FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

アルマイト食器考








   一般役員1年、執行部1年、副会長4年の
   この地の小学校PTA生活のなかで、特筆すべき程大変だった事柄は、
   制服廃止と体育館の建て替え運動から施工、竣工まで。

        ( 『 副会長考 』、 『 副会長考 再び 』『 制服考序 』『 制服考 』 )


   その他、動いて動いて実現できたこと、できなかったこと、様々あるなかで、
   ついに果たせず、残念な想いをしたのが、給食の食器を改めること、だった。



   うちの小学校は自校式であるが、食器は未だアルマイトである。

   辛苦の給食時代を持つ私は、
   同様の想いをしているかもしれないお子たちに、
   せめて、食器くらいは、温かみを持つ、食欲の持てるものにしてあげたかった。
   別に給食が苦でないお子たちにも、
   楽しい給食生活がもっと豊かであるように、その彩りをしてあげたかった。


   アルマイトの食器は、軽くて丈夫ではあるが、見た目は無機質で冷たい。
   食事中の音も、金属音で神経に障る。 先割れスプーンだと尚更、である。

   丈夫だからこそ、乱暴に扱われ、ヘコんだりしていくが、
   それでも廃棄処分とならず、ヘコんだ食器が使われていく。
   その食器に当たった児童がどんなに悲しい想いをするか、も考えられず。


   見た目は冷たくても、熱伝導性の高さから、
   熱い汁物は熱くて持てず、手で持っては食べられない。
   机の上に置いたまま、前屈みで食べる姿はカッコ悪く、不健康。

   冬はまた、手で持ちたくないほどに冷たくなる。
   食事の冷め方も尋常でない。

   どの観点から考えても、私のこころはアルマイトの食器に否、という。



   私は、どうしても強化磁器にしてあげたかった。
   落したら割れてしまう、という難点に関しては、
   逆に子どもたちも、家と同様に食器を大切に扱うことを学ぶはず、と信じ。


       しかし、価格はアルマイトの3倍。
       食器そのものの経費だけでなく、
       食器洗浄機から食器保管庫の改良費用も見込むと、
       数百万(大規模校では1000万)の負担がかかる。

       当時、町は、経費節減のために、
       自校式から民間委託の給食センター利用を検討しており、
       それを阻止し続けるだけでいっぱぃいっぱぃ。
       食器改善への道は、途方もなく遠く、ついに果たせなかった。。。。



怪獣くん




    アルマイトの食器で、私が想い起こすのは、私自身があの小2のとき


    低学年用の小ぶりな食器のなかに、
    何故か、1つだけひとまわり大きな食器があった。
    それも、他の食器はアルミ銀色なのに、その食器だけ少し黄金がかり、
    年季を感じさせるもので、当然の如く、皆、その食器を嫌がった。

    今でもありありとその食器の色、形が私の脳裡に浮かぶ。

    何故、その食器を取り替えて貰えるよう、△先生に皆で申し出なかったのか、
    何故、△先生がそれに気がつかなかったのか、或いは無視したのか判らない。


    みんな嫌だけれど、毎日誰かがそれに当たる。
    給食当番が配膳するのだが、さすがに小2では、
    「 みんな嫌なんだから私が貰うね 」な、できたお子は居ない。


    いつしか、その食器は、その日の給食時間までのできごとのなかで、
    (目立つことをしたり)、不快な言動をヤっちゃったお子への、
    持ち回り給食当番からの【制裁】のような意味合いを持つようになった。


    クラス中が、その食器が自分のところに来たらどうしよう、と戦々恐々。
    そして、自分のところにないとほっとし、誰の机の上にあるかを探す。
    だから、欠席者がある日はその食器が余るので、みんなほっとするのである。



      、、、、。



    その日、その日で、その食器が当たったお子は違っており、
      (勿論私も2回あり、めちゃくちゃヘコんだものである)
    「なるほど」と誰もが納得するような置かれ方をすることが多かったが、
    平穏無事で、誰もがその食器にあてはまらないような日には、
    給食当番が個人的に喧嘩している相手や、嫌っている相手に置かれたりした。

        、、、そして、、固定化はしないまでも、
        完食まで1番時間のかかる○子さんへ置かれることも、まま在ったのである。


        こうなってくると、【いじめ】の様相は濃くなってくる。


    食器そのものの色形が、ひとより大きくて薄汚れた感じであったし、
    それによって、給食の食器が特定できてしまう、ということは、
    どんなに洗浄され、熱湯で消毒されている、と識ってはいても、
    昨日は誰が使った、一昨日は誰が使った、、と記憶が残っているので、
    ますます気分悪く、忌避したい気持ちが増幅されてしまう。



    今の私は、とにもかくにも、あの食器をなんで取り替えてくれなかったか、
    △先生の責ばかり想い、腹が立つのであるが。

     ( 子どもたちが自分たちから申し出て、学級会を開き、
       この食器をめぐる話し合いを持つ、
       というようなことを待っていたような先生ではない )

    色も違い、見るからに古びた食器が1つだけ混じっているような
    私たちのケースは稀であろうが、
    アルマイトの食器だと、古くなるほどヘコみやキズが出てくるもので、
    特定できるキズやヘコみのある食器に当たって、
    さえない想いをしたお子たちは
    全国に多いのではないか、と想いをめぐらせる。



      考えてみれば、この食器のことは両親に話さなかったような気がする。
      嫌だったけれど、そこまでの危機感が自分になかったから、だろう。
      この食器の行き先が固定化していったなら、深刻であったが、
      「 自分でなくて良かった 」と、当時の私は考えたかも知れない。

          しかし、自分だったら??

          そして、その食器を置かれる方も悪い、などと言われたら?

      こんなことでお子たちが不登校になっていったりしたら、
      誰がどう責任を取れる、というのだろう?

      食器の問題ではない、のは判っている。
      問題あれば、いずれ何処かで何かで噴出していくのだとは思う。

      でも少なくとも、この食器のせいで、
      毎日毎日、確実に不快を覚えるお子は居たのだし、
      置かれやすいお子、そうでないお子、、
      置かれないように(目立たないように)と、
      午前中、ひっそりと息を詰めて過ごすお子。。。

      この食器には、いじめに繋がっていく芽をたくさん内包していた。




    毎日毎日だったのに。


    小2の、まだ幼い子どもたちに、いったい何が成し得たか、を想う度、

      気付けよ!>担任。

      気付けるようなおとな、で在ってくれよ、と、今は思う。



                 そして、それはそのまま、時を越え、
                 おとな である 自分自身へと突きつけられる。


                 気付けるような おとな で 在れ。

                 日々、お子たちに声を掛け、
                 お子たちから、声を掛けて貰えるような おとな で 在れ。

                 必要とされる動きのできる おとな で 在れ。


ペン…



関連記事
スポンサーサイト



Re:アルマイト食器考(12/04)
息子達の今日小学校は陶器でできた食器を使っていました。お箸はモチロンmy箸。

何回も派手な音を立てて割りました。

でも、乱暴に扱うと壊れることに気がついた子供たち。

だんだん慎重に扱い、高学年では割るということ少なかったと思います。



自分さえよければ、自分の子供さえよければ・・・

ではなく、子供たちみんなにとって何がよいのか、どうすれば笑顔でいられるか・・・を考えていたいと思います。

ん~難しいですけど、気にしながら生活したいと・・・。
[ 2006/12/04 16:38 ] [ 編集 ]
そうでしたかぁ・・・・・
私の子どもの頃もアルマイト。

何も考えずに使っていました。



今の子どもたちは、小学校も中学校も、コレールの磁気の食器。それとお箸。



先日の給食試食会では、食器の与える気持ちの持ち方の違いを給食の先生が説明していました。

高いけれども、あえてそれにこだわっているとも話していました。



もしかしたら、私たちの子どもの食器が変わるときにも、いろんなドラマがあったことなんでしょうね・・・・。





しかし、昨日の日記といっしょに読んでみると、もう少し、子どもの立場になって考えてくれる先生であって欲しかったですよね。



お友だちのお母さんが言ったように、お友達が転向してしまったのは、決してりうりうさんのせいだけではないんですよ。



イジメを苦に自殺した親も言っていましたが、子どもに対しては、きちんと謝ってもらえたらそれでいい。でも、何度も学校に相談に行っていても、何事もないような対処の仕方をする学校が許せないとの事でしたよね。



きちんとした対応が取れていれば、お友達だって転校しなくて済んだだろうと思います。









それと、バトンおとしていきますので、よかったら拾ってやってくださいませ(笑)





[ 2006/12/04 16:38 ] [ 編集 ]
すみません^^;
ゆいぽんちゃん。さん

>息子達の今日小学校は・・・

ではなく

「通う小学校は」です。

[ 2006/12/04 16:40 ] [ 編集 ]
Re:アルマイト食器考(12/04)
ワタシの時も、昼休みが終わり、掃除が終わり、5時間目が終わってもまだ、食べている子がいました。

自分が小学校の時を思い出すと、ホント、今なら新聞種よと言うような先生がたくさんいました。



クラスで好きな子嫌いな子のアンケートを採るのなんか日常茶飯事で、

先生自身が絶対これいじめてるよなと言うのも、

沢山見てきました。

正直、自分の子が小学校に上がったときは

どの先生も素晴らしく思えるほど

ひどい先生がたくさんいました。

今の先生は大変だけれど、

よくやってらっしゃる方が大部分じゃないのと思います。



>気付けるような おとな で 在れ

>必要とされる動きのできる おとな で 在れ。



気がついても、どうしたらいいのか、

どう動くのが、一番子どもたちを傷つけないのか。

正直、八方ふさがりの自分です。

(ワタシの場合は中学生相手なので、

小学生とは違うかもしれないですが)



先生方も、難しいんだろうなあ・・・

子どもたちは、本当に

大人と同じくらい、凄い世界に生きて居るんだよね。

色んな悩みをいっぱい抱えて・・・。

息子を見る目も変わってきた最近です。



あいつ、よく色々隠してやがったな!(当たり前だけれど)

[ 2006/12/04 17:12 ] [ 編集 ]
陶器にmy箸。
ぃぃなぁあああ(羨)>ゆいぽんちゃん。さん



うちの少年たちは、さすがに先割れスプーンではなくてお箸でしたが、

あのよくある、黒塗りつるつるの丸箸。

滑って使いにくいし、ころころ転がるし、低学年にあのでかい箸は不親切ですよね~~!!!!



せめて竹のお箸にならないか、と思いましたが、

熱湯消毒するのに、衛生上云々で却下されましたよ~~。。。。

食事中に何度も下へ落ちちゃう方が余程衛生上よくないと思うのになぁ。。。。



食器が陶器や磁器ならば、自然に丁寧に扱うようになりますし、

盛り付けるのも、少しでも見た目良く盛ろう、、という気遣いも、

高学年になれば起きて来るだろうと思うのです。



 > ん~難しいですけど、気にしながら生活したいと・・・。



そそそ。 深く考えすぎると、これはこれで動けなくなっちゃいますけれど、

ちょこっと気に掛けてるだけで、違う、と思うですよ。

気に掛けてるだけで、観えてくるもの、聴こえてくるもの、違って来ると思うです^^*☆

[ 2006/12/04 19:05 ] [ 編集 ]
Re:そうでしたかぁ・・・・・(12/04)
コレールですと!!>rain27jpさん

ぃぃなぁあああ(羨)。 小花が散っているお皿なのかしらん~~。



 > 先日の給食試食会では、食器の与える気持ちの持ち方の違いを給食の先生が説明していました。

 > 高いけれども、あえてそれにこだわっているとも話していました。



気持ち良く、美味しくいただきたいですよね^^*☆

全国的に悩みの種の、残飯処理量も少なくていらっしゃるんぢゃないかなぁ。。。

(給食費未払い者も少なくていらっしゃいますように(祈))



 > でも、何度も学校に相談に行っていても、

 > 何事もないような対処の仕方をする学校が許せないとの事でしたよね。



結局、子どもたちより、自分たちの面子が大事、という姿勢が許せないんですよね。



我が子が学ぶ学校の先生方が、自分たちの面子や、

「面倒ごとには関わりたくない、なかったことにしてしまいたい」なあからさまな姿勢を

見せ付けられると、もう何も信じられなくなってしまうし、絶望しか生まれない。。。。

PとTの間のでっかい壁は、こんなときのために在るものぢゃないのにね。



 > それと、バトンおとしていきますので、よかったら拾ってやってくださいませ(笑)



幼稚園物語かな?(笑)

明日は出社日ですので、ちょっとお時間下さいね。

  ( あ"? 児童文学バトンが未だ、だった。。。。。。 ε=ε=┏( ・_・)┛逃っ)
[ 2006/12/04 19:28 ] [ 編集 ]
未だにアルマイト…!?
うちの子たちは違いますよ~。

プラスチックのようなもの…と、娘が言ってます。

幼稚園・小中学校の給食をセンターで作っています。

アルマイトのような金属の素材のものを見ると

奥歯がギシギシしてきます。



お箸は、自分で持って行きます。

コレが問題になるのですが・・・

先生によって対応が異なります。

割り箸を準備してくださっている先生。

忘れたら食べさせない先生。

子供たちは、スプーン・フォーク&箸セットを持っている場合は、こっそり貸しあいます。

。。。見つかったら叱られることもあるので・・・

ただ、中学生になると、3点セットじゃ小さいのですよね。

娘は、スプーンと箸セットでちょっと大きめのを持っていますが、息子のときは、入れ物を壊すことが多く、最終的には箸のみを持って行ってました。

なので、カレーライスの時も箸で食べていたようです。



牛乳は、ずっと瓶でしたが(幼稚園は紙パック)最近は紙パックに変わりました。

瓶のときは、重くて落としたらどうなるのだろうと不安でした。



ちなみに、職場では≪メラミン食器≫を使用しています。

ひびが入ってきたのを見つけたら新しいのをおろしたり、新規に購入しています。

先日も購入したばかり、高いです!!!

でも、アルマイトの類の食器は、家では使わないでしょう。

毎日、毎日、毎日使っている子供たちの事を考えると・・・

先生方は、何とも思われないのでしょうか。

子供たちは、どう思っているのでしょうね。
[ 2006/12/04 20:22 ] [ 編集 ]
パワハラ
確かに。。。>ひろこ・Kさん

振り返ってみると、いい加減な先生も多かったですね?



その分、子どもたちの人権がきちんと認められて来た、ということになるのでしょうか。

或いは保護者の発言力が強まった?



そしてまた逆に「権利ばかり主張する」親子も増えてきたのですよね。。。はふぅ。



 > 今の先生は大変だけれど、

 > よくやってらっしゃる方が大部分じゃないのと思います。



私も、PTAで出逢った先生方は、小学校では8割方、お子たちの側に立ち、

懸命に頑張っておられた先生方だったように思います。。。。

中学校は、、、、、2割、かな(汗)。



 > 気がついても、どうしたらいいのか、

 > どう動くのが、一番子どもたちを傷つけないのか。

 > 正直、八方ふさがりの自分です。



「 いつだって、こころ寄せてるよ 」

いざというとき、それがお子たちに伝わっている、感じ取って貰えてるだけで、

違う、と私は思いたいです。

日頃からのその努力がものを言うのだ、と。



そして、どんな事情があれど、罪は罪。

実際にするかしないかの境界を越える、越えないの差は大きくて重たい、と考えます。

罪は罪。 情状酌量はそれからだ、と考えます。



でないと、連鎖が止まらない。



 > 先生方も、難しいんだろうなあ・・・

 > 子どもたちは、本当に

 > 大人と同じくらい、凄い世界に生きて居るんだよね。

 > 色んな悩みをいっぱい抱えて・・・。

 > 息子を見る目も変わってきた最近です。



親であること、おとなであることから、

つい「子ども」の世界を、「子ども時代」だと浅く薄く考えがちになってしまうけれど、

自分の子ども時代だって、自分の生きてる世界が歪むようなあれこれが色々と在りましたよね。



これも、親としての、おとなとしての、歩み、なんですよね、きっと。

[ 2006/12/04 20:43 ] [ 編集 ]
Re:アルマイト食器考(12/04)
私も給食には苦労しました。

全く食べることが出来なくて、毎日放課後まで残されていました。

最後は先生の見ていない隙に、窓から捨てたり、トイレに落としたり。

とうとう、4年生になったとき、親が弁当持ちの私立に転校させてくれました。

友人関係も先生も余り好きではなかったけれど、人並みの生活が出来るので、とても気が楽になりました。



味も、食器も、今考えても、二度と食べたくありません。

給食は食べられなかったけれど、家や自分で作ったもので好き嫌いはほとんどありません。

いったいあれは何のためにやっていたのかと、放課後まで残されていた自分のことを思ってしまいます。
[ 2006/12/04 20:49 ] [ 編集 ]
Re:未だにアルマイト…!?(12/04)
でしょでしょ>てんてこmyさん



全国的なデータが欲しかったのですが、入手できませんでした。

未だにアルマイト食器な学校は、極少数なのではないでしょうか。(哀)



メラミン食器のところが多いと思うので、てんてこmyさんちのお子さま方の学校も

そうではないでしょうか。。。。



メラミン食器も考えたのですが、現在は、その安全性が保証されていますが、

当時はやはりホルムアルデビドの溶出が怖くて、(つい、熱湯消毒しちゃいそうだし(汗)。)

強化磁器を希望していました。



牛乳は、パックになっています。

皆できちんと畳んで、牛乳バック用の回収箱へ入れます。



箸は。。。

my箸であることの喜び、噛み締めて、ただただ「忘れるな!」でしょうね(汗)。

それでも忘れちゃうことがあるから、困るのですけれど。



 > 毎日、毎日、毎日使っている子供たちの事を考えると・・・

 > 先生方は、何とも思われないのでしょうか。

 > 子供たちは、どう思っているのでしょうね。



( ┬_┬)。

機会在る毎に提唱しても提唱しても、盛り上がりませんでした。

予算面でハナから諦めてるのか、保護者さんたちは何とも思っていらっしゃらないのか。。。



 (中学では動きませんでした。

  もう中学生なんだから、イヤだったら自分たちが声をあげろよ!って思ってましたから。

 声があがったなら、何としてもフォローしようと構えてましたけれど(笑))

[ 2006/12/04 20:57 ] [ 編集 ]
牛乳瓶
学校の食器は磁器です。糸尻のないのがちょっと残念(なかったと思うんだけど、違ったかな?)。

牛乳はしばらく前までパック牛乳でしたが、ここ1,2年で牛乳瓶に戻りました。



市内小中とも完全自校式ですが、調理などはだんだん民間委託になってきそうです。



試食会などで「こんな食材を遣ってます。こんな地場産野菜を使ってます」なんて栄養士さんに伺うと、すごいことなのだなぁと思います(でも、給食が辛かった自分)。
[ 2006/12/04 22:50 ] [ 編集 ]
Re:アルマイト食器考(12/04)
食器の話しではありませんが、



昔、長女が小学生だった頃、うちは子ども達のたまり場となっておりました。

塾の前に寄ったり、部活の後に寄ったりもあって、毎日わいわいがやがやでした。

当時は気付かなかったんですけど、中には 嫌な事をする子から逃れる口実に『長女と遊ぶ約束がある』と言っては来ていた子もいた事を後で知り、

また、他の理由で うちに遊びにくるのを良い口実にしていた子がチラホラいた事も知り、

よくよく当時の事を思い出してみると、頷ける = 気付かなかった

自分がなさけないです。

実際、気配はあっても こちらから聞くのは何だしなぁ~と、普通に話していた子なんかもいるんですけども・・・居心地が良かったなら、いいのかな?とも思ったりもして、

また同様な事があっても気付けないかも、気付いても声はかけられないかもと思うと、なさけない大人ですσ(^_^;
[ 2006/12/05 01:11 ] [ 編集 ]
Re:アルマイト食器考(12/04)
ワタシの時代もアルマイトに先割れスプーン。

やっぱあの食器とスプーンとの接触の音が全身チキン肌でした。。。

だけど給食はおいしかった記憶が。。。

どーしてもダメなのものは『ぜんざい』(今は大好きだけど)と フルーツサラダ

未だにそうだけどワタシ 生のりんご がダメなんです。。。りんごを剥く時 食べるときのシャリっていう音が それこそ アルマイトの食器に先割れスプーンとの接触音くらい ダメ。。。

だけど 甘い『ぜんざい』と『フルーツサラダ』は子供たちに人気のメニューのひとつだったので 友達が喜んで食べてくれた。。。(笑)



子供たちは入学当時から強化磁器

しかも 小学校のときの食器は絵柄まで入っていました。

それだけで給食が豪華に見えますよねぇ
[ 2006/12/05 11:42 ] [ 編集 ]
気付けよ!・・はい・・
気づけるオトナでいたいと思いつつ、

見のがしていることもあるんだろうな、と。



息子たちはずっと陶器の食器でした。

割れた時は、直接あやまりつつもって来るか、

ごめんなさい、のメモつきで、

給食室に戻ってくるとか・・。

でも、最近はそのメモもない学級も多くてねぇ、

と、広報の取材で給食室の方がおっしゃていました。

給食指導は、食べることだけじゃなく、

いろんなことが含まれていますね。
[ 2006/12/05 23:04 ] [ 編集 ]
行き過ぎた?完食指導。
ご一緒でしたか~~>カニの床屋さんさん



 > 私も給食には苦労しました。

 > 全く食べることが出来なくて、毎日放課後まで残されていました。



毎日放課後まで、とは、厳しいですね( ┬_┬)。

3年間、よく頑張られましたですね。



私たちの頃は、「登校拒否」なる言の葉はあっても、

それを実行するなど、「ひとの道に外れる」といったような感覚で、思いも及ばぬことでしたし、

私立小学校へ転出されたのも、余程のことでいらした、と思います( ┬_┬)。



 > 味も、食器も、今考えても、二度と食べたくありません。



ぅぅぅ。

特に葉っぱものの茹でたのが冷えたものは、金気くさい味で、たまりませんでした( ┬_┬)。



 > 給食は食べられなかったけれど、家や自分で作ったもので好き嫌いはほとんどありません。

 > いったいあれは何のためにやっていたのかと、

 > 放課後まで残されていた自分のことを思ってしまいます。



ほんとにね。。。。( ┬_┬)。

どんなに辛くても悲しくても、その意義や意味を自分自身で納得できたり、

先生の愛情を感じたり、達成感を覚えたり、「あのときの自分が在ったから、今の自分が在る」と

思うことができるものならイイのですが。。。

[ 2006/12/05 23:12 ] [ 編集 ]
Re:牛乳瓶(12/04)
糸尻>あそびすとさん

こちらでは高台っていうなぁ。。。^^*☆



そこに指をきちんと添えていただくのが作法ですから、それがない、のは残念ですね。

持ちにくいし、熱いもののときは、ないと熱いのになぁ。。。



高台には、洗って伏せると、そこに水が溜まるし、乾きにくいし、

衛生上よくない、とされたのかもしれませんね。

(だからrain27jpさんちは、コレールなのかぁ。。。納得)



 > 牛乳はしばらく前までパック牛乳でしたが、ここ1,2年で牛乳瓶に戻りました。



牛乳は、私も瓶派なんですが、やはり重さがネックなのと、

割れたときにガラスは危ないのですよね。。。

あと、(業者さんの)牛乳瓶の洗浄は、半端じゃない水量を汚染する、とのことでした。



いずこも、給食は民間委託になって行きそうですね。。。。

どうしても利益確保が前提となっていきますから、食材や調理法等、

定期不定期のチェックが必要になってくると思います。。。。



 > (でも、給食が辛かった自分)。



わぁぃ。 ここでも ぞうさん?

[ 2006/12/05 23:24 ] [ 編集 ]
溜まり場。
良かったんですよ^^*☆>_AZ_さん

溜まり場と言っても、「隠れて悪さ」をするための、

お子たちだけの秘密の溜まり場ではなかったんですから(笑)。



居心地が良かったんです。

心地良い、お子たちの「居場所」を提供されてた、んですよ^^*☆

【放任】してらした訳ではないし、良い距離、を保っておられたんぢゃないでしょうか。



おかあさんが在宅してる(勤務中でも)溜まり場って、なんだかにっこりしちゃいます。

「いつだって観てるよ、気に掛けてるよビーム」を発し続けてあげて下さいませ。

「聞いて欲しい」「相談しなくちゃ」ビームが戻ってくる可能性がぐんとあがると思います。。。

[ 2006/12/05 23:40 ] [ 編集 ]
『ぜんざい』
ひょひょひょ~~☆>tiara_pittさん



 > ワタシの時代もアルマイトに先割れスプーン。



私よりちょっとお若いtiara_pittさん。

それでもやっぱりアルマイトですよね?(良かった!(笑))



進んでるところで、病院などに使われてる、単色ベージュやグリーンのポリプロ食器じゃないかな?



 > どーしてもダメなのものは『ぜんざい』(今は大好きだけど)と フルーツサラダ



ぅわぅわぅわ。。。思い出した。。。( ┬_┬)( ┬_┬)( ┬_┬)。



生のリンゴの色感がダメ、というひと、多いですよね。

って、うちの上の少年がそうです。

でもって、我が家は、ポテトサラダにリンゴを入れるのは許せない一家です(笑)。



 > それだけで給食が豪華に見えますよねぇ



食器が持つ役割って、大きいと思うです。

贅沢は言いませんけれど、アルマイトは勘弁してあげて!!って思うです~~~(泣)。

[ 2006/12/05 23:55 ] [ 編集 ]
Re:気付けよ!・・はい・・(12/04)
はーぃ>こまま1023さん



 > 気づけるオトナでいたいと思いつつ、

 > 見のがしていることもあるんだろうな、と。



気付こうとしてるか、そうでないか、だけで、

お子たちと向き合う姿勢がもう違うはず、と思いたい私です^^*☆



 > 給食指導は、食べることだけじゃなく、

 > いろんなことが含まれていますね。



ですよですよ~~!!

食材の産地や収穫法、調理法まで広げて考えるならば、本当に奥の深い総合教育だとも思います。



だからこそ、楽しく、マナーは厳しく。

身につけて行きたいものだし、学んで行きたいですよね。

先生の力量、問われてると思いますですよ~~。

[ 2006/12/05 23:58 ] [ 編集 ]
Re:『ぜんざい』(12/04)
りうりう*さん

>ぅわぅわぅわ。。。思い出した。。。( ┬_┬)( ┬_┬)( ┬_┬)。



>生のリンゴの色感がダメ、というひと、多いですよね。

>って、うちの上の少年がそうです。

>でもって、我が家は、ポテトサラダにリンゴを入れるのは許せない一家です(笑)。



学校給食のポテトサラダのなかにもりんご入ってましたよぉ~~(泣)

芋とりんごを間違えて噛んでしまったときといったら!!!ジワッっと涙目になっちまいます。

第一 なんでポテトサラダにりんごなのよっ!

って思っています!!!



りうりうさんちのお子さんもそうなんですねぇ~~

よかった お仲間がいて!



そーそー 昔子供が保育園時代

保育園の遠足で『りんご狩り』にいったんですよ

自分でとったりんごをその場で食べるっていうもの。

他の母さんたちは子供が取ったりんごをナイフで剥いてあげてましたが ワタシは絶対出来なかった。。剥くときの音も嫌なんです!!

で 子供に

『りんごはね 皮と実の間がおいしくて栄養あるんだから 皮ごと食べな!』って

ムスメは そ~かっぁ~

といって そのまま食べ始めたの 見ていた他の子供たちもなんだかそれマネしはじめて。。

でもね ムスコったら どーしても皮はイヤだったみたいで どーするのか見ていたら

歯で きれ~~~に皮とって食べてた!(爆笑)





> > それだけで給食が豪華に見えますよねぇ



>食器が持つ役割って、大きいと思うです。

>贅沢は言いませんけれど、アルマイトは勘弁してあげて!!って思うです~~~(泣)。

- - - - -

[ 2006/12/06 10:11 ] [ 編集 ]
Re:アルマイト食器考(12/04)
給食ネタ・・・なつかしぃ~っ。私もギンギンアルマイト。んで、1年の時だけ(ここ強調!)脱脂粉乳出てた。まずくてまずくて吐き気しながら飲んだ思い出が・・・



当時の給食は何故にあんなにまずかったのやろ。

若鳥の竜田揚げくらいしか喜んだ記憶がない(笑)毎食パンだったし・・・(8歳下の妹の時代は週の半分が米飯になった)



それに比べ我が子たちの時代は、献立表を見るとどこのレストランのメニューなんだ?と思うほど。ただ、中学は給食室がないため、作りたてを味わうことができず、小学校のおいしい給食よりはるかに味覚はおちるそうです。



でも・でも、この地の小・中学生が何より贅沢なのは地元産のコシヒカリを毎日いただいてることです。全食コシヒカリなのよぉ~っ。食器は陶器ではありませんが・・・
[ 2006/12/06 16:10 ] [ 編集 ]
林檎☆
ほよよ~>tiara_pittさん

皮を剥くのもダメダメですか?

それは、筋金入り~~~。



我が家は、ポテトサラダは、じゃがいもオンリーで在って欲しいひとたちで、

百歩譲って胡瓜、ハムまで。

玉葱入れるなら、みじん切りで塩もみ、水さらしたっぷり、です。

林檎や人参、レーズンでも入っていた日には、、、、。(脅)





 > どーするのか見ていたら 歯で きれ~~~に皮とって食べてた!(爆笑)



わはは(笑)。

その後、娘さんや息子さんは林檎は平気?

まさか、娘さんは丸齧りオンリー、

息子さんは『歯で』皮を剥くのにこだわっておられるとか?(笑)

[ 2006/12/06 18:21 ] [ 編集 ]
脱脂粉乳。
をを!>とらトクさん

とらトクさんも脱脂粉乳、苦手でいらした?

でしょでしょでしょ。

私、あのミルクがなかったら、もっと早く食べられてたと思う、、、んだけどな。。。



 > んで、1年の時だけ(ここ強調!)脱脂粉乳出てた。



ふーん。(スルー、スルー)



 > 当時の給食は何故にあんなにまずかったのやろ。

 > 若鳥の竜田揚げくらいしか喜んだ記憶がない(笑)



ぅ、うれしい( ┬_┬)。

私はそれに後、ミートスパゲティも喜びました。



あとは、中華そばだろうが、カレー(もちろんパン)だろうが、給食はダメでしたです。。



 > 小学校のおいしい給食よりはるかに味覚はおちるそうです。



やっぱり、自校式は有難いですよね!!!

米食が地元のコシヒカリ!!!

それは何よりの地産地消だと思います^^*☆



うちの町の廃校になった小学校では、

おじいちゃん、おばあちゃんのつくるお野菜、根菜、お米をつかっていたそうです^^*☆

おらがまち、おらが学校。 素敵だったのになぁ。。

[ 2006/12/06 18:27 ] [ 編集 ]
Re:林檎☆(12/04)
りうりう*さん

>我が家は、ポテトサラダは、じゃがいもオンリーで在って欲しいひとたちで、

>百歩譲って胡瓜、ハムまで。

>玉葱入れるなら、みじん切りで塩もみ、水さらしたっぷり、です。

>林檎や人参、レーズンでも入っていた日には、、、、。(脅)



うちは きゅうり にんじん ハム 玉ねぎ薄くしライスしたものを湯通し)ゆで卵。。。かな。。。







>その後、娘さんや息子さんは林檎は平気?

>まさか、娘さんは丸齧りオンリー、

>息子さんは『歯で』皮を剥くのにこだわっておられるとか?(笑)



林檎がだめなのはワタシだけ

当然食事の買い物をするワタシは林檎なんて買いませんものぉ~~

(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

でも友人の実家が林檎農家で 子供たちにたべさせろ といってくれるの

食べたい人が皮を剥いてます



- - - - -

[ 2006/12/07 09:51 ] [ 編集 ]
「食べたいひとが皮を剥く」
ぅんぅん>tiara_pittさん

合理的でナイスです^^*☆

苦労なくして、食べられない、ってことですよね。



我が家もそうしたら、簡単な蜜柑ばかりがなくなり、林檎がちっとも減らない(爆)。

剥いてあったら、上の少年以外は食べるのに。。。



 >うちは きゅうり にんじん ハム 玉ねぎ薄くしライスしたものを湯通し)ゆで卵。。。かな。。



そうだ! ゆで卵がありましたね^^*☆

固ゆで卵がイヤな私は、固めの半熟をつくるんですけど、

つい、それだけの方が美味しいので、ポテトサラダになかなか入れられません(笑)。

ゆで卵をちゃんと料理に使えるのは、ミートローフと、卵サンド(笑)、煮卵、おでん、かな(笑)。



娘さんも息子さんも林檎嫌いになられなくて良かったです^^*☆

朝の林檎は、医者要らず、って言われるくらいですもんね。

林檎農家さんの林檎、美味しそう~~~。 いいなぁ^^*☆

[ 2006/12/07 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する