FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

いのち。








   試験中だと言うのに、下の少年と雁首揃え、
   『 Mステーション20周年記念 第2弾 』 を 観ていた。


       私は B’z の 稲葉さんを 観る 聴くため(゚゜)\バキ☆

       下の少年は、B’z と ミスチル を観るため。


   新聞には、彼らが出演するかどうかは書かれていなかったが、
   もしかして、、、と言う期待があったから、である。

   オープニングで、彼らがちらりと映ったのを観てふたりで歓声を上げ、
   どうせ、彼らはトリ前後であるから、最後頃にTVをつければいいものの、
   タモリさんの横や後ろでちらちら映るであろう、彼らが観たくて、
   そのまま 3時間、固まることになってしまった。



   お約束のようなジャニーズの昔の映像が流れているとき、
   何気なく、朝の『 めざましテレビ 』で仕入れた情報、
   KAT-TUN の 赤なんとかくん が語学留学するんだって、と言ったとき、

   KAT-TUN など 歯牙にも掛けていない、ぃゃ、嫌ってるはずの下の少年が固まった。


       ? ?  もしもし?


   一体、何ごと? と 彼を注視していたら、ぽつんと


       それ、あいつ、知らんといいなぁ。

       ? ?  ?

   聞けば、クラスの女子が危篤なのだ、と。


       危篤??  ぅそ。 いったい何で? 事故? 前から悪かったの?


   最初は風邪だと思っていたらしい。
   でも長引くので、病院へ行くと、『急性骨髄性白血病』と診断された由。

   担任は、最初、軽い風邪だけれど、見舞いには行かないように、と皆に伝え、
   今週の初め、実は彼女は急性白血病で、もう、危篤状態が続いている、と伝えた。


       彼女が学校を休み始めたのは、9月の終わり。
       余りの凶報に、皆驚き、千羽鶴を折った。
       クラスの代表が、届けに行った。


   彼女は KAT-TUN の赤西くんの大ファンなのだ、と言う。

   女子には疎い、下の少年が識っている位だから、
   彼女は余程、目に付く形で赤西くんを応援していたのだろう。

   下敷きに雑誌の切り取りを挟み、シールをところ構わず貼り、
   きゃぃきゃぃと明るく騒がしい、女子高生が目に浮かぶ。


   9月の終わり、長引く風邪だと思って受診したら、急性白血病。

   まるで、本田美奈子.さんのお話をそのまま巻き返して聞いているようだった。

   ただ、違うのは、彼女には闘病する時間も余り残されていないようであること。
   若い、から進行が早かったのか。

      昨日まで元気であったお子が難病に倒れる。

      彼女本人は勿論、ご両親、ご家族の驚き、嘆きは如何ばかりか、と胸が痛い。



     最初の会社で設立した専門学校に学んでいた男子生徒が、
     やはり急性白血病に倒れ、一時は絶望視されたのに、奇蹟の生還を果たした。

     彼らの担任を任されていた私は、
     昨日まで元気であった彼の凶報に驚愕し、膝が震え、立てなくなったのを覚えている。

     大学病院をあげての懸命な治療。 億を越える医療費。
     無事、完治した、との声を聞くまで2年近く。
     退院後も毎日病院漬けの日々。

     彼は、完治後1年を待たず、少し友と外で遊んだだけだったのに、
     風邪をひき、こじらせて逝ってしまったのだったが。

     彼女にも奇蹟は起きないだろうか。
     若いから、進行が早くとも、
     どうぞ、若いから、それを撥ね返してやって欲しい、と祈る。



   不運としか、言いようのない、突然の発病。
   それは、下の少年にも、上の少年にも、私にも起こり得ること。

   今更ながら、
   私たちは、いつ、何処で、何が起きるかわからない毎日を送っているのだ、と思う。

   今日という日常が、また、明日も在る、とは限らない。
   毎日毎日を大切に、力いっぱい生きる、しかない。


ペン雨



関連記事
スポンサーサイト



・・・・(T□T)
『急性骨髄性白血病』

とは。

やはり『急性』ということは、前兆も原因もなく、ある日突然の発病ということですよね。

(勉強不足ですみません。今からします・・・)



彼女自身、ご家族、お身内、のショックは私の想像しがたいものだと思います。

そして、同級生である下の少年君の『そのこと』に対するショックや動揺もどんなにか大きいかと。

以前担任した2年生で、隣のクラスの少女が突然意識不明になり、1週間後亡くなりました。

お兄ちゃんたちの下に、年の離れたたった一人の女の子だったそうです。

2クラスだったので、学年みんなで送りました。

若者が逝ってしまうのは哀しいです。私は高校大学のころに同級生も亡くしているので、その気持ちも分かります。

哀しいというより、思考停止です。

かなうものなら、赤西君ファンの彼女も、そのほかに病気と戦っている人たちみんなが、

奇跡の生還を果たすことを祈ります。
[ 2006/10/14 08:43 ] [ 編集 ]
Re:・・・・(T□T)(10/13)
( ┬_┬)>ふにふに。。さん



 > やはり『急性』ということは、前兆も原因もなく、ある日突然の発病ということですよね。



前兆は、身体がなんとなくだるいとか、風邪をひいたかな?というような症状だから、

見過ごしやすいものですよね。

病因は、特徴的な染色体異常をもつことが多いとの由ですが、

そんなもの、その気で検査しなくては判らないものだし、

健康であるうちは、判ったからどう、ということもできないような気が致します。



急性リンパ性白血病と合わせた、急性白血病は、年間約3,000~4,000人の発生があり、

この中治癒可能な症例は約1,000人程度であり、年間約2,000人以上が

急性白血病で死亡していると推定されている由。



骨髄は血液をつくる場所だし、リンパは全身をめぐっていますから、

ここに癌細胞が巣くうことになれば、あっという間に全身が重篤状態になってしまいますよね。

私たちにできることは、1人でも多く骨髄バンクへ登録すること、でしょうか。



下の少年は、昨夜まで私に何も言わなかったけれど、

KAT-TUNの赤西くんの話題で硬直し、こころを痛めていました。



 > 哀しいというより、思考停止です。

 > かなうものなら、赤西君ファンの彼女も、そのほかに病気と戦っている人たちみんなが、

 > 奇跡の生還を果たすことを祈ります。



おっしゃる通りです( ┬_┬)。

どうぞ、ひとりでも多くの方々のご努力が報われますように。

願いや祈りが届きますように。

[ 2006/10/14 09:11 ] [ 編集 ]
Re:いのち。(10/13)
私も上の少年さんと同じ高校のとき、同級生の男の子が白血病で亡くなりました。

高校入学のときはもう病床だったのではないかと思います。

私は、高校から入ったので、面識がありませんでしたが、小学校から一緒に子も多く、みな何日も泣いていました。

先生もやる気をなくされて、1週間くらい授業になりませんでした。

土地柄なのかと、思い、私もショックでした。



今もそのときの様子を思い出します。



ご回復をお祈りしています。



[ 2006/10/14 09:41 ] [ 編集 ]
悲しいですね。
告白します。

私は B型肝炎ウイルスキャリアーです。

 全国に2%位のキャリアーがいるそうです。

 私は 献血もましてや臓器移植もできません。

 私の血が 混ざると 人を殺めてしまうそうです。

 出産時に母子感染したらしいのですが

 私が生まれた頃は、その様な検査もなく、

 成人して はじめての献血で 告げられた時

 訳がわからず、はじめから血液型はB型なのに

 なんやそれ?でした。

  それで、これは 結婚なんて出来ないのでは

 と 医師に相談したところ 大丈夫ということで

 3人の子に 恵まれました。



  いつか 肝臓ガンになるやもしれないという

 そら恐ろしい気がしますが、日々 精進します。

 
[ 2006/10/14 09:44 ] [ 編集 ]
土地柄。
カニの床屋さんさん



 > 土地柄なのかと、思い、私もショックでした。



ヒロシマに在ったものは、殊に白血病に対する想いが依然としてつきまといますですね。

私も、中学時代、異常に鼻血が抜ける日が続き、白血病になったのではないか、と

脅えた日々を思い出します。



こうした想いを代々背負わねばならず、子を産み育てることにさえ懼れを抱かねばならぬ、

核兵器というもの、決して許されるものではありません。



核保有国が一斉に手放す日がやって来ないものか。

もてる國が勇気をもって手放すこと。

全世界の安堵と賞賛を得られることは間違いないのに。



 > ご回復をお祈りしています。



有難うございます。 昨夜から私も懸命に祈っています。

頑張って欲しい。 彼女は、まさにこれから、のひと。

一生分頑張って、未来を勝ち取って欲しいと祈ります。



 

[ 2006/10/14 10:11 ] [ 編集 ]
つらいですね。。。
私も中学のときの親友を同じ病気で亡くしました。病気がわかってからわずか2ヵ月半。駆けつけようにも地球半周の距離。訃報を聞いた朝礼のその場でクラスメイトと抱き合って泣いた校庭の風の冷たさまで思い出します…

生かされている、、本当にそれだけで価値あることなのだと子どもたちには訴えたい。いじめによる自殺のニュースが辛いです。
[ 2006/10/14 10:13 ] [ 編集 ]
Re:悲しいですね。(10/13)
りきkkぱぱさん、私の隣の班長の彼女もキャリアです。

昨年1年間は、数値が思わしくなく、インターフェロンの投与を受け、

痩せて、髪も抜けてしまいました。

1年の辛抱が実り、幸い数値も落ち着いて、インターフェロンの投与も終わったのですが、

経過観察中です。



ぱぱさんも肝臓を守るため、無茶飲みしてはなりません。

ご自身のため、ご家族のため、りきくんを守り、闘い、育むため。



私たちは、私たちのできること、を致しましょう。

きっとそれしか、ない、のですよね。

[ 2006/10/14 10:15 ] [ 編集 ]
Re:いのち。(10/13)
生きて・・・どうぞ生きてください。

誰もが明日はどうなるかわからない。

だからこそ「今」を精一杯生きるのだけれど・・・

でも早すぎます。

まだまだこれから・・・したいこともこれから出てくる時期。

親御さんにしたってさせたいことまだまだいっぱい・・・

精一杯頑張ってる彼女に言うのは酷だけど・・・

頑張って生きて。

皆の願いが届きますよう祈ります。

[ 2006/10/14 10:25 ] [ 編集 ]
Re:つらいですね。。。(10/13)
tarantini78さんもお辛かったですね( ┬_┬)。



データだけ見れば、年に約3000~4000人が発症されているのですから、

「急性白血病」という病が、それこそそんなに特異な病ではない、ということを思い知らされます。

毎日毎日、10名近くの御方が発症されているのですから。



どんなに夢があり、頑張らねばならない事情があり、どんなに生きて在りたい、と

泣き叫んでも、希っても、病魔は心身を蝕んでいく。

それを思うとき、



 > 生かされている、、本当にそれだけで価値あることなのだと子どもたちには訴えたい。

 > いじめによる自殺のニュースが辛いです。



本当に本当にそう思います。

まして、「面当て」や「主張」として死を選ぶのは絶対にやめて欲しい。

踏みとどまって欲しい。



踏みとどまれないから、なのは百も承知。

んでも、それでも、んだから、生きて在って欲しい。

自ら投げ打っていいいのちなんて、この世には存在しないのだから。

[ 2006/10/14 10:31 ] [ 編集 ]
きっと頑張ってる。
ゆいぽんちゃん。さん、有難うございます。



火曜日朝に担任から危篤と聞いた、と言いますから、もう5日、彼女は頑張っています。

とても辛く、痛い想いをしているのでしょうけれど、

どうぞ一生分頑張って、乗り越えて欲しい、と願います。



17歳の女の子。

やっとここまで大きくなって。

逝くには早い。 早過ぎるよね。

[ 2006/10/14 10:39 ] [ 編集 ]
Re:いのち。(10/13)
「頑張って」って言葉を最近使えなくなってきました

勉強面などでは使えますが病気や既往症等の方には酷な言葉に感じてしまうようになったからです



「可哀相」も同じです



いつからかなんだか胸を締め付ける言葉になりました

どうしてでしょうね・・・



ヒロシマは今でも苦しんでいる方がいらっしゃる、頭ではわかっていても心ではわかっていない自分がいてこちらに来ると反省させられます
[ 2006/10/14 11:17 ] [ 編集 ]
普段遣うのを逡巡する言の葉だからこそ。
おっしゃる通り>萪柊さん



 > 勉強面などでは使えますが病気や既往症等の方には酷な言葉に

 > 感じてしまうようになったからです



私は基本的に「頑張って」という言の葉を遣いません。

好みません。

それは、勉強面においても、です。

当人でない第三者が、軽軽しく口の端に乗せていいような言の葉でない、と感じて来たから、です。



んでも、下の少年に限っては、彼のうだうだごねごねをつぶさに観てるので、

蹴りをカマす気持ちで、発することもあるのですが。



、、、だもんで、日頃の私は、エールをお贈りしたい、と思うときには、

平仮名の「ふぁいと~!」でお茶を濁しています。



けれど。 ぃぇ、だからこそ、

今、このときが、彼女の一生分頑張るとき、ではないか、と思い、

今日は「頑張って!」の全開モードです。



 > いつからかなんだか胸を締め付ける言葉になりました

 > どうしてでしょうね・・・



それは、萪柊さんが、「頑張って」「可哀想」という言の葉を受ける側にこころ寄せ、

慮られるようになられたから、では、ないでしょうか。



 > ヒロシマは今でも苦しんでいる方がいらっしゃる、頭ではわかっていても

 > 心ではわかっていない自分がいてこちらに来ると反省させられます



自分や近しいひとのことでなければ、日々、日常のことでいっぱいいっぱいの私たち。

常にこころの奥底に様々な悲劇を据えておくことなど、なかなかできませんとも。

勿論私もそうです。



んだから、私たちは毎日、様々な事柄に遭遇し、

また場面場面で改めて考える、見直す、確認する。

その繰り返しなんだ、と思いますです。



願わくば、その経路がどんどん短縮して行きますように。

願わくば、自分が後退ではなく、前進していますように。

「かく在りたい」自分に自然体で近付いていますように。

そう願い、努めていくものだと。 
[ 2006/10/14 11:34 ] [ 編集 ]
Re:いのち。(10/13)
つらい話ですね。こういう話になると、親の立場にたってしまって、女の子の両親は今どんな思いでおられるかと思うと本当に本当にお気の毒で言葉になりません。



本人自身が一番つらいのには違いないけれど、今にも我が子を失ってしまうかもしれないという恐怖と毎日闘っておられるご両親の気持ちが・・・もう・・・



今は白血病は不治の病ではありません。

読み聞かせで行ってる小学校でも、治療を終え元気に通ってきている子どもがいます。マスクをしてるけど、完治されたとのことです。



彼女にもどうか生還してほしい。彼女のためにも家族や友人たちのためにも。奇跡を祈ります。
[ 2006/10/14 11:46 ] [ 編集 ]
奇跡を信じたいです。
娘の通う大学病院は、小児外科のある病院で、やはり、難病の子がたくさん入院していました。治る見込みもないままに奇跡を信じて毎日病院に通っているお母さん話を聞いたことがありました。

すごくすごく大変なはずなのに、すごく明るいんですよ。そのお母さん。



そんな姿を見ると、生かされている自分たちは、やはり感謝しないといけないなぁ・・・と思います。









ぱぱさんへ

B型肝炎ウイルスキャリアーとの告白。

それを承知で結婚した奥様。とても素敵な方だと思います。大切にしないといけませんよね・・・。



[ 2006/10/14 16:44 ] [ 編集 ]
Re:奇跡を信じたいです。(10/13)
rain27jpさん

>>ぱぱさんへ

>B型肝炎ウイルスキャリアーとの告白。

>それを承知で結婚した奥様。とても素敵な方だと思います。大切にしないといけませんよね・・・。

--

  姐さん、この場をお借りします。

---

 は、はい 大切に致しております。(-_-;)

 泣かせたのは1回だけです。

 ビンタは 数十回あります。

 生まれが5ヶ月早い あねさま女房です。



 長男(中1)も そろそろ 髭が・・・。

 剃刀は自分専用にしています。

 ちょっとケガしても 自分で手当てしてます。

 ご心配 ありがとうございます。



 
[ 2006/10/14 19:14 ] [ 編集 ]
Re:いのち。(10/13)
 あぁ~、本当にそう言う話、あるのですね。命と言うものは、手に取っても見る事も出来なければ、大事にしまっておくことも出来ない。自分のもののようで決してそうではないもの。神様からの預かり物だから、与えられた運命を淡々と過ごして行く他ないのですが、出来れば世間の平均寿命位まで、過ごせれば良いと思います。
[ 2006/10/14 20:08 ] [ 編集 ]
親。
とらトクさん



 > つらい話ですね。こういう話になると、親の立場にたってしまって、

 > 女の子の両親は今どんな思いでおられるかと思うと

 > 本当に本当にお気の毒で言葉になりません。



本当に。

我が子がちょっと熱を出して、昏々と眠っているのを観るだけでも胸が苦しいのに。



親は、我が子の苦しみに、のたうちまわって哀しむしかなく、

でも我が子の前では気丈にふるまうしかなく。

替われるものなら替わってあげたいと願いながら、祈りながら、天を呪いながら。

どんなにおつらいことだろう、と思います。



 > 今は白血病は不治の病ではありません。



そそそ! 渡辺謙さんのご活躍は、皆に勇気と元気を与えて下さいます。

頑張って乗り越えて欲しい。

未来を勝ち取って欲しい。 こころから祈ります。

[ 2006/10/14 20:46 ] [ 編集 ]
Re:奇跡を信じたいです。(10/13)
rain27jpさん

父が肝癌で入院した日赤病院で、父の病室のすぐ隣からが小児病棟でした。



その数の余りの多さに、上の少年が生まれたばかりであった私は、くらくらと眩暈がし、

涙が溢れ、父の病室へ行くのが苦痛でした。



 > そんな姿を見ると、生かされている自分たちは、

 > やはり感謝しないといけないなぁ・・・と思います。



今、自分がこうして生きて在ることを当たり前のことと思わず、その恩寵に感謝し、

自分にできることをきちんとし、精進していくこと。

それしかないのだ、と強く思います。。。。

[ 2006/10/14 20:51 ] [ 編集 ]
数十回?
え"~?>りきkkぱぱさん



 > は、はい 大切に致しております。(-_-;)

 > 泣かせたのは1回だけです。

 > ビンタは 数十回あります。



ビンタって、ぱぱさんが奥さまに?

だったら、絶対許さんし。

奥さまがぱぱさんへ、なら、奥さまにそうさせてしまったぱぱさんをやっぱり許さんし。



ご夫婦の形は色々とあるでしょうけれど、事情も色々あるでしょうけれど、

ビンタ数十回、だなんて、やっぱりよくないよ~。



どうぞ、ご自身を奥さまをお大事に。

九州から越前の造り酒屋さんへ、なかなか嫁しては来れないものですよ。

[ 2006/10/14 20:55 ] [ 編集 ]
淡々と。
さきさん1850さん



 > あぁ~、本当にそう言う話、あるのですね。



ありましたですね。。。( ┬_┬)。

急性白血病、という病名がセンセーショナルで、「特別な不運」と思いがちですけれど、

どんな病気も事故も、私たちとは隣り合わせであり、いつ遭遇するのか、誰にも判らない。



実際に遭遇してみて、私たちはいのちの儚さ、大切さ、世の無常を学ばせていただくんでしょうね。



 > 与えられた運命を淡々と過ごして行く他ないのですが、

 > 出来れば世間の平均寿命位まで、過ごせれば良いと思います。



淡々と=あっさりクール のように受け取ってしまい、一瞬うろたえてしまいましたが、

この場合は、「静かに受けとめる」「明鏡止水」のこころもち、といった意味合いでしょうか。

定められた寿命までは、生きて生きて生き抜く努力をしたいです。。。。

[ 2006/10/14 21:09 ] [ 編集 ]
Re:いのち。(10/13)
実はね、りうりうさん…



わしらの共通の知り合いである、ある方の旦那様が白血病なのです。

相談されて、参考になりそうなサイトや、ボランティア団体などをリストアップしたりして送って…

もう半年以上前ですが、その後連絡が途絶えてしまいました。

心配ですが、求められてないのにこちらから「どう?」と聞く訳にもいかず…

快復されていると良いのだけれど…



実家の方でも、母から私・妹と姪と、付き合いの濃い方が白血病で…

これも相談されたので、山ほど資料を集めてお渡ししました。こちらは、とりあえず今はお元気そうなのでやれやれですが。



母がガンセンターの整形外科に入院していた時、空になった骨髄バンクの資料立てが空になっていたのを見て、地元の会から資料を取り寄せて、詰め込んできました。

まぁ、これからもボチボチやりますね、ボランティア…



でもガンセンターって不思議ですね…

みんながガンだから、「自分だけが…」っていう気分に落ち込まなくて済むようなんです。

治療に励むお互いの存在そのものが、言葉に出さなくても励ましになっているようでした。
[ 2006/10/17 18:59 ] [ 編集 ]
Re[1]:いのち。(10/13)
しゅすらんさん

いったいどなたなのか、見当もつきませんが、それはさぞご心配でいらっしゃるでしょうね。



本文にも書きましたが、専門学校の生徒が白血病に倒れ、

その治療、ご家族の大変さ、を垣間見て来ておりますので、

ご本人は勿論、ご家族のご心痛は如何ばかりのことか、と存じます。

毎日毎日が闘いの日々。

少しはゆっくりされる時間がおありなのでしょうか。。。。



しゅすらんさんが頑張って来られたことが、少しでもお役に立てて良かったですね!

吉報が舞い込んで来ること、こころからお祈り申し上げます。



 > でもガンセンターって不思議ですね…

 > みんながガンだから、「自分だけが…」っていう気分に落ち込まなくて済むようなんです。



それはとても大きいようですね。

皆さんが告知を受け、覚悟されておられるだけに、患者さん同士の間にも共に闘う仲間、

という絆が生まれやすいそうです。



施設もとても充実しており、看護されるご家族の宿泊棟もある、とお聞きしました。



温泉に湯治に来られているひと同士の、言の葉がなくても手術痕で通じあう痛み、というのにも

通じる気が致します。

[ 2006/10/19 00:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する