FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

月1回の溝掃除






稲刈りが終わると、翌年の田植えの時期まで、
うちの地域班では、毎月第一日曜午後1時より、
各世帯から1名を出して、皆で溝掃除をするのが決まりとなっている。


男性と女性の比率は、ちょうど半々。


溝掃除といっても、我が家の周りをちょちょいとやって終わるのではなく、
皆で1列に並んで、川からの農業用水路の取水口から、川への排出口まで。


ざっと400m位の長さの溝を、長靴を履き、軍手をし、
草を取り、砂利を浚い、竹箒やデッキブラシなどで、
底面までこすってきれいにしていく。


これが、ずっと中腰。

蟹の横歩きをしながら行うため、なかなかキツい。


腰に来る。 膝に来る。
力を入れてこすり続ければ、眩暈がしてくる。
終了したときには、膝はわらい、汗で背中にTシャツが張り付く。


年配の方々が多いため、若い者が頑張らねば、と思い、
  (…私と班長の彼女が1番【若い】(爆))
いつも頑張るのだが。しかし。


私たちの次に若いはずの50代のおふたり。


シャカシャカと、いつも箒の音だけさせて、上手におサボりになる。
その技術は、真横の位置に来ないと判らないほど。


この方々を目にする度に、
「 ズルい! 」 と感じて、不快になる自分が嫌で、
月1回のこの溝掃除の日は憂鬱である。


60代の方々が、額に汗して、息を弾ませていらっしゃるのに。

私だって、膝を固定して。
終了後にはアイシングが必要な膝で頑張ってるのにな。


などなど。

でも、もう考えない。 思わない。

いいもーん。
その分、私は汗かいて、脂肪燃焼だもーーーーん。




   ◆  ◆  ◆



うちの地域班の方々からも、お香典をたくさんいただいていたため、
前日に香典帳をチェックして、それぞれにご挨拶をする。

極力目立たないようにしたつもりであったが、
が、「 知らなかった! ご無礼しました 」 等々と
後から、自宅へお香典を持って来られた御方がおふたり。

う"~ん。。。
義父の葬儀以後、初めてお逢いする方々に
何もご挨拶しない訳にはいかなかったのだから、
いじいじ気にするのは、、、、やめよう。



   ◆  ◆  ◆




うちの地域班は、元々山のふもとの川沿いの水田地帯で、
分家筋のものたちが、田を自宅用に宅地に造成しては、
少しずつ住み着いていった地域だと聞いている。


かくいう私たちも、同居からの独立にあたっては、
町と地域の「農業委員会」の承認を受けた後、
近隣の方々の承認印をいただいてから、
義父母の田を百坪ほど造成し、家を建てさせていただけたのだった。


我が家を取り囲む東西南北のよそさまの田に蔭をつくらないよう、
配慮して設計し、塀や車庫も諦めた。


下水道はともかく、上水道が来ていないことを知ったのは、
いざ、家を建てることが決まってからである。

「井戸掘り名人さん」を順番待ちしてお呼びして、掘っていただくことになり、
これにも目を見張って驚いたあの日が、遠い昔のことに思える。


この地域班では、各家庭の汚水は、農業用水路を使用させてもらっている。

だもんで、田に水が張られないこの時期に、
自分たちの汚水の流れる溝を感謝を込めて掃除するのである。


この期間は、汚水はそのまま、川へと流れて行く。

お米つくりの期間は、自分たちの流す水がそのまま、
目視できる形で溝を流れ、隣の田へと流れ込んで行く。



でき得る限り、水を汚さないよう、心掛けて来た。

合成洗剤は決して使わない。
食事を残さないよう。 汁物類は1滴たりとも残さないよう。

この地に転居してより、排水というものに対して常に向き合わされ、
神経を遣う日々で、慣れるまでは、正直キツかった。

それまでも、ずっと心掛けて来たつもりだった。
でも、下水道の存在は、やはり有難かった。
こころの何処かで、「これぐらいなら」という甘えがあった。


それに気付けたこと。
常に自分に厳しくあれること。

有難いことだった、と思う。


水を守ることは、まわりまわって、自分たちを守るということ。
私たちのいのちの水は、地球と雨雲の間を循環しているだけなのだから。

ペンむ




関連記事
スポンサーサイト



頭が下がります
 今月は、私の住んでいる地域では、年に一度の集会所と神社の大掃除。おも~い気持ちだった私ですけど、りうりうさんの「月1」ペースの溝掃除に、頭を下げてしまいました。

 この時期は、お世話になっている地域のそこかしこで「大掃除」の時期。日頃の感謝を行動で現すいい機会ととらえていきたいです。・・・そして、そうやって、地域の方と少しでもコミュニケーションをとれれば、子どもたちにも目をむけてもらえるかな?そんな、気がしています。

 みんなの気持ちを一つにしようとして、反感をくらい、挫折の続いた私の1年ですが、賛同してくれている方もたくさんおられるので、できそうなことから頑張ってみたいと思います。

 今朝は、そちらも初雪では?暖かくしてお過ごしくださいね。
[ 2005/12/05 08:45 ] [ 編集 ]
Re:月1回の溝掃除(12/04)
 確かに!我が家も、排水は直接河川へと流れていきます。そこまで行き着くための水路を毎年、4月、田植えを控えた時期に掃除します。

 ところが、その水路に隣接していない隣組の方は、「使っていないから。」とお出にならない。溝掃除後の茶話会では、そのことが必ず話題に上がり、「水は上から下へ流れるものなのにね!」で、話が終わります。



 腰、お大事に!!今日は冷え込むので、私の腰もギューギュー言ってます。トホホ・・・・。
[ 2005/12/05 19:42 ] [ 編集 ]
うむー
家を建てるって、ただでさえ近所に気を使ったりするのに、農村(?)ではそこまでそこまで気を使わなければならないのですね・・・。

それでも、みんなが「共同体」を大切にしているならがんばれるけど、・・・・



清掃に限らず、いろいろなことが難しい・・・

私は結局生まれ育った町にいるので楽なんでしょうね。
[ 2005/12/06 00:44 ] [ 編集 ]
とんでもありません>しろぶーさん
おっしゃる通り>しろぶーさん

地域での奉仕作業って、正直、こころ弾む行事となりにくいものですが、

こうした「作業」を通じての皆さんとの会話って、

良いことも悪いことも長くこころに残るものですよね!



なんでかな?と思うとき、「奉仕」の性格を持つ「作業」が、

ひとりひとりの「ひととなり」をストレートに表してくれるからではないかな、と

私は感じちゃうのです。

たかが大掃除で「ひととなり」が観える、とは言い過ぎでしたら、

業務処理能力、業務処理能力と言い換えても。



「日頃の感謝を行動で現すいい機会」と捉え、参加なさっている方々の言動は、

一味も二味も違いますですよ!



私など、つい「んだから、この地はダメなんだ!」な想いに打ちひしがれること多々あるのですが、

こういう風に思っちゃうと、絶対それって伝わりますね。

顔や言の葉に出した覚えはないのに、何度失敗したことか。



私の場合は、攻撃的になる気持ちを抑えきれずに、やたら、紋切り型の物の言い方になってたり、

口調はへりくだって柔らかい言い方でも、言ってる内容は「教え諭す」ような上からの目線だったり、

どーーーーも、ダメダメな自分になっているようです。



まずは、自分がこの地を好きになること。感謝すること。

(私にはそれが無理なので(゚゜)\バキ☆、この地の子どもたちを愛すこと、にすり替えてます)



よき方向へと皆で考え、共に歩んで行きたい、とこころから思うこと。





昨日は初雪でした! 今日もとても冷え込みました。

早く冬用のタイヤに替えなくては!!



しろぶーさんちも、少しずつでも輪が確実に広がっていかれますように☆☆

[ 2005/12/07 01:03 ] [ 編集 ]
「水は上から下へ流れるもの」
腰もですが、膝が最悪ですぅ>さきさん0208さん



うちの地域班を流れる川の上と下だけで、水質はぐっと違って来ます。

上には蛍が乱舞しますが、街中への入り口となる下にはもう居ません。



でも、ここ数年、蛍の数が増えて来ています。

農業用水路や田んぼの畦道がコンクリートで固められていても、です。



自分が気付いたとき、少しずつでも、できることをやっていけば、蛍だって戻ってくる。

この自分が2人になれば2倍。 3人になれば3倍。

マンパワーは、相乗効果だって引き起こしますよね。



「できることを できるときに」。



ついつい「できない」と甘えてしまいがち、諦めてしまいがちな私です。

「できること」が、「できるとき」が増えて行くよう、頑張りますぅ☆☆☆

[ 2005/12/07 01:21 ] [ 編集 ]
Re:うむー(12/04)
ふにふに。。さん



 > 農村(?)ではそこまでそこまで気を使わなければならないのですね・・・。



私も、この地に来るまで、環境問題は意識して来ましたから、気をつけてはいましたが、

ここまで厳しい生き方、は、しておりませんでした。



この地に来て、自宅の生活排水がまんま目に見えて、

そのまま隣の田んぼへ流れていくのに恐怖しました。

洗濯することさえ申し訳ない気になってきます。



我が家を建てるとき、町の「農業委員会」全員の許可捺印や、

近隣の方々の許可捺印が必要だった意味が初めて判り、

自分たちが「ひとつの自然(田んぼ風景)を壊した」実感をひしと感じましたです。



でも、頑張ってるとそれが当たり前になって、普段はもう特段に意識することもないですよー^^*☆



 > それでも、みんなが「共同体」を大切にしているならがんばれるけど、・・・・



ここがネックですよね。

自分に厳しいと、自分の物差しで、ひとさまにも厳しくなってしまう悪い癖をなくしたいです。。。

[ 2005/12/07 01:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する