FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

母のレシピ の 栗渋皮煮




結婚時に、母からA5版の黒のルーズリーフ手帳を贈られた。


その手帳には、母のお手製でインデックスがつけられ、
母の手書きの覚書が並んでいた。


仕事一途で、非婚主義。
仕事上、プラスになると感じ、茶道と華道は少し学んだが、
いわゆる花嫁修業など、ひとつもしなかった私。


母はせめて、私の休みの日に、
女性として、少しでもきちんとしたものを伝えようと、
茶道、華道はもとより、料理や洋裁、和裁等々を教えようとしてくれた。


だが、私は休みの日も殆ど仕事関係で出掛けていたし、
たまに家に在れば惰眠を貪るばかりで、
休日に家に在って、母を手伝ったり、料理を共に作ったり、など、
全くしない「いまどきの」困った不届きな奴であったため、
母としては不本意で、不出来な娘であり、
家から出すにあたって、多分に不安で、責任を感じていたのだと思う。



このノートには、例えば、和服のページがある。
 私の和服の種類、寸法、小物類。
 それぞれの手入れのための一口メモ。

例えば、寝具(母はてづくりの布団を持たせてくれた)について。
 布団の種類、枚数、それぞれの寸法。 シーツの種類、枚数、寸法など。


なかでも大活躍したのは、母のお得意レシピだった。
家で手伝うこともなく、料理ひとつ作らなかった私に、
せめて、母は自慢の料理や私が大好きだった料理を伝えたかったのだと思う。


このノートを受け取ったとき、涙した。
少しでも母の想いを受け継ごう、見習おう、と思った。


以来、このノートは常に私の傍らにあり、
種々の私の覚書が増えていきつつある。


   ◆  ◆  ◆


そのなかの 【 栗の渋皮煮 】。 

手間も時間も掛かるが、絶品である。
今年は、日曜夜から月曜にかけてつくった。

皆さんも如何ですか☆


● 栗…鬼皮をとったもの  1kg (しばらく水につけておくと簡単に剥ける)

●【A】重曹(タンサン)  小2             ×3~4
    水(湯)      4カップ (栗が隠れるくらい)×3~4

●【B】水         3カップ
    砂糖        500g (私は、きび砂糖400g)
    塩         小4分の1

●ブランデー        4分の1カップ


 1) 【A】に栗を入れて、水から煮たてる。

 2) 煮立ったら、トロ火で5分間そのまま煮る。

 3) 2 の湯を捨て、別の温湯で栗を丁寧に洗う。

 4) 2 ~ 3 を3~4回繰り返す。
          (今度はお湯から。 その都度、タンサン小2が必要)

 5) 【B】を別鍋に煮立てて、シロップを作る。

 6) 栗を 5 に入れ、トロ火で1時間煮る。

 7) 6 を自然に1時間冷まし、シロップを栗に含ませるようにする。

 8) 栗とシロップを分けて、シロップのみを煮詰める。

 9) 栗を入れて、小さな火で煮含め、最後にブランデーを入れる。




栗の渋皮煮
栗の渋皮煮 posted by (C)りうりう

** 画像は 06/10/09  のもの。
FC2へのお引っ越しで挿入してみました。 



手間隙が掛かりますが、失敗は少なく、自慢の一品になりますです。 はーと

冷凍保存可能です。

鬼皮がはじけると煮崩れますので、お気をつけください。

私はきび砂糖や黒砂糖を使うので、煮詰めたシロップは黒光りがしています。
シロップを充分からめて冷やし、
大ぶりで形のよいものを一個一個、
お弁当用のアルミケースに入れると とっても 豪華。 
お客さまのお茶うけにもお出しできますし、
ラッピングすれば、和風のマロングラッセのようで、個々にプレゼントできるです☆




ペンイェーィ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



※ 今週の読了本メモ 

『DEATH NOTE』8 大場つぐみ・小畑健/集英社ジャンプコミックス
『遠日奇談』、『蔦蔓奇談』、『童子切奇談』、『雨衣奇談』、『嶋子奇談』、『貘夢奇談』
椹野道流/講談社X文庫



関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : グルメ
テーマ : レシピ

タグ : 栗の渋皮煮 レシピ 母のレシピ 渋皮煮

[ 2005/10/01 22:44 ] レシピ☆ | TB(0) | CM(24)
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
それは宝物ですね。

素晴らしい!



渋皮煮・・お友だちのお母様手作りのものをいただいき、

そのおいしさにとびあがったことがあります。

自分で作ろうとは思えないこままですが・・・(笑)
[ 2005/10/01 23:23 ] [ 編集 ]
おいしそう!!
渋皮をむかなくていいのが、なによりいいですね・・・私もやって見たいと思います・・・。おいしそうだー!!ただし・・・我が家には、ブランデーがない!1/4カップなら、お菓子用のもので、いいのかな・・・明日さっそく栗買ってこよー(*^_^*)



ところで、「デスノート」今日、古本屋で売っているだけ買って参りました・・・。4と6がまだ手に入っていませんが、現在、3巻目に突入。珈琲でも入れて、続きを読みたいと思います^^。(ラルクのhydeがすきとの情報で、読みはじめたミーハーな私です^^;)
[ 2005/10/01 23:26 ] [ 編集 ]
宝物
ありがと>こまま1023さん

私は母から、たくさんの宝物を貰ってます^^*☆

それを、ちっとも返せられないのが哀しい。。。。



 > 自分で作ろうとは思えないこままですが・・・(笑)



基本は煮るだけ、だから、ほんとは簡単なのよぉ。

栗をたくさん貰ったりされたときに、挑戦なさってみてね☆

[ 2005/10/02 00:06 ] [ 編集 ]
美味しいよ♪>rain27jpさん
rain27jpさん秘蔵の紅茶にも合うと思うな☆



ブランデーは1番安いので構いません。 入れると香りがいいし、コクがぐんと違うの。



 > 渋皮をむかなくていいのが、なによりいいですね



そそそ。 栗ご飯のときは、親指や手首がぐったり疲れてますよね。



『デスノート』、これまでになかった死神もので面白~

い。

心理戦にはハラハラするばかりで、私、どっちを応援してるんだろう、、と

時折判らなくなっちゃいます。

rain27jpさんは、4巻がなくて、これから3巻。。。。

なまじ、5巻が手元にあると苦しいですね?



 > (ラルクのhydeがすきとの情報で、読みはじめたミーハーな私です^^;)



hydeもここでこんな風に思ったかな?などど、ドキドキできるのですね?

ワクワク度が2倍ですね、羨ましいかもぉ^^*☆



[ 2005/10/02 00:14 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
素敵なお母さんですね。。。

私も、自分が親にして貰わなかった事、して欲しかった事・・・

せめて自分の娘にはと思っています。

生まれた時からのアルバムも、中学までお揃いでコメントつきのものを作ったり・・・

レシピノートを作ったり・・・



伝えたい色んな「お母さんの知恵袋」・・・

りうりうさんのお母さんに見習って、一冊のバインダーかなんかにまとめようと思います。



良いお話をありがとうございました。



遅くなりましたが・・・リンク頂いて帰ります。。。

[ 2005/10/02 06:11 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
すばらしいお母様ですね♪♪

本当に何よりの財産をいただけて、お幸せ♪♪



渋川煮!

私も時々挑戦します。

でも、いただいたもののほうがおいしいんだな!?(爆)

りうりうさんのレシピで、今年は挑戦させていただきたいです♪
[ 2005/10/02 07:55 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
初めまして!

栗の渋川煮につられてお邪魔しました。

私も毎年渋川煮作っています!

手間がかかりますが、出来上がったものを食べるのが楽しみですよね。



しかし、お母様からのレシピ帳って素敵ですねー♪
[ 2005/10/02 13:13 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
こんな素晴らしいお母さんに育てられると

りうりうさんみたいな素敵な大人になれるのね

う~ん今からでは家の子無理だよね・・・

タフな所は自信あるけど

栗は大好きだよ!他にも超簡単レシピ教えて~
[ 2005/10/02 15:20 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
お母様の手帳って凄いですね。

私は、あっけらかんと無恥な娘を出してしまいました。ちょぴり心に負い目を感じています。娘の恥は私の恥かな。やっぱり。



栗の渋皮煮美味しそう。手間隙かけて・・・・レシピを早速メモってしまいました。ありがとうございました。ブランデーっていうところが大人っぽい。



いろいろなところでお名前拝見させていただいて居ましたがカキコは初めて。

ついでにじっくり前に遡って読ませていただきました。共鳴することの多いこと。これからも宜しくです。
[ 2005/10/02 15:49 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
あーーらら、こらら。



いーけないんだ! 親不孝娘だった りうりうさん!



    ―なんて、口が裂けても言えない私! ;;





お母様の思い・・泣けますね。    篤い!

この親にして、この子あり”とは、よくいったものだとしみじみ。



栗は大好きです。



しっかり確認致しましたよ、レシピ。

お母様の思い、私もお裾分けして頂きました。



     うれし。



[ 2005/10/02 15:56 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
すてきです、お母様。



昨年 新聞で見て渋皮煮を作りましたが (美味しかったけど)以前お友達に頂いたのとは『こく』が違いました。シロップのみを煮詰める・ブランデーを使う は今年まねさせていただきます。こういうのって 教えていただかないとなかなか手に入らない情報なのでありがたいです。冷凍保存できるのも初めて知りました。ありがと~☆
[ 2005/10/02 17:09 ] [ 編集 ]
素敵なお母さまですね
りうりうさんの、細やかな心配りの原点を見たような気がします。

毎年拾わせてもらっている栗、今年はあまり出来が良くないんです。 春先の少雨など、天候のせいでしょうか?

渋皮煮、一度作ってみたいと思ってますが、出来れば作ってもらったのを食べたい・・な~んて。(笑)
[ 2005/10/02 19:33 ] [ 編集 ]
娘の居ない私。。。
おいで下さり有難うございました。>feb27ぱれっと。さん



feb27ぱれっと。さんちで渋皮煮についてコメントさせていただいてましたので、

ご報告すべきかどうか迷ってました。

おいで下さり、有難うございます☆



 > せめて自分の娘にはと思っています。

 > 生まれた時からのアルバムも、中学までお揃いでコメントつきのものを作ったり・・・



努力しておられるのですね、というか、楽しんでいらっしゃのですよね。

そんなぱれっとさんのご様子が目に浮かび、私まで心がまぁるくなってしまいました。



私の場合は、娘がいないので、このノートも私で終わりです。

少年たちのお嫁さんに渡せるような関係ができればいいけど、自信がないし、

できるだけ距離を置いておきたい、及び腰の私です。。。。



リンクのお申し出を誠に有難うございます☆

どうぞこれからよろしくお願い申し上げます。

[ 2005/10/02 22:46 ] [ 編集 ]
いただきものに、勝っちゃいませうぅ(笑)
をを!>りれこさん

りれこさんも作っておられるのですね。

私も、夫の実家の山で栗が唸るほど取れるので、

(んで、大きな栗はどうしても大味なので)毎年作っています。



どんなに上手にできた!と思っても、

母のには、見映えも味も負けるんですよ~~~(無念!)。

母のレシピで、是非、今年はいただきものに勝利を収めて下さいませ♪

[ 2005/10/02 23:04 ] [ 編集 ]
ことこと煮含める喜び☆
ようこそお越し下さいました☆>maple_dishさん



先ほどお邪魔にあがりましたが、

毎日素敵な食を志され、彩りから盛り付けまで心配りをなさっておられるご様子に

ひとしきり感服致しましたです。

さぞかし、笑顔いっぱいのご家族でいらっしゃるでしょうね。



 > 手間がかかりますが、出来上がったものを食べるのが楽しみですよね。



手間がかかるものは、そうやって手間をかける、ということができる、ということ。

きっと喜んで食べてくれるひとが、この湯気の向こうにいる、ということ。

そんなようなことを思いながら、頑張って?います。



手間をかけることで、格段にお味が違ってくるのは、こうした想いに応えてくれてる、って

ことなのかなぁ、、と思ったり。



あたたかなコメントを有難うございました^^。

[ 2005/10/02 23:20 ] [ 編集 ]
栗の簡単レシピ??
私は不肖の娘なんですぅぅ(T_T)>そらしどママさん



今からでも、ママさん自慢のレシピは間に合うのでは??

ママさんちのモーニングの組み合わせやランチの組み合わせだけでも

すごーく参考になると思うなぁ。。。。



栗はね、やっぱり皮むきがネックですよね?

私も渋皮煮の他は、栗ご飯くらいですよ~。

あとは、中華おこわに入れたり、チンゲン菜などの炒め物に入れたり。

(中華もの、オイスターソースと合うような気がします)

栗きんとんはね、しない。サツマイモでつくる方が数段美味しいと思う。



殆ど、茹でて半分に割ってスプーンで食べてましたが、父が焼き栗が好きだったの。

だもんで、時折、文化鍋で炒る感じで焼き栗にします。

弾けて危ないから、ひとつひとつ包丁で切れ込み入れていくのがちょっと面倒くさいけど、

すんごい美味しい! 栗は焼き栗が1番かもしれませんね。

[ 2005/10/02 23:36 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ~~☆>usakoppi。さん
わ~ぃ>usakoppi。さん

メッセージを有難うございました!!



 > 娘の恥は私の恥かな。やっぱり。



ぅぅ。。。やっぱりそうですよね?

母の「恥」にだけはなるまい、母を哀しませまい、と、思うんですけど、

『何をいまさら』状態の私です、、、、ふひぃ。



渋皮煮のレシピをメモって下さって有難うございます。

私には娘が居ないので、これが私で終わっちゃうのはもったいないなぁって思ってましたから

とても嬉しいです^^*☆



私もあちらこちらでusakoppi。さんのお名前やメッセージを拝見し、

とても近しいものを感じさせていただいてました。

あとでお邪魔にあがりますが、どうぞこれからもよろしくお願い致しますです☆☆

[ 2005/10/02 23:48 ] [ 編集 ]
「あーーらら、こらら」
なんか懐かしい(笑)>桜紫OKEIさん



「あーーらら、こらら」って、

「泣ーーかしたぁ、泣ぁかした」とか

「見~ぃちゃったぁ、見ぃちゃったぁ」みたいな節回しで、

ガキんちょ時代に歌ってたような…(笑)。



 >    ―なんて、口が裂けても言えない私! ;;



ふふ☆ OKEIさんもお花いっぱいの美しいページからは想像できない、

滅茶苦茶ご活発な日々をお過ごしだったようですものね???^^*☆



 > お母様の思い、私もお裾分けして頂きました。



このことに、嬉しい、とおっしゃって下さって、私も倖せ。

いつも有難う☆☆>OKEIさん。

[ 2005/10/02 23:57 ] [ 編集 ]
ブランデー
ぴょんぴょん☆さん、いつも有難うございます☆



昨年、新聞のレシピで作られた由。

スイーツも、お料理と一緒で、レシピ通りに何回か作っていくうちに、

自然とこれを足してみよう、これは控えてみよう、と「我が家の味」ができていくもので、

ご友人の方の渋皮煮も年季が入っておられたのかも知れませんね^^*☆



ブランデーは1番安いので大丈夫です。

最近、洋酒はぐんと安くなっていますもんね。

私は珈琲ゼリーにもかなり入れるのですが、入れると入れないのとでは大違いですよ~^^*☆



今年、もしおつくりになられたら、またご感想を教えて下さいね♪

[ 2005/10/03 00:11 ] [ 編集 ]
今年の栗
全国的なのかな?>ひなたひまわりさん



実はうちの栗も出来が良くないんです。

今年は余りに天候が不順でしたし、イノシシが里に降りてきては暴れる回数が年々増え、

イノシシの食べ残した余りを、もしかしたらイノシシと遭遇するかも、な決死の覚悟?で拾ってます。



渋皮煮、秋の夜長に、挑戦なさってみて?

文庫本片手に、ことこと煮込むのって、倖せ、ではありますですよ~~^^*☆

[ 2005/10/03 00:18 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
吾が母の十八番やぁ・・・

毎年、冷凍してたくさん保管してある。

でも、ジブンでつくろうとはしない吾・・・

そこがりうさんと大きく違うところ・・・

あぁ・・・そこがまた、自己嫌悪・・・

あぁ・・・母にはほんとに頭が上がらない・・・
[ 2005/10/03 14:46 ] [ 編集 ]
弥々さんのおかあさんの栗渋皮煮
をを☆>@弥々さん

弥々さんも、おかあさんの美味しい渋皮煮を食べておられるんですね^^*☆



いつか、作ろう!って思われる日が来るかも知れませんですよ。

舌は、しっかりおかあさんの味を覚えてますからね^^*☆



 > あぁ・・・母にはほんとに頭が上がらない・・・



私もです(;;)☆

でも、きっとそれが倖せである、ってことなんですよね、きっと。

[ 2005/10/04 03:45 ] [ 編集 ]
Re:母のレシピの栗渋皮煮(10/01)
おお~!美味しそうです。

祖母が得意だったので、うちは祖母からもらうばかりでした。(祖母の庄原にいたころの家には栗の木が3本植わっていました)レシピ、教わらないままだったのが心残りでした。これ栗が出回ったらぜひぜひ作ってみたいと思います。りうりうさん、お母様、ありがとうございます♪
[ 2005/10/04 06:34 ] [ 編集 ]
嬉しい^^*☆>tarantini78さん
きゃ~~☆☆>tarantini78さん



私の母のレシピが、tarantini78さんに伝わる。

なんて嬉しいんでしょう!

カレーのときみたいに、おばあさまのレシピに似てるといいなぁ^^*☆

[ 2005/10/04 07:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する