FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

『 死にざま 』  ~ 義父の通夜の席で ~




長い長い読経のあとの、お坊さまのお説教のなかで。

こころにざらっと。

途轍もない違和感を覚えてしまった部分 を 忘れないために記す。



お坊さまは、私より、ひとつ歳下でいらっしゃる。
ほんの一月足らず前に、お仏壇を新しくし、
入佛式 を執り行っていただいたときに、親しくお話をしたばかり。

幼少時より、両足に麻痺を起こしておられ、
何処へ行かれるにも、二本の杖にすがりながら、
たくさんの荷物を抱えてご自身で歩んで来られる。

畳のうえでは、足を投げ出して座られ、
座ったまま、後ろ向きに、両手でご自分の身体を滑らせて移動される。


それは、外で使用している二本の杖を
そのまま屋内で使う訳に行かないと思われ、
そのようにされていたことに後で気付いた。


腕で自分を運んでいらっしゃるため、
両腕と胸筋を鍛えておられるのがよく判る。

お声は腹から出される良いお声で、迫力がある。
心身共にとても修行なされていることが、言の葉の端々に窺える。


要所要所は、とても深く感じ入り、
唸ってしまう部分もあるのだが、
肝心要の部分が、私には、どうしても承服し難い。

単なる私の思い上がり、だとは思えない。

ひとの思想のバックボーンを司る、
宗教とは、恐ろしいものだと改めて思う。

同じ仏教であり、ほんの僅かの宗派の違いであっても、
その「違い」が、「それはそれ、これはこれ」と互いに尊重し合えない。
看過出来ない根本の部分だったりするのだから、始末に終えない。


まさに、改めて。
世界各地の「宗教戦争」の根の深さ、終わりのなさに想いをはせる。

まして共に「聖地」とされた場所をめぐっての戦争たるや。



  ◆  ◆  ◆



義父の通夜の席で。


以下は、お坊さまの話の違和感ではなく、目からウロコだった部分。



    昨今、「 生きざま 」という言葉が、好んで遣われているようだ。

    しかし私には、そのひと本人が 「 自分の生きざまを賭けて 云々 」と
    語ることは、非常におこがましいように感じている。

    それは違う。 単なる粋がり、カッコづけだと思う。


    そのひとの「 生きざま 」が、どんなものであったか、
    如実に証明するのは、そのひとの「 死にざま 」である。


    どんな死に方をしたか、どんな通夜で、葬式であったか。
    その席に集まったひとびとの顔ぶれ、態度、会話。

    それらのものが、そのひとの「 生きざま 」を証明するのである。





そこからお坊さまのお話は、「因果応報」についてだった。

   (結局、義父と通夜の席に集った方々を褒め称えて下さった訳だけど、
    なんだか非常に居心地悪し)


ペン問




関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : ライフ
テーマ : 生きるということ

タグ : 生きざま 死にざま 通夜 説教 僧侶 お坊さん 仏教 宗派 法会

[ 2005/11/13 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(13)
Re:義父の通夜の席で(11/13)
私は娘に常々口にする言葉がある

死んでいく時 

人との比較ではなく器の違いが有るけれど

自分は自分なりに頑張ったと思える人生にしようね

嫌でも死んでゆくんだから一生懸命に生きようね

・・・つまずいてばかりの私には言われたくないかも

どの道選んでも後悔ばかりだけど・・・

その時は良いと信じたんだから仕方ないじゃん~

迷惑掛けずに生きて行ける人なんていないよね?

あら~ここで言い訳してもね・・・

[ 2005/12/02 07:41 ] [ 編集 ]
そうですね・・・
私も、宗教と政治の話は、しないほうがいいと学びました。



それぞれに熱く思うものがあるんですものね・・・



だから戦争はなくなる日が来ないんでしょうね・・・(悲)



>どんな死に方をしたか、どんな通夜で、葬式であったか。その席に集まったひとびとの顔ぶれ、態度、会話。



◆きっとお義父様はとても素敵な方だったのでは・・・だから、そんな言葉が出たんでしょうね。



でも、私もこの言葉には違和感を感じます。



私の高校生の頃の友達が大学になって自殺した時。

ひっそりと身内だけで葬儀をしたそうです。



でも、高校時代。彼女とはとりわけ親しいわけじゃなかったけど、その頃は楽しい時間を過ごしていたような気がするのです。それを彼女の「生きざま」とはいいたくありません・・・。



[ 2005/12/02 09:03 ] [ 編集 ]
Re:義父の通夜の席で(11/13)
何の映画だったか忘れましたが・・・バーで宗教と政治の話しはタブーだ と話しているシーンがありました。



私の祖母は「死んでいく時 その人の行ないが清算され いい事をしたりまじめに生きていれば楽にお迎えがきて、悪い事をしたり人の道から外れた事をした人は大変な思いをする。 生まれて来た時0だから 全てプラスマイナス0になるように終わる。

だから 生きている時にやリ直しができるんだからそう思って生きなさい」って・・・でも・・・そうとも言い切れないじゃん と思ってしまう自分もいるの・・・

だって いい人が病気で若くして亡くなったりしてるんだもん・・・

なぜか・・りうりうさんのところで愚痴ってしまった・・ごめんなさいね
[ 2005/12/02 11:42 ] [ 編集 ]
Re:義父の通夜の席で(11/13)
ワタシ 義父の通夜 葬儀でお坊さんのイメージが崩れました。

その坊さんはなんでも『俺様』なんですよね。

お坊さんみんながそうだとはいいませんが

少なくとも 義父の時のお坊さんはとても人間として尊敬できる感じではなかったです。

たしかに良い事も説教しますが ムッとくるようなことも平気で言いのける坊さんでしたよ。

オットとふたり

自分たちのときは社葬(神社)にしよう。。と。。。
[ 2005/12/02 14:48 ] [ 編集 ]
Re:義父の通夜の席で(11/13)
(((( ̄ー ̄;)/ ギク 「生き様」は「死に様」。

まさにその通りでしょうね。
[ 2005/12/02 15:42 ] [ 編集 ]
Re:義父の通夜の席で(11/13)
ご無沙汰してしまって済みません。

お義父さま、本当にご愁傷様でございました。

でも、長い間お邪魔せず、また、りうりうさんも色々つらいことを経験しておられても、

やっぱりりうりう節は健在で、心のアンテナが鈍っておられない。

ホッとします。



少しだけ、人の生き死にに関わった、

自分の大切な人が自殺したらどうしようという思いに震えていた2週間を過ごしました。

自殺する権利は誰にでもあるけれど、

でも、どんなに良い人生を歩いていても、

やっぱり自殺だけはダメだよ。生きていたくても命を取られてしまう人が沢山いるんだから、

神様が決めただけは、生きなくてはいけないんだよと。

毎日祈るような思いでいました。



毎日あたふたバタバタとちっとも格好良く無いけれど、

そういう自分の生き様が、キライでなかったりする・・・・今日この頃かな?









[ 2005/12/02 17:02 ] [ 編集 ]
Re:義父の通夜の席で(11/13)
 実家が寺である私にとっては、耳に痛い話です。

 かくいう私は、信仰と言うものは、~宗でなければならない、なんて、かけらも思わない不届きものです。信仰と言うものは、その人が窮地に追いやられた時、救い、或いは頼りとなるもので、その宗教の教義が云々、ご本尊が云々は大して重要じゃないと感じています。だから、聖地をめぐる争いなんて、くだらないと思う。何処で何をしていても、一番の神様、仏様は私の心の中にいらっしゃるのだから。



 お布施の相場と言うものがなかなか判断しづらいものなので、お経の定価表?!みたいな物を用意されているお寺さんもあるようですが、う~~ん、どうなんでしょうね。
[ 2005/12/02 19:34 ] [ 編集 ]
ひとそれぞれに。
そらしどママさん

私も、これこそ「ひとそれぞれに」。

「それぞれの形で」「懸命に生きた」か、否か。なんだと思ってます。



ひとつひとつの選択の結果がどうであれ。



そのひとのひととしての歩みが、そのひとのなかで、

総じてどのようであったのか、なのではないか、と。



お坊さまが前半おっしゃりたかったことは、

おそらく、「生きざま賭けて」なんて粋がって語るんぢゃないよ、ということと、

死した後のひとさまの評価があなたの生きざまなんだよ、ということなのだろうと。



あれこれ考えてたら、面倒くさくなっちゃって(゚゜)\バキ☆。

「犯罪」はいけないけれど、でなければ、どうだっていいぢゃん。

完全燃焼した、と自分で思えれば。

自分なりに納得できるようなものであれば。



みたいに、若干煮詰まって来てる私ですぅぅ。



何もかも、「前世」の行いのせいにされたり、

例えば「念仏不足」だの「布施不足」だの「功徳不足」だののせいになっちゃうと、

思いっきりヒいてしまう私なのでした。

[ 2005/12/02 20:20 ] [ 編集 ]
私が否、と感じたのは。
rain27jpさん

これが、その宗派のお寺で、その宗派の説法を聞きに来られた方々の前でなら、

私は、お坊さまが何をどうお説きになられても構わない、と思うのでした。



方々はそれを聞きたくて集まっておられるのだし、その説法に耳順し、

その宗派に帰依するなりなんなり、各自の自由でもありますし。



んでも、あの場は、義父の通夜の場であり、

宗派関係なく、義父を悼んで集まって来て下さった方々の前での説法でしたから、

義父の逝き方、を称える余りに?、他者の、もしかしたら、ご家族や友人知人の「死にざま」が

悲痛な状態でいらっしゃったかも知れない方々の胸を抉るようなお話は、どうなん?

他者のものと比べる、というのは、どうなん?

と、思ってしまったのでした。

(もともと死して差のつく、そういう宗派であるようなのですが)



お坊さまの、単に読経だけの葬式仏教にはするまいぞ、という気概溢れる、

おこころこもった通夜式をしていただいたのではあるのですが、

う"~ん、、、と唸ってしまった私です。

[ 2005/12/02 20:31 ] [ 編集 ]
バーで宗教と政治の話
お酒が入れば、ますます>うさとら119さん

熱弁ふるっちゃったり、ヒートアップしちゃったりで、大変なことになっちゃいそうですよね。



宗教・政治。

まさにそのひとそのひとの生き方、思想の根幹となるものでしょうから、難しいですね。

宗教・宗派によっては、他宗教を「邪教」とし、「改宗させることこそが自らの信仰の証」と

位置付けているものもありますから、ほんと大変です。

(これまで私が実際に闘ったものだけで、6つあります)



地獄と極楽。

私たちの子どもの頃は、日常的なお話だったのですが、今では大笑いで済まされそうですね。



大昔。

天候にいのちを左右され、生まれついての身分で搾取され。

日々生きていくだけで、精一杯だったひとびとは、こつこつと善行を重ね、

懸命に努力することで、来世のしあわせを願い、それだけを救い、頼みとして頑張って来られた。

理不尽だらけの社会のなかで、辛いことは全て「因果応報」なのだから、と諦め、

胸をさすりさすり、せめてもの、しあわせな来世を願い、祈って努力した。

そうでないものは、地獄に堕ちて未来永劫苦しむのであり、そうならないよう、

現世で安楽な道へと転ばぬよう、地獄をもって歯止めとした。



胸の痛いそのカラクリを思うとき、現代に生きて在ることの倖せを想い、

生きて在ることの意味を想い、出来ることは何か、と想う。



おばあさまは、可愛い孫に辛い想いをさせたくない。

間違ったから、もうダメだ、と自暴自棄になって欲しくない。

んだから「生きてる間はやり直しができるんだよ」とおっしゃりたかったんでしょうね、きっと。



生きて在る私たち。 懸命に生きよう!

[ 2005/12/02 21:07 ] [ 編集 ]
お坊さまの勘違い
ああ、確かに>tiara_pittさん



いろんなお坊さまがいらっしゃいますですよね。

どう好意的に、謙虚に観ても、「葬式仏教」と悪口叩かれても仕方ないぢゃん、な方々、

い~~~~~~っぱいいらっしゃいます。

かくいう、私たち(私の実家)も、こちらから縁を切らせていただいたお寺さんが在ります。



んでも、日々懸命に修行を重ね、お努めし、頑張っておられるお坊さまも少なくないです。



檀那寺さんがそういう『俺さま坊さま』だと、しんどいですね。。。

んでも、代々続いて来られたのですから、切られるのにはパワーが必要でいらっしゃると思いますです。

(実家では、母とふたり、歯を食い縛って頑張りました)。



社葬がtiara_pittさんのおこころに添うものだと良いですね。

この地の大きな神社さんは、とても由緒ある神社さんだったのに、

代替わりされてより、すっかり寂れてしまわれました。

残念ながら、宮司さんもいろいろ、のようです。

[ 2005/12/02 21:56 ] [ 編集 ]
ぎく?
HIMEchan♪さん



「ぎくっ」、ですよね。

人生の退き際、できるならきちんとしたいです。



病で、事故で。

そして昨今の悲惨な事件で。

理不尽に生をもぎ取られてしまわれる方々のなかに在って。

自分のできること。 考え込んでしまいます。



たちまち、私、家の掃除と整理整頓しなくちゃ、恥ずかしすぎて逝けませんんん(゚゜)\バキ☆

[ 2005/12/02 23:09 ] [ 編集 ]
お久しぶりです>ひろ子・Kさん
ひろこ・Kさん

どうなさっておられるかと勝手に案じておりました。



頑張っておられたのですね!

公的に闘う、となれば、本当に色々と大変なことでしょう。

真向法では如何ともし難い場面も多々あられたご様子。

どんなに消耗されたことか、と胸が痛いです。



ほんとに大切なものを守るため。

メンツや立場などで踏みにじられてしまうような道理は看過しない、許さない!

というひろ子・Kさんの気概に打たれます。



とことん、やり通すことがおできになられますよう、こころから応援しておりますですよ!



 > やっぱり自殺だけはダメだよ。生きていたくても命を取られてしまう人が沢山いるんだから、

 > 神様が決めただけは、生きなくてはいけないんだよと。



全く同感です。

生のかたち。 死のかたち。

病に苦しみ、認知症が迫り来たとして。

さて自分は真にどうするか。 自問する日もありました。

でもやはり、どんな背景、どんな事情、どんな理由があろうとも。

自死はいけない、いけません。 と想う私が本当だと思いたいです。



今日は三七日法要です。 行って参ります。

[ 2005/12/03 07:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する