FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

段ボール箱に入れられていた小1の女子児童






22日午後、広島市内の路上で
段ボール箱に入れられた小学生の女児の遺体が発見されました。



この少女は、私の同僚のお子さんのクラスメートで、
彼女の携帯にすぐさま緊急連絡網として、メールが入り、
社内でも騒然とし、彼女はすぐに早退して、学校へ向かいました。



夜のニュースでもまだ、詳しいことは判明していないようですが、
なんとも言えない怒りと恐怖でいっぱいです。


校長先生の
 「 元気に登校してきた子どもを元気に家に帰せず、
   大変申し訳なく思っています 」
との談話も悲しい。


私でさえそうなのだから、
彼女や同じ学校に通う子どもたち、保護者、PTA。

そして、何より、被害にあった少女のご家族の方々は
どんなお気持ちでいらっしゃることでしょう。


少女のご冥福をお祈りするとともに、1日も早い事件の解決を望みます。


そして、私たちPTAのできることは何か。

防げるもの、防げないもの。

努力すべきこと、覚悟すべきこと。

本当に本当に性根を入れて、考えていかなくてはなりません。

悲しいけれど、そういう時代、これが現実、であるのですね。


ペン台風




関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/11/22 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(21)
子どもをもつ親として
親御さんのお気持ちを察すると、胸が張り裂けそうです。

他人事ではありません。

言葉がありません。



>少女のご冥福をお祈りするとともに、1日も早い事件の解決を望みます。



このほかに言葉が見つかりません・・・・
[ 2005/11/23 03:19 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
悲しみと怒りと本当にやるせない気持ちです。

うちの学校でも先日子どもが近所の人に襲われています。

たまたま未遂に終わりましたが、毎日に登下校とも大人の付き添いの中で子どもたちは生活しています。



子ども達をのびのび遊ばしてあげたい、



それすらかなわぬ世の中なのでしょうか?



私も少女のご冥福をお祈りいたします。
[ 2005/11/23 04:05 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
身近での出来事・・・驚きも想像以上でしょう。

うちの近所の小学校区でも、数年前、全国ニュースになった学校内で痛ましい事件がありました。

犯人が捕まるまで、登下校時、保護者が通学路に立ち・・・

今思い出しても、怖かった思い出です。



親御さんにはのお気持ちは察するもの大で、お言葉もありません。

PTA、地域でできる事を考え、子供達を守らないといけませね。

[ 2005/11/23 04:35 ] [ 編集 ]
防犯対策
広い校区なので徒歩通学の児で2.7km毎日歩く子もあります。なるべく 集団登下校するようにしてきましたが

一人という児も帰る方角によっては 何人かいます。3km以上の児は バス通学です。さて、徒歩通学の通学路にある 地域のお店に 連絡所をお願いして 下校時間などに 見回りなどお願いしてきましたが、経済の規制緩和で、薬屋、電気店、酒屋、駄菓子屋さんにいたるまで だんだんとお店も 閉まるようになってしまいました。株やネットは もりあがっていますが 景気の不安が とんでもない事件を招くと思います。
[ 2005/11/23 08:47 ] [ 編集 ]
PTA連絡網
お久しぶりです。



昨夜(22日)、中学校のPTA新聞部の連絡網で、

「24日と25日、登下校の見守りを募る。」

お願いの電話がまわりました。

ボランティアですので、

何人の方が参加してもらえるのか分かりません。



25日は、

転職の為の面接日なので、

パートを休みます。

この日を「見守りの日」に充てるつもりでいます。



見守りは、

たった2日間では効果が無いとは思うのですが。



それと、根本的なことで、

「犯罪を起こさない人間を発生させないように、

地域が子ども達を育てていく環境。」

作りが

必要ではないかと思います。



50年前の日本が、

余り突飛なニュースが発生しないほど、

のどかで平和であったように。



[ 2005/11/23 10:00 ] [ 編集 ]
親として
 また、ショックな事件です。登校中の子どもたちに自動車が突っ込んだり、下校の子どもがこうやって危険な目にあったり。

 実は、私は、子どもの小学校で、校外生活委員の委員長をしています。朝の街頭指導は慣例で、月1ペースで行っているのですが、下校までは(役員の方も忙しいので)手がまわりません。役員の引継ぎ時期にも問題があって、4月が役員空白になってしまうんです。そういうところを見直したいと思っているんですが反対勢力の攻撃は必至です。知らん顔もできるんだけど、こういう事件がおきると、そういうわけにはいけない気がします。本当は、もっと、積極的に活動したいのですが。
[ 2005/11/23 10:06 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
 何故でしょう。犯行の動機は一体何でしょうか。

 ネットがらみで犯行声明を出し、犯行に及ぶ未成年者の犯行は、自分の存在を顕示する為の、ごく利己主義的な動機が多いようですが、彼や彼女が、そこに至らないようにするために、何をすれば良いのか、考え込んでしまいます。



 生来の異常者であるのなら、そのようなメンテナンスが必要でしょうしね・・・。



 何はともあれ、これ以上、いたいけな被害者が出ないように、最善を尽くすしかありませんね。でも、何をすれば良いのか判らない・・・・・。
[ 2005/11/23 10:23 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
子どもをもつ親として、ひとりの人間として、やりきれない憤りと哀しみに打ちひしがれています。

本当に学校の関係者やましてや親御さんの気持ちを思うと言葉もありません。

校長先生の言葉は、TVのニュースで見ましたが、あの言葉にさえ深い思いを感ぜずには・・・。



ジャスミン茶々さんがお書きになられているように、『根本的なことで、「犯罪を起こさない人間を発生させないように、地域が子ども達を育てていく環境。」作りが必要ではないかと思います。』

に、深く共感する次第です。



亡くなられたお子さんのご冥福と事件の解決を私も願いつつ。



http://www.geocities.jp/chiaki_konishiki/

[ 2005/11/23 10:37 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
本当に悲しいニュースでした。。



ご家族の気持ちを考えると心が苦しいです。



1日も早く犯人が見つかるといいですよね。。



[ 2005/11/23 11:55 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
同じ一年生の娘を持つ親として、このニュースには非常にショックを受けました。下校時間が普段よりも早い時刻であり、全校生が一気に下校していたのに何故・・・・?????



不可解な事件が多い世の中になりました。



命の大切さを、その重みをもっと感じなくてはならないのでしょうか?



元気に登校していった娘さんが変わり果てた姿で見つかり、家族の悲しみを考えると辛いです。



早く犯人が見つかって欲しいです。
[ 2005/11/23 16:13 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
奈良での痛ましい事件からまだ1年しか経っていないのに、どうしてまた・・・。

我が家にも小学生の娘がいます。本当に他人事ではないのです。

幸い自宅と小学校が近いので、娘が1人で下校することはないのですが、それでも心配です。

いつまでも過保護にしていたら、自分ひとりで何も出来ない子になってしまいそうで・・・。



しかし最近うちの小学校でも愛護部のなり手がいなくて困っています。役員をするのは嫌で、でも自分の子どもの安全は確保して欲しい・・・それっておかしくないですか?

自分からできることをしていって、自分の子どもだけでなく地域の子どもたち皆が安全に暮らしていけるように皆が力を合わせて行くべきだと思うのですが・・・。



それにしても、未来ある子どもを簡単に殺してしまうなんて・・・。言葉もありません。

ご遺族の方々のお気持ちを考えると胸が痛みます。

亡くなったお子さんのご冥福をお祈りいたします。
[ 2005/11/23 20:34 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
同じ年頃の子供を持つ母として、女の子の親御さんの心情を考えると言葉が見つかりません。

「安全」とは何か。

子供たちをのびのび生活させてやりたい。そう思っても、それが「命」と引き換えになるようでは・・・。

何をどうすれば、かけがえのない子供たちを守る事ができるのか・・・



女の子のご冥福をお祈りします。
[ 2005/11/23 21:16 ] [ 編集 ]
Re:段ボール箱に入れられていた小1の女子児童(11/22)
ニュースを見て本当に胸が張り裂けそうでした。

先日もうちの学校で学校と母親の会が主催する集団下校があって、先生が「ここで何かあったらこの110番の店に入るんだよ。」と教えていました。これはまさしく危険があったときの対処方法を学ぶものでした。

なんか通学路もそういうことを考えていかなければならなくなったんだなあと思うと悲しいです。

少女のご冥福を祈らずにはいられません。
[ 2005/11/23 23:04 ] [ 編集 ]
ひと と して
エイクマンさん、★のん★きっずさん、feb27ぱれっと。さん



まだ、被疑者は浮かび上がって来ないようですね。

まさに本当に【ひとごとではない】。



何処にも持っていきようのない怒りと、そして、襲ってくる無力感。



私たちは、かけがえのないいのちを守るのに、どうやって立ち向かえばよいのでしょう。



思いがけない事故に出くわしてしまう危険性だけで、もう充分だと思うのに、

こうした覆面をかぶった悪意に対して、どう闘えばいいのでしょう。



子どもたちに、ひとを信じること、愛することの喜び、倖せと同時に、

ひとを警戒すること、自衛することの大切さ、こころ構え、具体的手段を

教え込まねばならない、こんな社会は不幸ですよね。



でも、これが、現実。



現実に対応できる自分たちでありたい、と思いつつ、

しかし、これを決して是としない。

慣れてしまわない、当たり前だとしない自分たち、社会でありたいと思います。

[ 2005/11/24 00:42 ] [ 編集 ]
Re:防犯対策(11/22)
りきkkぱぱさん、はじめまして。



うちの小学校区も度重なる統廃合で、海浜地帯から山林地帯まで、とても広い校区なのです。

スクールバスが巡回する地区もありますが、小さな地区ごとにいろんな考え方があり、

なかなか一斉に集団登下校とはいきません。



特に山林地帯は街灯もない地域が多く、冬は真っ暗。

PTAとして長年色々動いて来ましたが、これもまた管轄があれこれとあり、

自治体の考え方の違い、予算問題、農家との利害対立等々で、

これもまた安全第一の観点だけではスムーズに行きません。



 > さて、徒歩通学の通学路にある 地域のお店に 連絡所をお願いして 下校時間などに 見回りなどお願いしてきましたが、



うちの町の「子ども110番の家」について、以前、皆さんから様々なケースを伺いましたので、

よろしかったら読んでやって下さいね(http://plaza.rakuten.co.jp/ryu2smilingly/diary/200508100000/)。



うちの小中学校も、登校時の旗振り当番のみ。下校時は、まず不可能です。

ご年配の方々のご協力をあおいで街角に立つ、といったことはまだ試みてません。

また、こども110番は「駆け込む家」なので、見回りはしません。

小中学校のPTA役員さんの車や、バイクに

「○○中PTA パトロール中」のステッカーやプレートを貼って

外出して貰うようにはしています。



都市部に比べてまだまだ田舎町であるため、匿名性も薄く、差し迫った危機感は希薄です。

が、不審者情報がちらほら出始め、4つ隣の街では、女子生徒に不幸な事件が起きています。



町内の各小学校では、防犯ブザーを全児童に配布しました。

うちの町では、まずは町ぐるみでの声掛け、挨拶運動、だよな、と1番に思えるのも、

田舎町ならではの有難さかも知れません。

その分、夜の闇、大雨による鉄砲水、蛇、猪等、自然との闘い?が殊に山間部では日常ですが。

[ 2005/11/24 01:16 ] [ 編集 ]
「見守りの日」
ジャスミン茶々さん、お久しぶりです!

中学校PTAも動いて下さるとは、心強い限りです。



転職、なさる由。 そちらもふぁいとですね!



 > それと、根本的なことで、

 >「犯罪を起こさない人間を発生させないように、

 > 地域が子ども達を育てていく環境。」

 > 作りが必要ではないかと思います。



ですね!!



50年前の日本も、決して「のどかで平和」であったとは思いませんが、

少なくとも、子どもたちがここまでの悪意や危険に曝されてはいなかったように感じます。



これって、地縁社会が薄れ、都会化し、匿名性が増えてきたことって、とても関係があるようで、

【自由と責任】の社会、都会大好き、な私は、なんだか辛いです。

[ 2005/11/24 06:26 ] [ 編集 ]
校外生活委員の引継ぎ時
しろぶーさん

うちの中学PTAでは、朝の街頭指導は生活部の管轄になっています。

以前、『朝の旗振り当番考』として日記に記し、皆さんからもご意見をいただいていますので、

よろしかったら目を通してやって下さいね(http://plaza.rakuten.co.jp/ryu2smilingly/diary/200504290000/)。



小中学校ともに全PTAが当番に組み込まれていますが、

おっしゃる通り、4月は新役員体制がまだ整わないのもあり、

うちのPTAでは、5月からの当番体制で、高学年から順番を組み、

スケジュールは来年度の4月まで、としています。

低学年の保護者ならお子さんが卒業していない、ということもなく、

転勤、異動の際には、その御方が責任を持ってどなたかに交代していただくようお願いしています。



 > 反対勢力の攻撃は必至です。



何かをしよう、変えようとすると、必ずそこに反作用が生じるものですよね。

時折、天をあおぎたくなってしまいます。



なんのためのものなのか、皆さんにその根本を考えていただき、

皆で積極的に手と手を携えていきたいと願うのですが。

[ 2005/11/24 08:43 ] [ 編集 ]
「何故でしょう」
さきさん0208さん、ほんとに何故、なんでしょう。



そのひとにも、可愛らしいお子であった時期があり、

家族の愛に包まれて、微笑んでいたことでしょうに。



しかし、相次ぐ子の虐待事件に、考え込んでしまいます。

ひとの愛、善意、ひとへの信頼の大元となる根幹を揺るがされてしまいます。



 > 何はともあれ、これ以上、いたいけな被害者が出ないように、最善を尽くすしかありませんね。でも、何をすれば良いのか判らない・・・・・。



キーワードは【地域】だと思うのです。

『愛』に裏打ちされた『ウザい大人たち』に、なるしかない、のかな。

[ 2005/11/24 08:52 ] [ 編集 ]
もう繰り返したくない!!
千愛さん、* sora *さん、HIMEchan♪さん



子どもたちが狙われ、想像を絶する事件が相次ぎ、やりきれない想いでいっぱいでいます。



誰もが事件に遭遇した子どもたちの恐怖と苦痛やご家族の哀しみにこころ寄せることができれば、

こんな恐ろしい事件は起こり得ないように感じたりもして、

私たちの【 想像力の欠如 】→【 自分さえ良ければいい 】感覚とは、

こんなにも罪深い??ことになって来ているのかなぁ、とも。



件のデータ偽装設計で大問題になっている姉歯建築士にも同様の恐ろしさを感じています。 



 > ジャスミン茶々さんがお書きになられているように、『根本的なことで、「犯罪を起こさない人間を発生させないように、地域が子ども達を育てていく環境。」作りが必要ではないかと思います。』

>に、深く共感する次第です。



そろそろ皆で立ち上がろう。

こんなような社会でいいハズがないよね。

見てるだけ、はもう、やめよう。

そろそろ行動を起こそうよ。。。。。



たちまち自分ができるところから。 できることから。

そんなようなハヤる気持ちでいっぱいなのは、私だけ、なんでしょうか。

[ 2005/11/24 22:25 ] [ 編集 ]
「愛護部」
「愛護部」とは、、>蘇芳色さん

抽象的でありながらストレートな名称なのですね。



お子たちを愛して護る委員会活動。

具体的にはどんな活動をされているのでしょうか?

パトロール中心なのかな。。。。



 > しかし最近うちの小学校でも愛護部のなり手がいなくて困っています。役員をするのは嫌で、でも自分の子どもの安全は確保して欲しい・・・それっておかしくないですか?

 > 自分からできることをしていって、自分の子どもだけでなく地域の子どもたち皆が安全に暮らしていけるように皆が力を合わせて行くべきだと思うのですが・・・。



おっしゃる通りだと痛烈に感じますです。

自分の子どもを愛しく想う、その想いや目線を、ほんのちょっと横にも振り向けていただくだけで、

いろんなことが観えて来たり、凄まじい危機感を隣人たちと共有できたりするんだけれどなぁ。。。

[ 2005/11/24 22:35 ] [ 編集 ]
「安全」って
ゆいぽんちゃん。さん、師匠109さん。



子どもたちが列をつくって集団登下校する通学路に車が突っ込んでいく時代に、

私たちはどうやって子どもたちを守ればいいのか、ただただ茫然と致しますですね。

このままだと、「通学路にも高い塀を」などという案まで出て来そうで、情けないことです。



子どもたちを自由にのびのびと。

そしてあくまで開かれた学校でありたい。

地域で育まれる子どもたちであって欲しい。



このことが子どもたちの「安全」を脅かすことになること自体に私には納得がいきません。

両立できる素敵な方法が、必ず何処かにあるはずで、それを懸命に見つけていきたい、と

願うのですが、、、、、なかなか厳しい道程のようです。

[ 2005/11/24 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する