FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

『 自分の感受性くらい 』   茨木のり子







 
          ぱさぱさに乾いてゆく心を
    ひとのせいにはするな
    みずから水やりを怠っておいて


    気難しくなってきたのを
    友人のせいにするな
    しなやかさを失ったのはどちらなのか


    苛立(いらだ)つのを
    近親のせいにするな
    なにもかも下手だったのはわたくし


    初心消えかかるのを
    暮らしのせいにするな
    そもそもが ひよわな志にすぎなかった


    駄目なことの一切を
    時代のせいにするな
    わずかに光る尊厳の放棄


    自分の感受性くらい
    自分で守れ
    ばかものよ 






        ◆   ◆   ◆





  今年に入って、立て続けに茨木のり子氏のこの詩を見かける。



  楽天でも 桜紫OKEIさんち でまず、最後の3行だけ。

      私は、この3行に胸を抉られ、
      茨木さんのこと、忘れてた! と 頭を殴られたような気がする。

  翌日の日記で、OKEIさんは全文を掲載される。


  次には、cscatさんち の日記を遡ったときに。
  cscatさんは、茨木のり子氏の訃報に接して、追悼のこころと共にこの詩を掲載されており、
  「『 倚りかからず 』生きていく姿勢を忘れないでいたいと思います」と書かれる。




       そうか、茨木氏はご逝去されてたんだ。。。 
       んだから、あちこちで見かけてたんだね。。。
       私は、、、それさえ気付かずに来てしまった。




       この詩に出遭ったときのあの衝撃。
       今もありありと覚えてる。

       なのに、目にするまで、そのこころを忘れてた、なんてね>ぢぶん。




             楽天のカウンタの数字に振り回されてる自分。
             明日の水道布設の件に、今からあれこれ悶々とする自分。
             明後日の道路の件で、イライラしてる自分。

             斬って捨てるべし!


ペン…



関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/07/26 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(16)
Re:『 自分の感受性くらい 』   茨木のり子
私は弥々さんとこで読み、すぐに詩集を買いました。

『自分の感受性くらい』

何度も読み、暗唱し、時にばかものと自分を叱咤しつつ、

でもそのようにはなかなか生きられずに反省したり、煩悶したり…。

最近、詩をよく読むようになりました。
[ 2006/07/26 02:42 ] [ 編集 ]
弥々さんちでも。
そかそか>ゆうやけぐもさん



まだまだ、見かけたぞって思ったのですが、

弥々さんちだったかぁぁあ(゚゜)\バキ☆



胸抉られる詩、ですよね。

もぉ、最初の1行で、ダメ、だもん。



 > 最近、詩をよく読むようになりました。



ほんとほんと。 若い頃にはよく繙いてたのにね。

行間がめちゃくちゃある分、昔とは違う読み取り方を致しますですね。



人生の澱が染み付いた分、今の方がよりぐるぐるし、

深く読み取れる気がします、よね。

[ 2006/07/26 02:52 ] [ 編集 ]
Re:『 自分の感受性くらい 』   茨木のり子(07/26)
ホンマ…良いしやね。。。

恥ずかしながら…初めて知りました。。。^^;

うちのトイレには…

「相田みつを」の日めくりカレンダーがあります。。。

[ 2006/07/26 08:40 ] [ 編集 ]
Re:『 自分の感受性くらい 』   茨木のり子(07/26)
甘い人格なので すぐ許してしまう>ぢぃぶん



最後に 詩を加えてしまいます。



 そんな弱たい自分も

  わたしは 好き



      ・・・・・ダメ?
[ 2006/07/26 09:24 ] [ 編集 ]
あいたたたっ!
 知らんかったー。



「初心消えかかるのを……」がいちばん重たかったかな。志、だよね。

(あー、タバコ吸っちゃったよ~)

[ 2006/07/26 09:58 ] [ 編集 ]
たぬきは似てるなぁ・・・・・
↑のぱぱさんのコメントと同じです(笑)



そんな弱い自分を認めて、前に進んで行きたい。



そう思ったりします。



[ 2006/07/26 09:58 ] [ 編集 ]
Re:『 自分の感受性くらい 』   茨木のり子(07/26)
いたたたた・・・ 耳(目)が痛い。



正に そうだな。と自分を省みて・・・

[ 2006/07/26 10:20 ] [ 編集 ]
おひさしぶりです
思わぬところで自分の日記に遭遇し、驚くやらちょっとうれしいやら。

10月の宅建試験にむけて、この詩を座右にがんばってる最中です。日記も気になりながらなかなか更新できず。去年よりはましだと思えたりもしますが、今年はまわりでも受ける人が増え、うっかり去年受けた事を言ってしまったもんで、「2回目だから当然受かるよね」というプレッシャーが。。。

あ~つらい!しかしもう3カ月を切りました。

嬉しい報告ができるといいなぁ~
[ 2006/07/26 14:44 ] [ 編集 ]
Re:『 自分の感受性くらい 』   茨木のり子(07/26)
あんれ~・・・

そうかぁ・・・りうりうさんには聞いていただけてなかったかぁ・・・

コメント、なかったもんなぁ・・・

えっと、吾、茨木さんの逝去日に、この詩を始めとし、数編を語り日記で連日取り上げましたん^^

5ヶ月遅れやけど、茨木さんの日記には、差し支えなければ、片っ端からTB頂いておりましたので、他でもない、りうりうさんとこのも、失礼して頂戴しますが・・・不都合あれば削除をば・・・

[ 2006/07/26 16:04 ] [ 編集 ]
相田みつをさん。
を☆>feb27ぱれっと。さん

んでは、

【 所詮 私のやること 】が在られるのですね^^*☆



茨木のり子さんの詩のなかで、私はこの詩が1番好きで、1番こころ抉られた詩だったのでした。

feb27ぱれっと。さんのこころの琴線も共鳴りして下さったのですね。。。。

[ 2006/07/26 22:44 ] [ 編集 ]
「自分が好き」
ほほぅ>りきkkぱぱさん



 > 甘い人格なので すぐ許してしまう>ぢぃぶん



甘いんだぁ(笑)。



 > そんな弱たい自分も

 > わたしは 好き



己れを弱きものと識り、なお、そゆ己れ自身に愛してるよ、とエールを贈る。

自分自身を追い詰め、壊してしまわないために、きっと大事なことなのですよね。



私は、自分が好きでない、、このことが私の1番病んでいるところ、ですね。

[ 2006/07/26 22:52 ] [ 編集 ]
Re:あいたたたっ!(07/26)
痛いよね(>_<)>かいちょーさん



私も、「初心消えかかるのを……」が1番。

いつもいつのときでも、めちゃくちゃ痛いです。



 >(あー、タバコ吸っちゃったよ~)



そっちかぃ(笑)。

[ 2006/07/26 22:59 ] [ 編集 ]
Re:たぬきは似てるなぁ・・・・・(07/26)
んふふ>rain27jpさん

似てるのね。

んでもrain27jpさんのは、「 認めて それから 前に進む 」分、ランク?が高い?かも?



ひとに、自分にやさしい、癒しのrain27jpさんですね^^*☆

[ 2006/07/26 23:04 ] [ 編集 ]
ぃた~ぃ!
そそ>☆かいえさん

いた~ぃです!!



んでも、痛い、と感じる自分には、まだ「そう在りたい自分」に戻ろうとする気持ち、力、が

残っているから、痛い、のかも知れませんですね。



己れの目指していた姿へ回帰せよ! と、自分自身へ贈る叱咤の言の葉、ととらえて、

「ふぁいとぉ!」なのかも。

[ 2006/07/26 23:08 ] [ 編集 ]
有難うございます☆☆>cscatさん
cscatさん

お断りもせず、ご紹介してしまいました。。。申し訳ありません。



宅建試験にむけて、頑張っておられると日記で拝読致しました。



 > 「2回目だから当然受かるよね」というプレッシャーが。。。



ぅううう。

cscatさんちのお子さまたちは、滑り止めを受けられずに合格なさいましたですよね。

おかあさまも、きっとプレッシャーに打ち勝って嬉しいご報告をなさると思いますですよ☆☆

力いっぱい応援しております。 ふぁいとですぅぅ!!

[ 2006/07/26 23:22 ] [ 編集 ]
失礼しましたぁぁ>弥々さん
ごめんね~>弥々さん



ちょうどこの頃、右目が見えなくなり、降圧剤を7種7錠服用しても下がらず、

ドタバタしておりました時期ですぅ。

日記を読ませていただいていても、きっと頭に入っていなかったのでしょうね(汗)。



本日、弥々さんの朗読、聞かせていただきました。

有難うございました☆☆



 > 不都合あれば削除をば・・・



な訳、ないぢゃありませんかぁぁ^^*☆

お出まし & トラックバックを有難うございました☆☆

[ 2006/07/26 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する