FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

集団下校と学童保育






6日7日と、集団下校の現場の声をレポートした。


昨日、また、かの地域の小学校へお子たちを通わせている同僚からメールが届いた。



同僚はフルで働いているので、お迎えの当番に当たると会社を早退して行くのだが、

うちの会社は、有難いことに、懸命に努力する男性と努力する女性の味方(感謝)。


私が、夫の両親のためにこの地に転居した折、
自宅の一室を本部事務所の分室、として下さり、会社が事務所用の電話を引き。
会社のPCを置き、当時、破格のフレッツ体制で。

フレックス勤務体制から、徐々に在宅勤務体制へ。
それも、自己申告の10分単位の時給制社員という措置を取ってくれた会社であるので、
同僚が小学校のお迎え当番に早退するのだって、
それまでの段取りをきちんとしとけば、全~然無問題である。

父上の介護をしなくてはならなかった先輩は、お昼に2時間の休憩をもらい、
父上のお昼ご飯の介助をするため、自宅に戻る生活を1年続けた。


ノーワーク、ノーペイが徹底してるだけ、って、
当たり前のようにボスは言うけど、
しかし、フツーの企業だとそうはいくまい。


かといって、いつもいつも専業主婦である保護者さんに、
おんぶに抱っこは申し訳なくて、耐えられない。

どちらが大切か、なんて、全くナンセンスな話で、
比べられるものではなく、また比べるべきものでないのに、
物理的には、いつも二者択一を迫られるのが、兼業のおかあさんである。



同僚のメールを一部紹介する。
  (広島では、学童保育のことを「留守家庭」という。
   同僚が「留守家庭」と書いているのは、「学童」のことである)




  > PTA役員の皆さん、地域の子供会の役員の方は大変よく動いてくださり、
  > 話し合いながら、悩みながらも私たち保護者を引っ張ってくださっています。
  > 先生方も集団下校させるための準備に毎日大変だと思います。

  > うちの子は留守家庭に入っているので、ほとんど児童館へ帰ります。
  > その場合は必ずお迎えなので、
  > 私はご近所のお母さん3人で交代でお迎えに行っています。

  > 助けてくださるお母さん仲間がいるのは大変有難いです。

  > 5時までなのに7時頃まで、指導員の先生が残ってくださり
  > お迎えを待ってくださっているそうです。
  > それでも、毎日のことなので定時に帰ることの出来ない保護者の方は、
  > 留守家庭をやめてしまいます。
  >  (集団下校後、一人で長時間留守番をしている低学年の子供が
  >   出来てしまったということになります。)

  > 季節ごとに児童館では楽しい行事や工作などをしてくださっていたのに、
  > 集団下校の為、今は留守家庭の子以外は来館できません。
  > 留守家庭も、これからどうするのがいいか考えていかなくてはいけません。

  > うちの子は毎日のようにポケットに気に入った石や葉っぱを入れて帰り、
  > 捨てられずに困っていましたが・・・
  > 今は懐かしいです・・・
  > ついつい、また以前のように、友達とおしゃべりしながら、
  > 拾いながら?帰れる日に戻ればいいと思ってしまいます。

  > 子供たちはとても元気です。毎朝元気に登校していく姿を見るのは嬉しいです。
  > 私自身、我が子だけでなく、他の子にも目がいくようになったのは
  > 大変良かったことだと思います。
  > (驚いたことに、我が子しか守りたくない親は多いのです。)
  > もっと沢山の目が子供たちに向けられることを望んでいます。
  > また、向けて戴けるよう、私たち保護者も努力しなくてはいけませんね。

  > 悪意な犯罪者がいなくなるのが一番ですが。





朝の始業時刻が決まっているため、システムが組みやすいる登校時に比して、
下校時刻は、学年で異なるために、各学校で頭を抱える問題である。

そして、学童保育体制へ赴く児童たちにとって、どうなのか。
(これ以上、役員さんの負担とならない形で)
なんとか、学童保育の役員さんとPTAと連携の形が取れないかな、とも思う。


集団下校は、子どもたちから、道草や寄り道の楽しみだけでなく、
クラブ活動、委員会活動、放課後の楽しみも奪う。
こうして、学童保育にも大きな波紋を投げ掛けていることが良く判る。

保護者も、毎日であるから、どうしても負担となっていき、
できるひと、できないひととの間の不公平感もつのっていくことだろう。



んでも、集団下校が、子どもたちから、保護者から(何かを) 奪う のではなく、
「悪質な犯罪者」「変質者」の在る【社会】が 奪っている ということを
皆で忘れないようにしたい、と思う。

不満の持って行きどころを間違えないように、と祈ってしまう。



少しでも子どもたちに良き方向へ。 私たちに良き方向へ。



同僚の

  > 子供たちはとても元気です。毎朝元気に登校していく姿を見るのは嬉しいです。
  > 私自身、我が子だけでなく、他の子にも目がいくようになったのは
  > 大変良かったことだと思います。

という感想が、とてもとても嬉しかった。

元気を貰った気がする。


また皆で考えて行こう。 動いて行こうと言って動ける気がする。

長丁場、長丁場。




        ◆   ◆   ◆





皆さまには、色々とご心配をお掛けしています。 すみませんんんん(滝汗)。

これ、アップしたら、すぐアイマスクして眠りますから(汗)。



降圧剤は、気持ちよいほど?利いています。

頭痛は相変わらずですが、眩暈の頻度がかなり少なくなり、
血圧は140台をキープしています。


日中は、エンヤのCDをエンドレスで聴いています。


アイマスクをしてエンヤを聴いてると、
お決まりのケルト神話から、『指輪物語』、そして何故か『勾玉三部作』などなど、
神話から、ファンタジーの世界をイメージし、どっぷり心が揺蕩っています。



んでも、3月の頭に新店が2店舗、オープンするので、
メール、電話、FAXと、何かとあれこれ頭が動いてます。

よくしたもので、体力ないと花眼も顕著。
自然に身体がストップを掛けてくれるようです。



ダイエットは、とりあえず、
以前、1クールで効果があったスープダイエットをまた始めようかと。

これなら、夫や下の少年に別献立でつくるのもそんなに大変ではないし。。。。



11日は、母の誕生日! 元気な声で1番に電話するんだ♪

ペンミュージック




関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/02/11 02:27 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(7)
キャー!!
私がコメント我慢してるのに、何で更新してるんですかああ~~~~!<`ヘ´>

もおおお。

苦労症なんだから、りうりうさんは。

でも忙しい生活から、何もしない生活に切り替えるのって、なかなかできないの分かります。

私も休み始めは、気になって仕方なかったから。

早く、安静な生活に慣れてくださいね。

[ 2006/02/11 03:06 ] [ 編集 ]
昔、昔の話です。
おはようございます。

りうりうさん、パソコンやっていて、大丈夫?

といいながら、私も、コメント書いちゃっています。



私が小学生の頃、集団登校、集団下校でした。

まぁ、小学校まで、低学年だと、30~40分ほど時間がかかりましたから。

いまでも、 ここら辺の自治体は、集団登校は残っていますよ。



でね、私たちの頃の集団下校ですが、

4回ぐらい、下校時間が決まっていましてね、

ちょっとうら覚えなのですが、

給食食べ終え、掃除した後の時間帯、

5時間終了した時間帯、

6時間が終了した時間帯、

委員会活動などを終了した時間帯、

だったと思います。

で、それぞれ、結構、学校で遊ぶ時間があってね、

「ドロナワ」とか、「サッカー」とか、「ゴムとび」とかして下校時間まで、遊んでいましたよ。



ちゃんと、放送がかかって、

それぞれ、同方向の班ごとに列で並んで、

上級生が下級生の面倒みながら、帰っていましたよ。



今は、習い事が忙しすぎて、集団下校できなくなっているのでしょうねぇ。

[ 2006/02/11 07:21 ] [ 編集 ]
Re:集団下校と学童保育(02/11)
事件が無い限り、集団下校ではなく子どもたちがばらばらに返しているのですが、保護者は下校字にあわせてパトロールをしています。



そこをノー天気に遊びながら帰る子どもたち、見ていていいなあと思うのですが、怒る人もいるらしく、集団下校にしてくれといわれます。

でもそれすると遊べないし、居残り勉強もさせられないしで、それも困る。

という状況です。

でもうちは一番遠い子で、20分ぐらいなのでまだ知れてます。パトロールの範囲もね。



地域の方も本当によく動いてくださっているので、いい方法考えたいですね。

それでどんな方法も変質者に逆手に取られそうで怖いって言うのもあって、なかなかうまい手が見つからない。



りうりうさんゆっくり休んでくださいね。
[ 2006/02/11 08:28 ] [ 編集 ]
他の子にも目がいくようになった・・・
むむむ、大丈夫ですか?お目々は・・・頭痛は・・・

くれぐれも、お大事にしてくださいませね。



他の子にも目がいくようになった>辛い事件を経ての事ですが、こういう気持ちになれたのは良い方向性ではありますね。



お母さま、お誕生日おめでとうございます

 先日、従兄弟におめでとうメールを送ったところ

『年をとることを考えると悲しいけれど

 おおめでとうって言われるのはとっても嬉しい』

と返信がきました(^o^)でも彼女私より一回り下なのですよ(^-^;

スープダイエット>気になる・・・いけない、いけない

スープでダイエットできるのね、OK!



ご無理はいけませんぞよ。
[ 2006/02/11 09:34 ] [ 編集 ]
キャー!!2@ふにふに。。さんに続く
メール更新じゃないのに新着日記がある、どうしてじゃあ~~!?とすっ飛んでまいりました。まったくう。でもでもお薬が上手く効いて何よりです。映画館でキャプテンの麗しいお姿をしっかり観るためにもしっかり治療に取り組んでくださいね。

ウチも集団下校ですが、お迎えはいまのところありません。ただ、事件後に変わったことは参観のあとの懇談会で子供を留守番させないために、午前中の授業の時間に懇談会をして、子供たちはそのあいだ団体活動をする、という形になりました。

今の立場で私になし得ることは何なのか…いろいろ考えさせられます。
[ 2006/02/11 13:45 ] [ 編集 ]
Re:集団下校と学童保育(02/11)
お迎え当番と言うのがあるのですね。

仕事を早退してまで皆さんこなされているのは素晴らしいことです。



私達の町でも一応パトロールのお当番(我が地区は一週間単位)があるのですが、殆どの方がちゃんとやっていません。

私は、仕事を早く帰って来たり、家事をこなすために早く起きるなどしているので、その週末は物凄く疲れてしまいます。



こういうアバウトな当番制なら無くして欲しいし、やるのであればもう少しきっちりとして欲しいと思っています。



また親が無理なのであれば、ボランティアを募ってちゃんと時給もお支払いして地域に頼むなりすれば?と思うのですが、結局何か起こらないと動かないのが現状なのでしょう。





血圧が少し落ち着かれているようで安心しました。



[ 2006/02/11 13:58 ] [ 編集 ]
Re:集団下校と学童保育(02/11)
遅ればせながら、お母様お誕生日おめでとうございます(^^)♪

電話はできましたか。



子どものお迎え当番を認めてくれる職場はそうはないです。

私は旗持ち当番、朝の挨拶運動の当番、校庭開放の当番の時にはいずれも有給休暇を取りましたが。

うちの子は、小3までずっと学童でした。

夕方の5時になるとそれぞれ家に帰るのです。

保育園の頃みたいに親はお迎えには行きません。

5時にお迎えができないですから(^^;)。

保育園の頃から延長保育をしてもらいたいと常々思っていましたが、実際には夜6時までにお迎えに行くことに。

5時で仕事を終えていくのはなかなか大変なことでした。

いまや、子どもだけで帰すことがとても物騒なご時世になってしまいました。

イヤな世の中です(;ーー)。

でも大人が目を光らせていないと悲しい事件は繰り返されるでしょう。

本当に地域・学校・保護者が連携せねばと思います。



りうりうさん、本当に安静になさっています?

みなさんもご心配されているように、私も同意ですわ(^^;)。



エンヤの歌は癒し系ですよね。

私も好きです。

リトルがCDをもっています。

あ、ヤツに千春のCD貸したままだ(^^;)。

あの子は、基本的に70年代の音楽が好きで。

かぐや姫やイルカが好きな子です。



スープダイエット?

・・って、スープだけ?

私も糖尿病予備軍でダイエットせねばならんので。



私のHPにバレンタインデー用のレシピ、書いておきました。

りうりうさんは、要安静ですから、

ほかの訪問なさった方々に読んでいただければ幸甚です。



くれぐれもお大事に。



http://www.geocities.jp/chiaki_konishiki/
[ 2006/02/12 09:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する