FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

出来杉くんを兄に持つ弟の悲哀 (2) ~私の失敗~



中学3年間、全教科殆どオール10(英語が時折9だった)の見事な成績で
卒業した兄と入れ違いに入学した仁。

その兄の担任の先生が仁の担任となり、家庭訪問の第一声で、私は愕然とする。
(以下、2月28日の日記より抜粋)


 >「たっくんパート2が来る、というから、皆で緊張し、楽しみに待ってたのに、
   なんじゃ、こりゃ。でした」
   
 >「おかあさん、なんぼか、さえんことでしょうが、まぁ、仁くんがフツーですから。
  余り気にされんように。 たっくんは、ちょっと出来杉でしたからね」

 >「まぁ、仁くんは、笑顔が良いですから。 あの笑顔で一生食べて行けますよ」


【私の失敗】
 ● 先生に言うべきこと、伝えるべきことを伝えないまま、
   「もう結構」と先生にお引取りいただいたこと。

 ● 憤懣やる方なく、つい、同じ小学校出身のおかあさんに話してしまったこと。

【結果】
 ● あっと言う間に広がり、
  「仁=なんじゃこりゃ」というネーミングが誕生してしまった。
 
 ● 担任の先生との間がぎくしゃくしてしまった。

【先生に伝えるべきだったこと】

 ●『たっくんパート2』
   「仁」は「仁」なのに、「たっくん」の「パート2」ってどういうことか?

 ●『皆で緊張し、楽しみに待ってたのに、なんじゃ、こりゃ。でした』
   「できる子」でないと「緊張」しないのか。「楽しみ」でないのか。
   「なんじゃこりゃ」って!!!!!!
    どう解釈しても、「がっかり」「期待外れ」としか受け取れない。

 ●『なんぼか、さえんことでしょう』
    んな訳ない。 私が、仁のあの屈託のない笑顔をどんなに愛しているか。
    たっくんの担任として1年間交流があったのに、
    私がどういう保護者だと思って、そんなことを言ったのか?

 ●『仁くんがフツー』
    フツーとかフツーでないとか、安易に言葉に出して欲しくない。
    何をもってフツーというのか、定義して覚悟してから遣って欲しい。

 ●『たっくんは、ちょっと出来杉でしたからね』
    仁を「フツー」にするために、たっくんを貶めるような表現は止めて欲しい。


  ◆◆◆

こんなにも、怒っていたのに。
どうしても、言わなくてはならなかったのに。

私は『たっくんパート2』というところから、眩暈がするような感覚に襲われ、
頭がくらくらとしてしまい、「今日はもう結構です」と機会を逃してしまう。

そのくせ、そのまんまを友人に愚痴ってしまった。
その友人もおそらく憤慨して、そのまた友人に話したのだと思う。
結局、残ったのは
仁の渾名としての『なんじゃこりゃ』。
そして、担任の先生との気まずさ。

最低最悪である。


  ◆◆◆

 
バスケット部で、「仁はのぉ、頭も背も、兄ちゃんの絞りカスじゃけん」と
言われた仁だが、持ち前の無敵な笑顔が炸裂し、
結局、先輩たちには大変可愛がられたようである。

この地ではミニバスがとても盛んで、全国レベルの選手が少なくない。
兄も弟も中学の部活でバスケを始めたため、出遅れること甚だしかった。

仁の入部早々、1年生からオール関西のメンバーに2人も選ばれた。
こんな高いレベルのクラブでは、仁は身長も体力もあまりないため、
とても続かないだろうと思っていた。

しかし、兄も頑張り通したからなのか、ずっと補欠で3年間頑張り通した。
たくさんたくさん惨めな想いをし、哀しい想いをしたようだが、
この頑張りには、何があっても褒め続けてあげたい。

結局、このクラブの練習に耐えぬいたことと、
このクラブのメンバーが、仁を助け、仁を支えてくれたと感じている。

                       (3)に続く…(続かんかも)



関連記事
スポンサーサイト



容赦ないですね
先生も子どもたちも容赦なく言ってきますねぇ。

りうりうさんも仁君もかなり心を痛めたでしょう・・

それにしても噂は広がるのが早すぎる!

うちの方でもそうですが。



仁君、強いじゃありませんか!

打たれ強い子はいいですよ!

3年間、がんばりぬいた仁君、最高!
[ 2005/03/06 07:45 ] [ 編集 ]
すごすぎ・・・・・!(00)!
ふにふにです。

むむむ・・・・ちょっと、いまどきの先生とは思わぬ発言ですね。いまどきは、かな~り気を使っているのでこのような発言は、先生としてはお兄様をほめたつもりなんだろうなあ。

でも、やっぱ、比較しちゃだめですよね。



私も兄弟を受け持ったり、クラブとかで上の子と知り合ったりして、兄弟の話をしたりしますが、比べるときはいいところを話すようにしています。

(兄)は****がいいよね。(妹)は、****がいいところだよね。兄弟でも違いますねー。とかいって。



少なくとも、片方だけほめるのは、担任として反則ですよ。でも、もしかしたら小学校から「仁君も兄に負けないくらいいいですよ」などという情報が行っていたのかもしれない。それでも、母に言うことじゃないでしょうとは思いますが。



自分も気をつけたいところです。

でも、母がお子さんそれぞれのよさをよく分かってれば、子供は強いですよ。

[ 2005/03/09 00:54 ] [ 編集 ]
RE:容赦ないですね(03/05)
bamukero3さん、コメントを有難うございました☆☆



>先生も子どもたちも容赦なく言ってきますねぇ。



子どもたちの容赦のなさって、まだまだ幼いから、なんでしょうね。

陰湿な形でなくて、良かった、と今では思っています。



バスケ部のみんなからの言葉は、一緒に練習をすることで、

段々と仁そのものを観て、識って貰えることで、

同じことを同じように言われても、仁も笑って受け流すことができるように

なっていったんだと思います。

そこには悪意というより、親しみが混じったからかい、を感じられたから。



でも、先生の場合は違いますね。

「先生」だし、大人であるはずだし、

「評価する側」なひとであるのですから。

子どもや保護者に与えてしまう影響はとても大きいことに、

気付いていて欲しいと思います。



>3年間、がんばりぬいた仁君、最高!

有難うございます(^^)☆

今日は最後の給食。 起床時から不調だったのですが、

「お別れクレープ」という献立が気になって、

遅刻しないよう、走って出掛けました☆
[ 2005/03/09 09:20 ] [ 編集 ]
RE:すごすぎ・・・・・!(00)!(03/05)
ふにふに1190さん、コメント有難うございました☆



>いまどきは、かな~り気を使っているのでこのような発言は、先生としてはお兄様をほめたつもりなんだろうなあ。

>でも、やっぱ、比較しちゃだめですよね。



兄を褒めたおつもりだったんでしょうか。

兄を1年担任し、難関校へ送り出した直後に仁を受け持ち、

「なんじゃ、こりゃ」と、つい本音を出された、みたいな嫌~な感じが致しました。

 (この先生には、私もかなりひねくれてしまってます)



兄弟姉妹を(口に出して)比べて育てる、ということは、

ひとを育むうえで最も避けなければならないことの1つだと思うのです。

ついつい、比べそうになってしまう親は、必死で踏みとどまり、

その子、その子をきちんと見ていこうと常に努力しているのに、

学校で、担任の先生が口にするはど~よ。

と、未だに怒ってたりします(私も執念深いなぁ)。



>でも、母がお子さんそれぞれのよさをよく分かってれば、子供は強いですよ。

そうですよね!

誰だって、褒められたい。 誰だって認められたい。

ここに自分が在ることを、しっかり見つめて欲しい。

いい大人の私自身がそうですから、子どもたちはどんなにそうであるか。

しっかり見つめて、しっかりしっかり褒めてあげたいですね☆☆

[ 2005/03/09 09:44 ] [ 編集 ]
Re:RE:すごすぎ・・・・・!(00)!(03/05)
りうりう**さん



>兄を褒めたおつもりだったんでしょうか。

>兄を1年担任し、難関校へ送り出した直後に仁を受け持ち、

>「なんじゃ、こりゃ」と、つい本音を出された、みたいな嫌~な感じが致しました。

> (この先生には、私もかなりひねくれてしまってます)





よっぽど言い方に、感情が露骨に出ていたとか、りうりう**さんが好意的に取れないようなやり取りだったんですね。

私も気をつけなくては・・・。やっぱり、担任との信頼関係が一番ですから。



こういう話が保護者ネットで回るんだな、きっと(T_T)

前の学校では、メールで一気にうわさが回ったと聞きました。ぜんぜん関係ない人が、事件?を知ってたりして・・・それも困りました。
[ 2005/03/09 15:52 ] [ 編集 ]
担任との信頼関係
ふにふに1190さ~ん、

bamukero3さんではないですが、私も「容赦がない」かも(汗)。



先生に「完璧」を求めるつもりはないのです。

んでも、子どもたちを教え導く「先生」たろうと

ご努力の片鱗さえ見えない(見せないではなく)先生には、

どうしても厳しい観方をしてしまいます。



この先生は上の少年の担任でしたが、その1年間でも

色々とありまして…ひとのことを絶対悪く言わない上の少年が

唯一苦手とし、唯一嫌っていた先生でもありました。

私自身は、PTA役員としてその先生を観て来ていました。



そのため、どうしてもその先生の発言は許せませんでした。

「容赦なく」許せなかったのに、その場できちんとそれを

伝えられなかった私は、やっぱりダメ保護者でした。

結果的には陰口をひろめてしまったことになりましたし…。。。



>こういう話が保護者ネットで回るんだな、きっと(T_T)



保護者ネットは恐るべし!

良いことや、PTAなどで本当に伝えたいことが

きちんと、迅速に伝わらないのは何故なんでしょう(=_=)。。。
[ 2005/03/09 23:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する