FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

義父退院5日目






4日目夜、義父のおめめはパッチリ輝き、
ベッドの上で上半身のみラジオ体操を始める。


少し熱っぽいため、義母や次義兄がやめるように言っても聞かない。

そればかりか立ち上がらせろと仕草で要求し、
立ってラジオ体操をしようとする。



何故、体操をするのか訊ねると
筆談用のノートに解読困難なみみずの字で、
「 身体がなまるから 」と答える。


午前3時を回って、熱があがり、ゼイゼイと言い始め、
今にも倒れ込みそうなのに、狂ったように手腕を振り回して体操をする。


義母と次義兄は、上から押さえつけるようにして寝かせる。

義父は普段ろくに動かない足で、思い切り義母を蹴飛ばす。


どんどん熱が上がるので、私も呼ばれ、
午前5時になるのを待って、主治医の先生に往診をお願いする。



古い痰が肺近くに溜まっているとこのことで、
長い吸引を受けた後、注射と点滴で義父が眠る。



後は私が看るので、義母と次義兄に休んで貰うように言う。

義母の顔はパンダのように目の上にも隈ができていた。


丸3日、ろくに眠ってなかったふたりは、
たちまち、寝息を立て始めたが、
午前9時を回ると、近隣の方々が、
義父の退院を耳にして、お見舞いに次々と来られる。
電話もじゃがじゃが鳴る。


今、義父は休んでいるので。 と答えても、
では、義母と話がしたい、と。

その度に、義母は相手をしなくてはならない。
身体が全然休まらない。



   ◆  ◆  ◆



午後1時半、主治医の先生が点滴に来て下さる。


熱は37度。

肺炎を起こしたかどうかは、レントゲンを撮らねばなんとも言えない。

同じ方向を向いて寝ると、同じ側へどんどん痰が溜まっていくため、
寝返りを打たせ、色々な方向を向かせて眠らせるように言われる。
(義父は、必ず左側へ身体ごと横向きで眠る)


点滴の間、義父が動かないよう、ずっと手を握る。


1時間後、点滴が終わって針を抜いたとき、義父が動き、
自由に動く手で、下がっている点滴の管を引っ張ろうとしたので、
慌てた私は、抜いたばかりのその針で、
自分の人差し指を、なかなか抜けないほど深く刺してしまった。


ますます慌てたが、まずは義父をなだめ、
点滴を抜いた後にコットンを貼り付け、しばらく上から押さえる。


私の指にますます針が刺さる。


もう大丈夫、と義父を放し、自分の指の針を抜く。
指先はもうシビレが来ており、
血が玉のように盛り上がっては、ポタポタと落ちる。



くぅぅ。 お願いだから、肝炎などに罹患していないで下さいね。


……咄嗟にそう思ってしまった自分にヘコみつつ。



義父が眠りに入ったので、
そそくさと夕食の下ごしらえをしていると、
すぐまた、義父に話しかけている次義兄の声が聞こえてくる。


起き上がってトイレに行く、と言っているらしい。


義父を抱きかかえるようにして、
トイレに向かう次義兄に声をかけると、
長義兄から、「今晩と明晩、長義兄が来てくれて交代してくれる」
とのメールが入ったとのこと。


助かった! 長義兄が来てくれるまで、義母はこのまま眠らせる。
僕ひとりで頑張れる! という次義兄に後を任せ、
私は処方された薬を医院へ取りに行くことにする。


その足で、帰りにスーパーでオムツを買い、
魚屋さんで今晩と明晩のための魚を買い、
車を置きに自宅へ戻り、タイマーでご飯を仕掛け、
とんぼ返りで夫の実家へ。


豚汁、水菜のおひたし、お煮しめ、煮魚の夕食をつくり、
昨日からプリンやヤクルトしか食べようとしない義父用に
野菜をみじん切りにしてよく炊いたものを入れた茶碗蒸しをつくり、
朝食の用意もして、
自宅用に持参した鍋に豚汁を少しいただいて、午後9時、帰宅!



ふぅ。
義父がもう少し足元がしっかりしてくれるか、
夜、ちゃんと眠ってくれる、とか、
何か落ち着いてくれないことには、3人でもまわらない。
どうしたものか、と思っているうちに、
そのまま爆睡し、午前3時、驚いて起きてお風呂を入れる。


我が家の男子どもは、シャワーで済ませたらしい。orz....




5日目夜となる昨夜はどうだっただろう。


昨日からの自宅の洗い物を済ませ、
あともう少しで、2日分の洗濯も終わる。


夫の実家へ行くのは、もうひといき、入れてから、にしよう。


ペン励





関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/11/11 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(13)
Re:義父退院5日目(11/11)
凄い!凄すぎる現実ですね

その内介護人が倒れるのが目に見えそうです

我が家も実家に両親いてイツカやってくる現実に怯えそうです。

今は、りうりうさんの身体が心配!

これから先まだ長い。大丈夫ですか?

本当に・・休める時は休ませて貰いましょう

気の利いた言葉がかけれなくてごめんなさい

名古屋の地からいつもりうりうさんの身を案じてますよm(゚- ゚ )祈り!

[ 2005/11/12 08:57 ] [ 編集 ]
自宅で看護がどれだけ大変か・・・
りうりうさんおはようございます。



本当にお疲れさまです。自宅で看護がどれだけ大変な事か、りうりうさんの日記を読んでいて痛感します。



福祉のサポートなど、使える物は使って、手を抜ける所は抜いて、自分が倒れないようにね・・・



遠い空のしたから応援しています。



[ 2005/11/12 09:03 ] [ 編集 ]
Re:義父退院5日目(11/11)
 足が自由が利くのは良いですが、徘徊につながる分、怖いとも言えます。

 義父は、早くから足が弱ったので、一度きり、家から歩いて出ただけで済みました。あれが、ずっと足が丈夫だったら、下の世話どころじゃなく、大変だったのでは、と思います。
[ 2005/11/12 10:47 ] [ 編集 ]
りうりうさん。。。
ここで聞くこと、祈ることだけが私のできること…本当にそれだけ?とパソ子の前でもんもんとします。思い切り吐き出してくださいね。
[ 2005/11/12 11:02 ] [ 編集 ]
指さし事故
この間までお義父さまの入院してらした病院に肝炎の感染の有無訊いてみられてはどうですか?

手術してるなら、絶対調べてるはずですから。

でもまぁ生命の危険がある肝炎ウィルスが他人にうつるほどウジャウジャいたら、

85歳で手術直後にこのお元気ってことはあり得ないから大丈夫か。



ともかくも深い傷、感染しないかな、大丈夫かな。

えらいねぇ、りうりうさん、私なら、突きのけてでもまず自分に刺さった針を抜きますわ・・・。



爆睡して当然だよ。お義母さまもお義兄さんたちもともかく眠れるときに眠らなきゃ保たないから。

どうぞホントにお体大切に。

[ 2005/11/12 11:33 ] [ 編集 ]
Re:義父退院5日目(11/11)
りうりうさんの身体と心が心配です。

私はダンナの両親と同居。仕事を引退した義父は酒浸りで呑んでは眠る毎日です。自ら寝たきり、痴呆の道を進んでるように見えます。

りうりうさんの義父様の事は将来、私が直面する問題だと思って読ませて頂いてます。   

[ 2005/11/12 12:00 ] [ 編集 ]
Re:義父退院5日目(11/11)
読んだだけで 倒れそうです。

これがもしワタシだったら。。。

きっとなにもかも投げ出して逃げていると思います。

りうりうさん あまりがんばらないでくださいね。

それにしても利用できる施設があるのに。。。

残念でなりません。

でも この辺りのお年寄りも 行きたがらない人結構いらっしゃるようです。

学校にでも行くって感覚で行ってくれるといいのですけどね。。。
[ 2005/11/12 14:23 ] [ 編集 ]
お義父様、元気になる気はあるのですね
それはよいことだと思いつつ、フォローする側の大変さ・・・(-_-;)



土地柄とはいえ、・・・・ご主人、お風呂くらい入れてくれると体が休まりますね。(シャワーする時間があるなら)

湯船につかる時間だけでも、疲れが癒やせるのに。





私は自分の両親の介護すら、これだけのことができるか疑問です。



どうせがんばっちゃうと思うので、せめて「手を抜くぞ」と口で呪文くらい唱えていてください。



それで、大好きなバッハも聞いてくださいね。
[ 2005/11/12 14:51 ] [ 編集 ]
Re:義父退院5日目(11/11)
介護される側が男性だと、やはり3人かかりきりになるんだなぁ・・・と思いつつ読ませていただいています。

私の 亡き祖母の場合は、女性だった事と盲目だった事が幸いして、

ここまでではなかったですからね・・・

実家母が倒れた後、退院してきた時にも、

女性であるという事(力がない)、半身麻痺だった事が私にとっては幸いしていました。



本当なら、それなりの所へ入院させてもおかしくない状況。

でも、入院or入所させれば、どんどん衰えていくのは必須。

早く公のサービスをもっと利用できるようになる事を祈るばかりです。
[ 2005/11/12 15:40 ] [ 編集 ]
Re:義父退院5日目(11/11)
周りの皆さんが倒れないように気をつけてくださいね。



ご近所さんのお見舞い・・・。



嫁ぎ先もそうですが、実家のほうはかなり古いしきたりが残っている地域です。

誰かが病気だ怪我だとかっていうことになれば、誘い合わせてぞろぞろお見舞い。

これってどうなんでしょうね?本人が喜べば有難いことですけれど、世間体でお見舞いに来てくださったとしか思えないような人が多かったです。

家族としては、もう少しゆっくりさせて欲しいと思ったり複雑な心境でした。

りうりうさん、時間がある時には休んでくださいね。
[ 2005/11/13 14:49 ] [ 編集 ]
Re:義父退院5日目(11/11)
何も申し上げられないまま、ただただ読ませていただいていましたが、、、



りうりうさんが少しでも楽になるようにと

周りの皆さんが気づいてくれるように、祈っています。

お義父さま、お義母さまも、少しでも心身の安定を得られ、

夜はお休みになってくださいますように。

[ 2005/11/14 09:09 ] [ 編集 ]
Re:義父退院5日目(11/11)
本当に、周りが倒れてしまわないか、それが心配です。心からお祈りしております。
[ 2005/11/14 10:12 ] [ 編集 ]
Re:義父退院5日目(11/11)
うちも年寄りがいるから人事じゃないですよ・・・

本当にお疲れ様です。

看てくださる手がまだあるからいいけど、皆さん交代に休める時があれば休まれてくださいね

[ 2005/11/14 10:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する