FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』




昨今、とみに『 食の大切さ 』が見直され、
PTA講演会でも、『食育』をとりあげるところが急増して来た。


一昨年、うちの中学PTAの講演会でも、
「食を科学する」観点から講師の先生にアプローチいただいた。

がしかし、その講演では、
まず、食事の際の「 いただきます 」の概念からお話になられたので驚いた。

このときの話や、食材について考えようと、9月23日の日記 に述べ、
皆さんから、とてもたくさんのコメントをいただいた。



先ほど、こままさんちで、ショッキングな記事を教えていただいたので、記しておきたい。




毎日新聞の記事で、

TBSラジオの『永六輔その新世界』(土曜朝8時半~、放送エリア・関東1都6県)のなかで、
昨秋、「いただきます」を巡る話題が沸騰した、というのである。


きっかけは、番組に寄せられた、
『給食費を払っているのだから、子どもにいただきますと言わせないで』、と
 学校に申し入れた母親がいた」という手紙から。




実を言うと、小学校PTA時代、
うちの小学校の懇談会でも、同様な意見が出たことがある。


が、それには、文科省の是正指導を受け、
何かと学校での「教師による【思想】教育」云々が問題とされ、
片っ端から攻撃を受けていた、という背景が在る。


曰く、給食時の手を合わせて号令をかけての「いただきます」は
   統制色が濃い。
   宗教色が強い。
   偏向教育ではないか、思想教育ではないか。

果ては、【感謝のこころの押し付け】ではないか、と。


ここまで言われて、返す言の葉に詰まられた先生に取って代わった私。。。
あ~ぁ、止まらない、止まらない。(誰か止めてっ)


    今日も、食事を口にすることのできたことへの感謝。
    こころ込めて食事をつくって下さった方々への感謝。
    食材を栽培し、採って来て下さった方々への感謝。
    ここに届くまでの燃料、CO2で地球を傷めていること。

    そして、いのちをいただくことへの感謝。


    そのこころを持とう、と教えて下さることは、
    思想の押し付けか、宗教の押し付けなのか。

    ひととして、当然持って然るべきこころへの教育ではないのか。


したらば、何故に手を合わさせるのか、と切り返される。


    手を合わせる、というのは、
    古来から、感謝のこころの表現として遣われて来たものであるし、
    手を合わせる行為は、どうも、元々は、
    自分自身の内宇宙、自分に向き合う、という意味合いを持つらしいですよ。

    自分のこころに向き合い、
   「いただきます」と感謝のこころを言の葉にのせる。
    これの何処に問題があるのでしょう?

    私にとっては、とても自然なことで、
   「いただきます」を言わないで、食事を始めることの方が苦痛です。
    今後、例え学校で禁止となっても、
    私はうちの少年たちに「いただきます」と言わせるでしょう。


、、、ってなことで切り抜けましたが、どうだったのでしょう。

蔭では、非難囂々だったかも(笑)。 いいもぉん。



     ◆   ◆   ◆



あれからもう6年が経つ。

また、このような「いただきます論争」が、全国の至るところで在るのですね。



給食時の「いただきます」さえ、
「お金を払っているのだから不要」というご時世なら。


私たちが目指して来た、

  「お互いさま」で「感謝のこころ」で助け合ってPTA活動していきましょう。
   どうぞ役員さんじゃないひとが役員さんを支えてあげて下さいね。
   できるときに、できる形で。

 
なんて、やっぱり夢のまた夢、絵に描いた餅、でしかないの??


いやいやいやいや。 諦めないったら、諦めないっ!

ペンえー



関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/01/26 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(28)
びっくり!
>『給食費を払っているのだから、子どもにいただきますと言わせないで』

新聞記事も知りませんでしたが、こんな事を言う方がおられたなんて・・・

もうびっくりで言葉もありません。何とも悲しいです。



「食育」ってホント大事ですよね。

うちの娘は、保育園や学校の給食のおばさん(お姉さん)目指し・・・

志望校決めて、春から大学に行きます。

娘は・・・私と違って色んな事、きちんと考えているようです。。。

[ 2006/01/28 04:57 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』
こままさんのところですでに怒り炸裂しちゃったので(笑)ただ学校側の対応は案外難しいかも知れませんね。こういうこと言ってくる方は扱いにくい方でしょうし。

私も公式の場だったらこのケンカ受けてたちます。親としてね。

[ 2006/01/28 05:12 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
食べたくても食べられない子供達が、世界にはたくさんいるのにのう・・・

給食費ぐらいで、しみったれたご時世ですたい!

てか、ちまちまと、重箱の隅をつつくように、ちっちぇえことで、ぐだぐだ言うほど、世の中暇になり、ぐうたらになったってことですかのう・・・そのくせ、人様の為に心を尽くせない・・・

平和なニッポンは、人をわがままに、自己中にさせるためのものではないよのう・・・
[ 2006/01/28 08:37 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
この放送に関しての記事を読んだ母が、私に聞かせてくれました。

興奮してハンドルを放して『いただきます』ポーズを取り、おっとっと、私、運転中でございました。



あまりにも感謝の心がないことに情けない気持ちでいっぱいになりました。



お金を払えば、手に入る時代。

だからこそ、目に見えないものにも感謝するこころを忘れないでほしい。

一生わからずに生きていくなんて、お気の毒です。



給食を廃止し、お弁当になり、作る手間に腹を立て、その後再び給食が始まっても、感謝はしないのでしょうね(でも、そういう人って、お弁当も作らないのかもしれませんね>イジワルな私)

なんとも情けない。。。

[ 2006/01/28 08:44 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
え~?????

もぉ~同じ日本にそんな考えの人がいるの?

ちょっとショック!!!



食べる事の大切さ、

人への感謝の気持ち

相手を敬う気持ち

たくさん!日本の古きよき…

そんな事言ってるのがダメなの?



同じ地球上でも食糧困難なところがあります

食べたくても病気で食べれない人、

色々な事情で食にままならない人だって

様々な人が居るなかで

今、自分の目の前に温かい食事を出してもらう事の

感謝の気持ち、というのはないの?

私もりうりうさんのように学校でどうなろうと

「いただきます」

は言うようにいいますよ。

色んな事に(感謝の気持ち)通じるじゃないですか?

も~も~!!!



   「お互いさま」で「感謝のこころ」で助け合って    PTA活動していきましょう。

   どうぞ役員さんじゃないひとが役員さんを支えて   あげて下さいね。

   できるときに、できる形で。



PTAだけじゃないですよね

これからの人生歩んでいくなかで子どもに伝えていかなくてはいけない大切な事なのに…



   『できるときに できるかたちで』
[ 2006/01/28 09:16 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
金さえ払えばいいのか?

金払って食ってるんだから、挨拶や行儀は無視なのか?



その場でどんどん言葉が出てくるりうりう*さん、

さすがですね。

後になってみれば色々と出てくるんですけど、

その場ではなかなかでないんですよね・・・



「手を合わせる」事を強要していたなら、

それだけは おかしいとは思いますけどね。

頭を下げるんでもいいし、胸に手を当てるのでもなんでも、

感謝の気持ちで自然と出る動作なら、

万歳でもいいだろうって思います(^ ^)
[ 2006/01/28 10:23 ] [ 編集 ]
Re:びっくり!(01/26)
びっくりですよね?>feb27ぱれっと。さん



6年前のうちの小学校での事件?は、まだ、「思想」とか、「宗教行為」ではないのか、

みたいな問い掛けだったので、救われるかも知れません。



 >『給食費を払っているのだから、子どもにいただきますと言わせないで』



お金を払う対価としての給食なんだから、「給食を食して当たり前」なんですね。

こういった保護者さんに、「給食費滞納問題」をぶつけてみたい。。。。と、

ちょっとだけ?いぢわるなことを考えてしまひました(゚゜)\バキ☆

(……私もかなり、荒んで来たぞっと、、、orz....)



お嬢さんは、栄養士を目指されるのでしょうか。

素晴らしいですね!

学校では、まだまだ栄養士さんの発言の場が少ないと感じています。

うちの町では、7つ(現在は5つ)の小学校と1つの中学校で、やっとおひとりの栄養士さん、

という配置でした。

こんなところにも、【お金がない】が大きく影響していますよね。

栄養士さんには、もっともっと学校や保護者にいろんな提案を積極的にされ、

子どもたちにも主体的に「食」を考えることを中心に活躍していただきたいなぁと感じつつ、

おひとりで、これだけの学校を受け持っておられると無理だよね、と無念の想いでしたです。

[ 2006/01/28 12:33 ] [ 編集 ]
怒り炸裂
こままさんちでのお怒りに接し>ゆうやけぐもさん



我が意を得たり、と「こめかみ膏薬仲間(笑)」として嬉しかったです^^*☆



 > 私も公式の場だったらこのケンカ受けてたちます。親としてね。



んふふ。

ゆうやけぐもさんの小学校デビューが待ち遠しい、と感じてるのは、私だけではないはず。。。

[ 2006/01/28 12:36 ] [ 編集 ]
食べたくても。。。
そうなんです>弥々さん

世界を見回すまでもなく、この日本でも。。。。



まずは元気に、我が子が登校し、給食を食べることができている、ということ。

そのことにも、本当は感謝、感謝、なんだと感じます。



 > 平和なニッポンは、人をわがままに、自己中にさせるためのものではないよのう・・・



んぢゃが、そうなっちゃったようですよね。

耐震偽造やら、昨夜からの東横インの【身障者施設設置の偽造】!!!

そして、あのいけしゃぁしゃぁとした態度!!



いったいどうしたらいいんでしょう。

この世の終わり、みたいな心地が致しますですよ。

[ 2006/01/28 12:47 ] [ 編集 ]
感謝のこころ
てんてこmyさん

「感謝のこころ」って、もしかしたら死語であり、

「あり得ない」「きれいごと」の最たる概念であり、

みんな、一斉にヒく言の葉なのかも知れない。。。と思い始めました。



 > お金を払えば、手に入る時代。

 > だからこそ、目に見えないものにも感謝するこころを忘れないでほしい。



こちらにおいで下さる皆さんは、

もしかして、と~~~ってもマイナー感覚の方々ばかりなのかも。。。??

 (類は類を呼ぶ?)

[ 2006/01/28 12:51 ] [ 編集 ]
「も~も~」
「も~も~」と身悶えなさっておられるご様子が可愛い^^*☆>魔女ちゃんさん



価値観の多様化は、様々な既成概念、固定概念をぶっ壊していきましたですね。

そのこと自体は、とても画期的なことで、

前近代的な不条理で雁字搦めに呪縛されたいた人々は、その柵から解き放たれ、

表面上は、ひとりひとりが、それぞれに活き活きと輝いて行くことが可能となりました。



んぢゃが、それが、

「感謝のこころ」とか、手を差し伸べあうこと、とか、

自覚のこころ、とか、自由と責任という概念とか、

よもやそんなものまで、全部ぶっ壊していくとは思いもよらず。



まずは、識り、その上で自分には不要だと、ぶっ壊していくのならまだしも、

その努力さえ面倒、ダサいと敬遠され。



、、、んでも、こうなってみて、嘆いてみても始まらないんですよね。

諦めず、一歩、一歩。



おかしい、と思えることは見逃さず、ちゃんと観て、きちんと識って、

「NO!」と言える自分で在りたいし、

アンテナを鈍らさせず、こころ寄り添い、乗り越えて行く。

乗り越えることを目指す自分で在りたい、と想い、願って、前に、前に。

[ 2006/01/28 13:24 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
そういう考えになってしまってるのですか・・・!世も末というヤツでしょうかねえ。

私は仏教もキリスト教も経験しましたが、宗教的な押し付けというより、やはり純粋に”感謝の心”と受け止めていましたよ。

「給食費を払っているのだから」とおっしゃるところの子どもさんは、給食を残さず食べているのでしょうか?その辺りも伺ってみたいものです。

最近はアレルギーのこともあるし、残さず食べるよう指導することが”虐待”みたいな考えかたもあって、残飯が多いそうですね。

世界には本当に食べるものに困っている人はたくさんいるのにね。子どもの指導より、保護者の考えを何とかせねば・・・。
[ 2006/01/28 13:32 ] [ 編集 ]
あの場では。。。
学年懇談会だったのでした。>_AZ_さん



んで、先生に対する3名ほどの保護者さんの紋切り調の投げ掛けを、

最初は、じっと黙って聞いていましたから。

聞いてるうちに、ふつふつと(笑)。

んだから、いったん口火を切ると「どんどん」。



 > 「手を合わせる」事を強要していたなら、

 > それだけは おかしいとは思いますけどね。



そうですね。 「合掌」は、どうしても仏教と結びつきがちです。

勿論、形はなんだってOK。

要は「こころ」ですもんね。



毎日新聞の記事の後半の永氏もおっしゃっておられましたね。

他人には強制しない。 絶対言わなきゃいけないとは思わない。

きちんと残さないで食べれば、「いただきます」と言って残すより、いい、と。



 > 感謝の気持ちで自然と出る動作なら、

 > 万歳でもいいだろうって思います(^ ^)



は~ぃ。 同感ですぅ。

あ、んでも「フォー♪」はイヤよん(゚゜)\バキ☆

[ 2006/01/28 13:35 ] [ 編集 ]
給食残飯処理費が、何10億円!
そそそそ!!>♪がらがらどんさん



自治体は、もっと、学校給食の残飯処理費を公言すべきですよね?

自治体によっては、何10億にもなっているのですから。



アレルギーで、本当にダメなお子たちを除き、

単なる偏食の類は、頑張って食べてみる努力はある程度必要だし、

また、お子たちによって違う「適量」への配慮、見直しは必要でしょう。



 > 子どもの指導より、保護者の考えを何とかせねば・・・。



です! PTAは何をしとるんぢゃ!(自爆)

[ 2006/01/28 14:01 ] [ 編集 ]
驚きました。
 子どもたちが、幼稚園ではじめて集団生活を始めたとき、ウチでうれしそうに「手をあわせましょう。いただきます。」って、この地方の独特なイントネーションで言いながら食事をとっていたのに・・・。



 「いただきます。」って、当たり前の言葉だと思っていました。

 こちらの小学校でも「食育」の意識は高まってきているのか、今年、初めて、「給食参観日」なるものが、来月行われます。自由参加なんですが。・・・もちろん、私は、参加いたしますよぉ!

そのなかで、そのような意見が出ないことを願います。

 ちなみに、私の以前住んでいた地域は、公立なのに小学校も中学校も給食がなかったんですよ。(現在は、中学校は給食になりましたが) 義務教育と給食って、セットだと考えていた私には、かなりショックなことでした。

・・・それにしても、「いただきます」を言わせないおかあさんにとって、先生は、子どもに尽くして当たり前!なんでしょうか・・・。お給料=税金だから、突き詰めればそうかもしれませんが、私は、そこまでドライに考えられませんね。
[ 2006/01/28 14:57 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
驚きの余り、口をあんぐり開けてます。



>『給食費を払っているのだから、子どもにいただきますと言わせないで』



このような考えの人がいるんですね・・・。呆然。

この方には、牛や豚や鶏や魚の命をもらって、私たちが生かされていると言うことがわかっていないんでしょうね。(もちろん野菜も命あるものです)

一度それらの命をもらっている現場を視察していただくというのはどうでしょう?



あ、でも「野蛮だ」とかおっしゃるんでしょうね・・・。



[ 2006/01/28 15:17 ] [ 編集 ]
あんぐり!
「食育」取り上げられていますね

N○Kでもその番組があってモニターの家庭の食事を写真に撮ってもらってレポートしてもらうというのがあったのですがある家庭の子供の夕飯のメニューがサクランボとトウモロコシでした__(_ _;)

ありえませんよね?

今の親は子供が好き嫌いを言っても食べさせようとする(子供と格闘する)のが嫌なんですって

食事は子供が楽しく食べられればいいから好きなものだけ食べさせてる親が多いのだそうです

好きなものだけって・・・・栄養はどうなんじゃ~~~~!と突っ込みいれたくなりますけどね



産経新聞にも「亡食の時代」というのが短期連載であって料理教室で糠漬けを触らせたら「そんな汚い物を家の子に触らせないで」とか真剣に「シラスの目はどうやれば取れるんですか?」と聞いてきた親がいたそうです



子供だけでなく子供を育てていく親が既に正しい食生活が出来ていないので関係者は危機感を募らせていると書かれていました

気をつけなくっちゃね(自戒をこめて)
[ 2006/01/28 15:38 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
世の中いろんなご意見があろうかと思いますが、給食費を払っているんだから「いただきます」は言わないでもいいは、ちと違うと思いますです。

人と人は、まさしく支えあってこの世にあるわけです。

食材となるお米や野菜や牛・豚・鶏などを育て守る人がいて、それを市場で売りさばく人がいて、お店で売る人がいて、それを料理する人がいて、人の口に入るものです。

手間隙がかかっています。

ある意味習慣なのかも知れませんが、根底には感謝の気持ちがあるわけで。

そういうことを幼いうちから学び、自分のものとして人に接していくことは、その人の体を作るだけの役割ではなく、人として育てていくうえでもっとも肝要なことではないでしょうか?

さすがにレジでは「ありがとう」とは言いませんが「どうも」とか「お世話様でした」とかは返してますね、比較的自然に。

人によっては、バスを降りる際に「ありがとうございました」とおっしゃる乗客の方もいらっしゃいます。

自然とにじみ出ている言葉で、聞いていても馴染めるんですよね。

要は気持ちの問題でしょうか。



P・S

私も弥々さんとたして2で割りたいです>体重

・・・・・(爆)



http://www.geocities.jp/chiaki_konishiki/
[ 2006/01/28 15:54 ] [ 編集 ]
Re:驚きました。(01/26)
うちの少年たちは>しろぶーさん



仏教系の幼稚園だったので、お弁当の時間は、

まず「みほとけさま」へのお祈りから始まっておりました。

(さすがに公(立)教育の場では、それはマズい)



 > 「いただきます。」って、当たり前の言葉だと思っていました。



食事の時間に必ず「いただきます」と言うご家庭では、当たり前のことですが、

そうではないご家庭では、当然の如く、言わないことが当たり前のようですね。

また、なかなか一家で揃って食卓を囲むことのできないご家庭では、

(私などもほとんど毎晩のようにPTAで、少年たちだけの夕食でした)

余程の教育をお子たちにしていないと、

お子たちだけで「いただきます」「ごちそうさま」が徹底できているかどうか。



そして、外で菓子パンをくわえながら塾へ通うお子たち。

或いは、コンビニの駐車場で、コンビニ弁当やカップ麺を食べ散らかし、

ゴミ箱にさえ捨てず、その場に捨てていくお子たち、大人。



あ~ぁ。 結局のところ、世のお子たちは私たちの鑑なのですね。。orz....。



「給食参観日」、楽しみですね^^*☆

中学校ではさすがにないのですが、小学校では、給食員さんや栄養士さんを講師にお迎えし、

春に必ず開催しておりました。

新1年生の保護者さんの参加が中心でしたが、このご参加も年々減っておりましたです。。。



 > 先生は、子どもに尽くして当たり前!なんでしょうか・・・。



うちの町では、町長自ら「教職員は地方公務員であり公僕である」と公言し、

子どもたち、というよりは、上長に対しての発言権はない、と、

先生方をなにかと締め付けてましたです(怒)。

[ 2006/01/28 16:56 ] [ 編集 ]
口をあんぐり。
そのお口に>蘇芳色さん

美味しいクッキーを詰め込んで差し上げたいっ(皆さんに体重増加を強要する私(笑))



「いただきます、とは、いのちをいただく、ということ」



私は、いったい誰に教わったのか、全然覚えてません。

んでも、このことは、肌身に染み付いています。



今のお子たちも、みんな理科でも習いますよね、「食物連鎖の頂点にはヒトが来る」と。

それがどういうことなのか、は関係ないのかな。



 > あ、でも「野蛮だ」とかおっしゃるんでしょうね・・・。



「野蛮」というより「残酷」という言の葉が出て来そうです。

「お蔭でうちの子どもたちが肉や魚を食べられなくなってしまった」

「今夜はとても眠れない、と泣いている、どうしてくれる!」

なんていう苦情がわんさか寄せられそう。

某TV番組のように「訴えてやる!」になったりして??



飽食の時代といいながら、第一次産業に従事する方々は、その厳しさにどんどん減り、

実はわが国は、食材の殆どを輸入に頼っている状況。

どこか、やはり、私たちはおかしいですよね。

[ 2006/01/28 17:10 ] [ 編集 ]
おかしいなぁ。。。>萪柊さん
はじめまして!>萪柊さん…と思ったら!

心機一転のデビュー、おめでとうございます☆

どうぞこれからもよろしくお願い致しますね☆



NHKの番組は未見ですが、「食育」がテーマの番組のモニターなのに、

お子たちの夕食メニューが、サクランボとトウモロコシって、或る意味脱帽です。



偏食しても、栄養素はサプリで摂ればいい、という感じでしょうか。

私も脱ステでのたうったとき、サプリのお世話になりましたから、否定はしませんし、

自分独りきりの生活だったら、不精しまくるだろうという確信があります(゚゜)\バキ☆



んでも、やはり栄養素は食材の組み合わせで摂る方が、

結局は効率よく吸収され、相乗効果も出るんですよね。



早い話、ビタミンB1を摂りたくても、B1のサプリだけでは、

その殆どが吸収されず排出されてしまう。

B1を摂りたいために、他の何種ものサプリが必要だったりしますもんね。

また、きちんとした製薬会社のサプリでないと、原材料等々に不安が残ります。



糠漬け、シラスの目とか。。。

私たちは、家庭科で一通りの知識は学んだハズですよね。

私も家庭科は嫌いで(爆)、授業中、読書したり、後ろを向いてたりしてましたが、

んでも実習はちゃんとヤったし、おぼろげに記憶にも残ってるんだけどなぁ。。。。



タレントさんやモデルさんたちに包丁を握らせて、余りに料理ができない(知らない)ことを

嗤いものにする番組があるそうですが、

そういった番組に出るひとたちが特別なのではなく、そういったひとたちが

デフォルトになってきている、ということなのでしょうか。。。。



かく言う私も、結婚まで台所に立った回数は、十指にも満たないような奴でした。

んでも、母のしてること、してたこと、見てないようで見てたんだなぁって思いましたです。



私たちの世代が踏ん張らねば、大変なことになりそうですよね。(もうなってるけど)

[ 2006/01/28 17:31 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
<手を合わせる行為は、自分自身の内宇宙、自分に向き合うこと>

いいですねーー!

これなら、誰にとがめられることもないかと・・・。



いろんなところで話題になり、

いろんな人が考えることになって、

もう一度見直されるきっかけになって・・・。

もしや、「おかしい」と言った人は、

この論争の仕掛人であったりして!?

と思ってみると、ちょっと気が楽になります(ダメ!?)
[ 2006/01/28 17:50 ] [ 編集 ]
運転士さんに挨拶するひと>ぢぶん
わはは>千愛さん



以前、この日記のなかで告白致しましたが、

私は、レジでもバスや電車の降車時でも、駅の改札、高速の改札通るときも。

恥ずかしげもなく「有難う」と言うひとです(爆)。



バスについては、大学が地元のバス会社の観光バスを使用したスクールバスで、

乗降時に、必ず運転士さんに学生証を見せて挨拶する規則だったので、

すっかり習慣化してしまいました。



でも、いつも違う御方にお声を掛けるのですから、「いただきます」とは違って、

機械的ではないですよ? こころ込めてますとも^^*☆



 > 人と人は、まさしく支えあってこの世にあるわけです。



このこと、絶対絶対忘れたくないですよね。



あなた がいて わたし がいる。

ひとは絶対に独りでは生きていけないんですもん。



 > 私も弥々さんとたして2で割りたいです>体重・・・・・(爆)



弥々さ~~ん。 大人気ですよ~~(爆)

[ 2006/01/28 18:06 ] [ 編集 ]
OK?>こままさん
こまま1023さん



 > 手を合わせる行為は、自分自身の内宇宙、自分に向き合うこと



咎められずに済むかな?

実際、合掌するとこころが集中したり、澄み渡るような気がしたり、

やっぱりするとしないとでは違う、と思うんですよね。

或る種の「印を結ぶ」と同様な感じになるのかなぁ。。。



 > もしや、「おかしい」と言った人は、

 > この論争の仕掛人であったりして!?



みんな乗せられちゃった??

結果オーライならいいかぁ。。。んんんん?

[ 2006/01/28 22:20 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
お金を払っているから給食を食べるのは当然のこと、うちの長男の学校でも聞いたことがあります。

あまりにも悲しい発想です。

そこからは、思いやりの気持ちも助け合う気持ちもうまれないでしょうね。

お金と気持ちは別のもの。子供たちにこそ挨拶の大切さや感謝の気持ちを

教え、自然にそうできるように身につけさせていきたいのに。

「いただきます」に限らず、挨拶は人間関係の基本じゃないですか。
[ 2006/01/30 01:29 ] [ 編集 ]
momoyadesuさんちの学校でも?
あゃ~~>momoyadesuさん



momoyadesuさんちでもありましたですか。。。

そのときは、皆さんで議論になったのかしらん。



小学校では「オアシス」運動に力を入れているところが多いですが、

最近は、これに「さようなら」と「いただきます」「ごちそうさま」を加えて、

「オアシスさいご」運動になって来ているそうです。



こんな運動がなければならない、ということがもう悲しいことなのですが、

んでも、現実を思うとき、ないよりは断然イイと思いますですね。

運動だから、と機械的に押し付けるのではなく、そこで、なんでこんな運動に取り組むのか、

皆でしっかり語り合うだけでも、意義深いことだよな、と感じますです。

momoyadesuさんとこの学校で、導入してみられませんですか??(大変そう。。。かも)





[ 2006/01/30 12:30 ] [ 編集 ]
Re:『 いただきます 』 と 『 ごちそうさま 』(01/26)
諦めないったら、諦めないっ!



    私も・です!!



[ 2006/01/30 23:52 ] [ 編集 ]
諦めないったら、諦めないっ!
をを☆>桜紫OKEIさん



 > 私も・です!!



有難うございます☆☆

諦めたら、そこでお終い、ですよね。



まだまだまだ。

自分に、ひとに、引導を渡したくない。

次代に続く、お子たちにバトンをつなげたい。

ひとを、この世界を信じていたい。

蒼く、美しく輝く地球を守りたい。 ですもん、ね。

[ 2006/02/03 11:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する