FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

かの地域では。。。。。






本日は思いがけなく大雪となり、我が町を通るJRは3時間ストップ中。

下の少年は、同じクラブのおかあさんが、車で送って下さることになり、感謝感謝である。



仕事が忙しく、日中、会社の同僚と盛んにメールでやり取りをしていたなかで、
ぽろっと同僚がこぼす。



    この雪の中、集団下校の当番に当たったので、
    そろそろ帰宅せねばならない、と。



彼女は、あの悲惨な事件の起こった小学校にお子たちが通っている。


事件後、毎日集団登下校をしているのか、訊ねてみる。
そして、うちの町としての取り組みを伝えてみた。


返って来た彼女のメールは、涙なしには読めなかった。



あの小学校では、随分と煮詰まっていた。。。。!!



曰く、


   新しく建ったマンションが多いために、
   なかなか地元の町内会の方々の協力がいただけない。

   集団登下校だと、ご迷惑をお掛けすることが多いようで、
   町内より、苦情も出ている。

   当番の日は、
   子どもたちをきちんと整列させ、
   「 おしゃべり禁止 」と、
   子どもたちをずっとガミガミ叱らねばならず、とても辛い。


   取りあえず、あの事件から1年間。

   子どもたちが自分たちだけで集団登下校を安全に行えるようになることを目標に、
   保護者の付き添い当番での集団登下校体制を続ける予定であること。

   上級生が下級生の面倒を見たり、
   地域の方に見守られながらルールを守って登下校できるように指導していく、とのことで、

   まずは1年、と区切られたことで、
   少し気持ちが楽になり、頑張ろう、と思っている、と。

   悲しい事件のことを忘れず、出来る限り協力していこうと思っている、と。



はぅぅ。。。(悲)


実際に、悲惨な事件が起こった町でも、
既に、毎日の子どもたちの集団登下校が、いろんな形で歪みを生み、
保護者も、地域も疲弊し、
子どもたちも楽しくない毎日を強いられている。



まして、危機感の薄い地域では、どうだろう。

さまざまな、さまざまな、ことが、
PTA役員さんの肩にのしかかってはいないか。


。。。。。。。。


。。。。。


。。。。。   う"~。。。 ふぁいとぉ>ぢぶん。

ペン大雪



関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/02/06 20:37 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(9)
Re:かの地域では。。。。。(02/06)
地元だけに悩みも深いのでしょうか。父母ともにお仕事をされているご家庭はなおさらお悩みではないかと思います。



ウチはまだ幼稚園児。PTAとは無縁です。でも先日「子ども見守り隊」募集のお知らせが町内会で回ってきました。当番とかではなく、ただ登下校の時間に意識して見るという趣旨で、腕章などが配布されるようです。応募しようかなと思っています。



集団登下校ですが、ウチの幼稚園はまさに集団通園です。コースごとに先生一名とコース人数によって父母が当番でつきます。ちなみにウチは最も遠い地域になるので、幼稚園児の足で集合場所から園まで40分歩いています。



町内にご迷惑とはどんなことなのでしょうか?



幼稚園は選んでそこに入っているので、親たちが前提としている分、小学校とは違いますが。

何しろ3歳児などは手をつないで整列させ、交通ルールを守ってひたすら歩くのは最初の2ヶ月は大変です。

でも年長・年中の子どもたちは、それなりに年少を守るという意識もあり(年少の子は必ず年上の子と手をつなぐ)、面倒を見てくれるようになります。もちろんふざける子もいますが、先生、当番、そして他の子が注意したりなだめたりで、大きな問題は(あまり)起こりません。

コース途中のお店や工事現場の方などにも、子どもたちが毎日挨拶をしますので、(多分)好意的に見てくださいます。



ただ、小学生ともなれば色々な内面の悩みもあれば、一人、または友達同士で話したりふざけたりしながら家路に向かう自由がなくなるのは、可哀想だとは思います。

「がみがみしながら整列させる」のも子どもたちが慣れる間の辛抱ではないかとも思います。



あくまでも集団通園を選んだ家庭の話なので、とっても見当違いかも知れませんが…。

何より父母の協力ですね。
[ 2006/02/06 21:51 ] [ 編集 ]
Re[1]:かの地域では。。。。。(02/06)
ゆうやけぐもさん

互いに仕事中のメールだったので、余りつっこんで聞くこともできなかったのですが、



 > 町内にご迷惑とはどんなことなのでしょうか?



私の経験上からですと、

幼稚園さんの集団通園も大変でしょうけれども、小学生の集団登校もなかなか大変です。



遊びたい盛り。

友人関係がそれなりに複雑。(一緒に歩きたくない、とか)

おとなの言うことを聞かない。

むしろ、目を盗んで何ができるか(どんな悪戯ができるか)、といったゲームをする。



具体的な迷惑、となれば、わぃわぃガヤガヤ「煩い」というのが1番なのでしょうが、

例えば、傘をガガガガ、引き摺って歩いてみたり、

(お子たちが小さくて、どうしても引き摺っちゃう、というのもあります)

引き摺るついでに、家のブロック塀や壁に、ガガガと傘を押し当てて、傷をつけてみたり、

小石を蹴りながら歩く、大人の目を盗んで小石を家の中に蹴り込む、投げ込む。

チラシなどをくしゃくしゃに丸め込んで握っておき、目当ての家(固定化されてる場合多し)へ

必ず投げ込んで行く。。。。



天使のようなお子たちではないですから、ありとあらゆることが考えられますです。

それに毎日、毎日、ですもんね。。。

集団だとエスカレートしていったり、鬱憤も溜まっていくのではないでしょうか。。。



「子ども見守り隊」に応募されるかも知れないとの由。

有難うございます☆☆

保護者だけではどうにもならない。回らない。

地域の方々に助けていただかねば、どうにもならない。



んでも、保護者も私たちも、普段から地域住民としての

果たすべきこと、

できることをしていてこそのお願いですよね。



急速に大きくなった地域では、学校も皆の「母校」という訳でもなく、結束もしにくいと思います。

次代を担う子どもたちですら、地域の核となれない。

「おとな」の知恵と力の試される、厳しく困難な時代ですね。

[ 2006/02/06 23:22 ] [ 編集 ]
Re:かの地域では。。。。。(02/06)
わが市では僕が子どもの頃から「集団登校」は当たり前なんです。

『班』と呼ばれる単位(通常は自治会)で、指定場所に集合。

そこに、当番の保護者がみんなが揃ったのを確認して学校に送り出す。

この際に、遅刻、欠席は必ず、集合時間までに、保護者が責任を持って連絡します。



そして、6年生の子がリーダーとなって大体2列で登校します。

不思議と、列から離れたりすることはないですね。

うちの班では、今は交通事故多発の交差点2箇所まで1名の保護者が付き添う。もう1名の保護者がその交差点で待ちうけ、保護者2名で交差点を渡します。



なので、バラバラでの登校は信じられません。



>子どもたちをきちんと整列させ、

「 おしゃべり禁止 」と、

子どもたちをずっとガミガミ叱らねばならず、とても辛い。



何故、「おしゃべり禁止」なんですかね?

2列縦隊で登校する時も隣の子とお話ぐらいはしますけど、列を乱したり、騒いだりすると上級生が注意

する事になってます。



確かに新しい事に挑戦するのは、多大な負担をかけますよね。

それが、当たり前に根付くまでは長い年月が掛かるんですね。



早く、子どもたちに笑顔が戻るといいですね。

そのために、りうりう姐がいるんですもの!
[ 2006/02/07 00:31 ] [ 編集 ]
市ぐるみで築かれたもの。
ご幼少の砌(笑)より>エイクマンさん

「集団登下校」の習慣のなかった私などは、



 > わが市では僕が子どもの頃から「集団登校」は当たり前なんです。



ひぇえ! です。

子どもたちの「自由」な形態は復路のみ、が「フツー」でいらっしゃるのですね。

今は、下校時をシステム化されている最中でいらっしゃるのでしょうか。



今の時代、朝の集団登校を別に窮屈と思わず、それが【常態】として皆に認識され、

全市でずっと徹底されて来たことって、凄いなぁとまず思います。

(そんななかで、私学に通うお子たちって、また別に親子共々凄いパワーが要るだろうな、とも)



年長のお子が年少のお子に、常にこころを配り、守り、地域の単位で育って行く。

おそらく本当は当たり前のこと、が、市と地域の財産になっておられると思います。

良きところ、ずっとずっと無くしたくないですね。



 > 何故、「おしゃべり禁止」なんですかね?



お喋りもピンキリなのではないでしょうか?

また、毎日同時刻にきゃぃきゃぃと聞こえれば、神経に障る家々も在るのかも知れませんし、

理屈抜きで「子ども」が嫌いなお宅、というのも、哀しいかな、確かに在る、のです。



そのお宅お宅の事情も色々と在られるでしょうし、

子どもたちの家族=近頃の若いもんのせい、であることも在るのではないかしら。。。



子ども会の会長であったとき、私が1番頭を悩ませたのは、ラジオ体操でした。

会場の近くの家々からは、毎年必ず苦情が出ましたし、

早朝の子どもたちの話し声は、忌み嫌われていた感じでしたし、

「ラジオ体操反対運動」なるものも蔭で行われる始末。



 > 早く、子どもたちに笑顔が戻るといいですね。

 > そのために、りうりう姐がいるんですもの!



ぅぐぐぐ~~~~??



何はともあれ、一歩、一歩、、、ですよね。

続いてなんぼ。 動いてなんぼ。 ふぁいとぉ>ぢぶん

[ 2006/02/07 01:43 ] [ 編集 ]
ちょうど・・・
 今朝のA新聞に、下校時の子どもたちの見守りを保護者だけで行うことの限界が掲載してありました。



 ウチの小学校の場合、実は、昨年度は、不審者情報が多発したので、小・中・高学年に分かれたグループ下校を行い、数分後に、先生方が自転車で、通学路をチェックされていました。本年度にはいっても、グループ下校体制は継続されています。ただ、昨年までは、希望者を対象に、算数や体育、国語などの補習をしていただけていたのですが、その授業がなくなり、「子どもたちを定刻に帰す」こととなりました。学校からは、定刻に集団で子どもたちを送り出すので、後は、おうちのほうで、迎えに出るなり、帰宅を確認する方法をとってください・・・と、いう事です。



 安全マップも製作され、希望者には、「子どもの安全パトロール中」という、自動車に取り付けるマグネットも製作していただきました。(これが、保護者からの要請ではないところが、不思議な地域です。)保護者の意識を全て同じ方向に向け、それを継続するのは、かなり無理がある気がします。やはり、最初は、「出来る人が出来ることから」からはじまって、地域や行政、企業の力まで借りれるまで、辛抱強く継続しなければならないんでしょうね。



 とはいえ、私は、身近で事件に巻き込まれていないので、こんな考えでいられるのでしょう。身近で事件にあわれ、切羽詰っておられる地域の皆様の心中、お察し申し上げます。
[ 2006/02/07 09:50 ] [ 編集 ]
Re:ちょうど・・・(02/06)
をを☆>しろぶーさん

そうです、その記事です! ご一緒に読んでましたのですね^^*☆



しろぶーさんちでは、勝手に保護者が迎えに来い体制で、集団下校は全然できてない、

みたいな感じで書かれてたように記憶してましたが、

当初、学校側はあれこれと

取り組まれていたのですね。



こうした学校の取り組みと、保護者とがうまく連動できれば、色んな動きやうねりが生まれそう。

(あ、ボランティア活動は生まれてたのに、ダメダメPTAが潰したのか。。。orz....)

しろぶーさん、ふぁいとですぅぅ☆☆



悲しい事件が起こってしまったら、

もう2度と起こさないよう努力することが、その事件に学ぶってことですもんね。

長丁場をどう継続させ、定着させ、やがては、それが要らなくなる社会にしていくか。

やっぱり、私たちひとりひとりにかかっていそうです。。。。。

[ 2006/02/07 11:38 ] [ 編集 ]
集団登校でした
私が小3でこの地に転校してきた時

集団登校を初めて経験しました。

小柄な私は、大きな6年生についていけず

帰宅してから、歩く練習をさせられました。

前の人と同じ歩幅で歩くように言われ、特訓しました。

ウチの子供達、そして、今も集団登校です。



中学生になり、自転車通学。

「帰宅時は一人にならない」という文書が学校より出ましたが、それは無理でしょうと、一人突っ込みをしていた私です。

この辺りでは、ウォーキングされている人がいます。

暗がりの公園でタバコをすっている高校生を注意してくださった事もあると聞きました。

その後、その公園に街灯が付きました。



以前、教頭先生が、巡回をしていると言うだけでも犯罪は防げるとおっしゃっていました。



今、仕事で改革(?)を皆で考えている矢先

「自分がやらなきゃ、誰がやる」精神で、立ち向かっていかなければ、よい方向には行かないと教えられ、自分達が今考えている事が、まだまだ浅い内容であることに気付かされ、凹んでいます。



でも、私達が動かなければ・・・

。。。。。ふぁいとです。。。。。

[ 2006/02/07 18:31 ] [ 編集 ]
Re:集団登校でした(02/06)
てんてこmyさんちも歴史のある集団登校でいらっしゃるんですね。



 > 帰宅してから、歩く練習をさせられました。



あのぅ。。。こ、これは、6年生に言われて?

それとも、付き添いで見てらしたおかあさまに言われて?

そのときは、お辛かった? とにかく懸命?



 > 前の人と同じ歩幅で歩くように言われ、特訓しました。



 ↑ どんなきびきび集団登校か、目に見えるようですね。

最近は、遠足でもここまで、きちんと列をつくって歩かないような。。。。



それともお土地柄かしらん。。?

この地では、古いくせして(゚゜)\バキ☆、運動会での入場行進など、全然できてないし、

ラジオ体操とかもだぁだぁ。

こゆの、私、生理的にダメなんですよ~~~。





 > 自分達が今考えている事が、まだまだ浅い内容であることに気付かされ、凹んでいます。



ぅぅ。 ふぁいとですね!

浅くても。 思惟を重ねて練り上げられていくんですよ~~☆☆

方向さえ間違ってなければ! ふぁいとですぅ!!

[ 2006/02/07 22:02 ] [ 編集 ]
静養のりうりうさまへ
>あのぅ。。。こ、これは、6年生に言われて?



6年生です。

お休みの日だったと思います。

「イッチニ、イッチニ・・」

「前の人の足を見ながら」

登校班の子を集めての練習でした。

歩くのが遅い私は特訓を受けました。

その時は辛かった。

でも、今の子達の歩き方を見ているとイライラするのは、あの時の練習があったからなのでしょうね。



お仕事もされていたのですよね。

24時間じゃ足りないくらいお忙しくされていらっしゃるのでしょうね。

お目々を大切に~。

[ 2006/02/08 13:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する