FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

『 百科事典 』 買いますか、買いませんか?





  * mao真生さんちの『 百科事典かあ 』 へトラックバックさせていただきます。




私の小学校時代は、小さな小学校であったので、図書館の規模も小さく。
図書委員でもあった私は、とうに図書室の本を読み尽くし、辞典類にも手をつけ、
国語辞典や、漢字の成り立ち辞典、漢和辞典を好んで持ち歩いて読んでいた。


3つ子の魂、、、、で、未だにググるの森で
わざわざ好んで迷子になっては、あれこれ調べて楽しむ良い子?である(笑)。


何につけてもまず辞書をひく、という作業は、大事にしたいし、
ひきながら、二次元世界のなかで、次々興味が引き出されていく醍醐味。
調べ物がなくたって、どのページを開いても楽しいし、ひまな時にパラパラめくるのもいいし。

子どもたちにも是非、その楽しみを伝えたいと思う。




mao真生さんは、何故?どうして? これは何?と、
知りたい盛りのお子さんを2人お持ちで、
そのお子さんのために、百科事典の購入を検討されている。

百科事典は、高価だけれど、子どもさんおふたりが活用してくれて、
お子さんたちの持つ、無限に輝く可能性が、早くから、
あちらにこちらに、伸びていってくれれば、
、、、とにもかくにも楽しんで繙いてくれれば、
それは、お金に換えがたい、って思っておられる。


    ほんとそうだよね。
    こうした親の切なる想い、願いが、まっすぐお子たちに伝わって欲しい。

    、、、って、それにつけても、値段とスペースが超ネック~~~!!



我が家も悩みましたが、結局、購入しませんでした。
今なら、もっと「ネットで充分」って悩まないと思ったり致します。


『 辞書をひく 』 という作業は、確かに大事にしたい。
子どもたちにしっかり教えたい。
んでも、それは、国語辞典、漢和辞典で、もう充分ぢゃないかな、と。
ほんとに興味を持ったお子たちは、
争うように図書館へ急ぐ 、といったお子たちであって欲しい。
また、そんな地域の図書館、学校の図書室であって欲しい。


んで、現在、小中学校では、
ネット検索でレポートを書かせる授業や宿題が主流になってきてて、
図書館へ調べ物をしにいく、という形はなくなってきています。

その是非については、また別の機会に譲るとして、
百科事典、イイものを揃えても、年々、内容は古くなっていきます。
電子辞書で、バージョンアップしていく方が、より時代に添っていいかも、、と
思ったりする私が居ます。




怪獣ライン2





、、、と、今の私だったら、迷わず「 購入しない 」のですが、
上の少年の保育期には、非常に悩みました。


本が大好きな少年に、百科事典をどうしよう、
私自身は10数巻の学研の学習事典を揃えて貰ってたけど、
歴史、社会、ときどき理科の巻しか読み漁らなかったしなぁ。。。。
弟に至っては、1度も繙いたことがなかったと思う。(勿体ない)
子ども向けの、ちょっとイイ図鑑を揃えて行こうか、等々。


そんなとき、兵庫県で書店を営む母の妹が、「これ、とてもイイから」と、
当時発売されたばかりの講談社の『日本語大辞典』をプレゼントしてくれました。

日本語大辞典第2版


確か、今は亡き逸見さんがCMされてて、私も注目していた辞書でした。
重たい本をわざわざ贈って下さるとは、なんてラッキー、タイムリー、感謝感激!!


広辞苑よりひとまわり大きく、厚くて重い辞典で、
子どもたちには、当分持ち運びはできませんが、百科事典ばりに重宝しました。


国語辞典のワイド版、といった感じなのですが、

巻頭巻末には、世界の国旗や、日本の伝統文様、350色の色名辞典から、
漢字音訓一覧、手紙・葉書の文例、スピーチ例、敬語の使い方等の紹介、
3600語収録のアルファベット略語集、点字の基礎知識、地図記号、標識の種類、、
もぉ、雑学好きにはたまらない玉手箱(笑)。

肝心の本文項目には、人名、地名、動植物、有名美術、公民用語等々充実し、
どの頁にも必ずカラーの画像やイラストがふんだん(6500点だって)に遣われ、
まさに凝縮百科事典、図鑑、って感じで、めちゃくちゃ楽しい。

現在のように、ネットもまだまだ、の時代です。
少年たちは勿論、私の大抵の疑問はこれで解決して来ました。


今はもう、ボロボロになっちゃったこの辞典、'90年当時、7300円でした。
今、ググって来たらば、7952円ですね。 そんなに値上がってない。

んで、当然の如く、CD-ROM版が出てましたです。

百科事典を購入する、しない。
思案のしどころですね。
しっかりご自分の目で観て歩かれ、
例え、お子さんたちが目を通されなくても、ご自分たちが楽しむことができて、
惜しくない!と思えるような納得いくものをご購入なさって下さいませ。

私の両親は、学研の事典、惜しいことをした、と思ってると思います(汗)。



* 余談

  mao真生さんのお蔭で、この講談社から
  充実の『 類語大辞典 』が出てることを知りました。
類語大辞典



  これまでの類語辞典って、「遣えない」「つまんない」ものばかりで、
  手にとる気も起きないようなものだったけれど、どうもこれは違うみたいです。

  『逆引き広辞苑』なんてものも不要になっちゃうらしい。(私も不要だけど(笑))


  こちらの御方 曰く、

 
    > 下は小学生から上は社会人、いやさ、プロの物書きまで
    > 日本語で文章を書く者ならばこれからはこの辞書は必携となるでしょう。

    >   略

    > 『日本語表現が苦手』な方は勿論
    > 『そこそこいい日本語は書けるけど時々別の日本語が使いたくなる』人、
    > いやさ、『おいらは日本語超得意だぜベイベー』てな御仁まで。
    > 日本語の辞書の歴史に残る一冊、是非、買いましょう(^^)。

    > そこには「言われてみればそんな言葉もあったな」な日本語から
    > 「そんな日本語もあったのか」な日本語まで、
    > きっと『ちょっと使ってみたくなる』言葉が満ち溢れています。





         ぅずぅずぅずぅず。
         はぃ。 そこまで言われちゃぁね。 即、アマゾンでポチっと(爆)。
         あぁ楽しみぃぃ☆☆


ペン本運び



関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/06/19 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(26)
Re:1クリック1円~/1件1000円以上(06/19)
e-アフィリさん、削除させていただきました。

悪しからず。
[ 2006/06/20 11:55 ] [ 編集 ]
『 類語大辞典 』ぅずぅずぅずぅず
りうりうさんのレポみて買うかどうか決めよ。。。°゜°。。ヘ(。><)ノ逃げろっ。



『逆引き広辞苑』類語辞典の代わりになるんですか~。

私はクロスワードパズルを解くときに使うのかと(汗)。

ラップの歌詞を書く人が脚韻探しに使うとか。



とか言いながら、電子辞書買っちゃってから、ダメですね~。辞書引かなくなりました。



下の娘はまぁ本を読む方ですが、辞書はひかんなぁ。電子辞書を使おうとするので阻止しました。



漢和辞典は隣の字読むのが面白いので、割と今でも引きますけど。



この頃の小中学生は、「調べものをする=ググってよくまとまったサイトを印刷する」

って思ってるんですぜぇ。「百科事典引け」と言ってみましたが、

「おとうさん、インターネットで調べてぇ」で終わりました。



という私も百科事典もCD-ROM引くようになってますね~。速いもんね。

それに私の場合、「他の項目に目がいって何を調べにきたか忘れた」

という問題がCD-ROMなら起こらないのが大きいです(^^ゞ。

Googleだと飛んだサイトからリンクをたどっちゃって、

何調べてたのかわからなくなることがあります(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ。
[ 2006/06/20 11:59 ] [ 編集 ]
小学館の子ども百科○○館
職場が学校のため、出入りの書店があり、いろいろ勧められます。

なんだかんだと断るけれど、このシリーズは買っちゃいます。

大体年に1冊だし、テーマで1冊になっているし、

うちの子はずーっと「読んで」いて、いろんな知識も拾ったようです。

京都の生和菓子の「手作りキット」を見て作りたい!というので、そこに載っていたHPから取り寄せたこともありました。



五十音順なのは、自分が買ってもらってほとんど使わなかったので・・・・

まだ実家でホコリかぶってますわ(ーー;)
[ 2006/06/20 15:54 ] [ 編集 ]
実家では・・・
ということは、私が子どもの頃は2回購入。

現在は廊下にデンと置かれています。

。。。最初のは処分されたもようです。

私は、、、というと

置く場所がないということで買うということすら考えませんでした。



この『百科事典』 悪用したことがあります。

読書感想文。。。

高校のとき、毎月課題図書が与えられたのですが

毎月、感想文を提出していたおりこうさんな私。

ただ、2回ほど読みきれず、『百科事典』のあらすじを読み感想文を書いてしまった。。。

そのうち、1度は代表で読み上げられてしまい、

とっても恥ずかしい思いをしました。。。



今は、誰にも開いてもらえなくなった『百科事典』です。

[ 2006/06/20 18:38 ] [ 編集 ]
Re:『 百科事典 』 買いますか、買いませんか?(06/19)
私が小学生の頃・・・ほんの41年ほど前・・・汗

母は「ご近所では殆どお子様用に辞典を買っていただきました」っと営業の人に優しく進められ・・・

買ってくれました~分厚い本が20冊近くあったような?・・・よく見たのは動物辞典と植物辞典・・・TT

お母さんごめんなさい~

[ 2006/06/20 20:53 ] [ 編集 ]
うわぁぁぁ。
どうしよう…。ついアマゾンぽちっとしちゃいました。



私も百科事典にはまっていた過去が。

歴史、社会、理科、人名、自然、技術…。

あの重さと共に懐かしいです。

国語辞典、漢和辞典、各種図鑑… ずるずるずるりんぱっ、と引き込まれて帰ってこられないのは、今のネットの状況に似ているかも?



デスクサイドに現在は漢和辞典と大辞林。

よっこらせ、と持ち上げる重さが、自己満足をくすぐったりして。



子どもたちはネットで調べて~といいますので、取りあえずお子ちゃま様図鑑サイトはキープしていますが、「ネットで調べる」には「ネットの落とし穴(ぱぱさん向けの落とし穴じゃなくて、ネットが真実を語っているとは限らないってことネ)」をちゃんと大人がリードできないとまずいんでない?と思うので、ネットで調べ物したいと子どもが言い出したら、まず書籍で調べなさい!というので、煙たがられます。



[ 2006/06/20 21:39 ] [ 編集 ]
Re:『 百科事典 』 買いますか、買いませんか?
家にありました、百科事典。あいうえお順の50冊くらいのもの。小学高学年から高校まで、ときおり見てましたね。中学になってから索引の引き方を知って、おぉ!と思ったり。

今は…鉄道事典なら買ってもいいかな(爆)

ネットは慣れちゃうと便利過ぎ~。考えることをしなくても、ググッて調べる以上に考え方までコピーしてしまいそう…。子どもにはどうかな~。使い方なんて一日で覚えられるから、極力調べものは手と頭を使って本と体験からと思いたいのですが…。

[ 2006/06/20 21:45 ] [ 編集 ]
不純な動機で……
類語大辞典、出てすぐに買いましたとも。

私の机の上にデンとございます。

「ほーー、こんな言い方もあるのか」と面白く活用しています。

[ 2006/06/20 23:31 ] [ 編集 ]
ぅずぅずぅずぅず☆
ひょひょひょ~~☆>ありのみ01505さん



『類語大辞典』には、ありのみさんとあそびすとさんが絶対喰い付いてくれる、と思ったのよ~。

大当たりだったわ(笑)(笑)。

レポート、楽しみにしていてね☆☆



 > 私はクロスワードパズルを解くときに使うのかと(汗)。

 > ラップの歌詞を書く人が脚韻探しに使うとか。



ほぅほぅ( ..)φ

私はやっぱり、俳句や短歌をなさる御方が断然利用なさるものだと思ってました。

韻を踏む詩をつくるひととか、訳詞者とか。

でもなんだか、この辞書を遣うのは、ちょっとズルい、とも感じてました(゚゜)\バキ☆

なるほどぉ、確かにクロスワードパズルにも活用できそう。



CD-ROMの百科事典なら「他の項目に目がいって何を調べにきたか忘れた」という事態にならない、

っていうの、身につまされます(笑)。

幼いお子たち専用のPCで、ネットをできないようにしてる場合なども、

CD-ROMの百科事典が重宝しますですね!

[ 2006/06/20 23:32 ] [ 編集 ]
Re:『 百科事典 』 買いますか、買いませんか?(06/19)
いまどきの子は早いうちから電子辞書を使いこなしてしまって・・・

って、うちの子ですが。。。



今や小学生まで電子辞書です。

「電子辞書は、ちゃんと辞書を使えるようになってからね。」

と言っているのですが

自分が数年前に電子辞書を使うようになってからは

すっかり子ども達も便利に使うようになってしまいました。



手垢にまみれた国語辞典、英和辞典の姿も・・・

過去のものになってしまうのかしら。



その代わりと言ってはなんですが

小学生のクセに

電子辞書も、デジカメも、携帯も

なんでそんなにすぐに使い方がわかるの???



因みに、百科事典はないです。。。

[ 2006/06/21 00:50 ] [ 編集 ]
百科事典
ずーと、子どもの頃から欲しかったものです。

でも、我が家には無かった。

友達の家にある百科事典をよく読ませて貰ってました(笑)

大人になり買おう買おうと思いながら時が経ってしまいました。



私も、国語辞書、漢和辞書、好きで、何かと言えば、辞書をひいていました。



『 類語大辞典 』



みなさんお勧めみたいなので、今度、実物を見てこようと思います。







[ 2006/06/21 02:30 ] [ 編集 ]
Re:小学館の子ども百科○○館(06/19)
ふにふに。。さん

小学館の『21世紀子ども百科』は人気シリーズですよね。

なかでも『科学館』は、身近な不思議や科学実験を楽しく紹介して子どもたちの興味をそそり、

重版重版で、15万部近くも売れているのだそうです。

1冊約5000円で、濃ゆい内容ですから、人気の『科学館』『宇宙館』や『地球環境館』

『歴史館』など、私も読み漁ってしまいそうです。



こうした百科事典って、セット購入、というのではなく、

好きなジャンルを1冊ずつ買い揃えていけるのなら、とてもいいと思います~~。

でもそうしたら、「百科」ぢゃなくなるってところがミソだよね?



50音順は、基本的に「辞書」の性格が強く、調べるときに(だけ)使用しがちですよね。

50音なら、もう断然1冊の『日本語大辞典』をお勧めしちゃうなぁ。。。

[ 2006/06/21 03:14 ] [ 編集 ]
Re:実家では・・・(06/19)
をを!>てんてこmyさん

百科事典を買い換えられた、というご実家って凄~ぃ!!

図書館や図書室でもこういう事典やら辞典類はなかなか買い換えません。

古いのは、もうかなりの年代物だったのかなぁ。。。??





 > 高校のとき、毎月課題図書が与えられたのですが

 > 毎月、感想文を提出していたおりこうさんな私。



百科事典には、文芸作品のあらすじまで出てるのですね!

んでもてんてこmyさんは、感想は自力で書かれたのですから、全然OKでは?



高1の私は、担任で、文芸部顧問で作家の先生に何故か見込まれてしまい、

文芸部員と同様、【毎日】3冊の本を読んで感想文を書かされてました。

放課後、教科指導室へ行っては、目の前で真っ赤に添削されてましたです(涙)。

忘れもしない立原正秋『冬の旅』を読了し、感想構築に苦しんだ私は、

つい文庫本巻末の解説を読んでしまって。。。

翌日、ムっとしたお顔の先生から悔しそうに褒められたときには、胸痛くて。

こんなことは2度としない!!とかたくかたく決心しました。

未だに忘れられません(笑)。

[ 2006/06/21 03:31 ] [ 編集 ]
おかあさまに感謝を込めて
そらしどママさん

私の学研の学習事典も、「営業の人に優しく」勧められたのかも知れません。。。(汗)。

私もままさんも、図鑑代わりにそのなかの数冊しか利用しなかったんですね(汗)。



私の実家は決して裕福ではありませんでしたから、どんなにムリをして買ってくれたことか。

今になって判る親心ですぅ。



今の私たちにできることは、次の世代へ少しでもお返ししていくこと、ですよね、きっと。



ママさんは、ケニアにスルルちゃんというお孫さんをもたれたし、

この度だって、みんなのこころを結んで大きな一歩を踏み出されました。

すごいよ~~~\(^o^)/☆

[ 2006/06/21 04:01 ] [ 編集 ]
Re:うわぁぁぁ。(06/19)
ひゃひゃひゃひゃ!!!>金のぞうさん=あそびすとさん



きっときっと引っ掛かる。

きっときっと、入れ喰いで釣れちゃう。

そう思いながら、書いた今日の日記です。 ぶはは~~☆ 確信犯!>ぢぶん



んでも良かった!

『 類語大辞典 』なんて、発刊当初から愛用してるわよ!りうりう、遅れてるんぢゃない?

って言われちゃうかと、実は心配してましたもん(笑)。



 > デスクサイドに現在は漢和辞典と大辞林。



私は『日本語大辞典』のお蔭で、広辞苑はお払い箱状態。

並べるだけ邪魔(゚゜)\バキ☆なので、数年前に、2階へ持って上がってしまひました。



ネット検索は、基礎知識があっての情報処理力が必要になってくるから、

確かに余りに幼いお子たちには、お勧めできませんよね。

最近は、上位ヒットが個人ブログだったりするし。

年長者によるサイトの確認は必要だと思います。

基本はCD-ROMにアクセス、がやっぱり安心かなぁ。

[ 2006/06/21 04:12 ] [ 編集 ]
『 鉄道事典 』
ぷぷぷ☆>ゆうやけぐもさん

筋金入りのテっちゃんが、きゃぃきゃぃとゲットしそうだよねー。



私、やっぱりお子たちへの基本形は、図鑑だと思う。

いろんなジャンルの図鑑をお子たちの興味に合わせて個々にラインアップしてみて、

より深く進もう、識りたい、と思うお子たちに合わせて『子ども百科○○館』のような

専門書ちっく事典へ進む。

ありとあらゆる事象を説明できるよう、保護者用には、50音の『日本語大辞典』のようなもの。

それで十二分にクリアしていけるような気がしています。



 > 極力調べものは手と頭を使って本と体験からと思いたいのですが…。



ん。 私自身の経験からも、そう思っています。

独りで、あるいは班で分担し、コツコツ調べていって、徐々にベールの中身が顕かになっていく。

あらかじめ立てていた仮説が成立していく喜び、ひっくり返されていく驚き。

時間がかかるだけに、自分たちも段階を踏んで知識を重ねていく実感をもち、

それをまた、自分たちでまとめていく大変さや喜びをも経験していく。

その地道な作業がネット検索では、カット&ペーストでお終いだったりする。

個人サイトなどで、個人が苦労して調べてまとめて発表してるものを、

そのまま苦もなく、挨拶もなく、横取り(゚゜)\バキ☆しちゃうことだってできる。



んでも時代的にはどうなんでしょう。

これだけ情報があふれきっている時代。

短時間で玉石混交ななかから、真実の輝きを瞬時に見分け、選別選択し、まとめあげ、

かつ自身の見解、意見を打ち出していく能力って、とても必要になる、と思うんですよね。

あ。 んでも、そうなっていくための基礎力は、

やっぱりコツコツと自分で調べていくことから、だと思ってます。

んだから、基礎の基礎は国語辞典と漢和辞典。

んで、図鑑。地図帳。

んでもって、個々のジャンルの事典、、、で、だうでせう?

[ 2006/06/21 09:21 ] [ 編集 ]
Re:不純な動機で……(06/19)
きゃ~~\(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆>思惟ちゃん☆

ご無沙汰ごめんなさいっ。



そうかぁ、思惟ちゃん☆はしっかり愛用者でいらしたのね。

その【不純】な動機と、その【不純の度合い】をゆぅぅっくりお伺いしたいっす(笑)。

【私の】守護聖さま絡みだと信じておりますですよ~~(゚゜)\バキ☆。



 > 「ほーー、こんな言い方もあるのか」と面白く活用しています。



私もすぐに大先輩の跡を追いますっ☆☆☆

[ 2006/06/21 09:25 ] [ 編集 ]
Re:『 百科事典 』 買いますか、買いませんか?(06/19)
百科事典。

ワタシもオットも実家に揃っています。

でも我が家にはありません。

ワタシもセットで自宅にあった百科事典

興味のある分野しか見ませんでしたからねぇ

だもんで子供には ワタシとオットも実家にあるもののなかから自分の興味のあるものだけ持ってきて見ていました。

最近は 電子辞書の普及であのごっつい辞典 事典を購入する人って減っているのかな。。。



うちの子供たちの小学校 中学 は調べ物をネット検索禁止になっていることが多いです。

やっぱり まず本を探すことからが大切なんですね。

そういうワタシは 勉強中のハングル

辞典も買ったけどもっぱら使っているのは電子辞書。。。(笑)
[ 2006/06/21 09:35 ] [ 編集 ]
電子辞書
Urara0115さん

実は私は電子辞書には反対派だったのでした。



んでも、上の少年の高校では、高校でカシオの機種を推薦され、一括購入してから、

ちょっと観方が変わって来ましたです^^*☆

カシオのエクスワード。

たくさんの辞書が連動してて、表示のさせ方に工夫がしてあり、

当時としては画期的で魅力でしたですね。



辞書嫌いで全く引こうとしないお子たちよりは、電子辞書でゲーム感覚ででも

『判らないことがあったら【自ら】調べる』な習慣ができることって、

『いまどき』ではとても重要なことだと思うようになって来ました。



『日本語大辞典』マンセーな私も、実は、『通販生活』オリジナルの電子辞書が欲しい!

何処が違うかって?

まず『百科事典』が入っていることと、『健康生活』についての事典が入っているのでした(笑)。

[ 2006/06/21 10:28 ] [ 編集 ]
まずはチェック
をを☆>rain27jpさん



 > みなさんお勧めみたいなので、今度、実物を見てこようと思います。



風評に左右されず、まずは自分の目で確かめる!

さずが、敏腕で鳴らした元・広報委員長さんです。



私は、日記で上げた御方の紹介文とアマゾンの皆さんのレビューに居ても立ってもおれず、

即、ぽちっと押してしまいました(汗)。



長年、広告をつくる側に居てるくせに、謳い文句に弱い私(滝汗)。

[ 2006/06/21 10:32 ] [ 編集 ]
セレクトする楽しみ
現在もなお>tiara_pittさん



世代を跨いで読み継がれて、受け継がれていく百科事典、というのもまた、なんか嬉しいなぁ。

古いデータについては、ネットで新しいものを入手できたりしますし、

どうしても必要だ!と思うジャンルの専門書ちっく事典を新たに購入することもできますもんね。



ご両家のご実家では、「元を取ったなりぃ」なお気持ちでいっぱいでいらっしゃるのでは。

お子たちに、と思って購入された事典が、今や可愛い孫たちの手に、、って嬉しいよね。



 > うちの子供たちの小学校 中学 は調べ物をネット検索禁止になっていることが多いです。



そうなんですか?

こちらでは、「PCのない家はどーしろと?」って反発が最初の頃にはありましたが、

今はそういった声も全く聞かれなくなりました。

みんなの家に、在る、のかなぁ。。。

小中学校のPC室が活用されている、とは聞きますが。



 > やっぱり まず本を探すことからが大切なんですね。



ん、これはまず、絶対踏まえて欲しいですよね。

ハングルを勉強されてますですか~。

私は、少年たちと一緒に、また錆付いた英語を1から、、って思ってたのに、

もう付いていけなくなった。。。orz....

電子辞書、欲しいけれど、少年たちが1個ずつ持ってることを思うと、

自分用のなんて贅沢だ、と諦めてますぅ(涙)。



[ 2006/06/21 10:47 ] [ 編集 ]
電子辞書、補足
私が、『通販生活』のオリジナル電子辞書PW-9920が欲しい理由。



 > まず『百科事典』が入っていることと、『健康生活』についての事典が入っているのでした(笑)。



正しくは、



●『家庭の医学』

●『NHK ためしてガッテン 健康の知恵袋事典』

●『食材健康大事典』

●『血液サラサラ事典』

●『医者からもらった薬がわかる本』

●『正しい治療がわかる本』

●『こころの病気がわかる本』

●『サプリメント事典』

●『健康管理事典』 etc.etc.



 ↑ このラインナップ、凄くない??

[ 2006/06/21 10:58 ] [ 編集 ]
小学生用国語辞書
今朝、ムスコが「アンドロメダ」がでてな~い。

と騒いでました。ほんとだ。



ああ、大人用の辞書も天文図鑑も、子ども○○百科も並べておく時期が来たかもって。

それ、自己正当化。>自分
[ 2006/06/22 08:48 ] [ 編集 ]
アンドロメダ
嬉しい悲鳴ですね^^*☆>あそびすとさん



「アンドロメダ」、早速ご自慢の(笑)『日本語大辞典』でひいてみましたよん。

【アンドロメダ】

 ギリシャ神話のエチオピアの王女。

 海神ポセイドンへの人身御供として岸壁に縛られたが、、、、、

 ペルセウスに救われ、その妻となる。

【アンドロメダ-ぎんが】

 アンドロメダ座にある渦巻き星雲。北天でただ一つ肉眼で、、、、、五等級の明るさ。

 距離約200万光年。、

 (アンドロメダ-銀河の写真と撮影した天文台の名)

【アンドロメダ-ざ】

 北天の星座。ギリシャ神話の、、、、。南中の日時と面積の記載。

 (アンドロメダ座の図と姫の絵)



なかなか優秀。

これ引いただけでも、次々、ひいてみたくなるよね^^*☆



『日本語大辞典』も息子さんに如何ですか\(^o^)/☆

[ 2006/06/22 11:14 ] [ 編集 ]
私の:『 百科事典 』のイメージって、子供用でした
りうりうさん、TBありがとうございます。

りうりうさんの記事、みなさんのコメント、とっても参考になりました。

で、私のイメージしている百科事典って実家にあった物で、それって、みなさんのコメントから推測するに、、、どうも『子供用百科事典』だったみたい。だって、10冊もなかったはず。んで、図鑑のような雰囲気もありましたから。



みなさんのお話を伺い、とりあえず、今は図鑑かなあと思っています。日本語大辞典はまだはやいかな?(でも、自分がほしくなってる。こんど書店でぜひ見てみますね。)

あと、ふにふにさんの○○館シリーズの宇宙館をたまたま駅の書店で見ました。いいですねえ。夏休みにじっくりと親子でみたいと思わせる構成でした。

図鑑ETCもうすこし、ゆっくりと吟味します(^^)。
[ 2006/06/22 20:41 ] [ 編集 ]
楽しく悩もう!>mao真生さん
mao真生さん、お返事遅くなりましたm(__)m



mao真生さんの参考になるどころか、混乱させちゃったかも>ぢぶん。



んでも、それなりの値段のする百科事典、購入してしまえばもう返品はなかなかできませんもんね。

実際に色々と観て歩かれ、楽しく迷って、悩んで。

mao真生さんご自身が納得され、お子さまたちに1番イイ、と思えるものを選んで下さいね。



例え長くは使えなくても、大事な子ども時代に、ひとときでも夢中になれる、

何度も何度も繙いて、未知の世界にどっぷり漬かって楽しめる、そんな事典(図鑑)がいいなぁ。。。

[ 2006/06/29 08:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する