FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

やっぱり今年もお餅つき




 「 今年は、喪中でもあり、餅つきは止めよう 」と義母が言ったので、
実は、罰当たりな私は少し喜んでいた。


近年は蒸篭蒸しを止め、餅つき機で蒸し、つくようになったのだから、
随分楽にして貰ったのであるが、それでも1日仕事。


  神仏にお供えする鏡餅から、白の平餅、餡子餅、蓬餅、豆餅。。。。

   ( この神仏お供え分だけで、ひと臼分。

     近隣のちっちゃな祠、全部にお供えするのである )


自家製のお餅は、本当に美味しいけれど、
とにもかくにも準備から大変。

2日前より、餅米を水にかす。

自家製の小豆を炊いて餡づくり。
蓬を摘んでゆがいて、アク抜きし、
冷凍しておいたものを自然解凍させ、細かく刻む。

納屋の奥に仕舞いこんでいる餅つき機を出し、セッティング。
同じく奥深くに仕舞いこんでいる餅を丸めるための机を出し、
布を貼り、押しピンできっちり止めておく。

台所の床に敷くための茣蓙を3枚干しておく。

餅箱を出し、水洗いし、日光消毒。


そして、後片付けは、当然、現状復帰。
どうかすると、2~3日仕事の忙しさ。

大量のお餅を冷凍保存する場所にも頭を悩ます。

「なまこ」の形に整えた豆餅を1cm程度に切っていくのも、
大量であるために、大仕事で、手のひらは赤く腫れ、
鋼鉄の肩がダイヤモンドの肩になる。

各種取り揃えたお餅をそれぞれの家族に分け、
種々の野菜と併せ、年末最後の宅配便に間に合うよう駆け込み、
次義兄宅へ送る。

数々の祠参りをし、お供え餅を供えて回る。。。。



  ◆  ◆  ◆



最盛期には、【2斗】ついて、4家族に分けていた。


小さな少年たちも真っ白になりながら、
お餅を丸めるのを手伝い、餡をこっそり口に入れ、
どたどたと賑やかに、笑い声がハジけてた。


餅つきのために、三兄弟が一家で27日頃から帰省し、
それからずっと年末年始を共に過ごしてきたのであるが、
子どもたちが大きくなるにつれ、
子どもたちには子どもたちの予定が入り、
27日から全員が集うのは、段々と無理になってきた。



そして、私たちがこの地に転居してからは、
餅つきは、義母と私の仕事になった。。。。。


長義兄宅は、(おそらく大変だろう、と私たちを思いやり)
自分たちで餅つき機を購入し、
 「 自分たちの分は自分たちでつくから、いいよ 」と言ってくれ、
1家族分楽になった。


しかし、義母は、何より長義兄にお餅を食べさせたかったのだから、
それがとても不満で、毎年のように愚痴る。

 「 豆餅だけでも、餡餅だけでも送ろう 」 と言う。




六七日の法要が終わって、

 「 今年、喪中だから餅つきはしない。
   食べたいときに、欲しいだけ、買おうと思う 」 と

長義兄に言った義母に、長義兄が、

 「 それなら、今年は、僕らがつくよ。
   そして送ってあげるから 」



これが義母のこころに火をつけた。

 「 はぁ?
   あんたにそんなことはさせられん。
   まだまだ私がつくんぢゃけん!! 」


鼻息荒く、もち米を手配し、28日に急遽つくことになった。


   私がつくんぢゃけん。 って、、、……orz....


28日は上の少年が帰省してくるので、
ささやかなパーティ、予定してたのにな。



つきましたよーーーー。 【 1斗 】。


2升づきだから、5臼。


腰が痛いよーー、 膝が痛いよーー。
ウォーキングも3日目にして、お休みだよーーー。  2日坊主だよーーー。
 

号泣

…… んでも、毎年同じ日に同じことをする意義は大きいかも。 
お餅を丸めつつ、1年、さらにもっと昔を振り返り、しみじみ致しました。
義父の話、三兄弟の子どもたちが幼かった日々。




関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : ライフ
テーマ : より良く生きる!

タグ : 餅搗き 喪中 喪中なのにお餅つき 嫁稼業 年末年始の嫁稼業

[ 2005/12/28 00:00 ] あれやこれや ^o^; | TB(0) | CM(14)
Re:やっぱり今年もお餅つき(12/28)
りうりうさん、お疲れさまです(^^;)。

もちつきって学童の父母の会と塾の父母の会でお手伝いしたことがあるぐらいで、自宅でやった経験はないです。

自宅用の餅は、いつも米屋から配達してもらうか、スーパーで買うので・・・。

つきたてのお餅はおいしいですよね。

でもやっぱり大変そう(^^;)。

これだけじゃなく、やっぱりきっとおせち料理も作るんですよね?

うちなんか、出来合えのを買ってきて重箱に詰めるだけの手抜きです。

お煮しめは作りますけど。

でもって大掃除もありますし、年末は本当に忙しいですわ。

と言いつつこうしてネットに繋いでいる私は、大掃除をしなければという現実から思い切り逃避しています。

今日お掃除したのは、トイレのみ(^^;)。

今日から仕事は休みですが、やる気が起きません

(;ーー)。



http://www.geocities.jp/chiaki_konishiki/
[ 2005/12/29 16:01 ] [ 編集 ]
Re:やっぱり今年もお餅つき(12/28)
つくづく・・・りうりうさん家 凄すぎ!

こんなに頑張っている家庭が今の世の中に

何軒あるんだろう・・・

日本中捜しても両手で余るのでは?

読んでいて驚くやら感心するやら・・・

自分の立場ではない事に感謝するやら~ゴメン

何十年も頑張ってきたりうりうさんに敬礼!
[ 2005/12/29 17:12 ] [ 編集 ]
Re:やっぱり今年もお餅つき(12/28)
小学校までは 毎年母の実家のおもちつきに行ってました。

臼が石やったんを覚えてる・・。



おにーちゃん ちゃんと帰省しはるんや~、エライなぁ・・

セガレは年末年始バイト三昧で帰ってきましぇん!

[ 2005/12/29 18:51 ] [ 編集 ]
Re:やっぱり今年もお餅つき(12/28)
 確かに、大変だけど、他には変えられないものでしょうね。実家での持ちつきは、私たちが幼少の頃、途絶えました。でも、最初は臼で、その次には餅つき機でついていたのを、今でもよく覚えています。

 餅つきの時には、「もうじきお正月なんだ。」と思っていました。

 私、豆もち、大好きです。でも、高い!!トゥ エクスペンシヴ フォー ミー トゥ バイ・・・実家から毎年貰います。
[ 2005/12/29 20:34 ] [ 編集 ]
Re:やっぱり今年もお餅つき(12/28)
りうりうさん、お疲れ様~。

お体いたわってあげてくださいね・・・



自分の家でついたお餅はおいしいんですが、なかなか

準備も後片付けもたいへんなのがよく分かります。



実家の母が生きていた頃には、毎年年末になると

石臼と杵でお餅をたくさんついていましたから~。

(いつも母が愚痴をこぼしてました・・・)



私や娘達は、お餅を丸めるのが大好きですし、

「餅つき」といえば母を思い出します。

[ 2005/12/29 22:19 ] [ 編集 ]
おつかれさま~
うわ~、鏡餅って、喪中でも飾るんですか?

餅って、イベントの時につくのをちょっとみるだけで、

あとは父の実家が(魚沼地方なので)用意したのを

いただくくらいで。

最近、子供たちが気に入っているので、

ときおり、磯部や、あんこにして、

水稲米100%のを買うのをささやかな贅沢にしております。

(もち粉使用はお安いけど、味も落ちますから)

自家製は、ある意味贅沢かもしれませんね~

お疲れをためませんように。
[ 2005/12/29 23:53 ] [ 編集 ]
Re:やっぱり今年もお餅つき
私が子どもの頃、父の実家(農家)からやっぱりお餅をもらっていました。で、兄弟も多い(七人)ので大変だろうとやっぱり餅つき器を購入。数年は使ってました。子どもにとっては結構楽しい思い出ですが。

今は外で買うのみ…。

年中行事をきちんきちんとすることが、いかに手間がかかることか!、いつもりうりうさんの日記を読んで感心いたします。

でもどうしても「女の仕事」になっちゃうんですね。

りうりうさんのお疲れ、なかなか癒すお暇がなさそうで、安楽主婦の自分を貸して差し上げたいです(猫の手以下だけど)。

せっかく頑張られたのだから、美味しいお餅で満腹されますように。
[ 2005/12/30 01:51 ] [ 編集 ]
つきたてのお餅は美味しいですよね!
は~ぃ^^*☆>千愛さん

どんな苦労も吹っ飛ぶ美味しさです。



で、昔は大勢でしたし、それなりに忙しいなかにも楽しかったのですよー。



なんで、今、私がこんなに嫌なのか、、、というと、

やはり義母のいつも同じだらだらとした話………愚痴、ひとさまの批判、陰口、噂、が嫌なんだと。

今更ながら気付いてます。

義母は、外では言わないひとなので、その点は有難く思っていますが、

その分、家のなかでは、凄いです。

耳を塞いでしまいたいこともたくさんあるし、

面と向かって(でもやんわり)「それは失礼かも~」と

ストップを掛けることもあるのですが、

同じことを何度も何度も何度も。 で、相手は私だけだから、私も逃げようがない。



んでも、これが義母のガス抜きなんだから、といつも胸をさすりさすり。

私のガス抜きは何処でしようか、と腹をさすりさすり。



今回は、主に、義父の話に終始したため、助かりました。

私も今日は、大掃除!!\(^o^)/

いつもなら、義母宅の掃除に借り出されているので、自宅のことができるって倖せです☆

[ 2005/12/30 09:44 ] [ 編集 ]
頑張ってるよね?
頑張ってるよね?>そらしどママさん



んでも、この地では、これが当たり前なので、これになかなかついていけず、

適応障碍を起こしそうな私は【至らない】【不甲斐ない】嫁なんですぅぅ。

時折、私は、ダメダメ嫁として、ほんとに鬱屈した想いに悩まされます。



この地になかなかお嫁さんが来なくて、或いは離婚となって、

40代、50代、60代の独身男性がごろごろいるのは、何故か、気付いて欲しい。

義母の地域班では、1番若い嫁が私。

小中学校の子どもは1人もいないのです。



年末年始、水入らずで過ごしてみたい。

旅行にも行ってみたい。

温泉に入りたい。

私の実家で、娘に戻ってみたい。。。。。(T_T)

[ 2005/12/30 09:56 ] [ 編集 ]
石臼
そうそう>だぁるさん

昔は、石臼で、男性陣がぺったんぺったん。

それだけでは大変なので、シーソーの先に杵をつけたような、子どもたちが数人で足で踏んでつく、

手製の足踏み式杵、なんてのもありました。



三兄弟の子どもたちも、懐かしい想い出にきっとしてくれてますよね。



 > おにーちゃん ちゃんと帰省しはるんや~、エライなぁ・・



なんのなんの。

「来年は年末年始、バイトするけんね?」と了解を求め、

下の少年とともに、羽の生えたように、彼らの愛する私の実家の母のもとへと飛んで行きました。

私は、これからお正月3日まで、純然たる【嫁】です(T_T)。

[ 2005/12/30 10:06 ] [ 編集 ]
他には替えられないもの
ぅん。。。>さきさん0208さん



お餅は本当に美味しいし、仲良しの従兄弟、従姉妹たちと過ごし、迎えた年末年始は、

三兄弟の子どもたちにとって、とても懐かしい想い出になってくれているものと

信じています。(信じないと、とても耐えられない)



 > 私、豆もち、大好きです。でも、高い!!トゥ エクスペンシヴ フォー ミー トゥ バイ・・・実家から毎年貰います。



をを!英語だーー。

私も少し塩味のついた豆餅が1番好きです^^*☆

丹波の黒豆もびっくりな大きな自家製黒豆をたっぷり入れてつくりますから、

ほんとに美味しいんですよーーー^^*☆



今年は、豆餅も丸めました。

黒豆がたくさん顔を出して、模様の見立て遊びができそうです。

[ 2005/12/30 10:35 ] [ 編集 ]
有難う☆☆>yuinekoさん
yuinekoさん

身体を労わって?、今日はお昼から動こうと、珈琲片手に贅沢な午前中を楽しんでいます。



yuinekoさんのお餅の想い出は、おかあさまでいらっしゃるのですね。

いつまでも大切にしていたい想い出ですね。



私もお餅を丸めたり、実際の「作業」はそんなに嫌いではないです。

何でも、楽しんでヤっちゃおうと思うのですが、、、。



義母と2人の作業は、なかなかに大変。

すっかり、こころが疲れてしまいます。。。

[ 2005/12/30 10:41 ] [ 編集 ]
喪中なのに鏡餅。
日々、お疲れちゃんですぅ>ネコの目さま



私も喪中なのに、鏡餅は??と思いましたが、

大晦日までは喪中だけど、一応、三十五日で取越法要の忌明けをした、ってことなのでしょう。



 > あとは父の実家が(魚沼地方なので)



をを! あまりに有名な魚沼産コシヒカリ!

過日の地震の際にはご心配でしたね。大丈夫でいらしたのでしょうか。。。

ネコの目さまの故郷は南の島、、、とインプットされていましたが、

新潟の方にもルーツをお持ちだったのですね。。。



おっしゃる通り、近年まで稲作をしており、当時はもち米から小豆、黒豆まで、自家製でしたから、

最高の贅沢だったのではないか、と思います。

んだから、近隣の神仏全てにお参りをし、感謝の鏡餅をお供えしていたのでしょう。

熱心な氏子さんなどは、一升丸ごとひとつの大きな丸いお餅にした「一升餅」を奉納されます。



この「一升餅」は、うちの少年たちが1歳の誕生日のとき、それぞれつくっていただき、

背負わされて歩かされたものです。(よろけて倒れてましたが)



餅米粉を使用されたものは、どうしても水で溶くことから、水っぽくなりがちで、

品質チェックも曖昧になりがちなもののようです。

[ 2005/12/30 10:53 ] [ 編集 ]
「女の仕事」
そそそ>ゆうやけぐもさん

幼少時よりずっと「女に生まれて損したーーー!!」と思って来た私は、

まさかの結婚をして、その想いは数倍以上に膨れ上がっています。



殊に農家では、農作業は男性陣と変わらず泥にまみれて働くのに、

帰宅して、お酒飲んでひっくり返ってるだけの男性陣を横目に、ご飯支度、後片付け、

お風呂は最後、そして汚れ物の仮洗濯。



朝も1時間以上早起きして、朝ご飯と洗濯。。。



昔は便利な電化製品もなかったですから、まさに苦行。

昔の女性たち、特に【嫁】と呼ばれた女性たちに、つくづく敬服いたします。

何より優れる土への愛着、大地の恵みへの感謝、喜び、そんなようなものがないと、

到底私には耐えられません。



年末年始のドタバタも、お正月に楽をするためのお節、お餅のはずなのに。

なんだかなぁって、毎年思って来ました。



それでも、義父母から始まった分家の一族が、

これだけ皆で元気でこうして集える倖せに、増すものはない訳で。



「有難う」なんですよね、きっと。

[ 2005/12/30 11:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する