FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

義父は退院できるのか?







義父は、イビキのようなゴロゴロという音を立てて、喉に痰を絡ませている。


主に食事中を中心に、日に何度も、喉がつまり、息がつまり、
その度に看護師さんともども、慌てふためいて
痰を吸引し、薬剤吸入をしていただいている。


この吸引機は、乳児時代の私を育ててくれた大叔母が、
もう最期のときにされていた処置であるため、
私は、とてもイヤな気分でいる。


義父はもう2日間、何も食べようとしない。
できるだけ、経口摂取でいて欲しいから、
義母が無理やり口に運べば、嚥下できずにむせ、息がとまり、
最後は看護師さんと除去機のお世話になる。


義父の面相がみるみる凶相となり、目の周りに隈ができる。


「 脳外科だから風邪の治療はできない 」


2日食事を取れず、水分も満足に嚥下できないのに、点滴もない。

そんな状態であるのに、
金曜夜、7日に義父を退院させる、
自宅に戻れば、きっと落ち着くから。 との先生の言に戸惑い、
せめて痰が自力除去できるようになるまで、何処かへ転院できるよう、
土曜日、あちらこちらにお願いして周り、動いている。


嚥下障碍は、睡眠薬のせいだから、なのか。
それとも、脳のそうした部位にアルツハイマーが進んだのか。

私たちでは判らない。

自宅へ戻って、落ち着かなければ、どうするのだ。



この先生へ別の病院への紹介状を書いていただくのが
一番の筋である、と思うのに、義母をはじめ長義兄たちは、

 「 いのちを助けていただいた先生に楯突くようなことは言えない 」。


しかし、義母は、退院しても自宅へ連れて戻らず、
そのまま転院できる病院へ直接搬送したい。
たちまち発作が心配だから、というのである。

連れて戻れば、早くて入院は翌日となる。
午後から夜中。
いざ、発作が起きたとき、
吸引機と看護師さんの処置なくしては、呼吸が止まってしまう。



7日は、2ヶ月に1度の難病克服中の義母の通院の日でもあり、
この病院は総合病院で、義父のアルツハイマーも診ていただいた。
長く義母が入院したため、私も勝手がよく判っている。

できれば、義父をこの病院へ搬送したい。


しかし、紹介状がなければ、初診もかなわないほどの病院である。
いつもベッドは満杯で、順番待ちの方々は多い。


紹介状を書いていただけないか、と義父の主治医をはじめ、
2つ病院をあたったが、当然の如くダメ。

硬膜下血腫から今日までの経緯を、診もせずに無責任に書けないと。

当たり前の話だ。。。私だってそう思う。


う"~ん。。。
何度も説得したがダメだった義母や長義兄相手に、
やはり、現在の脳外科の先生へ、紹介状の依頼をしてくれるよう、
もう1度お願いしてみよう。。。。喧嘩になっちゃうのかなぁ。。。


ペン霧


※ 先週・今週の読了本メモ 

『戦争と重責』 野田正彰/岩波書店(6年ぶり再読)

『竜王伝説 3』『同 4』(「時の車輪」シリーズ 第1部)ロバート・ジョーダン/ハヤカワ文庫
(久々に再開したら「真実の剣」シリーズと混乱したので第1部から再読中)




関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/11/05 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(7)
知らなかった
脳外科だと風邪の治療は出来ないんですか・・・?

うちの近所の脳神経外科は風邪の薬くれますが。。。

いろいろなんですね

でも 風邪ってわかっていて何もしてもらえないのは辛いですね。。。

小さな風邪だってお年寄りにはキケンを伴うことも多いですから。。。

早く家族みんなが安心して生活が出来るようになることをお祈りしています。
[ 2005/11/06 15:20 ] [ 編集 ]
Re:義父は退院できるのか?(11/05)
私の父も、入院中暴れて静かになるお薬を・・・

他の患者さんや、看護士さんのご苦労もわかるが

弱っていく父を見るのは、辛かった・・・

人間らしく年をとっていくことは、難しい事なのでしょうか・・・

[ 2005/11/06 15:47 ] [ 編集 ]
Re:義父は退院できるのか?(11/05)
脳外だから風邪の治療はできない。

ならば、その病院の内科医が診たらいいのにと歯がゆい思いです。

自宅に戻るのは、おそらくむずかしいでしょうね。

いざなにかあった時に医療機関と医療従事者がいなければ、手遅れになり兼ねません。

転院するという方法が一番よいような気がします。

「お世話になっているから楯突くような真似はできない」などと言っている場合じゃないです。

紹介状は、いまの病状を把握しているその脳外の医師が書かねばなりません。

お願いしてみてもいいんじゃないでしょうか?

ただ、お義母さまやお義兄さまたちがなかなか首を立てにされないのですね?

ご主人から言葉を添えてもらっても無理でしょうか?

なんとかいい方向にいきますように。



http://www.geocities.jp/chiaki_konishiki/
[ 2005/11/06 17:55 ] [ 編集 ]
Re:義父は退院できるのか?(11/05)
「むせるのは 良い。むせなくなった時の方が怖い。」と、

実家母の入院中の嚥下障害では言われましたけど、

痰がからむ事で看護婦さんの『処置』をお願いしている状況での退院は疑問ですよね・・・

脳外科でも院内に内科がある場合は、内科の先生に診て頂けるように予約を取って下さるのが普通だと思っていたんですけど・・・そうでは無い病院もあるのですね・・・

一番最初の判断と手術は本当に助かったと思いましたけど、

その後の事が「これが同じ病院での事なの???」と疑問を感じるくらいに、

何だか納得がいかないような気が・・・・・



どうか無事に『転院』できますように・・・
[ 2005/11/06 20:54 ] [ 編集 ]
Re:義父は退院できるのか?(11/05)
身近な人で見たことがあります。

痰が絡んで嚥下障害になっている方を・・・。

やはりその方も奥様が「少しでも食べて元気になって欲しい」と願いを込めて口に運んでいました。先生が「点滴を打つからしばらく口からの摂取は控えてください」と言われても、家族の目を盗んでスプーンで食べさせていたようです。

でもやはり結果的にはよくないことでした。



私の実家の父が入院していた脳外科には内科医もいたので恵まれていたんでしょうね。



転院が無理でも、往診に来てくださる先生は近所にはいらっしゃらないのですか?





[ 2005/11/06 22:45 ] [ 編集 ]
Re:義父は退院できるのか?(11/05)
(≧◇≦)エーーー!



私の母も長い間脳外科でお世話になりましたが、風邪薬は出してくれていましたよ。



嚥下障害があって、痰が絡んで吸引もしなければならない状態で退院なんて、病院側がよくそんなことを言いましたね。



驚きです。
[ 2005/11/07 15:21 ] [ 編集 ]
総合病院でないことの問題、悲劇。
tiara_pittさん、ポテさん、千愛さん、_AZ_さん、

♪がらがらどんさん、HIMEchan♪さん。



メッセージを有難うございました☆

義父の入院からこの20日間で、

私の微かな違和感→漠然とした疑惑→大きな確信にまで育ったものがあります。



【(この)外科医は自分が手術した部位にしか興味がない】



【(この)年配の看護師さんは、夜勤が苦痛で、如何に問題とならない程度に

楽ができるか、手を抜くことができるか、を考えている】



【(この)外科医にとって、(この)年配の看護師さんのいうことが絶対である】



日数が経つに連れ、術前、手術直後の外科医さんのおっしゃっていたことと、

方針が変わっていくことが目に見えて判りました。



睡眠薬投与が酷くなるのは、決まって年配の看護師さんの夜勤明けの日から。



同室の患者さんから、年配の看護師さんの夜勤の夜は、必ず朝まで、

義父は車椅子で「抑制」を受け、ナースセンターに在ったといいます。

若い看護師さんだけのチームのときは、病室に在り、

定期的にオムツのチェックも受けていたようでした。



首を傷めれば首だけ。腰を傷めれば腰だけ。。。の整形外科を嫌っていた

以前の私を思い出しています。

(リハビリ施設の整った、すばらしいトレーナーの駐在するクリニックに出逢って、

 整形外科のイメージは変わったのですが)

[ 2005/11/08 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する