FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

寒かった。。。!







    近隣のお宅のおばあさまのお通夜は
    96歳というご高齢、認知症から長く老人ホームに入っておられたこと、
    などなどのためか、
    なんとはなしに、酷く寒々しいもので、

    私たちの準備のお手伝いも、人数は多いものの、こじんまりしたもので、
    物理的大変さはないものの、やはり酷く寒々しい。

    逝かれた御方を悼んだり、偲んだりする会話ひとつなく、


      例によって、船頭さんが何名かおられるなかで、
      私は元班長の隣の彼女とともに、
       「 若い っていいよね~ 」 と言われつつ、
      あれこれ命じられるまま、独楽鼠のように動く・働く・動く。



    お通夜に参られた方々へお渡しする、袋菓子と缶ジュース。

    小さな地元の商店を利用されたため、お菓子もジュースもばらばらで揃わない。

    お菓子は定価単価が200円のものから50円程度のものまで、
    「 当たり外れ 」が、非常に大きい。
    そして、【 不二家 】のものも発見。

    ジュースも、聞きなれないメーカーの30%のものや珈琲。

    チェックの厳しい御方が、全部製造年月日をチェックされ、
    「 誰がここで手配したんか! 」
    と叱られながら、とりあえず言われるまま袋詰をして完了するも、

    「 やっぱり不二家のものは、取り替えるように。
      ○○家の名にキズがつく、と言われたけん 」 といわれ、

    袋詰したものを全部チェックし、不二家のお菓子20個を探し出す。

    伝票とともに、その20個を他のものに交換するよう、そのお店に走る。



    、、、、、あれこれあれこれとあるなかで、ようやくお通夜を迎え、
    
    寒風吹きすさぶなか、通夜に参られた方々にお菓子をお渡しし、
    すっかりこごえてしまう。


    いつもは町内にいらっしゃらない、
    学生のような若いお孫さんが、遺族としてのご挨拶を
    用意された文面のまま、つっかえつっかえ、淡々と読まれるのも寒々しく、

    お通夜が終わられてから、参られたご家族にお菓子を渡しに行っている間に、
     「 通夜手伝い人記帳 」の記入は終わってしまったらしく、
    足並みを乱す、と叱られる。


       午後2時から午後10時前まで。

       どれだけ、訳も判らず 「 すみません 」 を言ったか
       判らなくなってきた頃、お開きとなり、明朝は午前8時半集合。

       今夜は出張られなかった地域の「 講 」も出張って来られるので、
       こころするように、とのこと。


       今日の人数が、倍以上になって、私たちは何をするの?

       「 隣組 」 が 雁首揃え、逝かれた御方を偲び、悼む意義なら認める。

       でも、今日は、無駄口叩いてるだけだったよね?


       、、、、8時半、ということは、7時半集合の意? a




    私 は 仕 事 に 行 っ て ヤ ル !!!? (゚゜)\バキ☆



ペン疲

お返事は本日帰宅致しましてから、させて下さいませm(__)m☆



関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/01/23 07:15 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(22)
Re:寒かった。。。!(01/23)
葬儀の手伝い、ご苦労様でした。慌ただしい様子が伝わって参ります。

その地域によってしきたりの違いを感じます。

私も日曜の夜に東京のはずれから、山梨まで通夜に行きました。

仕事関係ですが、彼の父親は91歳で旅立たれました。

通夜のお返しに、「長寿」と書かれた袋がついておりまして、中には100円玉!心付けともとれる粋な計らいにビックリしてしまいました。

旅立たれた御霊が来世で安らかにいられますように。

合掌
[ 2007/01/23 08:48 ] [ 編集 ]
Re:寒かった。。。!(01/23)
寒い中でのお手伝い、たいへんでしたね・・・。

ちょうど一年前のこの季節に、叔父の葬儀がありましたが、

寒さに震えました!



長時間のお手伝いで疲れもたまっているうえ、今日は出勤とのこと、

どうぞ風邪などひかれませんように。

[ 2007/01/23 09:11 ] [ 編集 ]
Re:寒かった。。。!(01/23)
隣組のお葬式のお手伝い、ご苦労様です。

うちのあたらいも、まだお葬式を隣組でしますが、ほとんど見ず知らずの人のお葬式です。

だから、タダの手伝い。

昔、みなが顔見知りだったころは良かったのでしょうが、今のようでは、余り意味もないような気がしています。

うちの母はクリスチャンなので教会でするといっていますが、父のときはいったいどうなるのでしょうか。

田舎は難しいなと思ってしまいます。
[ 2007/01/23 09:15 ] [ 編集 ]
お疲れさまですぅ~><。。。
つくづくこういうのって大変ですよね・・・



私の住むあたりでは、交通事情もあるのでしょうが、お通夜もお葬式も斎場で行うことのほうが多いです。



なので、本当に、親睦のあった方しか、行かないことが多いです。



私は、それでもいいと思いますが、地域によっては、なかなか、そうも行かないんでしょうね・・・。



(上水道布設工事に間しては、別に磨き上げなくても大丈夫ですって・・・

工事屋さんはいろんなお家を見てるから驚きはしませんって・・・)

[ 2007/01/23 09:24 ] [ 編集 ]
Re:寒かった。。。!(01/23)
通夜 葬儀のお手伝いはほんと 大変ですよね。。。いろんなひとにお伺いを立てなければですものね、、

うちの辺りでは もう自宅で ということがないので 楽になりました。

隣保班は各家庭でとりあえず 夫婦どちらか一人でて受付だけですから。。



お疲れ様でした!

[ 2007/01/23 09:38 ] [ 編集 ]
Re:寒かった。。。!(01/23)
田舎だからですか?お葬式のお手伝いなど大変そうですね。夫の実家も誰かが亡くなると町内の人達が集まって用意をするそうです。町のように仕出屋で・・・・なんて発想はないのですね。



お疲れ様でした。

[ 2007/01/23 09:47 ] [ 編集 ]
Re:寒かった。。。!(01/23)
それはそれはたいへんでしたね。

ここでもすこし前までは、りうりうさんの所のようでしたよ。それが、今じゃみんな葬儀場(2年前義祖母が亡くなった我が家でも)を使うので、お手伝いする方の負担がぐっと減りました。



葬儀場になったけれど、「班の手伝い」制度だけは残っていて、受けつけだとか香典の計算だとかの裏方を班内で行います。



別にいらんのやけどなぁ・・・と若手の代では思ってるけど、まだまだそこまでは無理みたい。

都会じゃ考えられない近所づきあい。まったくないのも嫌だけど、濃厚すぎるのもうんざりするよね。



通夜・葬儀とお疲れはいかほどに・・・想像するだけでこちらまでぐったりしそうだけど、りうりうさんファイトだぁ~!
[ 2007/01/23 09:52 ] [ 編集 ]
Re:寒かった。。。!(01/23)
お疲れ様でした。

父の時を思い出しました。

斎場ですればどれだけ楽なことか・・・。

無駄も出ないのに・・・と、思いました。

お手伝いも大変。

遺族も大変・・・です。

[ 2007/01/23 15:17 ] [ 編集 ]
粋な計らい。
まめのゆさん、労いの言の葉を有難うございました。



今回、私はお通夜のお手伝いだけでしたし、ご葬儀当日は仕出しを取られる由にて、

先回の2日間、びっちり、女性のご長老さま方に、あちらこちらでガミガミと叱り飛ばされながら

200食をつくり続けたような大変さは、ありませんでした。



ただ、その分、いつものペースより数段痛烈な、皆さま方の噂話・陰口悪口に辟易消耗。

自分がその場に在る、というだけで、もう何もかもイヤになってしまうような状況で。



だもんで、まめのゆさんのご弔問に行かれた際のエピソード。

有難うございました☆☆

思わずにっこり致しましたです^^*☆



ご長寿で旅立たれたからこその、粋な計らいでいらっしゃるのでしょうね。

ひと、皆、そんな形で出発できれば、素敵ですね。。。。



 > 旅立たれた御霊が来世で安らかにいられますように。

 > 合掌



合掌。

[ 2007/01/24 10:35 ] [ 編集 ]
寒かったですぅぅ!
yuinekoさん、労って下さって有難うございます☆☆



実は、風邪気味で3日お風呂に入ってなかったため、これはいかん!と

お手伝いに出かける前にシャワーを浴び、洗髪までして行きましたから、

見事に湯冷めもしてしまい、がたがた震えていました(←おバカ)。



今回は、物理的な大変さは、それほどでもありませんでしたが、

心身が凍るような寒~ぃお手伝いでした。。。。

[ 2007/01/24 10:55 ] [ 編集 ]
Re:寒かった。。。!
今日は暖かく過ごしておいででしょうか?

心も身体もほっこり暖まりますように。
[ 2007/01/24 11:17 ] [ 編集 ]
隣組。
カニの床屋さんさん



この「隣組」が何処から何処までをいうのか、さっぱり判らない私です(゚゜)\バキ☆

いつも、長老格のお宅が言われるまま、右往左往しています。



この度は、お寺さんでお通夜、ご葬儀を営まれ、

ご葬儀の日は、この地では稀有な【仕出し】を取られる、ということでしたし、

うちの隣組よりもっと規模の大きい【講】が出張られる、ということでしたから、

これまでの経験上、物理的な仕事はそんなにないはずで、

結局はあっちへかたまり、こっちへかたまって、ひとの噂、悪口陰口の大合戦になるだけなのは、

目に見えてました。



だもんで、出ても出なくても、何か言われる訳で、

もぉ「何を言われてもイイや」(゚゜)\バキ☆と思ってしまった私は、

この火曜日はどうしても出社せねばならず、水道工事さえ交渉して水曜日にしていただいたので、

誠に申し訳ないけれども失礼させて欲しい、と20数名の方々に頭を下げて回り、

仕事の方を優先させていただきました。



さまざまな反応、お返事をいただいて、無事、出社が叶いましたが、

当然、ご葬儀より仕事を取ったことで、義母にエラい叱られました。

で、、、、当日は、義母が出張ったそうです( ┬_┬)。



今朝、電話で延々と聞かされ、眩暈がしました~~~~。



 > うちの母はクリスチャンなので教会でするといっていますが、

 > 父のときはいったいどうなるのでしょうか。

 > 田舎は難しいなと思ってしまいます。



おとうさまご自身がどうで在りたいか、どうで在って欲しいか。

書き留めていただいてたら、遠い将来、遺される方々にとって、

有難い指針にさせていただけそうですね。。。。

[ 2007/01/24 11:24 ] [ 編集 ]
Re:お疲れさまですぅ~><。。。(01/23)
rain27jpさん、労いを有難うございます☆☆



昔は。。。。

冠・婚・葬・祭、どれを取ってみても、

地域の皆さまのお手をお借りしなければどうしようもなかった、と確かに思うです。



共同体の縛り強く、その分、「地域のお子」、「地域のご老体」という意識が在り。



ひとは、地域に生まれ、地域に育ち、地域に縁の深いひとを娶り、地域に生きて、地域に死す。

ひとりひとりが地域の宝、であったかも知れません。



んだから、ひとりひとりの死は、地域にとっても大事件で、

何日も皆でその死を悼み、悲しみ、そして魂の安寧を祈り、寿ぐ。



みなで力を合わせて祭事を執り行い、精進を煮炊きし、食し、お見送りをする。



でも、今は、、、、違うよね。。。。



古来から脈々と受け継がれて来た伝統や文化を無碍に失ってはならない。

先人の知恵に学び、また次代へ伝えていかねば、、、って思う私ですけれど、

んでも、闇雲に形だけ、を再生産してもダメだよね、学んでイイトコ取りしたいよね、

って思っちゃう私は間違っているのでしょうか( ┬_┬)。



 >(上水道布設工事に間しては、別に磨き上げなくても大丈夫ですって・・・



ほぼ徹夜で磨き上げましたとも(笑)。

今夜は、キッチンにお布団を敷いて眠れるくらい神々しいです(笑)。

しばらく、このキッチンで炊事したくないぞ(゚゜)\バキ☆



しかし。。。。

このキッチンに行くためには、足の踏み場もない私の仕事部屋を通るか、

炬燵まであって、散らかり放題のLDを通らなくてはならないのでした。

ダメぢゃんヽ(`Д´)ノ。

[ 2007/01/24 11:54 ] [ 編集 ]
お寺さんで。。。
tiara_pittさ~ん。



今回は、ちょっと離れたお寺さんでのお通夜、ご葬儀だったですよ~。

だもんで、荷物抱えて行ったり来たりも大変でした~。



ご葬儀の日の昼食は、この地では稀な【仕出し】とされましたが、

お通夜の日の夕食とご葬儀の日の朝食は、「隣組」担当でした。

「 朝はパンを注文したから結構です 」とご遺族の方々はおっしゃられたのに、

【 そういう訳にはいかん 】と、こちら側が勝手に?おにぎり、煮物、お味噌汁、お漬物。。。



大変です~~~~。

[ 2007/01/24 12:01 ] [ 編集 ]
田舎。
HIMEchan♪さん、労って下さって有難うございます^^*☆



 > 田舎だからですか?



をを! 勿論、田舎だから、です。(だと思います)。

同じ町内、それも同じ小学校区内でも、この地はことのほか古いです。



ひとの出入りも殆どない地域で、独身男性・女性、た~くさんです。

(あ、どのお宅も、殆ど、子どもたちは独立して出て行き、

 小学校へ通うようなお子たちは、うちの班で1人。

 義母の班など、ひとりも居ません)



 > 町のように仕出屋で・・・・なんて発想はないのですね。



それが、ご葬儀の日は、この地では稀なことで仕出しを取られました。

私たちは勿論、ちょっと上の50歳台の方々は、仕出しにしたい、って思っておられるようですが、

それ以上の方々は、「とんでもない」ことのようです。。。。

[ 2007/01/24 12:22 ] [ 編集 ]
葬儀場がない。。。
ぃゃぃゃ>とらトクさん



せっかく労っていただきましたのに、申し訳ない!

ご葬儀はパスしちゃいましたし(゚゜)\バキ☆、今回のお通夜のお手伝いは、お寺さんでしたし、

これまでのなかで、1番楽なお手伝いでしたです。(物理的には)

ご自宅でしたら、まず家具の移動、大掃除から始まりますもんね。



 > それが、今じゃみんな葬儀場(2年前義祖母が亡くなった我が家でも)を使うので、

 > お手伝いする方の負担がぐっと減りました。



町内には葬儀場がないので、殆どの御方がまだまだご自宅です。

義母の班では、義母が1番最初に、義父の葬儀で集会書を使用させていただきました。



 > 都会じゃ考えられない近所づきあい。

 > まったくないのも嫌だけど、濃厚すぎるのもうんざりするよね。



そそそ。

このあたりが難しいですね。

何にでもですが、さりげなく温かい、

「をとな の おつきあい」ができるようになるといいなぁって思います。。。。。。

[ 2007/01/24 12:38 ] [ 編集 ]
身も心も寒かった。。。
ゆいぽんちゃん。さん、有難う☆☆



 > お手伝いも大変。

 > 遺族も大変・・・です。



そうでしたね!

遺族の方々が1番大変な想いをされている。

そのためにこそ、隣組が在る―――はずですのにね。。。



そんなつながりで在りたかったけれど、私には、無理そうです。。。(゚゜)\バキ☆

[ 2007/01/24 13:22 ] [ 編集 ]
寒いです。。。。
ゆうやけぐもさん、有難う☆☆



今日は、7時半から工事が始まり、

んでも、優先の御方のところへ途中で行かれ、ずっと待ちぼうけで、13時から工事再開。

現在、勝手口全開、床下収納を外して、非常に寒く、落ち着かず、

お茶の仕度はどうしやうとイライラし、イライラ小僧になっています( ┬_┬)。

[ 2007/01/24 13:28 ] [ 編集 ]
Re:寒かった。。。!(01/23)
お疲れ様でした(;^_^A



結婚は一生のうちに何度もあるかもしれないですけど、

ご葬儀は一回きりですからね。ちゃんとやらなきゃってのは分かりますけどね。

何だかなぁ・・・ですね(^_^;

あ。そちらの地域は、もしかして、「結婚」ってのも ただ事では無いのかしらん?(;^_^A アセアセ・・・

それも隣組なのでしょぉか(;^_^A アセアセ・・・



大変さを周りで分け合って頑張れるようにする為の「隣組」なんじゃないの?って思うんですけど、逆にわざわざ大事にして大変にしてますよね(^-^;

そもそもの発祥?起源?は、どのような趣向からだったのか・・・に、興味が向きますけど、調べる気は ない(ヾ(- -;ぉぃぉぃ)
[ 2007/01/24 17:30 ] [ 編集 ]
アイヤ~
『エライところに嫁いでしまった』をご覧になるお時間はありますか?

(なさそうですけど・・・)



この間は、「しきたり」まみれのお葬式騒動でしたが、

仲間由紀絵がりうりうさんに重なってしまいました・・・・・(ーー;)



隣組も、運営しだいでは有効な組織なのにね。。。。

日本全国、地震が怖い昨今、合理的に隣組を運営していく、なんて・・・・

やっぱり古い土地にはまだまだ難しいことなのでしょうか。



私の市は、戦時中、海軍工廠とともにでき、爆撃で更地になったところからできた町なので、

それほどのしがらみはないのが、ほんとにありがたいです。
[ 2007/01/24 22:14 ] [ 編集 ]
「何だかなぁ」
_AZ_さん、労って下さって有難う☆☆



 > 結婚は一生のうちに何度もあるかもしれないですけど、

 > ご葬儀は一回きりですからね。



  ↑ 当たり前のことだけど、ウケちゃった私(笑)。



 > あ。そちらの地域は、もしかして、「結婚」ってのも

 > ただ事では無いのかしらん?(;^_^A アセアセ・・・

 > それも隣組なのでしょぉか(;^_^A アセアセ・・・



げ。

それはないでしょう。。。おそらく。 多分。



班内では、どなたか入院されたら一律3000円(お返しなし)。

結婚されたら、一律5000円(お返しなし)。

隣保中心に集めて回りますけれど、それだけだ、と思います。



んでも、家族だけの挙式をし、披露宴をしなかった私たち。

新婚旅行からまっすぐ夫の実家へ帰宅させられ、

めちゃくちゃ疲れてるのに、その晩、【嫁菓子】を袋詰めさせられ、

翌朝、近隣に配って挨拶に回らされました。



以前は、お嫁さんが自宅を出発するとき。

お嫁さんが、お婿さんの自宅に入られるとき。

餅を撒き、【嫁菓子】を撒き、裕福なお宅ではお金も撒いていたそうです。。。。



お嫁さんが持参してきた【お道具】もお披露目してたとか。。。。



その時代ぢゃなくて良かった( ┬_┬)。



 > そもそもの発祥?起源?は、どのような趣向からだったのか・・・に、

 > 興味が向きますけど、調べる気は ない(ヾ(- -;ぉぃぉぃ)



多分ね、、、戦時中に強化された【 隣組 】が尾を引いてるんだと思うけれど、

私個人は、この意識は、江戸の【 五人組 】から連綿と受け継がれてる、って思うし、

古くは、大化の改新後の(笑)【 五戸制度 】に起源があるかも。



「助け合う」という大義と「監視しあう」という実質。



深いですね(汗)。

[ 2007/01/25 01:20 ] [ 編集 ]
Re:アイヤ~(01/23)
をを!!>ふにふに。。さん



 > 『エライところに嫁いでしまった』をご覧になるお時間はありますか?



これ、未見なのですが、録画してます!!

タイトルにめちゃくちゃ惹かれたからです(笑)。

私と一緒やんって(笑)。



 > 仲間由紀絵がりうりうさんに重なってしまいました・・・・・(ーー;)



どちらのしきたりが凄みがあるか、是非是非、今度、じっくり観ます(わくわく)。



 > 隣組も、運営しだいでは有効な組織なのにね。。。。



私も本当にそう思います。

新しくつくろうたって、なかなかできるものではありませんもの。



困ったときに、すっと手を伸ばせる、その手を取れる、

さりげない温かなつながりで在りたいなぁ。。。

[ 2007/01/25 01:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する