FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。





   今日は、下の少年の高校で、2年生の保護者だけを集めての『 2年生保護者会 』だった。

   全体会が体育館で1時間。 その後、各ホームルームでクラス懇談会が1時間。

   内容は、研修旅行について、進路指導(3年生0学期スタートについて)、その他。




怪獣くん





   下の少年の、修学旅行の行き先と内容が変更となったいきさつは 昨年、記した


   で、今日のお話では、
   名称も『 修学旅行 』ではなく、『 研修旅行 』 なんだそうである。



   普通科普通コースは3泊4日。 普通科国際文理コースは4泊5日。


   下の少年は、普通コースの生徒より1日早く出発し、1日長く【企業研修】を受ける。
 
       テーマは  第1部 『 国際理解アクティビティ 』
              第2部 『 持続可能な社会を作る為に 』    

   受け入れ先は、数々の大企業重役級の研修を受け入れてきたオンワード総合研究所。
   高校生を受け入れるのは、今回、うちの高校が初めてなんだそうである。
   彼らは、宿泊も一流ホテル級のオンワード研究所に2泊する。

     例えば3人部屋なら、フェイスタオルやバスタオルは3色用意され、
     しっかり個人別になるように配慮されているような宿泊施設である由。


   3日目に移動し(お昼は横浜中華街で自由に取れる)、
   TDLのオフィシャルホテル指定の ヒルトン東京ベイ に宿泊。
   夜には、TDLの旅行生徒受け入れ体制、TDLの姿勢についての講義を受講。


   4日目、晴れてTDL観光。
       前もってのTDLとTDS観光の希望アンケートでは、
       意外にもTDLに希望が殺到し、TDSは数人しかいなかったため、
       全員がTDLとなった由。 タワー・オブ・テラー、興味なし?


   5日目、大学キャンパスツアー。
       東大、東工大、一橋大、早稲田大、慶應義塾大の5大学を希望者で班をつくり
       帰りの新幹線の時間まで見学。 昼食は大学食堂で。

       前もっての生徒たちの希望は東大に集中。 8割が希望したという。
      「話のタネに」という生徒も多かったらしいが、第一志望の生徒も結構いたとの由。
       下の少年は、最初から東工大希望で、すんなり決まった、との後からの談。



   はぁ~。。。。 こりゃ、確かに 『 研修旅行 』だわ。
   よく、みんな暴れないのね(゚゜)\バキ☆
   宿泊先はどれも一流で、私服、ジャージ厳禁、常に制服行動厳守、だそうである。

   携帯電話は、迷子、拉致、等、非常時にのみ使用可。
   基本的には学校内と同じく、使用禁止。

             。。。。た、楽しいといいね?(汗)

             旅行費用は、9万7000円也。 ?
 

怪獣くん




    進路指導でのお話。


    今や、大学進学率は、全高校卒業者の5割を越す時代となり、
    エリート型 → マス型 → ユニバーサル型の社会となり、
     大学進学は、万人の義務 とも言える時代になった。

    誰もが大卒だから、余程の超難関大学卒でない限り、肩書きとしても全く通用しない。

    大学側も、意欲的な人間を求めている。
    全てに挑戦的な意欲をもち、行動を自ら起こせる人材、
    自ら考え、判断し、表現することができる創造力を持つ人材を求めている。

    自分たちの個性、力が生かせる大学を見つけ、
    モチベーションを高めて、自分を磨く努力をしていこう。


    2年の1月~3月は、英数国の不得意科目を克服する時期であり、
    理社の勉学時間に余裕を持たせるために頑張る、3年0学期だと言える。

    早い時期に受験科目を絞り込んで逃げを打つ姿勢に入るな。
    自分を鍛え、高めるためにも、全教科に力を入れ、部活動にも励むべし。

    様々な方向から鍛えられ、精神的な強さを身につけた生徒が強いのだ。  との由。



怪獣くん




    クラス懇談のため、各ホームルームに移動する。

    ホームルームに行かずに、ささっとお帰りになる保護者があるのも、小中学校と同じ。
    でも、殆どの保護者がそのままクラス懇談へ向かう。

    時間をやりくりして参加してくる高校生の保護者なのだから、
    来た以上は、きちんと懇談会にも出席しよう、とされる方々が多い、ということか。

    ちょうどチャイムがなり、生徒たちも廊下に出て、部活動や帰宅の途につき始める。

    驚いたのは、「 ちわ~~~っす 」 とか 「 こんにちは~~ 」とか
    目礼していくとか、男の子も女の子も、殆どのお子たちが、
    保護者に向かって挨拶をして、通り抜けて行く。


    それだけで、今日、来て良かった、と思った。


           下の少年は、うつむいて、保護者たちと目線を合わせないよう、
           すすすっとクラブに消えて行ったけど。  orz....


ペンメモ



    11月19日、トラックバックいただいた、祐65116さん に
    トラックバックをお返しします。 本文は改定しておりません。


関連記事
スポンサーサイト



Re:『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。(11/10)
ふ~~。

なんだか・・・なんだか・・・ふ~~。

きっと私の考えが甘いんですよね・・・。

高校時代にできる事。

大切な高校時代。

お子達の眼がうつろでないといいけれど・・・と思いながら読んでいましたが

挨拶できるお子達・・・もうこれだけで胸がいっぱいになりました。

きっとこん学校のお子達

暴れるような?^^;行動はしないけれど

逞しく成長するんだろうな・・・と思いました。

すみません、意味不明ですね^^;
[ 2006/11/11 08:50 ] [ 編集 ]
一応『 修学旅行 』
先月28日より3泊4日で≪京都・奈良≫に行った息子。

土曜出発だったので、振替休日が11月1.2日となり5連休。

地理の宿題があり、デジカメを持っていきました。

「京都に住んでみたい・・・」

これが息子の感想でした。



実は、来週予定されている高校の保護者会の出欠を悩んでいました。

水曜の定休日、翌日、高校の保護者会。

次の週には娘の三者面談。。。

んー仕事と子供とどっちが大事???

保護者会を欠席しようと思いかけていた私に火をつけました。

。。。やっぱり行こう。かな。。。

[ 2006/11/11 10:18 ] [ 編集 ]
Re:『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。(11/10)
なんだか スゴイですね。。。

うちの県は 修学旅行自体が無くなった学校もあるし 海外に行く学校が増えてきました。



研修旅行 かぁ

なんか 大変そうだけど 社会にでた大人と違って案外子供はけっこう楽しんでこられるのかもね

ちょっとの間でもイッパシの大人キブンになれるだろうし。

仕事でも勉強でも楽しんで出来ることが一番!



ぼくちゃんの感想が楽しみです。

[ 2006/11/11 11:57 ] [ 編集 ]
Re:『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。(11/10)
小学校は『移動教室』という名称でした。

中学は『修学旅行』らしいです。



豪華ホテルにお泊まりなのですね。

私たちの時代では考えられないです。

そして、研修・・・ビックリです。

今って・・・そうなのですねー!

大学がそばにたくさん(歩いていける距離に3つ)あっても、

あまり関心がない息子。

夢は鉄道学校らしいですけど・・(苦笑)。

どうなりますやら・・・。
[ 2006/11/11 15:50 ] [ 編集 ]
Re:『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。(11/10)
なんか…至れり尽くせりの高校なんですね。

企業研修なんてなかなか受ける機会もないでしょうから。

豪華宿泊施設~(^^;)

今や大広間に20人も詰め込んだりしないのね~。



3年0学期。確かに3年生になれば受験まっしぐらでしょうから、あと半年の間は自分の幅を広げる時間ですね。

なんだか自分の頃より厳しいのかなぁ。



挨拶。下の少年くんもお母さん以外の方にはきちんとされましたよ。多分(^^;)
[ 2006/11/11 18:52 ] [ 編集 ]
Re:『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。(11/10)
わたしは、「いいなあ」と思いました。

名称も、日程も。

私の元ダンナみたいに、「修学旅行は遊びに行くんだろ」なんて

オソロシイ誤解をしている人もいる中、分かりやすいのではないかと。

「修学旅行」だって、「学を修める」わけだから間違ってはいないけど、

スキーやらTDLやらが主流になってしまったご時世では、名前を変えることも仕方ないかもです。



私の高校は、観光といえば観光だけど、

3泊4日で、姫路城、厳島神社、原爆ドーム、倉敷、比叡山、京都市内、となかなかハードで、

一応歴史にこだわっていたかな。

比叡山では、朝のお勤めもやりました。



20年前だなあ・・・・(ーー;)



>殆どのお子たちが、

>保護者に向かって挨拶をして、通り抜けて行く。

>それだけで、今日、来て良かった、と思った。





↑のように感じられる保護者さんは、それぞれの学校にどれくらいの割合でおられるのでしょうね。

りうりうさんの、若者たちへの愛情が、こんなところで感じられて、

なんだか私もあったかい。



ふにふにも今日、歩いて数分の工業高校で文化祭があったので、

子ども2人を連れて行ってきました。

子どもたちも喜んだけど、私も青少年の生気をもらえたようで、  うふふ。



世界バレーも、いつも以上に熱心に見てしまうのは、さわやかな若さ爆発のWaTのせい(^_^;)

正統派さわやかクンの小池君、お笑いか?のウェンツが

声をからして応援する姿に、「若さっていいなあ」(^_^;)

今日のセルビア・モンテネグロ戦は感動でした。

敵もだんだん強くなる!でも、見ごたえもますますUPしてるのが、ふにふにはうれしいです。



なんか、話がばらばらになっちゃった。
[ 2006/11/11 21:51 ] [ 編集 ]
「ふ~~。」
ぃやぃや>ゆいぽんちゃん。さん



 > ふ~~。

 > なんだか・・・なんだか・・・ふ~~。



私も昨年、北海道から東京へのキャリア教育のための旅行になった、と聞いたときは

「なんだかふ~~~」でした。 ぃや、正直、「怒」だったりしました。



んでも、ここまで来たら、ヘタに?総合教育らしく見せかけた中途半端なものよりは、

『研修旅行』と銘打った、これでいいのかも、と思うようにもなりました。



立派過ぎるホテルも、ホテルマナーを身を持って識ることになるでしょうし、

緩急つけて、TDLでハジケてくれることでしょう。

TDLの修学旅行生の受け入れ体制について、事前のTDL側からの講演を受ければ、

TDLの観方、目の向け方、気付きも違ってくることと思います。



 > 逞しく成長するんだろうな・・・と思いました。



ぅん、それをこころから祈りたいです。

ひとなつこい笑顔での挨拶に、こちらがどきまぎし、隣り合わせた保護者同士もにっこりして、

改めて挨拶を交し合えたり、口がほぐれたり、凄い効果をもたらせてくれましたです。



「子どもたちが共に学び、育っている学校の保護者同士」という絆を、

子どもたちの挨拶が結んでくれたような気がしています。

[ 2006/11/11 22:38 ] [ 編集 ]
「京都に住んでみたい」
てんてこmyさん

「京都に住んでみたい」という息子さんのご感想は、

願って励めば叶えられる年齢に差し掛かっていらっしゃるから、

ちょっとどっきりされたのではないでしょうか。。。^^*☆



んでも京都って、不思議ですよね?

殆どの御方が、京都に来ると「帰って来た」って気持ちになっちゃう気がします。

んでも、これは、私が物心ついたときから仏教教育を受けてたから、なのかしらん。



 > んー仕事と子供とどっちが大事???

 > 保護者会を欠席しようと思いかけていた私に火をつけました。



んーーーー。 続きますね。

どっちも大事で、比べられるものぢゃないのに、物理的に常に選択させられちゃいますよね。

んでも私は、行って良かったですぅぅ^^*☆

[ 2006/11/11 22:48 ] [ 編集 ]
海外への修学旅行。
ぅんぅん>tiara_pittさん

海外への修学旅行、増えてきました。

去年もそれで少し盛り上がりましたよね。



 > なんか 大変そうだけど

 > 社会にでた大人と違って案外子供はけっこう楽しんでこられるのかもね

 > ちょっとの間でもイッパシの大人キブンになれるだろうし。



をを! 下の少年を観てる限り、そんな風には感じられなかったので、目からウロコです。



企業人の視点からの講座、講演、研修。

高校生としてそれを齧ってみることで、何かを得、何かをイメージし、

自分の進路を具体的に考えてみたりするでしょうか。



10万円近いお金を遣って、クラブも休まなくてはいけないし、全然興味もてないし、、、、

と下の少年は、ぶーぶーで、「むしろ行きたくない」と思っている様子なのですが、

私としては、「行かない」という選択肢を選ぶ勇気がないんだから、

せっかくの旅行をめいっぱい楽しんでくれなくては、10万円支払うことを勿体無く思ってしまうよ、

と言ってしまいました。



なんとかモチベーションを高めて、楽しんで来て欲しいな^^*☆

[ 2006/11/11 22:57 ] [ 編集 ]
『 移動教室 』
『移動教室』>こまま1023さん

屋外でも、名称が「教室」だったんですね。



修学旅行までの事前学習は、どの学校でも一生懸命に先生がされますもんね。

事前に学んだことを、自分の目で観て、

そしてこころで感じて、どうだったか、という感想文で締めくくる。



修学旅行って、やっぱりその学校生活における一大イベントだから、

小学生にとっては楽しいものであって欲しいし、

中学生にとっては、楽しさ+それなりの意義在るものであって欲しいし、

高校生にとっては、それぞれに何か糧、となるようなものであって欲しいと思います。



「旅行」することで、非日常に置かれるお子たちは、

その地を日常とするひとびとの在り様を感じ、こころ寄せ、

またそれを通して、結果的に自分たちの帰属感、自分たちの在るふるさとをも

再認識できるようなものにできたら、

それは大成功である、と思うのです。



 > 豪華ホテルにお泊まりなのですね。

 > 私たちの時代では考えられないです。



私も最初は、こんな贅沢な、と反発を感じたのですが、

逆に、そゆエクゼクティヴクラスを垣間見ることもなかなかできない体験だろうし、

ホテルマナーを肌身で識ることもいい体験なのかも、と思い返しました。



もしかしたら、自力で頑張ってこんな世界を目指そう、と思うお子だって在るかも^^*☆



 > 夢は鉄道学校らしいですけど・・(苦笑)。



てっちゃん(笑)。

うちの上の少年も、幼稚園時代は筋金入りのてっちゃんだったのに、

いつのまにか卒業してしまいました(懐)。

息子さんは、最初の夢を実現させちゃうかな?^^*☆

[ 2006/11/11 23:48 ] [ 編集 ]
厳しいようですよ~(汗)。
ゆうやけぐもさん



 > なんか…至れり尽くせりの高校なんですね。



どうなんでしょうね。。。。

私も昨年耳にした時には驚愕しましたが、最近は「はやり」らしいですから。。。。



「はやり」だから、うちの高校も、遅れるな、とばかりに猿真似した、と思いたくないです。

それなりに、先生方できちんと比較検討され、多大なるメリットを期待され、

努力もしよう、と導入された、と(思いたい)。



なんとかそれぞれに得るものがある、そして楽しい旅行になってくれればなぁ、と思います。



 > なんだか自分の頃より厳しいのかなぁ。



厳しいようです。 先日、下の少年が受けたプレセンター試験では、受験者が47万人。

んで、このひとたちの殆どが限られた人気難関大学を目指すのです。

閑古鳥が鳴き、潰れていく大学も多いなかで。

人気薄の大学は、存続のために、ますます敷居を低くし、学生は育たず、ますます格差が広がり。



大学制度、考えようよ、って私は思うけど、

とりあえず、人気薄の大学は、何故人気薄なのかしっかり反省し、

口先だけではなく、本当に「個性を大事に、学生を育て伸ばす」大学にしていかないと、

とんでもないことになる、と思います。

潰れちゃったら、その大学の卒業生って、情けない想いをしちゃうよね。



 > 挨拶。下の少年くんもお母さん以外の方にはきちんとされましたよ。多分(^^;)



、、、かなぁ。。。(疑)

[ 2006/11/12 00:09 ] [ 編集 ]
Re[1]:『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。(11/10)
をを☆>ふにふに。。さん



 > わたしは、「いいなあ」と思いました。

 > 名称も、日程も。



、、、実は名称については、私も、なんです。

ここまでするのなら、『研修旅行』だよね、って思う。

正面切って言い切っちゃって、はぃ、参りましたって感じ(笑)。



 > それぞれの学校にどれくらいの割合でおられるのでしょうね。



あは。

んでも、私の周りにいらっしゃったおかあさん方は、私同様、目を丸くして驚かれ、

やっぱり嬉しそうに挨拶を返しておられましたよ^^*☆



んで、保護者同士も照れくさそうに顔を見合わせて、改めて挨拶し直したりして。

お子たちに教えられちゃった♪って感じで嬉しかったです^^*☆



 > 子どもたちも喜んだけど、私も青少年の生気をもらえたようで、  うふふ。



うふふ?

ほぇえええ。 そーなんだ、そーなんだ、そーなんだ@@。

私には少年たちのお蔭で、免疫が濃ゆいのかなぁ?

青少年の生気、なんて、思いもしませんでしたよ~(笑)。



 > 世界バレーも、いつも以上に熱心に見てしまうのは、

 > さわやかな若さ爆発のWaTのせい(^_^;)



そーなんだ、そーなんだ、そーなんだ!!!(驚)

あぁ、今日は目からウロコばかりですよん^^*☆

ぃゃ、私も若い子には全く興味を持てずにいましたが、徹平くんだけは別です(笑)。

それでもバレーには、邪魔でした(゚゜)\バキ☆

なるほど~。 どうせなら楽しまなくちゃ、ですね。



明日はイタリア戦! ハイレベルな戦いになりそうです。

応援よろしくお願いしますぅ^^*☆

[ 2006/11/12 00:22 ] [ 編集 ]
Re:『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。(11/10)
TDLで講義が聞けるの?それは知らんかった。私受けてみたいです(笑)それにしても高級ホテルに泊まるのね。私たちの頃って、ひどい旅館ばっかだったよなぁ。



これじゃまさに「研修旅行」ですね。

それでも、どこに行ったとしても友といっしょだから楽しい・・・は・ず・・・だよね?いや、絶対楽しんでほしいです。



ちなみに、息子のいた高校は「北海道」でモロ観光旅行でしたぜ。遊びまくってきたみたいです。私はまだ行ったことないんだけど・・・
[ 2006/11/12 09:33 ] [ 編集 ]
オフィシャルホテルだから。
とらトクさん



 > TDLで講義が聞けるの?



ホテルの宴会室?もとい大会議室に、TDLの御方が来られて、夜8時からの講義です。



私は、高校のときの白樺湖のところでは、ちょっと高そうなホテルの3人部屋だったですよ。

だもんで、そこだけ強烈に覚えてる(笑)。



 > ちなみに、息子のいた高校は「北海道」でモロ観光旅行でしたぜ。



あぁ、北海道。( ┬_┬)。

我が家が全くご縁ももてない、拒否されまくりの憧れの北の大地。。。。

少年たちには、思春期に、地平線を観て欲しかったなぁ。。。。

[ 2006/11/12 09:39 ] [ 編集 ]
Re:『 修学旅行 』 ではなく 『 研修旅行 』。(11/10)
トラックバックのお願いです。



大学見学などなどです。



修学旅行もさまざまです。こっちも書いてみようかな?
[ 2006/11/19 10:04 ] [ 編集 ]
トラックバックを有難うございました。
祐65116さん、トラックバックを有難うございました。

私の方からも返させていただきましたので、よろしくお願い致します。



【キャリア教育】というの言の葉が、ここ5年で、小学校でも、社会見学の際や総合教育で

盛んに言われるようになっています。



上の少年は、純然たる修学旅行(北海道が沖縄となり、日程も1日減らされたものの、

現地の方々との交流を持つ内容でした)だったので、

下の少年の修学旅行が北海道から、東京へ変更となり、【研修旅行】になったのには、

本当に驚きましたし、当初は嘆かわしくも感じました。



けれど、これが本当に、ひとりひとりのお子たちの個性、能力を刺激し、

生かして行こうとするもので、上っ面を撫でていくものではないのなら、

とても意義深いものになってくれるのでは、と感じ始めています。



旅行、社会見学、企業研究が、

お子たちに生きる力、厳しい社会で生き抜いていく力を培うような、

自分自身のキャリアとなっていくようなものにしていただきたい。

お子たちが仲間をつくり、仲間たちで乗り越えていく、培っていく、そういう教育を学校で、是非、じっくりと行って欲しい。

そのための指導案を練り、実践していける【ゆとり】を先生方にあげて欲しいです。

[ 2006/11/19 16:42 ] [ 編集 ]
Re:トラックバックを有難うございました。(11/10)
りうりう*さん

こちらこそ、トラックバックありがとうございました。



うちの小学校はいまのところ有意義なものとなっているようなので大歓迎です。



これから先どう生かしていけるのかが、学校も保護者も真価が問われると思います。



修学旅行も現地の小学生たちとたくさん交流したようです。

名前にこだわらず、将来に生かしてほしいです。
[ 2006/11/20 08:39 ] [ 編集 ]
Re[1]:トラックバックを有難うございました。(11/10)
そそそ>祐65116さん



名より実。

中身が充実した濃ゆいもので、意義あるものなら、名称など何だっていいのですよね^^*☆



でも、名は体を表すというのも確かなことで、

うちの下の少年たちの場合は、研修旅行とされて正解だった、と思います。

だって、みんな納得しましたもん(笑)。 

「そかそか、研修旅行、なら仕方ないやね」って。

生徒たちはまだぶーぶーだけど(笑)。



高校時代の貴重な時間、そしてお金を是非有意義に遣い、

でき得るなら楽しく、学んできて欲しい、と思っています。



小学生の場合、瑞々しいこころに刻まれる体験は、とても大きなものですよね。

成果といえるべきいい結果を出されているようで、何よりです。



 > これから先どう生かしていけるのかが、学校も保護者も真価が問われると思います。



そそそ。 こころが瑞々しくない(笑)をとなたちは、子どもたちと一緒に、

子どもたちの目線で、共に学ぶべき、ですよね。

[ 2006/11/20 09:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する