FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

感動しちゃった小学校のHP







名前忘れた~~!!



  昨日、実家で見つけたお花。 (後ろは私の愛車 Fit)
  遠目にアサガオだと思っていたのに、違~ぅ!

  母が教えてくれた名前を見事にごっぽり忘れ、
  深夜に母へメールで聞く訳にも行かず、


  「 アサガオそっくり 」 とか 「 マメ科 」とか、
  最後は 「 夏の草花 」 などでググって、
  ネットサーフィンでなんとか見つけようと悪戦苦闘したが、ダメ。


  でもお蔭で、「 夏の草花 」なキーワードで、
  思いがけなく神戸の『 有野台小学校 』のHPがヒットし、
  その愛情溢れる花々へのキャプションに、しばし、読み入ってしまった。

  花々の説明は、全部、有野台小学校の子どもたちに向けられたもの。
  とてもあたたかで、子どもたちへの問い掛けあり、さりげない(笑)学習点あり。

  お花のページだけで、日頃の先生方の姿が見えてくる。


  活動的で、充実した小学校のHPは、とても増えてきたけれど、
  何故か、部外者(教委)へ向けて自校をアピールするようなものが多いように感じていた。

  でも、この花々のキャプションは、しっかり子どもたちに向けられていた。



  思わず TOPページ にジャンプ。


   最新更新日は、8月15日。

   8月11日に、金管バンドが吹奏楽コンクールに参加、銅賞受賞したこと。
   8月8日、みどりの少年団がハイキング・水遊び・飯ごう炊さんに行ったこと。

   そして、8月19日から床張り替え工事をしていた『 市民図書室 』を開放再開すること。


   金管バンド、みどりの少年団、市民図書室。
   全部、ジャンプしたくなっちゃいました。

   ビオトープもあるんですね。


  有野台小学校のHPページは、子どもたち、保護者たち、先生同士、
  そして、地域の小学校を支えて下さっている方々に向けて発信されていることが、
  とても嬉しい。

  
  『 警報発令時の措置 』については、
  保護者宛に出された文書が、Adobe Flash Player でまんまアップされている。

  わくわくにっこりしつつ隅から隅まで読ませていただき、
  読み終わった後の、この悲しさ。

  どれをとっても、うちの小中学校のHPとの目のくらむような差を感じてしまったから。


      こんな小学校へ少年たちが通えていたら、どんなに楽しかっただろう!!

       どうしてもそんな風に感じてしまいます。



  公立小学校は、誰が つくる もの?

      今はまだ、先生方、保護者、地域の三者が支え合い、つくっていけるはず。

  財源の違い、与えられる予算はどうしようもなくても、
  学校の在り方やら、【 質 】は、皆の努力で変わって行けます。
  変われるハズですよね?

  頑張ってる先生の姿が伝わってくれば、保護者も自然に呼応し、
  支えてくれる手が増えるのではないでしょうか。


      毎日、子どもたちがいきいきと、笑顔いっぱいで楽しく学んで欲しい。
      毎日、新しい発見と学習できる喜びに輝いていて欲しい。

  そのために、先生方は最大限の努力をしていただきたいし、
  そのために、保護者は、学校や先生方の最強の應援団にならなくては!

  
  と改めて。


        そしてそんな熱い渦の中に、「地域のおばちゃん」は埋もれたい。


ペンわー




関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/08/22 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(32)
探しあぐねて・・・
気になりますぅ。

是非ココで同定を!http://www.plantsindex.com/index.htm
[ 2006/08/23 09:29 ] [ 編集 ]
ありがとう。
りうりうさんの日記は、「子ども」以外の雑務にせかされている自分に、何が大切なのかを思いださせてくれます。



熱い「地域のおばちゃん」そうなれるといいんだけど・・・・・

なかなか難しいです。

ガンバろ!!自分

[ 2006/08/23 11:17 ] [ 編集 ]
Re:感動しちゃった小学校のHP(08/22)
公立っ子なら 本来は同じ質の教育をうけてるはずなのに 実際は 各差ってものごっつあるね。

校長サンの指導力?諸先生のやる気?はたまた 保護者の団結力か・・。 三つ巴が足並み揃わないと出来ないんかな・・

妹は甥っ子の小学校入学にあたって ホンキで地域の公立にいれるの嫌がってたけど 結局私学進学などかなわず 今も悪戦苦闘しとるです。

あたしゃ御役ゴメンのつもりだったのに 我が子のときより 色々やらされてたりする・・

[ 2006/08/23 15:48 ] [ 編集 ]
で・・
朝顔モドキは判明したのでつか?

[ 2006/08/23 15:49 ] [ 編集 ]
Re:探しあぐねて・・・(08/22)
わ~ぉ!>あそびすとさん

綺麗な写真がたくさんあるHPを教えて下さってありがと!!

毎日、壁紙が変わる、という写真、素晴らしいですよね!

で、こちらでも見つかりませんでしたので、白旗掲げて母へメールしました。



【クリトリア】で す た。

「クリトリア」で検索しても、325件しかヒットしません。 まだまだ珍しい花なんですね。

和名を「チョウマメ(蝶豆)」というだけあって、薔薇のような八重が多く、驚きました。

母のクリトリアのような濃紫のは載ってませんでした。



朝顔と一緒に咲いてるので、真似っこしてるのかな?(笑)

東南アジアで30種位しかないそうで、最近は白や橙色のものが出始めたそうです~~~。

[ 2006/08/23 16:13 ] [ 編集 ]
Re:ありがとう。(08/22)
照れ照れ>rain27jpさん



 > 「子ども」以外の雑務にせかされている自分に、何が大切なのかを思いださせてくれます。



あ"~~???

そ、それは、rain27jpさんの読みが深い、というか、

私の想い以上のものをお持ちだから、、、では?(汗)



 > 熱い「地域のおばちゃん」そうなれるといいんだけど・・・・・



ぅん。。。。だよね?

なのに、私は「地域のおばちゃん」になれそうもなくて、

11日に事件を耳にして以来、めちゃくちゃヘコんでる毎日です( ┬_┬)。

[ 2006/08/23 16:17 ] [ 編集 ]
公立小の格差
そそそ>だぁる.ちゃん



各小学校の【違い】が、地域の特色を活かした【個性】ならば、

それはとても好ましく、歓迎されるべきものだけれど、

何かしら、【お金がない】【教員が足りない】ことを言い訳にした、

【手抜き】学校が多い、と感じます。

 ↑【総合学習】やら【企業研究】【社会見学】の中身を比較したら、一発ですぜ。



学校HPにしても「教委がつくれって言ったから、とりあえず」なところの多いこと。



今日の日記で、小学校のHPをベタ褒めしましたが、

それは、どの小中学校も、それぞれにどんなに充実したHPをつくりたくとも

先生方にそんな時間のゆとりがなかなかないことを重々承知のうえ、なのです。



少なくとも、この小学校は、これだけのHPを設置しており、たくさんの活動をし、

そして、それらの活動報告も間髪入れず更新してる。

それだけの人員確保、先生方の時間確保の努力をしている、と。



 > あたしゃ御役ゴメンのつもりだったのに 我が子のときより 色々やらされてたりする・・



我が子ぢゃない分、客観視でき、問題がしっかり観える、って思いますですよ。

伯母の底力、地域のおばちゃんパワーで、ふぁいとですぅぅ^^*☆

[ 2006/08/23 16:28 ] [ 編集 ]
Re:で・・(08/22)
【クリトリア】だったなりよ^^*☆>だぁる.ちゃん



薔薇もどきや、蝶々もどきもあったなり☆☆

[ 2006/08/23 16:30 ] [ 編集 ]
Re:感動しちゃった小学校のHP(08/22)
 一つのリーダーシップと言えるのではないでしょうか。こうあるべきを形にしたもの。うちの会社のHPも、一日も早くそう言うものにしたいと目論んでいます。ただ、それが商業ベースを賄うかどうかは、極めて疑問ですが。でも、それが分かっていても、親子って何?子供を育てるってどういうこと?と言うこと考えるきっかけになるようなサイトにしたい私なのです。
[ 2006/08/23 20:32 ] [ 編集 ]
Re:感動しちゃった小学校のHP(08/22)
こままおばちゃんも、埋もれたいですぅーーー!

[ 2006/08/24 19:22 ] [ 編集 ]
Re:感動しちゃった小学校のHP(08/22)
なげキッチュの6連ちゃん してきました。

mi-ponさんの 誕生プレゼント。

お顔が 真っ赤になりました。純朴りきちゃん ウフ
[ 2006/08/24 20:13 ] [ 編集 ]
かこイイHPより。
さきさん1850さん



さきさんちのHPだったら、

やっぱりやっぱりお客さまに「木のぬくもり」、伝えたいですよね。

さきさんちのこだわり、どうしても譲れないもの。

心意気、できれば、お使い下さるときの心得(長く愛してお使いいただくために)。



 > 親子って何?子供を育てるってどういうこと?

 > と言うこと考えるきっかけになるようなサイトにしたい私なのです。



お客さまとのやりとりで、自然にそれが展開していけるサイトになれると素敵ですね。

「商品」=「こころ込めた作品」をつくるに当たっての想いと努力を

「子育て」(=親育て)の視点に結び付けていけば、自然とイイ感じのHPになれそうですよ~~!



楽しみですね^^*☆

[ 2006/08/25 01:05 ] [ 編集 ]
熱い渦に。
こままさんも、ご一緒にうずもれちゃぅ??



、、、、こころ勁いなか~ま( ゚∀゚)人(゚∀゚ )!



自分にできうる何らかの形で、縁の下のそのまた下の力持ち。

礎の一端になれたら嬉しいですよね。



全ての子どもたちに、笑顔で在って欲しい。

いきいきと、楽しく学んで欲しい。

毎日、新しい発見と学習できる喜びに輝いていて欲しい。

子どもたちの弾む声が飛び交う地域で在りたーぃ。

[ 2006/08/25 01:39 ] [ 編集 ]
、、、、、、。
誰が【 純朴 】だって? > りきkkぱぱさん



在り得ませーーーーん(-"-)。

んでも、お知らせ下さって有難う☆☆

[ 2006/08/25 01:42 ] [ 編集 ]
幼稚園も・・・・・
公立幼稚園も地域によって

格差がずいぶんあります。

うちの場合は低予算のなか先生方、PTAの

涙ぐましいまでの工夫をしています。

貧乏くさいかもしれませんが

私はとても温かみを感じています。

これこそアットホーム!



でも、今、条例改正案が通過しようと

している崖っぷちのわが幼稚園、

行政の勝手で消さないでくれと

声をからせて言いたい。

納得のいく廃園ではないから。

[ 2006/09/06 07:39 ] [ 編集 ]
結局は。
みたらしだんごさん、「ひと」。

「先生」方のご姿勢だと思うのです。



あたたかな「教育」になるかどうかは、ひとりひとりの「先生」方で決まる、と。



どんなに最新設備やツールがあっても、

それをこころ込めて使いこなす「ひと」がなければ生きて来ない。

んでも、どんなに素晴らしい先生がいらしても、その「先生」を支える学校の姿勢、在り方、

システム、保護者たち、そして地域のサポートがなければ、

なにもかもが「先生」に覆い被さって「先生」が潰れて行く。

んだから、予算、お金の問題は大きいのだ、と思っています。

まずは、先生を潰さないために、お金が要るのだ、と。



んで、それよりも何よりも、行政の都合で器そのものが潰されてしまうと、

格差どころの話ではなくなりますね。



うちの県には、公立幼稚園が殆どないので、まだぴんと来ないのですが、

その公立幼稚園を愛し、入園を希望するひとたちが在る限り、

自治体は、存続に向けての努力をまずすべきだと思います。

「官から民へ」のキャッチフレーズは、どう考えても手間ひまと、こころが必要とされる業務を、

「不経済」だと切り捨てて行きたいがためのフレーズでしかないようですね。

この地でも、広い町内に複数箇所あった保育園が、有無を言わさず1つに統廃合されてしまい、

統合元となった保育園は、施設はそのままに大人数になってしまうし、

廃園されてしまったところの働くおかあさんたちは、

遠方になってしまった保育園への登下園に大変困っておられます。



 > 声をからせて言いたい。



ひとりでも多くの方々に、皆さんのお気持ちが伝わり、考えていただけますよう。

上からの強制執行を少しでも阻止できるような何かが、少しでも生まれますよう。

[ 2006/09/06 09:25 ] [ 編集 ]
思い
PTA活動、育児、家事、そして廃園撤回の

運動。

気を張り詰めている毎日。



特に役員となればどんなに手抜きをといっても

重圧がかかるようなきがします。

連続の方の場合はなおさら。



役員間の人間関係も影響がかなりありますね。

派閥なんて政治の世界くらいかと

のんきにかまえていた自分が悲しい。



よくわからない文面ですね。



まだまだ先は長いのに

いまから押しつぶされては

いけませんね。
[ 2006/09/08 07:40 ] [ 編集 ]
Re:思い(08/22)
ぃえ>みたらしだんごさん

判る気がします。 お辛いことでいらっしゃいますね。



 > 役員間の人間関係も影響がかなりありますね。

 > 派閥なんて政治の世界くらいかと

 > のんきにかまえていた自分が悲しい。



ことに「廃園撤回運動」についてですが、

ただただ子どもたちを想い、一生懸命やっているのに、思うように事態が動かない日々が続くと、

皆がどうしても疲弊し、ギスギスし、些細なことで内部が揺らぎがちです。



時折私は、行政側がそれを見越して、のらりくらり戦法を取っている、と感じます。

窓口はつくる、一応話はきく、しかし何らかの言質は決して取らせない。

そして、膠着状態 → 運動団体側、住民側の内部崩壊をひたすら待っている。



その手には乗らない、と思いつつも、何も動かない・変わらない状況や、

圧倒的な『無関心層』のお気楽な毎日(に見える)をことある毎に見せ付けられ、

疎外感と乾いた絶望感が押し寄せてきます。



んでもどうぞ。 どうぞ負けないで下さい。

「運動」は、どれだけ長く頑張れるか、どれだけ1人でも多くのひとに共感いただけるか、

に掛かっている、と私は思っています。



役員間の派閥は、できれば巻き込まれないよう、上手に泳いでご自身をお守り下さい。

常にご自身の目と耳とこころを信じて、ご自身を含めて公平であろう、と努力されることが、

結局はご自身を守り、遂行しようとするものの目的、意義が歪められなくて済む、と感じます。



こちらでよろしければ、いつでも何でもお話下さいね。

ふぁいとですぅぅ>みたらしだんごさん

[ 2006/09/08 08:24 ] [ 編集 ]
間違っていないと信じて
りうりうさん

暖かいコメントありがとうございます。



>時折私は、行政側がそれを見越して、のらりくらり戦法を取っている、と感じます。

>窓口はつくる、一応話はきく、しかし何らかの言質は決して取らせない。

>そして、膠着状態 → 運動団体側、住民側の内部崩壊をひたすら待っている。



>その手には乗らない、と思いつつも、何も動かない・変わらない状況や、

>圧倒的な『無関心層』のお気楽な毎日(に見える)をことある毎に見せ付けられ、

>疎外感と乾いた絶望感が押し寄せてきます。



まさしく、今の自分の状態そのものです。

自分、大丈夫なのか?

と問いかけてしまいます。

間違っていない、負けてはいけないと

お尻をたたいて前をむいて

頑張らねばと思う反面、

泣き出したくなる自分もいるわけで・・・・・。



>常にご自身の目と耳とこころを信じて、ご自身を含めて公平であろう、と努力されることが、

>結局はご自身を守り、遂行しようとするものの目的、意義が歪められなくて済む、と感じます。



若輩者ゆえ、まだまだ努力が足りないかなと

痛感しています。

PTA活動をおろそかにしたくはないし、

この運動も大事ですし。

これも乗り越えられたら自信になるのでしょうか?

しかし、少なくとも1人きりでおこなっているわけではなく、署名をしてくださった皆さんが味方

なのだと自信を持ちたいと思います。



[ 2006/09/08 10:55 ] [ 編集 ]
Re:間違っていないと信じて(08/22)
いつも悩み、自己検証していくことこそ>みたらしだんごさん

集団で「運動」を展開中に陥りがちな「独善・排他」を防止する、

唯一の手段なのだ、と私は思っています。



 > 間違っていない、負けてはいけないと

 > お尻をたたいて前をむいて

 > 頑張らねばと思う反面、

 > 泣き出したくなる自分もいるわけで・・・・・。



よくよく判ります。

辛いですよね。 んでも本来は、園の子どもたち、先生方の笑顔を守るため、

そしてアットホームな温かい園へお子たちを安心してお任せできてきた、

保護者の笑顔を守るための闘いです。

怒りは、ただただ行政に向け、皆さんは笑顔で裾野を広げていって下さい。



辛くて、何のためだか判らなくなって来られたりしたら、

いつも原点に。 最初のお気持ちを思い出され、皆さんと笑顔を取り戻されますように。

熱いお気持ちを取り戻されますように。

常に、最初に戻れば、進むべき道、選ぶべき手段が、きっと観えて来られると思います。





 > これも乗り越えられたら自信になるのでしょうか?



ぐ。

私は、、、。 私の場合は、どれもこれも。

いつも振り返ってはヘコみ、自己検証してはヘコみ、悔いばかり残して辛い、です。

んでも、「観て見ぬフリはしなかった」。

「当時の自分のでき得る限りのことをし、最大限の努力をした」。

まるっきり自己満足ですが、そう思うことでなんとか自分の胸をさすりさすり、歩いています。



その折に、繋ぎ合った皆さんの手の温もりは忘れないし、素晴らしき仲間も出来、

私自身の財産には、きっとなっている、と。

同様な立場に立たされた方々の苦しみに、敏感で在れるようになった、と思うし、

辛いとき、「あの日々よりはまし、まだまだ頑張れる」と思えるし。。。。



自信、ではありませんけれど、自分が自分で在れる支え、にはなってくれてると。

(そう信じたい、です( ┬_┬))

[ 2006/09/08 11:55 ] [ 編集 ]
沈没
りうりうさん



9月の条例改正案がまだなのに

園児募集が停止してしまいました。



教育委員会での議決で手続きが

完了と。



でも確か請願審議の場で

条例改正をしないと完了ではないと・・・・・。

傍聴で・・・・・。



市政は教育委員会は平気で市民の思いを

踏みにじりますね



くつがえす難しさは覚悟して頑張ってきましたが

ここまでやるのですね。



・・・・・・・上手く表現できません。



なんともいえない思いが

駆け巡っています。

[ 2006/09/13 16:42 ] [ 編集 ]
Re:沈没(08/22)
う"~。。。>みたらしだんごさん



> 9月の条例改正案がまだなのに

> 園児募集が停止してしまいました。

> 教育委員会での議決で手続きが完了と。



それはいかんでしょ~~~!!(怒)

いよいよ実力行使に出てきましたね。



条例改正審議前に、園児募集しちゃうと実質、改正できませんものね。

改正しても、再来年度からになってしまう。

これは、条例改正が前提の園児募集停止ですね?



 「 請願審議の傍聴時に、条例改正をしないと完了ではないと聞いているが、

   園児募集を停止してしまったのは何故ですか?

   当時のお約束と異なっています、納得できません 」



で押していくしかないんでしょうね。



 > 市政は教育委員会は平気で市民の思いを踏みにじりますね



市政も教委も、残念ながら「少数」の想いには、なかなか応えてくれません。

「少数」を少しでも多く、声をできるだけ大きく。

市の世論が味方についてくれると大きいのですが、

地元新聞社やリビング新聞、テレビ局などは全然ダメでしょうか?

お弁当の取材があったと拝読しましたけれど。



う"~。。。。どうぞ、諦めないで、輪を広げましょう。

市政や教委の仕打ちも、上手に利用しましょう。

違う公立幼稚園に籍を置くひとたちにも危機感を持っていただきましょう。

こんな想いをする幼稚園が、みたらしだんごさんちの幼稚園だけで終わるように。

[ 2006/09/14 03:09 ] [ 編集 ]
凹んでいます
りうりう*さん



マスコミに対しては不信感があり,

というのは,地元紙が昨年1面に

「併設幼稚園がきえる?」

という記事を出したのです。しかも園児募集時に。

教育委員会は知らなかったと言いますが

意図的にと思えてならないのです。

もちろん、効果の高さは認めますが・・・・・

偏った報道にならなければですが



条例改正もなんと園をとじる20年の2月議会

で行うそうです。



昨日の今日なので頭が冷静になれません。

でも頑張らないと・・・・・・。
[ 2006/09/14 07:20 ] [ 編集 ]
Re:凹んでいます(08/22)
条例改正は20年の2月議会ですと?>みたらしだんごさん

それって、それって、、、、ぅむむむー。

実質、もう、議会で取り上げられることはないってことになります。

本当に教委内の議決で決まってしまった、ということに。。。。



新規園児募集を廃止し、現在在園している園児が卒園して廃園、ということなのですね。

「来春廃園、在園児は転園」という強行手段を取らないだけマシと思え、ということでしょうか。

むしろ、そうならかったのが、皆さんの運動の成果、ということになるのでしょうか。



厳しいですね。

耳を傾けて下さってた議員さんをはじめ、

皆さんで投書やメールを出し、なんとかマスコミを味方につけるご努力が必要かも知れませんです。

[ 2006/09/15 03:21 ] [ 編集 ]
ひどい話です
りうりう*さん



>それって、それって、、、、ぅむむむー。

>実質、もう、議会で取り上げられることはないってことになります。

>本当に教委内の議決で決まってしまった、ということに。。。。



はい。



問い合わせてみたら、どのくらい前なのか

わかりませんが同じように名古屋市で

廃園になった園の手続きが一緒で

今回が特例では無いという教育委員会の

見事な開き直りです。

議会報告は事後報告というのが

許されてきてしまった・・・・・

私もこのような事にならなければ

知らなかったです。

なかなか関心をもてといってもピンとこないかも

しれませんが、無関心は怖いなと感じています。



最善をつくしたいと思います。



[ 2006/09/15 12:26 ] [ 編集 ]
Re:ひどい話です(08/22)
みたらしだんごさん

既に「前例」がありましたか。。。。

教委が強気であったハズですね。



開き直り、というより、教委はハナから、それで終わらせる予定だった、ということでしょう。

で、次からはみたらしだんごさんたちが、大きな前例になる。



今後、少しでも園児数が減少する動きを見せれば、

どの市立幼稚園も、廃園されていく危険、可能性がとても高くなる、ということですよね。



、、、、。

厳しいですが、声をあげる、あげ続ける、それしかきっとない、です。

ふぁいとです。

[ 2006/09/16 00:00 ] [ 編集 ]
そうですか・・・・・。
りうりう*さん



厳しいですか・・・・・・。



方針説明時、どうせ無駄だと署名活動が危ぶまれた

時、私は黙っていようと声をあげようとすき放題に

解釈されると考え、駄目もとでとたちあがりました。

子供達も、ただならぬ雰囲気を感じ取っています。

卒園生のお子さんが、「自分の幼稚園なくなるのか。」となんともいえない表情でつぶやいていたと。

うちの子供も、帰り道などでママ友に廃園の話題を

だされると早く帰れといわんばかりにぐずります。



大人は妥協ですむかもしれませんが子供の心には

一生消えない傷がつくことになります。



運動の後悔はしていません。

なんてことするんだという声も耳にしました。

息をひそめ、くびを切られるのをまてといわんばかり。

あきらめて生贄になれと。



ほんの少しでも「やめてくれ」という声をのこして

おきたい。今後のためにも。

[ 2006/09/16 06:46 ] [ 編集 ]
Re:そうですか・・・・・。(08/22)
ごめんね>みたらしだんごさん

「きっと大丈夫」なんて言の葉はとても紡げません。

限りなく厳しい状況だと思います。



小学校でさえ、中学校でさえ、全国でバンバン廃校にされていってるのですから。



んでも、いつもいつも。

どうせ無駄だ、ダメだ、と諦めさせられてきた私たちだから、行政側からナメられて来たのです。



みたらしだんごさんたちが、立ち上がられたこと。

6000もの署名が集まったこと。

決して無駄ではありません。



これからもどんどんと輪を広げられ、たくさんの方々にひとごとではないのだ、と

危機感を持っていただくこと。

黙ったままではいないこと。

そのことで、



「 あんまりナメたことはできんなぁ 」

「 ほんとに子どもたちに少しでも良い形にしていかねば、いつかとんでもないことになる 」



そんな風に、行政やら教委→文科省に思わせていくことができるんだと思います。



 > ほんの少しでも「やめてくれ」という声をのこしておきたい。 今後のためにも。



そう、今後のためにも。

ここで負けた、としても、次は負けない。

闘った姿を、少しでも子どもたちに見ておいて貰う。

一緒に闘ったひとたちの絆を、明日に生かす。



いろんなことを、少しでも勝ち取って行きましょう。

ふぁいとです!

[ 2006/09/16 21:10 ] [ 編集 ]
ふさわしい教育
りうりう*さん



来年4月からの1クラス保育に

ついて子供達に寂しい思いをさせないために

要望書を作成しています。

もちろん、廃園問題も訴えは継続しています。



本来ならば子供がいるはずの教室がもぬけのから

になるのを想像するだけでなんともいいがたい

思いです。



方針説明でも明確な答えを出さなかった

彼らがどう反応するのか。

予算も、人員も削り削り消えていけと

いう答えがでようものなら

「さらにふさわしくない教育」を

率先しておやりになるのかと

猛ダッシュで蹴りをいれなくては(乱暴でした)



大人は越えていける。

でもこどもたちはストレートに影響があると

思うので、これでもかと要求を出して答えを

聞きたいと思います。





[ 2006/09/22 12:23 ] [ 編集 ]
Re:ふさわしい教育(08/22)
ぬぅ。>みたらしだんごさん



来春から1クラス保育になる、ということは、年中、年長と1クラスずつでいらした?

公立幼稚園というのは、何処もそういった規模なのでしょうか?



もし、みたらしだんごさんちだけ、とするならば、

行政側は、当然のように、廃園を強行してしまうだろう、と感じます。

それこそ、現在の在園児を卒園するのを待つだけでも「温情」なのだ、と。



働く女性たちを支える、という保育園とは違う「幼稚園」であることもひとつネックでしょう。

年中さん、年長さん各1クラス、という規模では、先生方の人件費もままならず、

施設維持等、市から補助が出される訳ですが、そのお金は市民の【税金】。

行政側から観れば、「ひとにぎりの」お子たちへ多大な補助をすることになります。

また、私立へ通園させている保護者たちから観れば、

(自分たちが好きで私立へ通わせているのですが)、

「ひとにぎりの」お子たちへ、自分たちの税金が遣われ、便宜をはかって貰ってる、という

理屈も成り立ちます。



1クラス、というのは、途轍もなく厳しいですね。

昔はもっと大規模だったのでしょうか。

園の設立当初から少ないクラス数で出発したのならば、設立理念等々からも、

「子どもたちに淋しい想いをさせて良いのか」と攻めていけますが、ふみみみ、、、。



ともあれ、数ある幼稚園のなかから様々な理由で、既に在るところの公立幼稚園を選択し、

あたたかな先生方に恵まれ、充実した園生活を過ごして来られたものを、

行政の都合で奪われてしまう訳ですから、

その理不尽さを訴え、ひとりでも多くの方々の共感を勝ち取って行きたいですね。



 > 「さらにふさわしくない教育」を

 > 率先しておやりになるのかと



これは、ヤりすぎると、「だったら即座に閉園しよう」ということになりそうで、

ちょっと怖いです。
[ 2006/09/24 02:36 ] [ 編集 ]
黙ってはいどうぞとはいえなかった
りうりう*さん



>来春から1クラス保育になる、ということは、年中、年長と1クラスずつでいらした?

>公立幼稚園というのは、何処もそういった規模なのでしょうか?



いえ、何年かまえは2年保育でしたがクラス数は多かったようです。

2年保育の幼稚園と3年保育の幼稚園とあり、

この地域では3年が主流になっていて

それもハンデになっていました。



>それこそ、現在の在園児を卒園するのを待つだけでも「温情」なのだ、と。



もっと残酷なコメントは彼らから聞いています。



>「ひとにぎりの」お子たちへ、自分たちの税金が遣われ、便宜をはかって貰ってる、という

>理屈も成り立ちます。



それは否定しません。でも便宜というわりには

ずいぶん質素倹約状態で運営されています。

大規模の幼稚園、大手企業のある幼稚園では

同じ公立でも潤っているようですけど。



>これは、ヤりすぎると、「だったら即座に閉園しよう」ということになりそうで、

>ちょっと怖いです。

- - - - -

それでも、黙ってどうぞ廃園してください。

とは私はできなかった。子供に何もしないで

あきらめたなどと、どうしていえるでしょう。



たとえ負け試合になろうとも

なんとか考え直してほしい。

閉めないでほしい。という思いをつたえるのは

間違ってはいないと思っています。



要望は出さないと、本当に何もしないで

悲惨な幕切れをむかえるおそれがあるので

子供達のためにも動きます。
[ 2006/09/24 21:23 ] [ 編集 ]
Re:黙ってはいどうぞとはいえなかった(08/22)
みたらしだんごさん



> それでも、黙ってどうぞ廃園してください。

> とは私はできなかった。子供に何もしないで

> あきらめたなどと、どうしていえるでしょう。



> たとえ負け試合になろうとも

> なんとか考え直してほしい。

> 閉めないでほしい。という思いをつたえるのは

> 間違ってはいないと思っています。



よくよく、判ります。

私も、学生時代から、何度も何度も。

最初から負け試合と判っているものに身を投じて来ましたから、

みたらしだんごさんのお気持ちには、胃がつれるような想いです。 胸がとても痛いです。



私が勝利したのは、必ず、圧倒的多数の方々の想いをひとつにできたとき、でした。



だからこそ、そのみたらしだんごさん始め、皆さんの想いが

少しでも周りの方々に伝わりますよう、こころからお祈り申し上げます。



そのためには、戦術もまた、必要です。

周りの方々がヒいてしまわれるようでは、ますます困難になります。



行政側も【悪もの】にはなりたくないので、

ただただ、皆さんの内部分裂、運動分解を待っています。

どうぞ負けないで下さい。

どれだけ長く頑張れるか、どれだけ1人でも多くのひとに共感いただけるか、で決まります。

ふぁいとです。

[ 2006/09/24 21:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する