FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

バトル鉛筆物語



あれは6,7年前になるだろうか…。

子どもたちの間で、ドラゴンクエストのバトル鉛筆がとても流行った。

鉛筆の6面にドラクエのキャラと行動、HPの動きがそれぞれ印刷されており、
鉛筆サイコロのように転がして、出た指示に従って闘うのである。

我が家の少年たちは、ドラクエ大好き。(私も)
ご贔屓は勿論、可愛いスライムである。

当然の如く欲しがったが、我が家では、私がルール。


『 鉛筆は、文房具です。
  遊び目的の鉛筆を買い集めたり、鉛筆を玩具にして遊ぶのは許しません! 』

  

少年たちは、私が「NO!」と言ったら、
論破できるまでは、絶対ダメだと解っているので、
この件では、私に理が在ると悟り、諦めたようだった。


当時の少年たちのお小遣いは僅かなもので、
2人が1年間貯めてゲームソフトがやっと買えるような額。
少年たちは、いつもお小遣いを遣わずに貯め、ゲームソフトを買っていた。
彼らが虎の子のお小遣いで「バトル鉛筆を買ってもいい?」と申し出たのは
かつてないことであり、余程、欲しかった、ということなのであるが。


その夜、彼らは私に内緒で、夫にあることを頼んだ。
夫はそれを快諾し、私に内緒で、社内で毎日せっせとあるものを集め、
少年たちの元に運んだと言う。


それから何ヶ月も経ったある日。


楽しそうに、きゃぃきゃぃと笑い声をあげて少年たちが遊んでいたので、
何気なく後ろから覗きこんで、絶句した。


少年たちは、仲良く割り箸を転がして、遊んでいた。
その割り箸は使用済みのもので、
割り箸の表裏に1本1本ドラクエのキャラを描き、
ぎっしりと小さな字でキャラの行動やHPについて書いていたのである!


私が見つけたのに気付いた彼らは顔色を変え、
さっと持っていた箸を後手に隠した。

彼らの横には、彼らの手作りの『バトル鉛筆』が、
以前彼らにあげた細長いYOKU MOKUの缶に、大事そうにぎっしりと詰まっていた。



涙が噴き出る。

この子たちは、こんなにもバトル鉛筆で遊びたかった。
でも、ダメだと言った私に、あれ以上、言えなかった。

箸では、表か裏しかないし、転がしにくいはずである。

こんなに作っても、割り箸では、兄弟ふたりだけでしか遊べない。
恥ずかしくて、きっと友だちとは、これで一緒に遊べない。


何も言わず、泣いている私を見て、

「 …おかあさん?? 」

上の少年が、こわごわと私の顔を覗き込む。
飛んで逃げてた下の少年も戻って来る。

「 凄いじゃん。 隠さんでええんよ。 上手につくったねぇえ 」


ぱぁあっと、ふたりの顔が明るくなる。

「 そうでしょ? これ見て? 」 「 これはねぇ… 」

と、次々、自慢の作品を見せてくれる。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --


次の休みの日、私はバトル鉛筆を買いに出掛けた。


少年たちが余りにいとおしかったのと、
1本1本の箸を見て、行動バージョンが少ないのに気付いたからである。
よく考え、よく工夫して、涙ぐましいほどの出来映えではあったが、
やはり本物を実際に手にしてないため、限界がある、と感じたからでもあった。


しかし、もう、ドラクエのバトル鉛筆は何処にも売ってはいなかった。
ブームは去っていたのだった。
違うゲームキャラのものはあったが、それも僅かだった。

少年たちが可愛想で、そして私の頑なさに、また涙が出た。

あれほど欲しがってたのに、
一生懸命作りつづけた間に、ブームは終わっていた。

本物が手に入る頃には、もう売っていないだなんて。


このことを、ネット友人たちに話した。
そして、もし、重複してて不要なドラクエのバトル鉛筆があったら、
譲って欲しいとお願いした。

友人たちは、快く、お子たちの玩具箱を覗き、それぞれ送って下さった。


嬉しかった。 とても有難かった。

少年たちに渡したときの彼らの驚きと喜び!!
枕元に置いて眠っていたり、毎日毎日楽しく遊んでは、
色違いのYOKU MOKUの箱に、大事に納めていた。

でも、なんといっても割り箸にも愛着があり、
一緒くたにして遊んでいたようである。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ----


3月7日、私の日記で
下の少年が、兄のセンター受験時の鉛筆を貰って高校受験に臨んだ話から
この話になった。
私の友人たちは、覚えていてくれたのである。

私はすっかり忘れていて、恩知らずな自分に赤面した。



少年たちは覚えているだろうか。
きっと互いの机の引出しに、同じように大事に納めているに違いない。






関連記事
スポンサーサイト



ものは大切に!ですね
とっても微笑ましいです。

息子さんお二人ともほんとにいいお子さんたちですね。

私の友達に百人一首が高いから買わなかったんですが、

娘さんたちはやりたくて自分で札を作って、

自分で書いてやっていました。

その子たちに負けてしまったのが悔しい私です。(笑)

ご主人もナイス!ですね。

割り箸をせっせと集めて子どもたちに渡すなんて。

すぐに買うお父さんじゃなくてすばらしい教育をされる方だと思いました。

[ 2005/03/14 15:51 ] [ 編集 ]
涙が出たよ~
懐かしい話です。泣いちゃった。



あの後、私はやはり、いるものいらぬもの

子とよく話し合い、買ったつもりだが、

自分に甘いのを子によく指摘される(ーー;)

情けない母です。そして、よく物を無くす子です。

ただ、ブームは短く、ブーム後ならいくらでも

安く物が売買されると、子は知りましたね~
[ 2005/03/14 16:48 ] [ 編集 ]
Re:バトル鉛筆物語(03/14)
このことだったんですね、手作りバトル鉛筆って!

涙が止まりません・・・。

うちでも、

「お母さんが我が家のルールブックだから!」

なんて偉そうなこと言ってるのに、しょっちゅう改訂版が出される、いい加減なルールブックなんです。

りうりうさんの日記、小学生の道徳の教科書に載せてほしいなぁ・・・。

すっかり一ファン化しちゃってま~す^^

[ 2005/03/14 18:40 ] [ 編集 ]
Re:バトル鉛筆物語(03/14)
こんばんわ♪



こちらこそ、いつもありがとうございます♪



とても心温まるお話しですね。。

素敵なご家族に囲まれておられるのですね♪



下の少年くん

おめでとうございます!!

よかったですね♪



咲いた桜はこれから、次々につぼみをつけ

そして、キレイ花を咲かせるのでしょうね♪



りうりう**さんの上に

そして、りうりう**さんのご家族、周りの方たち

みなさんの上にこれからも幸せがたくさん訪れますように。。



[ 2005/03/14 20:52 ] [ 編集 ]
Re:バトル鉛筆物語(03/14)
素敵・・りうりうさんもお子さんも素敵です。

我慢することってとても大切だと思います。

きっと体で学んで、心でとらえてると思います。

立派なお子さんに成長していくんでしょうね。

いいな、いいなぁ・・。



PTAのこと、飛べるようにしてみました。

よかったら・・。

日記リンクいただいて帰ります。

これからも日記楽しみにしています。
[ 2005/03/14 21:11 ] [ 編集 ]
今も昔も素敵なお話
 私もこの話、覚えてます~。懐かしい~。

 何で当時子どももいなくて「バトル鉛筆とはなんぞや?」すらわからなかった私が覚えているかっていうと、りうりうさんの「鉛筆をおもちゃにしてはいけない」というルールにちゃんとに従っていたお子さんたちを「すばらしい」と思ったのと、やっぱり買ってやりたいと思ったりうりうさんのことも素敵だと思ったからです。

 あの時も素敵なお話だと思ったけど、子どもに恵まれてからだとより一層いろんな意味で心にずしんときますね、このお話。



 私もこんな親子になりたいです。やっぱり子は親を見て育つのかな。自信なし(^^;)。
[ 2005/03/14 22:33 ] [ 編集 ]
Re:バトル鉛筆物語(03/14)
あのバトル鉛筆の事は、本当に私にとっては心に残る事だったので。

ウチの息子はろくに遊びもせずに、すぐに削って使ってました。半分くらいになったものが机に引き出しに無造作に入っていて、これは息子だけが悪いんじゃなく、私も……と愕然としました。

二人のお子さんがこんなに素晴らしい子どもたちなのは、

りうりうちゃんのせいよ。(せいよって変な言い方だな(^^;)

[ 2005/03/14 23:38 ] [ 編集 ]
フラッシュバックしました
通勤電車の中でこのお話を読みました。自然に涙が伝う自分に「なぜだろう」と思ったのですが、コメントを拝見するとみなさん涙ぐんでいらっしゃる。。。あー、やっぱり。

このお話にはしつけのすばらしさもだけど、そのほかにも家族愛とかいろんなものがつまっています。すごく奥の深いお話です。

物を大事にすると言うしつけの面に関しては、私はすでに反省、失敗だらけ(--;)
[ 2005/03/15 05:24 ] [ 編集 ]
夫まで褒めて下さって有難う☆☆
bamukero3さん、いつも有難うございます☆

私の日記に殆ど登場しない夫を見て下さって、有難うございます☆



>すぐに買うお父さんじゃなくて

先日、仁が小暴れした翌日、

仁の大好きなシュークリームを買って帰ってました。

勤務先から直通電車で帰らず、途中下車して、

わざわざ買って来たのでした。

…それでも仁の機嫌は戻らず、お気の毒でした。



百人一首を手作りされたお話も凄いですね~!

絵札も描いてたら、大変なことになりますね。



私の高校の修学旅行で、持参禁止されてる麻雀パイ(当たり前だ!)を

全部、消しゴムでつくってきたおバカな奴がおりまして、

コロコロという音で皆脱力。

見張りでやってきた先生も爆笑してました。

「お前…、他にやるこたぁないんか!」

奴は当然の如く、ゲンコツは食らいましたが、消しゴムの力作は没収されませんでした。

粋な先生ですよね。(笑)
[ 2005/03/15 16:47 ] [ 編集 ]
RE:涙が出たよ~
ネコの目さん、私も書きながら、泣いちゃった。

なんとムゴい話よのぉって。

なのに、皆さんのコメントが、みんな感動ものなので、

ちょっと困っています。



健気な少年たちは褒められても、私が褒められるお話ぢゃないですよね。

結局、私は鉛筆を少年たちに渡しているのですから。



>自分に甘いのを子によく指摘される(ーー;)



ああああああ!! 耳が痛い~~~~~!!!



少年たちは、私を横目で見つつ、

【早く大人になってやる!】と強く強く思っているようです。

ま、反面教師ってことで(゚゜)\バキ☆
[ 2005/03/15 16:52 ] [ 編集 ]
道徳…!!!
arue718さ~ん。

私も日記書きながら、涙が止まりませんでしたよぉ。

なんとムゴい、鬼母よのぉ、と。

懺悔の気持ちで書きました。



>りうりうさんの日記、小学生の道徳の教科書に載せてほしいなぁ・・・。



鬼母にいぢめられる、健気な少年たち??

う"~ん、それでは、日本おとぎ話になってしまふ。。。
[ 2005/03/15 16:55 ] [ 編集 ]
いのち芽吹く春☆
* sora *さん、わざわざお越し下さって有難うございます☆☆

* sora *さんのページそのものの、

やさしいやさしいメッセージを有難うございました☆☆



仁も、やっと苦しかったトンネルを抜け出せそうです。

ようやく春の息吹を兄弟で感じ、

夢と希望と、決意を胸に、

訪れた春を満喫することができそうです。



冬の空から、春の空に。

冬のこころから、春のこころに。



全てのひとに感謝しつつ。。。。

いのちの芽吹く春を楽しみたいです☆
[ 2005/03/15 17:02 ] [ 編集 ]
こままさん、有難う☆☆
こまま1023さん、有難うございました☆☆

私は随分、少年たちに教えて貰って来ました。



>我慢することってとても大切だと思います。



私もずっとそう思って来ました。

私もそうやって育って来ましたし。

んでも、ちょっと我慢させすぎかも知れません。



おさがりの衣服の話。 小学校時代の靴の話。

ランドセルの話。。。

たくさんたくさん、同パターンでこの手の話は山のようにあります。



でも、やっとやっと買って貰って、

とてもとても喜んで、枕元に置いて寝たり、

抱きしめて眠ってたりすると、

やっぱり「望んだものが手に入るとは限らない」と識ることは

大事だよね、って思うのです。



ただ、我が家の場合は、

「望んだものが、手に入る場合【も】ある」って感じだったかも……。
[ 2005/03/15 17:10 ] [ 編集 ]
RE:今も昔も素敵なお話(03/14)
ねこちっちさん☆

覚えてて下さってて、コメントも下さり、有難うございます☆☆



う"~ん、これは、私の見事なまでの失敗談なんです。

それを素敵、と言っていただきますと、

穴を掘って地の底まで潜ってしまいたくなりますです。



> 私もこんな親子になりたいです。やっぱり子は親を見て育つのかな。自信なし(^^;)。



くぅぅ。

とても残念で悔しいのですが、

少年たちの純朴なところは、当然【 夫 】を見て、

育っているようです(T_T)(T_T)(T_T)。
[ 2005/03/15 17:15 ] [ 編集 ]
やっと書けたよ~~(T^T)
わ~ぃ、思惟ちゃん、やっと書けたよ~~(T^T)。

哀しかったあのとき、

すぐに皆さんから手を差し伸べて貰って、助けて貰ったのに、

見事にコロっと忘れてた、恩知らずな私をお許し下さい。



思惟ちゃんがバトル鉛筆のことを書いて下さったのを読んだ時、

それこそ愕然と致しましたです。 もう赤面。



>りうりうちゃんのせいよ。

う"~ん、、、やっぱり、【夫のせい】だわ。

私だったら、こっそり貯金おろして、

文房具屋さんに走って行ってたような気が………(汗だくだく)
[ 2005/03/15 17:30 ] [ 編集 ]
kojimaoさん、有難う☆☆
kojimaoさんってば、褒めすぎですぅ。



私の半端な失敗談の底の底まで、奥深く読んで下さったkojimaoさんの方が

素晴らしい、と私は感じさせていただきました。



おまけに、私はこの話を思惟ちゃんから言われるまで、

全く見事に忘れ切っていて。。。。



あぁ、穴を掘って埋まりたい………(__;)。
[ 2005/03/15 17:44 ] [ 編集 ]
ありがとうございました
りうりう**さん、素敵なエピソードですね・・・・・☆



読みながら、幼い頃のお子様たちのいじらしさに胸をうたれ、自然と涙がこぼれました。本当に素晴らしいお父さま、お母さま・・・・・見習わねばと思います。



心ある教育をせねばと思いつつ、日々に流されてしまってきた自分の過去を悔やんだりもしています。こちらの価値観を押し付けるだけでなく、共感し、共に考えることこそ必要なのかもしれませんね。



昨日、友人と「子供の判断力」について話していました。教え込むことより、本人に選択を任せ、判断させていくことの積み重ねが大切なのに、それが足りない(特に長男かな)ということを痛感しています。4人目の子にしてそんなことを切実に考えられる心のゆとりがある”今”があること(少々遅きに失していますが)を有難く思っています
[ 2005/05/01 09:25 ] [ 編集 ]
親の価値観を押し付ける、ということ
かずまま13さん、頑なな私のお恥ずかしい失敗談に、あたたかなコメントを有難うございました☆

(ドタバタしており、お返事が遅れて大変ご無礼致しました!)



んで、それでも私は、いまに至っても、やはり私自身の価値観を、

私の1番近しいひとたちであるはずの自分の家族に理解して欲しいと願いますし、

できれば、共感し、共に歩んで欲しいと思っています。



一方的な押し付けは良くないことですが、

私の出来る得る限りの努力をし、少年たちに伝えて行きたい。

殊に「自分の言動には、常に、責任と義務が伴う」ということだけは、

これは徹底的に「教え込み」ます。



そして、少年たちには、

私を含め、他者の価値観をきちんと識り、判断し、選択していく力を身につけ、

自分の価値観をしっかり培っていって欲しいと願っています。



そのためには、、、

やはり少年たちにとって一番身近な「大人」である私たちが

しっかりと日々を歩んで行くこと、ではないか、と感じ、

日々、悪戦苦闘中です。。。。

 (時折、も~ダメだぁ、、、私を反面教師にしてね、と思ったり(゚゜)\バキ☆)



でも!!

自分の視点の位置は、本当に間違っていないか?

そこまでこだわる自分の価値観、違ってないか?

そのチェックは、いつだって必要なことですよね。

ついつい自分自身に甘いこと、改めなくては~~!と思っています。

[ 2005/05/04 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する