FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

朝の旗振り当番(挨拶運動)考



爽やかな朝。 再生の朝。

苦しかったことも、哀しかったことも、
日の出と共に、とりあえずはリセットされたような気分がし、
涼やかな空気のなかで、
新たな一日を、また、元気で迎えられたことに感謝したくなる朝。

今日は何が起こるかな? 良いこと待ってるといいな。。。

いいかげん、歳を食って、そんなに毎日がいつも輝いてくれはしないことを
識りつくしたような私たちでも、爽やかな朝はなんだか嬉しい。

まして思春期の子どもたち。
成長途中のガラスのような感性は、ちょっとしたことで弾み、またヘコむ。

子どもたちひとりひとりの足取りを見てあげて下さい。
弾む足取り。
学校でイヤなことが待っているのか、沈んだ足取り。 様々です。


そこで、おばさんたち、おじさんたちが、
明るい顔で、大きな声で、はっきり
「 お は よ う ! 」
「 気をつけてね! 」
にっこりと笑顔で声をかけられたら、
どんなに心が軽やかに浮き立ってくることでしょう。

恥ずかしいお年頃で、迷惑そうに顔を背けたとしても、
おばさんやおじさんの明るい声は、心に残ります。

少しでも、
 「 よし、今日も頑張ろう! 」なんて思って貰えたら、とっても素敵。



おばさんやおじさんだって、最初は恥ずかしいですよ。
でも、場数を踏めば、慣れて来るもんです。
子どもたちだって慣れてくるんですよ。

恥ずかしそうに顔を伏せる子。
迷惑そうにそっぽを向く子。

「 挨拶もできんのか! 」って、朝から不快になる前に、
私たち自身はどうなのか。 我が子はどうなのか。
ちょっと振り返ってみませんか?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --


PTAの朝の旗振り当番(挨拶運動、声掛け運動)のは、
小学校か中学校か。 街中なのか、山道なのか田んぼ道なのか。
学校を取り巻く環境や状況によって、さまざまな意味合いを持たされています。

防犯が第一義の学校もあれば、
狭い高架下で事故のよく起こりやすいところでの交通整理、
地域の方々にも協力いただいて「地域で子どもたちを育てることの第一歩」と
されているところもあるでしょう。

防犯で成果をあげられている学校PTAは、
不審者の横行防止もさることながら、
保護者が積極的に当番に参加した年は、
明らかに町内の万引、喫煙、飲酒件数が減るそうです。

子どもたちが誘惑にかられたとき、
たまたま見知ったおじさん、おばさんに出くわすとブレーキがかかるようですね。


PTAによって、持たされる意味合いが様々在れど、
一番大事なのは、当番に立つ私たちが、
その意義、意味を理解し、納得して、楽しんでヤっているか、
ではないかなぁ、、、と、最近、特に感じられてなりません。


挨拶なんぞ、家庭内の躾の基礎の基礎。
ホントは、「挨拶運動」なんて、無くて済むならそれが一番いいのです。

それなのに、どうしてあるのか?

…情けないことながら、皆ができていないから。


「運動」にしなくてはならなかった、そのことをまず恥じて、
反省込めて、保護者である私たちが
基礎に戻って、街頭で、声を出してみる――

これは意味のないことですか? 意義は全くありませんか?


  仕事があります。 ちっちゃな子が居ます。
  介護があるんです。 夜勤明けです。。。。。

皆さんの声が一斉に聞こえてきます。
みんな、みんな、辛いです。 悲しいほど忙しいです。

だから。
みんな挨拶ができなくなったのかも知れません。
自分のことで忙しいから。 辛いから。 いっぱいいっぱいだから。



でも、当番は、毎日、毎朝、ではないのです。
年に数回。 15分から長くても30分。
ちょっとだけ、街の子どもたちに私たちの貴重な時間を分けてあげて下さい。

子どもたちひとりひとりの服装、身だしなみ。
一部の隙もなく、ピシっとキメてる子。
制限ギリギリのなかで、頑張って自己主張してる子どもたち。
シャツ出ししてたのに、こちらに気がついて慌ててシャツを直す子。

ひとりひとり、可愛いです。

ひたすら我が子に当ててきた目線が、ちょっと広がる自分がわかります。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --



昨日の新理事会で、全理事さんが正副部長選出のため各事業部に分かれた後、
私は、文化部を中心に、各事業部を回った。

うちの中学の生活部には、以下のような事業を受け持ち、運営している。

1) 文化祭のなかの全学年がクラス単位で参加する合唱コンクールに、
   PTA合唱団を組織し、練習し、参加する。(生活部+執行部+希望者)

2) 夏休みの夜間パトロール(生活部+執行部+おやじの会)
   夏休み中、土曜夜や町内のふれあい祭りなどの夜間、各地区をパトロールする。

3) 毎月10日、20日、30日の登校時間中、指定場所で旗振り当番を行う。
   (全保護者に役割分担し、当番表を作成、配布する。ほぼ全員が年に2回)

4) 毎月第○△曜日、中学校正門前にて挨拶運動を行う。
  (生活部+執行部…生活部は当番制、執行部は全員)

ここで例年、揉めるのが3)と4)であるが、
主な意見は、

 ● 当番に出てこないひとが居る。
 ● 当番で立つ場所に納得が行かない。

といったもので、

 ▼ 当番に立つ意味・意義がないのではないか。

という、旗振り当番、挨拶運動の根幹を揺るがすような意見は公に出されたことがない。
但し、蔭で、いつも小耳に挟むのは、
「たいぎい」「やりたくない」「忙しい」「全然意味がない」「1度もしたことない」
「小さな子を預けてまで当番に行ったのに、当番の相手は来なかった。2度としない」
「いつも小雪舞う真冬に順番が回ってくる。 少し配慮して欲しい」
「真夏の朝は、勘弁して欲しい」
といったような、超ド本音ばかり。

これをどうして、ちゃんと声に出して言ってくれないのかな、と思う。

不本意で、不満たらたらのお顔で、如何にも面倒そうに
横断歩道で黄色い旗を振られて、子どもたちが喜ぶとお思いですか?

子どもたちから「おはようごさいます」と声をかけられ、
慌てて作り笑いをして、申し訳程度に会釈を返したところで、
そこから子どもたちが、何かを学ぶ、と思われますか?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --


「 全く意義を認めないから、私はしない 」

だったら、それを言うべきです。
当番を押し付けてくるPTAに、きちんと「NO」を言うべきです。
きちんと納得のいくまで、役員さんから説明を受けましょう。
どうしても納得できなければ、もっと公に声をあげていきましょう。
皆で、意義を見なおし、本当に必要かどうか検討する良い機会です。
来年、ご自分が役員さんになられ、廃止に向けて動かれるのも良いことだと思います。

でも、黙ってそうするのは、とてもズルくないですか?
保護者たちのそんな姿に、子どもたちは何を学ぶのですか?


「 早番なので、仕事を休まねば当番できません 」

だったら遅番のときにできるよう、誰かと替わって貰いましょう。
毎日が早番なら、役員さんに事情を話し、
交代してもらえるひとを自分で探しましょう。
できれば、自分が「これならできるよ!」ということを探し、
どうか、役員さんに伝えてあげて下さい。
「これならできるよ!」……それが1年後でも2年後でも構いません。
黙って背を向けてしまわれることが、役員さんには1番辛いのです。




どうぞ、できれば楽しんで、街角に立ってみて下さい。

子どもたちがどんな表情で登校しているか。
我が子は、どんな子どもたちと学校生活を送っているのか。
とても近しく、具体的にイメージが湧いてきます。



今日一日が楽しい一日でありますように。

ひとりひとりにそんな願いを込めながら、
笑顔で「 おはよう 」といえる、私たちで在りたい、と思います。

私だって、普段、そんなトンでもないことはとてもできません。

旗振り当番の日だから、できること。
滅多にないチャンスは、どうせだったら、目いっぱい楽しみませんか?

そのうちきっと。
街角に立たなくたって、朝に夕に、子どもたちとすれ違うとき。

知らない子どもたちでも、いとおしくて。
笑顔で、自然に声をかけているご自分に気付かれるハズだ と 確信してるです。



関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : PTA 挨拶運動 挨拶運動の意義 旗振り当番 あいさつ運動

[ 2005/04/29 10:03 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(20)
Re:朝の旗振り当番(挨拶運動)考(04/29)
おはようございます!



旗振り当番というのは、今や子を持つ親にとっては当然の仕事のようですね。自分が子どもの時には、”緑のおじさん”と呼ばれる方が、一番通行量の多いところに立っておられた記憶があります。まだ先生方も公共機関を使って通勤しておられ、親が幼稚園や学校に来るまで送ったりすることはほとんどない時代でした。



私たちのところは、学校が子ども会に委託して、子ども会から各家庭に旗を回しています。それが、近年子ども会に入らない方も多く、子ども会幹部の悩みの種になっています。「どうして、こども会に入ってないのに、旗振りをするの?」とか出来ない理由をあれこれ言われるそうです。



旗当番は年に数回ですが、PTA有志で門に立って挨拶運動をしています。週1回の活動ですが、いろんな子どもの表情が見れて楽しいです。始めた頃はなかなか声が出なかった子どもたちも、徐々に挨拶が出来るようになりました。そうしているうちに、先生方も「自分たちも交代で立ちます。」と申し出てくださいました。子どもたちも先生の顔を見ると、もっと元気になるみたいですね。
[ 2005/04/29 10:49 ] [ 編集 ]
当番は無視?
りうりう**さんこんにちは。

ウチの学校も、何かしらの当番を全世帯に振り分けてますが、やっぱりちゃんと来られる方は決まった人のみ。朝の旗持ちも2人でするのですが、どちらも来られない(連絡さえ無い)ので、本部役員が朝から呼ばれて立つ事もシバシバ・・・。正直当日の朝いきなり電話で言われても私にも準備の時間や予定もあるのよ!と言いたいけど、慌てて子どもに「お母さん先に出るよ!」と言って家を出るの繰り返し><。当番さんが2人ともいないから呼ばれてるので、当然一人で旗持ち・・・さびしいですよ(涙)

それに押しボタン信号で、子供達が待ってるのに、その横から自転車で信号無視していく、お子さんを乗せた保育園ママ・・・大人が守らなくて子どもにどんな風に教えるのかな?

いつも立つと憂鬱になってしまうけど、子供達には元気に「おはよう!行ってらっしゃい♪」を言い続けたいと思います。



[ 2005/04/29 11:03 ] [ 編集 ]
Re:朝の旗振り当番(挨拶運動)考(04/29)
ほんと・・あいさつって大切です。

あいさつがキチンとできる子は、どこへ行ってもやっていけます。

それだけは息子にも口をすっぱくして言ってきました。

あほでもいいから、大きな声であいさつ!

これがうちの基本方針です。



私が小学生のころ、信号機のない横断歩道に緑のおばちゃんがいました。

横断するのに止まってくれた車には必ず「ありがとーーう!」と大声で叫んでいたっけ。

高校生でバイトをした時も、大人になってお店に立った時も、

あの頃の挨拶の習慣が身にしみついていることを感じました。

緑のおばちゃんの大きな声につられての挨拶・・。

大人がしているように、子どもはします。
[ 2005/04/29 11:16 ] [ 編集 ]
旗振り当番、ないです。
りうりうさんのご意見、ごもっともです。

>保護者が積極的に当番に参加した年は、

>明らかに町内の万引、喫煙、飲酒件数が減るそうです。



こういう感想は、やってみないとでてきません。

また、すぐに効果のあることでもありません。

今は、人の気持が第一で、あまり押し付けることもできません。

うちの家のことだから、ほっといてとも言われます。



ボウズの行っている中学校では、夏休みの夜間パトロールもないみたい。

みんな、深夜徘徊という言葉、しっているのかなぁ?

書ききれないけど、いろいろ考えさせられた、りうりうさんの日記ですね。
[ 2005/04/29 11:21 ] [ 編集 ]
みどりのおばさん
♪がらがらどんさん、こんにちは!

私が子どもの頃は「みどりのおばさん」でした。懐かし~い。



うちの中学校はJRの駅のすぐ傍で、遠方の子どもたちは電車通学。

朝は、駅まで車で送り迎えするJR乗客も多く、コンビニや駅前の売店など、

ちっこいロータリーが満タン状態でとても危険です。



片足を切断されている、町の「身障者協会」の会長さんが、

自前の黄色い襷を肩から下げ、

雨の日も風の日も、毎日信号のところに立たれ、笑顔いっぱい。

子どもたちだけでなく道行く人々に声をかけられます。



その前を通るとき、いつもちょっと気恥ずかしいです。

その御方の心構えに、自分が、恥ずかしいのです。



子ども会と学校とのかねあい、難しいですね。

うちの小学校も、夏休みのプール使用のための引率を

子ども会に委託していました。



子ども会に入会してないお宅の子どもさんをどうするか、毎年モメましたです。

[ 2005/04/29 15:07 ] [ 編集 ]
旗振り当番
どこでも同じようなことをやっているのですね。

うちの学校では市内の学校である事件があってからの2ヵ月半登校班にずっと親が付き添いです。

でもその特別体制も昨日で終わり来月から道路で何箇所か立って安全指導と挨拶を行うものになります。

やり始めた頃はいつまで続くのでしたが今ではそういう声も耳にはしなくなり、子どもたちの遅刻は大幅に減り服装もよくなっている。(ただ保護者がこの事実をどこまで分かっているのかは疑問ですが)



やれば出来る!



って大人たちにも子どもたちにもそう思います。

PTAが指揮を執って子ども会にさせているという形なのでまあ不満は出るのでしょうけれど。

その声を封じる方法はただひとつ、PTA役員が誰が見てもはっきりたくさん立っていること。(ちなみに会長、副会長以下本部役員は今ほとんど毎日出てます)

子どもたちの変化を分からせることなんです。



みんなの不満があるのかどうか、把握できてないのかもしれませんが強制付き添い期間の終わる来月。

子どもたち、保護者の動きがどうなるか。

不安ですが根付いていると思いたい。(自分は裸の王様?)
[ 2005/04/29 15:26 ] [ 編集 ]
Re:みどりのおばさん(04/29)
りうりう**さん

>♪がらがらどんさん、こんにちは!

>私が子どもの頃は「みどりのおばさん」でした。懐かし~い。



>うちの中学校はJRの駅のすぐ傍で、遠方の子どもたちは電車通学。

>朝は、駅まで車で送り迎えするJR乗客も多く、コンビニや駅前の売店など、

>ちっこいロータリーが満タン状態でとても危険です。



>片足を切断されている、町の「身障者協会」の会長さんが、

>自前の黄色い襷を肩から下げ、

>雨の日も風の日も、毎日信号のところに立たれ、笑顔いっぱい。

>子どもたちだけでなく道行く人々に声をかけられます。



>その前を通るとき、いつもちょっと気恥ずかしいです。

>その御方の心構えに、自分が、恥ずかしいのです。



>子ども会と学校とのかねあい、難しいですね。

>うちの小学校も、夏休みのプール使用のための引率を

>子ども会に委託していました。



>子ども会に入会してないお宅の子どもさんをどうするか、毎年モメましたです。

- - - - -

プールの引率!!実は息子が入学する前に廃止になったんですよ~!!自分の小学生時代にはありました~。結構楽しみにしていました。かまぼこ板で”命札”作りませんでした?



廃止になった理由は、「わざわざ仕事を休みたくない」「よその子どもの責任まで持てない」といったことのようです。最近は子どもの塾や習い事の送り迎えや、スポーツの当番などで忙しくなっていることも絡んでいるようです。何だかなあ~。夏休みの間の半日くらいのはずなんだけど。
[ 2005/04/29 16:14 ] [ 編集 ]
RE:当番は無視?
琴莉さん、こんばんは!

私も小Pの副会長だったときは、よく当日の朝に電話が掛かって来てました。



「○○のとこに誰も立ってないよ!」

「はいっ! すみませんっ! すぐ行きますっ!!」

「指摘されんと動かんのじゃね。

 いっつも見て回るぐらいの気持ちでおりんさいっ!」

「はいっ! すみませんっ!」



厳しいことを言われ、涙が滲むこともあります。

旗振りの日には、いつもすぐに出かけられるように待機していました。

自分専用の旗、襷、腕章。 いつも自宅の玄関に置いていました。

でも、一般会員さんと同様に、ちゃんと私も当番表に組み込まれてます。

本当の?私の当番のとき、他の場所で誰も立っていなかった時は困りました。

幸い、相手が居たため、そのひとに独りで当番して貰うよう頼み、私はその地域へ。

小学校区でもとても広いため、遠いところは車で駆けつけます。

悲しかったな、小学校時代。



>やっぱりちゃんと来られる方は決まった人のみ。



哀しいですよね。来られない方々にもいろいろと事由がおありだとは思うのですが、

是非、そのお声を聞かせていただきたいですよね。



お互いが「お互いさま」で感謝しながら、

気持ち良く助け合いたいなぁって思うのですが、

毎回毎回ですと、気持ちが荒んでいく自分が哀しいです。

[ 2005/04/29 21:48 ] [ 編集 ]
緑のおばちゃんから貰った習慣☆
をを>こままさんとこは、「緑のおばちゃん」だったのですね。

今思えば、やはりPTAの役割分担でして下さってたのでしょうかね?

自分が子どもの頃には、とっても「おばちゃん」に見えてたのですが、

私も、今の子どもたちから見たら、「とってもおばちゃん」なんでしょうね~~(がっくり)。



挨拶は大事だと思います。

そうでなくても、人間関係って、

最初の印象が後々まで響くってこと、多いですもんね。



>あの頃の挨拶の習慣が身にしみついていることを感じました。



これでひとつ思い出したことがあります。

私の大学は僻地にあったために、スクールバスを利用していたのですが、

乗降時に必ず運転手さんに声を出して挨拶することが

ルールとして決められていました。

それで私はすっかり習慣づけられ、公共機関でも大きな声で挨拶してしまいます。

有料道路で支払いするときも、レジの支払いのときも、

必ず「有難うございました!」って言っちゃうので、

少年たちは「ダサっ」「恥っ」と、とても嫌がります。



んでも、見ちゃった(笑)。

少年たちも、スーパーでアクエリアス買って、

大きな声で「有難う!!」って言ってましたよ(笑)。

[ 2005/04/29 21:58 ] [ 編集 ]
「ひとの気持ち」
OMITAさんちには、旗振り当番、ないのですね。

或る意味、必要なし、必要性に迫られてないってことで、素敵なことなのかも?



>また、すぐに効果のあることでもありません。



ん~~。 これも地域性かな?

うちの町の場合はずっとずっとして来たことだから、

その年その年で、旗振りに立つ保護者が熱心かそうでないか、というのは

「をを、今年はちょっと違うぜぃ?」みたいに皆がやはり肌で感じる訳で、

それと子どもたちの万引・喫煙・飲酒件数が激減してたら、

やはり連動してるなって、感じるだろうと思いますですね。

皮膚感覚を裏付けるデータって奴?



>今は、人の気持が第一で、あまり押し付けることもできません。

>うちの家のことだから、ほっといてとも言われます。



ここですよね。

いまどきのPTA活動の大きな障壁となってしまう「価値観の自由」「価値観の違い」。



「ひとの気持ちが第一」って言われるときって、必ずと言っていいほど、

「イヤだと思ってるご自分の気持ち」だったりする。

その「イヤ」の中身は、単に「面倒」「たいぎい」だったりする。



「個」を大事にする「個人主義」って、

ホントはそんな意味合いで遣うものではないと思うんですけどね。。。

[ 2005/04/29 22:16 ] [ 編集 ]
やれば出来る!
★のん★きっずさん、不幸な事件に皆が学び、緊張感あるなかで

ひとつにまとまって来れたところが多分にあるにしろ、

2ヶ月半も、毎日、保護者さんが動いて下さったのは、

これから大きな力になっていけそうですね。



この辛かった2ヶ月半に比べれば、

その間子どもたちが無事であれたことへの感謝と、

立ったままでの安全指導と挨拶は、随分楽に感じられるハズで、

今後も無理無く続いていけると良いですね。



強制付き添い期間の終了にともない、

全保護者さんへご協力への感謝と中間報告を兼ねて、

子どもたちの遅刻の激減と服装、身だしなみが改善されたこと。

文書等で、アピールされたら如何でしょう?



「やれば出来る!」

実感こもった嬉しい言の葉、有難うございます☆☆

[ 2005/04/29 22:35 ] [ 編集 ]
プールの引率
♪がらがらどんさんちは、夏休みのプール引率、なくなったんですね!

プール当番は、どうですか?

もう監視員さんに全部お任せなのでしょうか?



うちの小学校区は範囲が広いので、登下校中の事故が心配でもあり、本当に頭が痛かったです。



後、夏休みのせいか、解放感あふれる悪たれボウズたちにも悩まされました。



例えば、集合場所に自転車で来るな!と言っても、

「帰りに塾へ行くから」と言って聞かないし、

「押して行くから、おかあさんからそうしろ、と言われてるから」

と自転車を押してプールまで集団登校するのですが、

目を離した瞬間、乗ってるし。

「間食はするな、持ってくるな」と言っても聞かないし。

「おかあさんがイイって言った」が決り文句。

石は投げる、自動販売機を蹴る、喧嘩する、、、。

プールに入ればプールで、、、。



「おかあさんが良くてもおばちゃんはダメ!」で、

悪たれボウズたちと本気で喧嘩したり(笑)。



うちの少年たちが小学校を卒業したとき、何より嬉しかったのは、

このプール引率から解放されたことでした(゚゜)\バキ☆



「廃止になった理由」。 考えされられますね。

今後もますます、場面場面でネックとなってくる事由でしょう。

どうやってクリアしていくか。

考えれば考えるほどドツボにハマりそうで、頭の痛いことです。

[ 2005/04/29 23:09 ] [ 編集 ]
Re:朝の旗振り当番(挨拶運動)考(04/29)
うちの小学校では、1学期に1回の旗振りがあります。

一日に十数名割り当てられていて、まず学校に旗を取りに行き、

そこで補導部の人に、立つ場所の指示を受けます。

自転車で来ている人は遠くに。徒歩の人は近くに。

来ない人もいっぱいいらっしゃるので(-_-;)

立つ場所に優先順位があり、学校に着いた順に振り分けられます。

補導部三役さんは毎日ですからたいへんそうでした…。



したがって「重点ポイント」には必ず誰か立ちますが、

ひとりで30分、ということになります。

みなさんも目撃されるような怖い自転車や車、

自分と子供たちを守るのに精一杯、

教育的指導を与える余裕はありません。

どうしたらいいんでしょうね、この大人たちの姿勢。



話は飛びますが、うちの校区の夜のパトロールの意義は、

防犯ではなく「万引き防止」なんだそうです。

校区内のTS○T○YAでは年1千万の被害とか。

それを、腕章つけた顔見知りのおばちゃんがいることで、

未然に防いでいるんだそうです。

知らない世界だったわ…。
[ 2005/04/30 11:22 ] [ 編集 ]
夜間パトロールの目的
まみい☆さん、こんにちは☆

当番の朝、学校に旗を取りに行き、そこで立場所の指示を受けるのは、非効率的ですね。

朝の忙しい時間帯に、それだけ早く出発しなくちゃならないし、

毎日それをしなくてはならない補導部さんは大変だわ~!



うちの小学校や中学校は、年度始めに1年間の旗振りスケジュールと当番表。

立場所の位置の地図(住んでいる場所で立場所が決められている)を全世帯に配布します。

旗振り3点セット(黄色の旗、襷、腕章)は、当番の日が近づくと

担任の先生から当番の家の子に渡され、

当番が終わるとまた子どもに託して、学校へ返されます。

当番表の作成作業がちょっと手間(場所も毎年モメる)ですが、

まみい☆さんちの補導部三役さんを思えば、随分と楽ですよね。



> どうしたらいいんでしょうね、この大人たちの姿勢。



毎日、当番が必要、ということは、かなり危険なんですね。

危険な車、自転車については、

子どもたちを守るのが第一義の保護者では限界があるので、

町の広報誌(月1ぐらいでありませんか?)で呼びかけを行っていただき、

地元のおまわりさんにも協力いただいて、

その時間帯にミニパトなどで巡回して貰うと卓効がありますですよ!



> 校区内のTS○T○YAでは年1千万の被害とか。



1千万!!(驚)

ここまで額が大きいということは、TS○T○YAさん側の工夫も必要ですよね。

購買意欲ばかりそそって、管理体制がきちんとされていない。

万引されやすいような店作りになってないでしょうか。

なんだか、努力不足でいらっしゃるように思えちゃいますね。。。。



保護者の夜間パトロールって、できれば

夜に行き場がなくて、たむろしてる子どもたちとの会話目的であって欲しいのですが、

これもなかなか、現実は厳しいですね。。。

[ 2005/05/01 11:35 ] [ 編集 ]
Re:朝の旗振り当番(挨拶運動)考(04/29)
先日はトラックバックと書き込みを戴き、ありがとうございました(^ ^)

次女が早く寝て、主人もTVを見ながら寝ちゃってるので(笑)、

やっと書き込みに来れます(^ ^;ゞ



>それなのに、どうしてあるのか?

>

>情けないことながら、皆ができていないから。

>

>だから、反省込めて、保護者である私たちが

>基礎に戻って、街頭で、声を出してみる。

>

>これは意味のないことですか? 意義は全くありませんか?



このように言われていたら、何も反感は持たなかったと思います。

ここ数日、朝の声かけの事で掲示板で色々話しているうちに、

私が『無意味』と思っているのは、

『なぜやっているのか?』という私の問いに、

当時(1年生の1学期の初めての保護者会)の説明が、

 荒れだした頃に始めて現在でも続いている

といった、いわば惰性でやってるけど意義も意味も知らない という感じを その答えから受けたからだ・・という事に気付きました。

その後も、私もですけど「まずは大人から率先して挨拶」という点に着目した意見はなく、

今でも聞きません。

私も りうりうさんのこの指摘ではっと気付いた人ですから お恥ずかしい限りなんですけど(^_^;

これは真面目に、提案してみたいと思います。

今度は委員をしているので、直に言いやすい場所にいますし(^ ^)



集まれば、思いもよらなかったヒントやアイデア、啓発が出てくるので、

もっと保護者同士での話し合いの場って欲しいんですけどね・・・

懇親会がそういう場にもなっているようですけど、

それこそ下の子が小さいのと、

せっかく良い感じで生活パターンが出来ている時に それを崩すのは、

また生活習慣の直しに1から始める事になるのは経験済みで もう勘弁だからです。

それももう、以前のようには大変ではないかも?という感じに成長してきたので、

6日には ちょっと挑戦です。
[ 2005/05/01 22:26 ] [ 編集 ]
_AZ_さん、有難うございます☆☆
_AZ_さん、私の方こそ、はじめましてなのに、いきなり乱入した上、

トラックバックをお許し下さり、有難うございました☆



また、ご丁寧なご感想を有難うございます☆

_AZ_さんのページを読ませていただきながら、

_AZ_さんのような意識の高い御方に、

挨拶運動を『無意味』と思わせ、「やめちゃうべき」と

背を向けさせてしまった当時の_AZ_さんに説明された方々に対して

なんてもったいないことをするんだ!、と思ってしまいました。



「大人から率先」って、いつも感じることなんです。

授業参観で教室に居る保護者の、信じられない声高な雑談。

運動会、発表会などでの、「我が子さえ撮れればいい」信じられない撮影軍団。

学校に余り来ないために先生方のお顔を識らず、先生方に挨拶できない保護者。

役員決めの折の仁義なき戦い。会議等への無断欠席。etc.etc....

「躾、躾っていうけど、親の躾は誰がするんじゃ~~ぃ!」って。

そしてこれは、年々明らかに酷くなってきているのです。



早速、6日に動いてみられるとの由。

わくわくしつつ、皆さんの反応や語られたご意見など、お待ちしております☆



   ※ エラーが出ましたので2つに分けます。

[ 2005/05/02 09:06 ] [ 編集 ]
ネットの活用?
AZ_さん

> 集まれば、思いもよらなかったヒントやアイデア、啓発が出てくるので、

> もっと保護者同士での話し合いの場って欲しいんですけどね・・・



おっしゃる通り、1人では1人分の知恵でしかなく、

それが間違った方向でも本人では判らない。

皆が集まり、知恵を出し合い、語り合って行きたいですね。



でも、いろんな状況下に在られる方が、同じように参画できる場の確保は難しいため、

工夫するとすれば、ネットの活用、というのが一番実現しやすいかな、と思っちゃいました。



携帯電話の掲示板で、小規模で連絡のやりとり、打ち合わせなどをされている

PTAの委員会活動の話はよく聞きます。

うちの中学で、ある学年が荒れてしまったのですが、学年主任の先生が

個人サイトを立ち上げられ、子どもたちの日々の学校生活を写真入りで毎日掲載。

掲示板で保護者とかなり熱心な話し合いをされてます。

ネット参画できない保護者さんのため、この先生は、毎日学年新聞も発行されています。

子どもたちをしっかりと観ていなければ、毎日毎日新聞は書けず、

結果、この学年は、随分落ち着いてきました。

そして、保護者さんたちは「先生へのご恩返しだ!」と、

クラス役員さんにたくさん立候補して下さいました。



皆がそれぞれにいろんな状況下に在るからこそ、

違ったものの観方や知恵や工夫がそれぞれにあるはずですから、

それを最大限に生かすためにも、保護者全員が参加できる学校(PTA)ネットの

実用化は、意外に近いかも知れません。

一番良いのは、実際にお顔をみながらお話できることですから、

皆が参加できるネットで、会合の日時をアンケートのように皆で決定できたら、

参加できる方も格段に増えるのではないか、と思うのですが、如何でしょうか。

[ 2005/05/02 09:27 ] [ 編集 ]
Re:朝の旗振り当番(挨拶運動)考(04/29)
はじめまして。



素敵なサイトですね。

最近PTA関係のサイトを見て回っていたのです。



NOと言えないから愚痴が出る。

自分の意見をハッキリ言うことは大切ですね。



日記リンクさせてくださいね♪

[ 2005/05/03 14:27 ] [ 編集 ]
Re:朝の旗振り当番(挨拶運動)考(04/29)
すいません。とんでもない所に現れちゃいました。

面倒だ!忙しい!ではなく少しでも子どもの目線に立って見渡す事は出来ないのかな?なんでも自分中心ですよね。子どもの時期ってわずかですよね。そのわずかな時期に何か出来る事ってあるはずなのに・・・。

子どもってちゃんと見ています。変な事をしているとちゃんと指摘してくれますよね。

子ども達の下校時の安全パトロール実施の方向でいきたいのですがそれをどうやって役員さんに持って行くか検討課題です。



子ども達の元気な挨拶。

それが20人くらいの列になっていてその中で一人でも

「おはようございます」

の挨拶があるとそれだけで一日幸せな気分になれるのにな~。
[ 2005/05/07 03:35 ] [ 編集 ]
たかな1374さん、コメント有難うございます☆
たかな1374さん、素敵なところにご登場、有難うございます!!



>子どもの時期ってわずかですよね。そのわずかな時期に何か出来る事ってあるはずなのに・・・。



私もいつもいつもそれを想います。

どんなに傍に在りたくても、すぐに在れなくなるのに。

どんなにイヤでも、手放したくなくても、手放さなければならないときは、すぐそこなのに。



早く大きくなれ、早く大きくなれ、と思ってきました。

んでも、それは私だけの都合であり、

私の自分勝手な想いでしかない、ということに気付きました。



今は、両手を広げて私の膝にむしゃぶりついて来た、あの愛しい、可愛かった

幼かった少年たちを思い出すと、涙が出る想いです。



下校時の安全パトロール。

3時ごろのおやつ時。 夕暮れ時の気忙しいひととき。

良い形で、役員さんに上程できると良いですね。

想いの裏付けとして、意義をしっかり述べられ、

「ツカミはOK!」状態でGO、GO、GO!になると良いなぁぁ☆☆

[ 2005/05/08 20:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する