FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

〇高なら良いのか?



昨日、下の少年にたくさんの「おめでとう」を本当に有難うございました☆
仁と一緒に苦しかった日々が浮かんでは消え……。

でも、これは仁のスタート。
ゴールではないから、泣かずにいよう、と決め、、、
また、改めて御礼に伺わせていただきます。 有難うございました☆☆ 


現在、中学PTAの次期役員選出に向け、大揉めに揉めており、
昼も夜も出たり入ったりが続いておりますので、ご無礼の段、お許し下さい。
PTAのすったもんだは、また日記に書くことになろうかと思います。
…というより、「絶対、書いてヤル!!!」

様々な交渉状況での数々の暴言や余りな衝撃事件は、
この際、ネタだネタだ~~!!ヽ(`Д´)ノ … と面白がることにしました。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --



現在、徐々に浮上しつつある仁に、蔭からこっそりこっそり

「ふぁいとぉ~!」と声をかけています。



ただ、彼自身にも私自身にも整理しなければならないことがひとつ。


同じ普通科でも、
彼の志望ではなかった「国際文理」に受かったということ。



H高の国際文理を目指し、
頑張って頑張って勉強してきた子どもたちが在るなかで、
仁は、そうではなかった。

ただ、H高に行きたかった。



H高は、父や伯父の出身校であり、文武両道に力を入れている進学校であり、
バスケットも県体出場を狙えるくらいのほどほどの位置にある。

何より、体力のない仁にとってはギリギリの通学距離であり、
私たちにとっても公立であることは有難かった。

そして、私は、
H高を選ぶのなら、普通コースより国際文理へと進んで欲しいという
願いは持っていた。

大学受験のための英語ではなく、
真の語学力を身に付けて欲しかったからである。


我が家の辞書には、経済状況から、
国公立以外の選択肢はない。

そして、信条から、
高校大学を問わず、偏差値で志望校や志望コースを決定するようなことは
しない、させない。



仁は、ただH高に行きたかった。

国際文理に、熱い想いも深い想いもなく、
志願書の第二志望欄に「 国際文理コース 」と記入した。


仁には、それを忘れることなく、

しかし、卑屈になることなく。


選ばれたものとして、
選んでもらったものとして、
胸を張って、国際文理の道を歩んで欲しい。






関連記事
スポンサーサイト



Re:〇高なら良いのか?(03/16)
あーー!暴言集が楽しみですわぁ(笑)。

ネタ、いっぱいお待ちしてます。



偏差値では決めない!素晴らしい!

うちの息子もそういう高校に出会って欲しいです。

行きたい場所があるって事が一番ですね。

[ 2005/03/16 13:37 ] [ 編集 ]
Re:〇高なら良いのか?(03/16)
遅ればせながら、仁くん、合格おめでとうございます!



「偏差値で、志望校や志望コースを決定するようなことはしないし、させない」

なかなかできないことですね。

偏差値では決めるようなことはしませんが、正直なところ、偏差値も考慮に入れて考えてしまいます。



うちの長男は、中学受験以後、とんがっている時期のせいもあってか、権力志向が強いです。

よく会話の中で、偏差値がどうのこうのというので、そのたびに父親に、

「いい大学に行ってなんにすりゃぁ~。どこの大学を出たかが大事じゃないんじゃぁ!」

と言われております。



仁君の新しいスタートは、H校の国際文理から始まるんですね。

熱い想いなんてないところから、思いもよらない素晴らしい花が咲くなんて、珍しくないこと。

仁君にも、そうであってほしい、いえいえ、必ずやそうなると信じてます!!
[ 2005/03/16 16:37 ] [ 編集 ]
Re:〇高なら良いのか?(03/16)
「選ばれたものとして、

 選んでもらったものとして、

 胸を張って、国際文理の道を歩んで欲しい。」



うん。ふにふにも同感です。

心から、エールを送ります。
[ 2005/03/16 22:36 ] [ 編集 ]
Re:〇高なら良いのか?(03/16)
仁くん、合格おめでとうございます!

合格発表の3人、目に浮かぶようです。

それにしてもお母さんのいつも冷静な受け答え

惚れ惚れしますぅ~



親のわたしたちが忍耐力がなくて

我が家は早々私立の推薦にしたため

みんなが必死で勉強している間

ず~っとゆるみっぱなしでした。



次男は2年後。果たしてどんな兄弟の会話が聞かれるのか。。。



PTA最後までたいへんなことになっていそうですね。

レポ(?)楽しみに(?)しています!
[ 2005/03/16 22:36 ] [ 編集 ]
Re:〇高なら良いのか?(03/16)
りうりうさんの日記楽しみにしています。

お兄さんと弟さん、ふたりの関係が

とても素敵です…



私も男の子ふたりの母として

いいなぁと思いながら読ませていただいてます。



まだまだ、幼いふたりの息子が

これから仲良く、いい関係でいてくれる事

それが私のいちばんの願いです…



[ 2005/03/16 23:12 ] [ 編集 ]
COMING SOON !?
こまま1023さん、暴言集へのご期待、有難うございます??

ネタ袋が破裂しそうです(T_T)。



>行きたい場所があるって事が一番ですね。

私もそう思っています☆

んで、そのためには、どんなところにどんな学校があって、

どんな校風のもとに、どんな生徒さんたちが、

どんなふうに学んでいるか。

知らなくちゃいけませんよね。



義務教育を終えようとする子どもたちの、未来に向けての第一歩。

子どもたちが、保護者が、いつでも

目と耳を皿とダンボにして、正確な情報を入手でき、

将来への展望拓ける進路(学校だけでなく)が自在に選択できるよう。



私たちも努力し、

中学校も努力しなくっちゃ、と切に思います。
[ 2005/03/17 00:30 ] [ 編集 ]
ぶっつぶしたい偏差値社会。
arue718さ~ん、コメント有難うございます☆☆



偏差値について今、私が語り始めると、途轍もないものになりそうなので自粛します。。。

現実問題として厳然とありますもんね。。。。



ご夫君がきちんと息子さんと語り合われてて、素敵です☆

全て全て、中身で勝負!

社会も【中身が勝負】な社会でありたいですね。

変えていくのは、私たち。

そして、時代を担う子どもたち。



>熱い想いなんてないところから、思いもよらない素晴らしい花が咲くなんて、珍しくないこと。



そうあって欲しい、と心から願っています。

エールを本当に有難うございます☆☆
[ 2005/03/17 00:43 ] [ 編集 ]
ふにふにさん、有難う☆☆
ふにふに1190さん、エールを有難うございます☆☆



>「選ばれたものとして、

> 選んでもらったものとして、

> 胸を張って、国際文理の道を歩んで欲しい。」



私は、根拠のない選民主義的なものの考え方、捉え方って、とてもとても嫌なのです。



んでも、あるところに志願し、それに向けて努力し、選考されて残ったものは、

そこに至るまでの決意と、実現に向けての努力にだけは、

心に誇りを持ってていいと思うし、持つべきでもあるように思います。

他を蹴落として勝ち得た者には、それから先の道程にも

責任があると思うから。



だもんで、私にしては「選ぶ」とか「選ばれる」とか、

ちょっと思い切った書き方をしました。

その部分に共感して下さり、エールを下さって、嬉しかったです。

有難うございました☆☆
[ 2005/03/17 00:55 ] [ 編集 ]
踏ん張りました(汗だくだく)。
Urara0115さん、おめでとうを有難うございます☆☆



せっかく惚れ惚れ?していただいたのに、残念!!

実際のところ、動揺しまくりで、

でもここで、私がハズしてしまっては、仁がどうにかなりそうで、

必死で踏ん張ったつもりだったのですが、

間違った踏ん張り方をしたのかも知れないと、

内心は、冷汗に脂汗がたらたらでした。



どっしりと、大らかな肝っ玉かあちゃんで在りたいのですが、

外見ばかりが太くって、

内心は右往左往のエンピツさんです。。。。



>レポ(?)楽しみに(?)しています!

COMING SOON です????

18日夜が一番モメてる地区会議なので、

今から阿鼻叫喚に備え、鎧を準備しようかと…。。
[ 2005/03/17 01:10 ] [ 編集 ]
兄弟☆
*苺milk*さん、いつも有難うございます(^^)☆



男性は幾つになってもやんちゃ坊主、なんていいますけど、

うちの兄弟も、幾つになってもコロコロとじゃれ合って、可愛いです☆

それは、偏に素晴らしい忍耐力を持つ兄のお蔭なのでしょうけれど。

どうも、父親のような気分で居るようですよ。

時折、夫の方が子どもだわ、と思いますもん(笑)。



*苺milk*さんのところも、可愛い可愛いおふたりですね。

いつも笑顔弾ける家庭であるよう、

私たちが守らなくてはいけないもの。

そのためには場合によっては闘わなくてはならないもの。

子どもたちが大きくなるのに比例するように、

じゃらじゃら出て来るんですよね。



で、私の場合。

一番闘わなくてはならないものが、この私自身でした……(__;)
[ 2005/03/17 01:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する