FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

中学校PTA新聞2学期号




地域班の回覧版が回ってきた。

そこにうちの中学のPTA新聞が1部挟まっている。



昨年、執行部として、
PTA新聞の発行が主な仕事となる文化部を主に担当した。

それまで、原稿と写真だけを用意し、
あとは、レイアウトから割り付け、イラストまで
印刷会社さんへ全てお任せだったPTA新聞。

PTA予算の緊縮財政のため、
印刷まで全て文化部の手作りに移行させるため、
『 パーソナル編集長 』 を導入し、きりきり1年間頑張った。

町内全域にも、中学校PTAとして、広く中学校PTAの活動を広報し、
様々な面から、ご理解、ご協力をいただき、
助言や、ご指導もいただきたい。
そんな願いから、昨年より、町内の回覧版に挟んでいただくようにした。



で、今春、顧問として 不本意なスタート をしてしまったため、
徐々に退いていき、1学期号の最終校正日に出席して以来、
文化部に対しては、全く 「 名前のみ 」 の顧問に徹した。



回覧にはさまれていた2学期号。

初めて目にする。

実質 稼働されたのが、何名さんになるのか判らないが、
文化部員さんたちが 『 パーソナル編集長 』を
使いこなし始めておられるのがよく判る。

それだけでも。 それだけでも 良かったのだ、と
少々、胸痛く 思いながら、
 「 お疲れさま 」 と 読み始めて、あれあれ? あれれ??



う"~。。。


これ、 『 PTA新聞 』 ぢゃないぢゃん。 ヽ(`Д´)ノ


 ● 3年生のキャリア教育の感想文。
 ● 2年生の職場体験学習の感想文。
 ● 1年生の地域見学の感想文。
 ● 高校説明会の感想文。(内、横2段分、保護者のアンケート感想)。
 ● 文化祭の写真、先生の講評、感想文。
 ● PTAコーラスに参加した執行部の感想文(写真を入れて横2段)。
 ● バザーについての厚生部部長のお礼文(バザーの写真を入れて横2段)。
 ● 最後のページは、クラブ紹介とクラブ成績。
 ● PTA教育講演会の内容は、横1段の半分。
 ● 残りの1段の半分で 編集後記かと思ったら、8行で、
   PTA連合会のバレーとソフトの結果報告と
  「 参加して下さって有難うございました。 来年も参加と応援をよろしく 」。


orz....

なーんや、それ。 
「 保護者として 」 の原稿量は、
アンケートを入れても1ページも ない。  しょんぼり
殆ど全て、子どもたちの感想文集。

1面に頑張って、(小さく)リードはつけてたけど、
「 PTA 」 としては、何も伝えてないような。。。。


これまで、あれほど頑張ってつくりあげた、


  うちの新聞は、学校新聞でもなく、子ども新聞でもなく、
  【 PTA新聞 である 】 ということ。

  PTA会員が PTA会員に、
  一番伝えたいことを伝えることができる新聞であること。
  学校や先生方から検閲が入ることもなく、
  判型からページ立てまで全くの自由であり、
  全てを文化部に委ねられているということ。

  これは凄いことであり、その分、責任が伴う、ということ。



「 PTAの新聞である 」。
そのことを 誇りとし、頑張って頑張って頑張って来た、
文化部の精神 って、何処へ行ってしまったんでしょう(T_T)。

もしかして、1学期号で、頑張りすぎちゃった?




………んでも、これが今期の路線、なんですよね。

これが、今期の皆が求め、目指してるPTA新聞、なんですよね。

、、、ていうか、
もしかして、私の居た中学執行部の3年間って、皆の求める方向と違ってたの?

それとも、これだけしなくては、子どもたちが今、何をしてるか。
学校行事が保護者に伝わっていない、ってことなの?

学校は何をしてるの? 保護者は何をしてるの?


激しく脱力。 激しく哀しい。


凍


どうか、PTA関係者の誰からも 2学期号の感想を聞かれませんように。



関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : PTA PTA新聞 PTA広報紙 PTA広報部 中学PTA PTA新聞とは

[ 2005/12/20 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(22)
う“~~~気持ちとってもわかります
>………んでも、これが今期の路線、なんですよね。



>これが、今期の皆が求め、目指してるPTA新聞、なんですよね。



ここがとても悲しい・・・・・



来年の私の姿なのかしら・・・



私もPTA新聞を意識して作っています。

初めて理事になった時の講習会に出た時に、その説明がありました。

なので、親の目線でできるだけ書くようにしました。



これだけ内容が豊富なら、PTAの親の視線を盛り込めると思うんだけど、そこが足らなかったのでしょうか・・・



ペンギンちゃんの下文

つらいですね・・・



私も原稿をもらってなんとコメントしていいのやら・・・というものをもらった事があります。

少し、いや大分なおしてしまいました・・・・・

そこらへんが辛いところです。

[ 2005/12/21 23:08 ] [ 編集 ]
Re:中学校PTA新聞2学期号(12/20)
最初の3つの感想文っていうのは、

保護者から見た感想ではなくて、

子どもたちの感想なんですか?

うーむ・・・。

取材をしての感想なら、納得もできるのですけど・・。

と言いつつ、今年度私がかかわった広報が、

PTA新聞らしいか、って言われると、

まだまだ???がつくかもしれないんですけど・・。

来年度へ向けて、きちんと引き継ぎを作っておかないと、

また元の学校行事を追いかけるだけの広報になっちゃうなぁ。

りうりうさんに宿題をいただいた気分です。
[ 2005/12/21 23:16 ] [ 編集 ]
何のための新聞なんでしょうね?
今年の路線は、学校行事の紹介です。

という発言に、今年はそれ以上の戦いを放棄しました。「今年の担当者(委員)が、自分たちの判断でやれることをやってもらいましょう」ということで。



本部からの完全独立で、検閲は受けない!みたいな宣言もされてしまっているのですが、それってなんのための広報誌なんでしょうね?



なんのための?誰のための?をかみしめながら来年の戦いに臨むことになりそうです。

りうりうさんの切なさ、我がものとして臨みます。
[ 2005/12/22 00:00 ] [ 編集 ]
打ちのめすようですが・・・
りうりうさんほど情熱を傾ける方がいらっしゃらないのでは?

役員さんはそこまで深く、PTA新聞を考えてないのでは?   
[ 2005/12/22 00:27 ] [ 編集 ]
Re:う“~~~気持ちとってもわかります(12/20)
rain27jpさん

rain27jpさんが目指された路線を、なんとか、良い形で引き継いでいただけるといいですね。



 > これだけ内容が豊富なら、PTAの親の視線を盛り込めると思うんだけど、



えーと。 なんというか、、、はぁ。。。

くちびる寒し、でございます。。。。

[ 2005/12/22 01:39 ] [ 編集 ]
「感想文」は
全部全部、子どもたちの感想文です>こまま1023さん



それもPTA新聞用に書いて貰ったものではなく、授業を終えての感想文を

先生に提出したもののなかから、先生が選ばれたか、文化部員が選んだか。



 > また元の学校行事を追いかけるだけの広報になっちゃうなぁ。



……ぅん。。。



それならそれでもね、いいとも思うんですよ。

そゆPTAならね。

学校行事と(常に)共に在る、ということで。

んで、学校通信とか、学年通信とか、ない学校ならね、それはそれで意義あることかも知れない。



「学校での子どもたちと保護者の掛け橋」となる広報誌?として、

きっちり意義付けしてあるのなら。

(んでも、それでも、なんでそれをPTAが?とは思うけど。

 子どもたちを掛け橋として在るのがPTAで、

 そのPTAは、情報を地域に向けてをも発信して欲しい、と思っているのに)



んでも、うちは。

うちの文化部は、違ってたのよぉ。。。ふぇーん。



 > りうりうさんに宿題をいただいた気分です。



ぅぐぐ。

前任者の益体もない愚痴、ということで。

[ 2005/12/22 01:51 ] [ 編集 ]
Re:何のための新聞なんでしょうね?(12/20)
「本部からの独立」は>あそびすとさん

私は、ある程度は必要だと思っています。



本部(執行部)の御用新聞とならないために。

その年その年の本部の路線、意向は汲みながらも、広報部の独立性は大事にしたい。



部長さんが本部の肝いりではなく、役員さんの互選で決まるのなら、尚更のこと。

学校側やPTA本部の「検閲」めいたことがあっては、良くないでしょう。

但し、総責任者はPTA会長ですから、企画段階での会議や、校正段階での校正チェックには

本部が入らなくては、、と感じています。



本部としては、そこでじっくりお話するなり(勿論されたようですが)、

お話しても、全然ダメで、余りにも意にそぐわぬ場合は、

「会長から」とか「執行部から」といった独立コラムを設けて貰うとか。



大事なのは、全てが執行部の意向に添うような「執行部便り」にすることではなく、

広報担当の役員さんが、同じPTAの会員さんへ、

自分たちの目と耳とこころで感じたこと、何らかの感動を受け、広く訴えたいこと。

それらを自分たちの手でつくる、ということではないか、と感じています。



でも、私もPTAの広報誌たるもの、

単なる学校行事の紹介に終始して欲しくないと切実に願います。



 > なんのための?誰のための?をかみしめながら来年の戦いに臨むことになりそうです。



ぅぅぅ。(涙)

ふぁいとぉ~~!!

[ 2005/12/22 02:08 ] [ 編集 ]
Re:打ちのめすようですが・・・(12/20)
ぃやぃや>レイソル2.8さん

私も現実をよく識っているつもりでおります。



広報担当となられた役員さんの殆どが、

毎年毎年「嫌々ながら」「超自信なぁい」な状態からスタートされます。

でも、その殆どの方々が、部長さんを中心に苦楽を共にされ、最後には抱き合い、目を潤ませ、

或いは号泣されて卒業されて来たのでした。



実際に、自分自身が広報担当となると、そんなに適当にやってしまえるものではありません。

「せっかくだから、読んで貰いたい」という気持ちが文章に溢れ、

構成に出、レイアウトの工夫を生み出して行きます。



殆どの方々が、広報誌そのものに愛着をお感じになられ、

少しずつでも学ぼうとされ、或いは携わろうとされ、スキルアップを目指されます。

初夏の講習会にも、たくさんの方が参加なさいました。



現に、今回の2学期号も。

今春には『パーソナル編集長』を使いこなせるひとが、1人もいらっしゃらなかったのに、

ページごとにおそらく担当者を換えて、大変なご努力をされているご様子が伺えました。



なのに、どうして。

安易な方向?(言い過ぎ>ぢぶん)へ、、、。



……んだから、これが今期の路線なのだ、と理解致しました。



うちの執行部は、今期、男性副会長以外、全員卒業しましたから、

この路線を、さもありなん、とも感じる私がいるのです。。。。

[ 2005/12/22 02:25 ] [ 編集 ]
Re[1]:何のための新聞なんでしょうね?(12/20)
りうりう*さん

>「本部からの独立」は>あそびすとさん

>私は、ある程度は必要だと思っています。



それはもう。



ただ、完全に勝手にやります。話し合いも受け付けません。チェック不要です。誤字だけ訂正して下さい!って言われても、そりゃ責任体系が違うでしょ?(第一、誤字や誤表記がないかどうかはまず、自分たちで責任持ってくださいね。表現の問題以前に)。検閲じゃないんだけどなぁ。



だから、最初の段階(企画の段階で)本部も交えて腰を据えて話しをしましょ、問題があれば、みんなで相談しましょ、とようやくそこまで話しを戻せました。



なので、来年は「そこから」です。ふぅぅ。
[ 2005/12/22 03:32 ] [ 編集 ]
Re:中学校PTA新聞2学期号(12/20)
おはようございます。

うちも、昨日、小学校のPTA新聞、もらってきましたよ。

A4、4ページ。

そのうち、見開き2ページに、先生・職員の紹介がありました。。。。

編集後記を読むと、先生紹介は、要望が多かったとのコメントが・・・・

そうなの?2学期に載せる記事なの?

と、思ってしまいました。

(しかも、うちは、もう、3学期の新聞発行はありません。)



写真も、いっぱいはいって、

イラストも、いっぱい入って、カラフルで、見やすい新聞です。



だけど、先生紹介がメインだなんて・・・・・

えっ!!!(絶句です。)



りうりうさん、もうね、

親が活字を読まないですもの。

まだ、りうりうさんとこは、読む新聞みたいだから、

いいかも・・・・



うちの方は、見せる新聞に、なりつつあります・・・・
[ 2005/12/22 09:51 ] [ 編集 ]
実は
 うちの小学校も年3回のPTA広報、今まで、子どもたちの行事の感想で埋め尽くされていました。昨年度、運よく(?)くじ引きで、広報委員長となった私は、「子どもの作文の一行も載らない広報」を目指しました。

 でも、その分、保護者への原稿依頼が増え、迷惑がられたり、喜んでもらえたりでした。学校をとうして子どもの感想を載せていくほうが、保護者とのトラブルもなく、委員会の活動がスムーズにいくことを実感しました。

 PTAの活動って、疑問に思うことが多々ありますが、みんながみんなそういう意識があるわけではないので、時には「?」って思う広報になっても仕方ないんでしょうか?ね。
[ 2005/12/22 13:07 ] [ 編集 ]
早くも代替わり?( ̄▽ ̄;)
「いいよ~もう、適当で。とにかく『埋めれば』」が合言葉な広報誌

・・・という所が多いと思っているんですけど、

りうりう*さんの所の『PTA新聞』は、



>学校新聞でもなく、子ども新聞でもなく、



この意味を 読んでいる私たちはひしひしと感じます。

けど、

作る側は、そんなに熱くはなれなかったのか、

1学期頑張られて疲れた(もしくは嫌な想いをされた?)のか・・・



広報誌って、大概は学校であった事々の紹介だけ。

1学期は先生紹介がメイン。2学期は行事。3学期は卒業進級などなど・・・

ぺらぺらっと見て、お終い。

でも、それだけの内容でも、親って他の学年の事は知らないもんです。

読めば、他の学年の様子がちらっと分かる。

でもでも、小学校で取っていたアンケートだったと思いますけど、

ほんっと、殆どの親御さんは中身は見るけど読まない。

お父さんに至っては、見てもいないお父さんが殆どという結果。

それでも「読みたいと思うような広報誌に!」と思うと、当然、広報委員は大変になる。

それは 嫌だ。頑張りたい人に勝手に大変にされるのは迷惑千万。

ぁ~~~~~~~~~~~~ヽ(´・`)ノ フッ・・・

熱くなれる機会なんて、学生していない私達親にとっては、そうそうない機会なのにねぇ(;´`)



熱くいきたい AZでした(笑)
[ 2005/12/22 15:31 ] [ 編集 ]
がっかりですね
りうりう*さん、初めまして。

二学期号は生徒の感想文中心だなんて、まるで学校新聞ですね。文化委員さんの取材はなかったのでしょうか?依頼原稿もいいけど、数行でもいいから自分たちで取材した記事を入れるとPTAからの立場で書くことができるのにね。



担当した方たちは、二学期号で何をどう取りあげれば良いか迷ったのでは?「行事ごとにそれぞれ原稿を依頼すればいいんじゃない?とりあえずそれで紙面が埋まるし」みたいな…。



原稿依頼は手っ取り早い方法なので、あまり経験のない広報委員がやりがちですね。生徒の原稿からはPTAの考えや問題点が見えてこないんですよね。実際「これ、PTA新聞なの?」って疑問に思ってしまう広報紙に出逢うこともしばしばです。



三学期はどうなるんでしょう。やっぱり卒業をテーマに生徒一人ひとりの短歌なんかを載せたりするのでしょうか…。(やめて~卒業文集ぢゃないよぉ~笑)



余談ですが、ブログに出てこられる広報委員さんが集まって広報紙を作ったら、おそらく『最強(理想)の広報紙』ができそうですね。
[ 2005/12/22 15:41 ] [ 編集 ]
Re:中学校PTA新聞2学期号(12/20)
うちは去年は広報委員長の考えでやっぱり子どもたちの写真などが中心でした。

1年間長さんがしっかり自分の考えで編集していたのですが学校行事の紹介が中心でした。



それでも1学期はPTAを考えるという特集や2学期は秋祭りについてアンケートを広報独自でとったりもしてくれてました。

3学期もかなり委員会の仕事を紹介したりしてました。



けれどそれでも学校での子ども達を紹介したいっていうのが広報長の意見でした。



今年はまったくわからないを連発される広報長さんなので本部の意見がかなり入ってますが、(役員の多くが広報経験者、全体としてバランスはよくなったかと思ってます。



それにそれでも11月のPTA便りは広報さんが全部書きますって(予定では私に半分書いてくださいっていってきていた)いってすばらしい文章付で作ってくれたのでだんだん自分たちで動き出したようでそう言うのもありかなと思ってます。



うちは毎月B4裏表のPTA便り、学期ごとにA48ページ立ての広報誌。



私的にはもっと全体をみて出してほしいこともあるけれどこの辺が本部との兼ね合いも難しいところですよね。

足りなければ実行委員会便りとお知らせを本部が出します。読んでくれているのかは?



でもわかってもらう努力は必要だと思ってます。



それにうちは学校自体が激変したのでとにかく本当の意味でちゃんとPTAの広報にならないといけなかったので大変だったようです。
[ 2005/12/23 02:35 ] [ 編集 ]
Re[2]:何のための新聞なんでしょうね?(12/20)
了解、了解!>あそびすとさん



あそびすとさんのことだから、決して強権発動はされていないはず、とは思いましたのですが、

最初の

 > 本部からの完全独立で、検閲は受けない!みたいな宣言もされてしまっているのですが、

 > それってなんのための広報誌なんでしょうね?



このメッセージだけでは、

「完全独立させてもらえてない」「本部から検閲されまくり」、それって嫌だっていう、

広報さんの(ほんとは違う)声しか聞こえなかったので、あれれ?と書かせていただきました。



 > ただ、完全に勝手にやります。話し合いも受け付けません。チェック不要です。誤字だけ訂正して下さい!って言われても、そりゃ責任体系が違うでしょ?(第一、誤字や誤表記がないかどうかはまず、自分たちで責任持ってくださいね。表現の問題以前に)。検閲じゃないんだけどなぁ。



おっしゃる通り!

本部としては、実は誤字脱字なんてどうでもいい(゚゜)\バキ☆。

全くもって些細なことなんですよね。

大事なのは、【PTAの公報】である、その広報誌が、どっちを向いてて、何を語っているのか。

PTAが真に今、直面してる問題、それらを発信していてくれてるか。

それらを確認したいだけなのにね。



 > なので、来年は「そこから」です。ふぅぅ。



をを。

来期のお覚悟、決められましたね。

来期は来期の、また新しい広報さんですから、最初が肝心。

良き滑り出しとなられますよう、応援しておりますです。

[ 2005/12/23 08:45 ] [ 編集 ]
見せる新聞
あはは(汗笑)>OMITAさん

中学の教科書だって、今やとってもカラフルで、薄くって、お子たちの興味を惹くように

創意工夫されてますもんね。



しかし、学校行事がすし詰めの2学期号が、A4、4ページ。

それも内、見開き2ページが教職員さんの紹介とは、驚きましたです。

熱心な小中学校さんでは、1学期号の前に【号外】として、

教職員さん紹介号が出されてるほどですのにね。



んでもこれもまた、【個人情報】云々で顔写真の公開を拒否される教職員さんが

OMITAさんの学校にはいらっしゃらない、ということで、善哉善哉、

なのかもしれません。。。はぅぅ。



私は、入学式、卒業式を観ればその学校が。

PTAの広報誌を観れば、そのPTAのなかみがほぼ判る、と常々思っています。

PTAの空気、抱えている問題、危機感の有無etc.。



OMITAさんちのPTAは、のんびり穏やかさん、でいらっしゃるのかもしれませんね?

イラスト遣いまくりのカラーいっぱい。

お金にも余裕が在られるのかな?



 > うちの方は、見せる新聞に、なりつつあります・・・・



これは或る意味、正解なんですよー。

広報づくり講座でも、1面につき記事文章は3分の1~2分の1でいい、とよく言われます。

その分、推敲に推敲を重ね、研ぎ澄ませた効果的なリード、キャプション、原稿が必要ですが。

しかし行事がいっぱいの2学期は、そういう訳にもいかず、レイアウトに工夫を凝らして、

如何に読みやすくして、読んで貰うか、にこころを砕くのですが、

【要は、なかみぢゃい】と、実は思っている私。。。

[ 2005/12/23 09:02 ] [ 編集 ]
Re:早くも代替わり?( ̄▽ ̄;)(12/20)
そうそう、熱くいきたい!!>_AZ_さん



いろんな学校が在るのだから、いろんなPTAが在り、いろんな広報誌が在って当然で。



何の問題もなく、前年に習って【埋めていくだけ】の広報誌でも、

ちゃんと需要に応えてれば、(委員さんも楽しければ)無問題でしょう。



んでもさ、全国規模で、学校そのものが危機的状況だったり、

PTAそのものが存続の危機状況に在るのにさ、

【埋めていくだけ】の広報に時間と労力を注ぎ込まされる役員さんって、

私は、不幸だと思っちゃいますぅ。



まして、うちの中学PTA新聞の場合、組版への労力は割いてるのが判るのに、

内容が明らかに【後退】としか思えないのは、非常に残念です。



子どもたちが今、学校で何をしてるか。

キャリア学習、職場体験、地域見学での子どもたちの感動を伝えるため、

PTA文化部がそれに同行し、一緒に体験、見学し、感動したのなら判るけど、

なーーーんもしてないのに、先生から写真や感想文を貰って埋めて。

それで、PTA新聞は、何をどう伝えようとしてるの?って思います。

これは、学校側の領分ではないの?って思う。



PTA新聞なら、まずは実際に参加され、労力下さったPTAのバレーやソフトや

合唱やバザーや講演会の写真や報告や感謝や反省、来期への課題、抱負でしょ?って思う。



 > それでも「読みたいと思うような広報誌に!」と思うと、当然、広報委員は大変になる。

 > それは 嫌だ。頑張りたい人に勝手に大変にされるのは迷惑千万。

 > ぁ~~~~~~~~~~~~ヽ(´・`)ノ フッ・・・



誰も読まない、つくりたくない広報誌なら、

やめることも含めて、広報誌のその意味意義そのものについて、議論していきたいですよね。

あーぁ。。。。(哀)

[ 2005/12/23 10:39 ] [ 編集 ]
Re[1]:早くも代替わり?( ̄▽ ̄;)(12/20)
>誰も読まない、つくりたくない広報誌なら、

>やめることも含めて、広報誌のその意味意義そのものについて、議論していきたいですよね。

>あーぁ。。。。(哀)

- - - - -



それで「みんなやりたくないなら、やめちゃえばぁ~(-。-;ボソッ」発言に話が戻ってしまいますね(;^_^A アセアセ・・・



モチベーションを上げるのって、大人でも難しいですね(ーー;

今回の新聞が出来上がる過程で どんな事があったのか、どんなやり取りがあったのか・・・

気になるところですけど、そこまで首を突っ込んではいけない部分でもあり、

やきもきしますね(^_^;
[ 2005/12/23 10:57 ] [ 編集 ]
Re:実は(12/20)
う"~~~ん>しろぶーさん



頑張っておられますですね(涙)。

んでも、しろぶーさんちのPTAも、とても古い体質でいらっしゃるようにお見受けしますから、

何かを変えよう、動こう、とするのは、子どもたちのいのちに関わる緊急事態を除けば、

まさに牛歩の歩み作戦でなければ、途轍もない反動をかぶってしまわれそうです。



子どもたちの行事と感想文満載の紙面から一転、「子どもの作文の一行も載らない広報」は、

余りに急ピッチな「改革」でいらしたかも。。。

それでも、救いは「喜んでもらえたり」した方々がいらっしゃったことですよね。



私など、10年掛けての「牛歩」作戦でしたが、

広報に関しては、ものの見事に僅か半年で覆されちゃいました。

とほほのほーーー。



※ 掲示板の方へ、メッセージを有難うございました☆

どのPTAでも来期本部役員選出に向けて、ご苦労話が出始めてます。

実は、かく言う私も今春、入学式直前まで、誰にもバトンを渡せず、泣いておりました。。。



しかし、「役員をすると子どもが苛められる」。。。

「からかわれる」ことはまま在っても、「苛められる」とは!

これは、学校側にも報告し、なんとかしたいですね。

[ 2005/12/23 11:00 ] [ 編集 ]
Re:がっかりですね(12/20)
はじめまして!>房総うさぎさん メッセージ有難うございます☆☆



 > 二学期号は生徒の感想文中心だなんて、まるで学校新聞ですね。



そうなんです! 取材どころか、生徒さんには依頼原稿でもない。

先生から、写真と生徒の感想文を貰ってるだけです。



3学期号は、おそらく【恒例】の生徒たちの寄せ書きは必須。

昨年、私はこれを何としても廃したかったのですが、昨年の文化部の9割は、やめたくない、と。

やはり、3年生の保護者は楽しみにしているんだそうです。

で、この号【だけ】をずっと大事に取っておくのだと。



私は、全号を「保存版にしておこっと」と思われるような広報誌をつくりたいです。

(昨年の文化部員さんは、全員が血と汗と涙の結晶だから、全号、どれもとても捨てられない。

 2部ずつ欲しい! なんておっしゃって下さいましたが)



 > 余談ですが、ブログに出てこられる広報委員さんが集まって広報紙を作ったら、おそらく『最強(理想)の広報紙』ができそうですね。



広報も勿論ですが、私は最強の執行部ができるのではないかと思ってますです^^*☆

もっと早く、皆さんに出逢えてたら!と残念に思うくらいです。

皆さんがそれぞれの場所で、それぞれに頑張っていらっしゃることが、

孤独感を抱え込まなくて済み、とってもこころ励まされておりますですよ~。

[ 2005/12/23 11:25 ] [ 編集 ]
毎月B4表裏のPTA便り
って凄ぉい。>★のん★きっずさん

★のん★きっずさんちの学校HPにもPTAのページがあって、

情報発信にご努力されてますよね!



『PTA便り』も広報さん担当のようですから、広報さんも大変ですね?

んでも今期は執行部がメインで書き、11月号だけ広報さんが全部された、ということなのかな。



広報さん担当ではあっても、毎月『PTA便り』があるのなら、

PTAの行事報告や会長の意向、執行部の意向はリアルタイムで流せるので、

紙面にゆとりの在る広報誌の方は、子ども中心になっちゃうのも判る気がします。



これで足りなきゃ、「実行委員会便り」と「お知らせ」を本部が出されるのですか?

紙とインク代が凄そう。 かえって情報多過ぎかも?

んでも、学校統合直後でいらっしゃったものね。

大変さがひしひしと伝わって来ます。



 > でもわかってもらう努力は必要だと思ってます。



その通りですね!

で、次は共感していただく努力ですね。



執行部と一般会員さんは同じ保護者同士であること。

同じ保護者がたまたま役について、子どもたちを想い、よりよき方向へと、頑張ってること。

気付いて欲しい、判って欲しい。

協力して欲しい、支えて欲しい、助けて欲しい。



PTA文書、それも執行部文書は、できれば少なければ少ないほど良い、と感じることが多いです。

その分、いざ公式文書が出たときの注目度、効果が高いからです。



あと、各委員会の委員長さん名での委員会便りは、

もっとラフに、楽しく出せたらいいなぁと思っています。

(小学校PTAでは随分頑張りました。今はどうなってるかなぁ。。。)

[ 2005/12/23 11:55 ] [ 編集 ]
Re[2]:早くも代替わり?( ̄▽ ̄;)(12/20)
いいんですよ、戻っちゃっても>_AZ_さん



 > それで「みんなやりたくないなら、やめちゃえばぁ~(-。-;ボソッ」発言に

 > 話が戻ってしまいますね(;^_^A アセアセ・・・



「そこから」スタートできるなら。



広報誌の意義や意味や、これまでの在り方、これからどーする。

なんで今まで続いてきたか。目的は果たせたか。

ヤめるならヤめるで、その年の委員さんが総括してくれればいいんです。



そんな議論ができれば、それだけでも意義が在る。



問題は、誰もそんな猫の首に鈴をつけるようなことを言い出さないことなんですよねーーー。



 > モチベーションを上げるのって、大人でも難しいですね(ーー;



ぅん。 なまじ大人だから難しいんだと思いますです。



 > 今回の新聞が出来上がる過程で どんな事があったのか、どんなやり取りがあったのか・・・

 > 気になるところですけど、そこまで首を突っ込んではいけない部分でもあり、

 > やきもきしますね(^_^;



そーなんですぅぅ(涙)。

んだから、こうしてブログの底で、【王様の耳はロバの耳ぃぃ】と叫んでおりますぅぅ(T_T)。

[ 2005/12/23 12:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する