなかった幸い」が、こころからこの学生さんを悼む気持ち、

おかあさまに寄せるこころ、事件を憎むこころをウソっぽいものにさせませんように。



亡くなられた男子学生さんのご冥福をこころから祈ります。

[ 2007/01/17 22:00 ] [ 編集 ]
知人のお子さまでしたか。。。。
ぅわーーーー!!!>ゆいぽんちゃん。さん!

私も、ゆいぽんちゃん。さんは、どんなお気持ちでいらっしゃるか、と思っていました。



 > 我が子じゃないことにホッとしたのもつかの間

 > 楽天仲間の知人のお子でした。



!!!

俄然、生々しく、悲しみ、苦しみが襲って来ますですね

( ┬_┬)。



とても真面目で、夢を叶えようと努力を重ねた少年でいらしたようですね。。。

こころから、ご冥福をお祈り致します。。。。

[ 2007/01/17 22:05 ] [ 編集 ]
生きていること。
ありがと☆>_AZ_さん



 > 身内ではない事に まずホッとし、それから当事者の方々への気持ちが、

 > 気遣いが出来るのが、人間の自然な気持ちだと思います。

 > 自分の子じゃなくたって心が痛むのには変わり無いのですし・・・



「自分の子じゃなくたってこころが痛むのには変わり無い」、と

_AZ_さんがきっぱり言って下さって、随分楽になりました。 有難う☆



ELKさんへのお返事にも書きましたが、

「我が子でない」ことを願う気持ちが嵩じ、一つ間違えば「我が子さえ良ければ」

「自分さえ良ければ」なスタンスになっていくことを懼れます。

 ↑って、そんなおバカなことさえ、考えさせられてしまうことに、理不尽さを覚え、

尚更犯人が許せないのです。



 > ご冥福をお祈りすると共に、一刻も早く犯人が逮捕されるように祈るしかできません。



はぃ。 なんでこのようなことが起きたのか、判明せねば、京都に限らず、

子を持つ親は皆、不安ですよね。



そして、顧みれば、そういう事件のなんと多いこと!!!

昨年の小中学生がさらされた事件、危機が、改めて恐ろしく思い返されます。



真面目に「フツー」に、生きているひとびとが圧倒的に多いはずなのに、

もう、見知らぬひとと、道で自転車同士ですれ違うことさえも恐ろしい。

この恐ろしさ、が怖い、です。

[ 2007/01/17 22:27 ] [ 編集 ]
Re:罪悪感はもたなくていいと思うけど・・・(01/16)
よたよたあひるさん、共感いただいて、有難うございます。



 > でも、罪悪感を持ってしまう気持もわかります。

 > やっぱり普段のニュースをいかに他人事としてみているかと

 > いうことなんだろうと思うんですよね。

 > ある意味、そうでもしなければやっていけないというか・・・



毎日毎日、途轍もない事件が頻発し、ひとつひとつ心配してれば、心身が持ちません。



事件として、お話としては、ありがちなものだったとしても、

いざ、我が身や近しいひとびとの身の上に起こるとしたら、それはもう想像を絶する大事件。

だもんで、その不幸なその日までは、ひとごと、として種々の事件を看過することで、

ひとは、自分の心身を守っている、のかも知れませんね。。。。



。。。しかし、余りにも特異な事件で、看過していいもの、と、

そうではないもの、というのは歴然としてあり、

その境というものが、どんどんなくなっていっているような気がします。



「ひとごと」にしてしまわない。

「ひとごと」で済ませてしまわない。

他者の存在様式に想像力を働かせる。

それが1番基本ぢゃないか、と思うことが学生時代からずっとずっとあって。



だもんで、あれこれとまた考えた1日でしたです。。。

[ 2007/01/17 23:45 ] [ 編集 ]
Re[1]:京都学生殺人事件。(01/16)
ごりえ701さん



 > なぜ、簡単に人を殺せるんだろう。

 > 悲しいです。



毎日毎日、怪我や病に苦しむひとびとが少しでも楽になれるよう、

日夜頑張っておられますもんね。

意図的な事故、事件、あってはならない、と、こころから思いますです。。。。

[ 2007/01/17 23:48 ] [ 編集 ]
増えているのか。
エイクマン6954さん、ありがと。

皆さんへ書かせていただきましたが、って、うまく説明できませんでした(゚゜)\バキ☆が、



我が子の無事を祈り、無事に安堵する、その当たり前のことを「不謹慎」だと思わされてしまう。

亡くなられた学生さんやおかあさまの気持ちを思うと苦しいほどいたたまれない。



 > それにしても、最近殺人事件が多い。

 > これは本当に殺人事件が増えているのか?

 > それとも報道回数件数が増えているのでしょうか?



犯罪白書を覗いてみると、犯罪件数そのものは、4年前を最高に、万単位で減少しているようですが、

減っているのは窃盗で、詐欺が激増。

今回のような殺人は微増傾向にあるようです。



多く感じるのは、報道傾向と、受け取る側の私たちが「親」であるから故に、

敏感、になっている、からなのかも知れませんね。。。。



事件慣れし、鈍感になるよりは絶対イイのだ、とは思っても、

なんだか、救われない想いを抱かされます。。。

[ 2007/01/18 00:42 ] [ 編集 ]
Re:京都学生殺人事件。(01/16)
我が子が京都にいない私でさえ「大学生が・・・」というニュースにはドキッとしてしまいます。



まして、京都に息子くんがいらっしゃるりうりうさんは、どんなに心配されたことでしょう。



そして我が子でなかったときの安堵感。母なら当たり前の気持ちです。で、そのあとの罪悪感に似た気持ち。それもまたよくわかるだけにつらいです。



あ゛~~~っ

人が人を殺す(しかも今回は全く見知らぬ人のようで)こんな事件もううんざり。



なんでそんなことするんだよぉ・・・・

なんで・なんで・なんで・・・・

考えてはつらくなる毎日です。

[ 2007/01/18 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する