FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

京都へ ~まずは、布団が出発!~




上の少年の入学式は4月7日。
下の少年の入学式は4月6日。

上の少年の入学式は、地元の中学の入学式と重なってしまった。
私はPTA会長代理で祝辞を読まねばならないため、出席不能(T_T)。

私にとって、受験生時代に、自分が行きたかった憧れの京都大学。
夢破れた後も、一時は院を目指そうとしたこともあった。
だもんで、ちょっと行きたかったんだけどな~~~。


大学の学生証の交付は4月1日の午後4時より。
夜は、早速法学部の会食。

入学日までに、下宿先を整えてあげたかったが、
いきなり1日から京都へ行きっぱなしになりそうだ。

で、アパートの入居開始日は、なんと4月1日より。
前日から一緒に京都入りしてホテルに宿泊か、と思ったが、
学生証交付が午後4時からなので、当日に京都入りすることにする。
で、当日、大家さんに挨拶をして鍵を貰うことに。

んで、お引越しなのだが……。

6帖1DKの狭いアパートだから、そんなに荷物は持っていけない。
家電など、殆ど必要最小限度のものを京都で購入することにした。

だが、布団は……。
私の母が、上の少年に合わせてつくったもの一式を
どうしても送ってやりたいと言う。
夫の母も、買って送ってやりたいと言う。

ちょっとした、布団プレゼント権の取り合い合戦になったが、
手作りした私の母の勝利。


問題は、どうやって送るか。 なのである。

私は、布団袋に入れて、宅配業者さん(私は諸事情あって、ヤマトさん贔屓)に
頼めばそれでいいじゃ~~んと、軽く考えていた。


ところがところが。
布団は、配達日指定の宅配では送れなかった!

布団は、「引越し便」用のトラックを使用するため、
コストを抑えるためにも、ある程度まとまってから
路線を効率よくシフトして配送していくからなのだそうである。(納得!)

だもんで、どうしても指定日時に配送したいのなら、
きちんと箱に入れて梱包し、「宅配便」として発注して欲しいとの由。

う"~ん。。。納得したけど、ど、ど~する?


できれば、1日夜に届いて欲しい。
でないと、せっかくアパートに入居できたのに、ホテルに泊まることになる。
2名分、もしかしたら下の少年と3名分のホテル宿泊代は、
この物入りな時期にとっても痛い。

しかし1日より前に届いたら、アウトである。


一晩考え、
布団を大きな箱に入るようなサイズに畳み、掃除機で吸い込む
真空パックの奴にしたら、なんとか梱包できるのではないかと考えついた。

で、母にメールしたら、
「私もそう思って、もう手配したよ」
早っ!!


取りに来てくれたヤマトさんは、いつも配達してくれる顔なじみの方で、
母の2つになった丁寧な梱包を、「配送する側としてとても助かる」と
褒めて下さった後、一番安く送れるよう、手配して下さったそうである。

母が、上の少年の健康と活躍を願い、
一針一針、こころを込めてつくってくれた布団である。
その布団を京都に送り出すにあたって、
嬉しい気分で見送れたことに、母はとても感謝していた。

ヤマトさん、有難う。 母に優しくしてくれて、有難う。
ますますファンになっちゃいました。



  ※ それにしても、広島~京都間 布団運賃 5000円弱なり。
    送らねば、持参する訳にも行かず、助かったけれど、
    距離によっては、現地で買った方が安くつく場合もあるかも。





関連記事
スポンサーサイト



いいお母さんだこと!
お布団をぬってくれるお母さんがいるんですね。

素敵なことですねぇ~。

感心しちゃいました。

やっぱり大学生活をはじめるのは、生活をはじめるまでが大変ですね。

お金もかかるし、遠いとこれまた大変ですね。

うちもあと2年後はそうなるかと思うとため息です・・

でもうちの母たちもそうやってくれたんだろう・・と思うと今頃になって感謝したい気持ちでいっぱいです。

お兄ちゃんも楽しみにしているでしょ?

入学式、でれなくてがっかりですね。



デリスのシュークリームを食べさせてあげたいですよぉ~

[ 2005/03/26 16:12 ] [ 編集 ]
1日は京都ですか?
手作りのお布団~!長男さん、毎晩ぐっすり眠れそうですね。

私は地元で買って送ろうとしたらやはり日時指定できないといわれたので、ネットでみつけた大阪のお店で買いました。配達日時指定できて送料無料のお店があったのです。自分も泊まれるよう二組買いました。



家電は先日行った折りに京都の電気街で買いました。



細々したものを買うのに車がないので、普段車で大型店に乗り付けて買い物してる田舎者としては、どこで買ってどうやって運ぶんだろう?と悩みます^^;

ま、暮らす本人が必要に応じて買っていけば良いのですが、ついつい細かいものまで揃えてやりたくなってしまって余計な算段をしてしまいます。



いよいよですね。
[ 2005/03/26 16:16 ] [ 編集 ]
Re:京都へ ~まずは、布団が出発!~(03/26)
おーー!京都へ行かれるのですね。

京都は学生の町。

きっと素敵な青春が!

いいなぁ。大学生・・・。



ヤマトさんはやっぱりいいですよね☆

こままも実家から本を送る時に、

重さを考えてキチンとつめたら(9個になったの)、

一番安い値段でやってくれました。
[ 2005/03/26 17:15 ] [ 編集 ]
Re:京都へ ~まずは、布団が出発!~(03/26)
お母様がひと針ひと針こころを込めて縫われたお布団は、さぞかし良い寝心地でしょう。



わたしの母が孫たちのために縫ってくれたお昼寝布団、大きくなった今は使うこともなくしまってあるけれど、引越しのときに捨てなくてよかったぁ。(私、物持ちのとっても悪い‘捨て魔’なんです)



お兄ちゃんが在学中に、お母様が京都を訪れることができるといいですね。
[ 2005/03/26 21:52 ] [ 編集 ]
BBS ではエラーが出てしまうので・・・
気後れしてしまってなかなかコメントはできないのだけど、いつも読ませていただいてますよ。

今ひとつまとまらない駄文に、丁寧で暖かいお返事をありがとう。



CAP。その中にいてずっと努力されてらっしゃる方達には頭が下がります。

私なんていい加減で、何だかんだやってるうちに自分の子が大きくなっちゃって、

活動もだんだん片手間になっちゃって・・・ってなものです。

そんなに仰っていただくようなもんじゃあありません。

ゴミ処分場の問題でトラスト運動とかいろいろ考えて手を出すんですが、

結局お上の圧力に負けて諦めてしまう・・・まだ戦ってる人もいるのに。

そんな中途半端な人間です。



「からすたろう」。生意気言って恥ずかしいです。勿論ご存知でしたよね。

八島太郎さんがいろいろあって日本から逃れ、遠いアメリカで、

あんなふうに日本を思ってこの本を描かれたこと、何だか胸が熱くなってしまうんです。



お子様達のお話、PTAのお話、これからも楽しみに読ませていただきますね。

[ 2005/03/26 23:57 ] [ 編集 ]
母になってはじめて…
親の心を識るって>bamukero3さん

子どもたちが幼い頃は日々感じてましたけれど、

ここのところは、そこまで切実じゃなくて。



んでも、こういった節目節目で、

またまた切実に感じるものですね。



自分はこうしてもらった、ああしてもらった、、って数え上げて行くと、

全然ま~~たく追い付きません(がっくり)。
[ 2005/03/27 14:39 ] [ 編集 ]
1日は京都ですぅ☆


私も布団は二組…って思ったのですが、そんなに何度も行ける訳ではないし、

特定の友人や恋人?用になっちゃうのはヤだし…って、ちょっと考えちゃいました。



家電やちっちゃな家具類、どうしようかと思いますよね。

家電は、故障したときに持ち込みやすいのは、やっぱり地元かな、と思い、

上の少年のアパートのすぐ近くに大型電機店があったので、

そこで揃えることにしました。



合格手続きの際に、機種などを予約しておきたかったのですが、

アパート入居日が全く不明だったので、諦めたんです。

1日に行ってすぐ、揃うかどうかが心配ですが、

揃わなければそのように、頑張ってみます☆



お金さえあれば、何でもご当地で揃うのに、

段ボールに空きがあると、ついお米を2合ずつクッション代わりに詰め込んだり、

ちっちゃなビンに梅干入れたり、ふりかけ入れたり(笑)、

あれやこれやと、つい詰め込んじゃいますぅ。

[ 2005/03/27 14:53 ] [ 編集 ]
ヤマトさん☆


をを>こまま1023さん

こままさんも、ヤマトさんがご贔屓ですか(^^)☆



私は、業務上で、あれこれ様々な業者さんと折衝したときの印象と実績。

それから、なにより、こちらに引っ越してから、

荷物の受け取りで、10や20を下らないトラブルがありまして。

それが一切ない、のがヤマトさんでした。

以来、通販を利用するときも、必ずヤマトさん指定をする私です☆



大学生、良いですよね!

私もも一度、やりなおしたいなぁ。。。

[ 2005/03/27 15:03 ] [ 編集 ]
てづくりの布団
arue718さん、

うちは、母も、夫の母も、布団づくりが上手なのです。

私たちの母の時代って、みんなそうなんですよね。



だもんで、私たちが結婚したとき…。

結局、私たちの日常用一式の布団が夫の母。

来客用一式が私の母、ということになりました。



私たちの布団、ダブルだったんですよぉ(泣)。

私は、ひとのぬくもりは好きだけど、一緒に朝まで、というのは嫌なので、

暫くして、こっそり業者さんに出して、

シングル二組に打ち直して貰いました(鬼嫁)。



>(私、物持ちのとっても悪い‘捨て魔’なんです)

んだから、arue718さんのお宅は、

あんなにモデルルームのように美しいのですね!!

私は包装紙も捨てられない困ったタイプなので……。 溜息。



>お兄ちゃんが在学中に、お母様が京都を訪れることができるといいですね。

はい(^^)☆ 母も京都が大好きなんです。

早速、色々と企んでいるようです(笑)。
[ 2005/03/27 15:11 ] [ 編集 ]
BBSのエラー
からすさん、お返事、有難うございます☆☆

そして、いつもお越し下さっておられる由、本当に有難うございます☆☆



どうぞ、気後れなんてお感じにならないで下さい。

もし、そんなお気持ちを私の文章が感じさせているのでしたら、申し訳ないです。



BBSでエラーが出ちゃうのは、どうしてかなぁ、、。

私もまだ、よくわかっていない(゚゜)\バキ☆ので、また色々やってみます。



>ゴミ処分場の問題でトラスト運動とかいろいろ考えて手を出すんですが、

>結局お上の圧力に負けて諦めてしまう・・・まだ戦ってる人もいるのに。

>そんな中途半端な人間です。



自分の日常生活そのものが、その根本を問われ、

活動そのものと連動させて行かねば成り立たない。

揚句に、常にお上とぶつからざるを得なくなるほど厳しいものになってきますと、

一生を堵する覚悟まで必要となって来たりして、なかなか難しいものですよね。



小学校PTAでCAPのグループの方々においでいただいたとき、

学びつつも私は、確かに、自分が逃げた、、、、と感じております。

良いとこ取りだけ、させていただこう、、みたいな。





私はまだ、八島太郎さんの生涯を追いかけている

宇佐美承氏の『さよなら日本』(晶文社)を未読のまま来ています。

いつかきちんと読もう、読もうと思いながら今日まで来てしまいました。

からすさんのお蔭で、繙く元気をいただきました。 有難うございます☆☆
[ 2005/03/27 16:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する