FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

無事、入佛式を終了。




急遽、夫の実家が、お仏壇を新しく購入することになった顛末は、
10月5日の 『 お仏壇物語 』 に記載した。


で、土曜日、お祭の夜頃。
日曜日、お祭。
     誰も帰省しなかったのに、巻寿司10本。
     お刺身2万円分。 天麩羅は、お料理特大パッドに5杯分。


月曜日、翌朝の古いお仏壇搬出、新しいお仏壇搬入、
    午後4時からの入佛式に備えての大掃除。

    お仏壇横に積み上げられていた、
    段ボール3箱分の初孫のための巨大甲冑やら、掛け軸、
    アルバム類を全て出し、虫干しを兼ねて納屋で広げる。

    古いお仏壇(30号という大きさ)の引出しから出てくる色んな物。
    たくさんのお飾り、仏具の整理。
    ご本尊と両脇の絵図を、床の間に祭壇をつくって飾る。

    義父は落ち着かず、どうしてこんなことをするのか
    5分置きに聞いてくる。

    その度に、お仏壇が新しくなることを伝え、
    その度に、義父は、この仏壇がいいのだ、と嘆く。
   

    3升のお赤飯を炊くために小豆の下ごしらえ。


    深夜、夫を迎えに、5つ隣の駅まで。
    小雨が落ちてきたので、明日の天気を心配する。


    お寺さんへ金封を用意。
     『御入佛御礼』  金 封:白無地 赤白花結び熨斗なし
                       (赤白あわび結び熨斗なし)
                のし袋:白無地 花結び熨斗なし
     『御膳料』     金 封:白無地

    仏壇屋さんへ金封を用意。
     『御礼』       金 封:白無地 赤白花結び熨斗なし


      ※ 金封の一部は、我ながら会心の出来だったのに、
        つい夫の名前を書いてしまい、やり直し。 orz....     
          

そして迎えた本日、午前8時から。 晴天なり。

    午前6時から、お赤飯炊き上げ。     

    お仏壇屋さんからは3名来て下さる。
    古いお仏壇を搬出。 義父はついて行きたそう。

    50年近く鎮座ましましていたお仏壇を動かすと、かなりの埃。
    家具用のキルト地の布できれいにくるんで貰って軽トラックに。

    新しいお仏壇搬入。
    部屋が、ぱぁあと華やかになる。
    22号の大きさであるが、高さは前のものと同じだけあり、奥行きも深い。
    扉を全開すれば、そんなに小さく見えない。

    義父は、硬直したように、じっと見つめている。


    配線をして頂き、次々にお飾りをつけて貰う。
    様々な祭具について、確認。

    入佛式用の、紅い和蝋燭を準備。 焼香用の香炉を用意。

    仏壇屋さんへお茶とお菓子をお出しし、御礼をお渡しして終了。

    お仏壇に佛花を活け、果物を添え、
    ご飯を炊き、佛飯を新旧各三、六つ用意。

    義父は、落ち着かず、何度も何度も、新しい仏壇について訊ねてくる。
    拒絶されたらどうしよう、と心配だったが、
    満更でもなさそうなので、良かった。

    蝋燭立てや花立て、香炉、鐘など、
    古い仏具が、我が家に下げ渡されることになる。orz....



午後4時から 入佛式。

    お坊さまのお迎え。

    まずは、床の間の古い仏像から仏さまにお帰りいただく。
    次に、新しいお仏壇の仏像へ、仏さまをお迎えする。

    古い仏壇から出てきた、1947年に義父が修行したときの筆書きの覚書を
    お坊さまにご覧いただき、複製・表装・製本し、お寺にも納めるよう勧められる。

    お坊さまにお茶、お菓子をお出しし、御礼をお渡ししてお見送り。

    お赤飯と上用饅頭をセットし、挨拶周りして、終了。  



後片付けやら考えねばならなことが諸々あるし、
義父の覚書の製本の件について、義兄たちと相談しなければならないが、
とりあえず、本日は、おしまいっ!!!


ペン寝



関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : 仏壇 仏壇買い替え 死に支度 宗教 入佛式 入仏式 金封

[ 2005/10/11 00:00 ] メモ メモ ( ..)φ | TB(0) | CM(24)
Re:無事、入佛式を終了。(10/11)
お疲れ様でした、ゆっくり休んでください。   
[ 2005/10/12 00:08 ] [ 編集 ]
お疲れ様~
ゆっくりお休みになってください。



お体のほうが大丈夫か心配です。
[ 2005/10/12 00:09 ] [ 編集 ]
お疲れちゃぁぁん
読んでるだけで ドっと疲れてしまいまひた・・

心の底から ご苦労様、でございます。



一番インパクト強かったんが・・金封の多さ。

あぁ、アタシって やっぱしシブチン・・







[ 2005/10/12 00:18 ] [ 編集 ]
Re:お疲れちゃぁぁん(10/11)
りうりう様、だぁるさん

>読んでるだけで ドっと疲れてしまいまひた・・

>一番インパクト強かったんが・・金封の多さ。



ごめんなさい。私もだぁるさんと同じことを。

それにしても大変なのですね、

びっくりしました。

本当に御苦労様。

嫁になるってこういうことなのね。と実感しました。私なんて、まだまだ青いなぁ・・・りうりうさんを見習わねば・・・・

ほんと御苦労様。それしか言葉が出ません。

[ 2005/10/12 00:37 ] [ 編集 ]
おつかれさまです^^。
お義母様はきっとすっきりされたことでしょうね。

お義父様も、満更でもないということで、よかったですね・・・。



色々大変なんですね・・・



(私の事ですが、母には死んだ後の仏壇や、お墓に関しては、話をしましたよ^^。)

[ 2005/10/12 00:40 ] [ 編集 ]
うわ……もう読むだけで
がっくりというか、げっそりというか、

なんというオオゴトなんでしょう。

大変でしたね………。ヨメの鑑。

お体大丈夫ですか?

どうぞゆっくりお休みになって下さい。

お疲れ様でした。
[ 2005/10/12 01:43 ] [ 編集 ]
Re:無事、入佛式を終了。(10/11)
お疲れ様~。

私には到底できないことばかりです。

しかし・・・うちの旦那は京都でも田舎の長男ひとりっ子。。。

先の事を考えると空恐ろしい。。。



ゆっくり休んでくださいね。。。

[ 2005/10/12 07:51 ] [ 編集 ]
Re:無事、入佛式を終了。(10/11)
お疲れ様でした。

金封の名前間違えちゃうことありますね。頭がくらくらしてしまふ。

お義父さま、新しいお仏壇にもなじめそうで良かったです。

寝ているペンギンちゃんにそっと毛布をかけてあげたいです。   
[ 2005/10/12 09:49 ] [ 編集 ]
お疲れ様したぁ~~!
 お疲れ様でしたぁ~。我が事のようにほっとしています。

 金封の書き間違い、ギクッとしますね。私もよくやります。
[ 2005/10/12 10:14 ] [ 編集 ]
途中から・・・
ドット疲れて読めなくなりそうだった・・・

読むだけでも、大変な儀式!

なんと言っていいか・・・

楽してるオバサンは、ただ逃げるのみです。。。



サササ,,,,,,,(((( ̄ロ ̄ノ)ノ

[ 2005/10/12 13:40 ] [ 編集 ]
Re:無事、入佛式を終了。(10/11)
お疲れ様でした(;^_^A アセアセ・・・



仏壇、神棚は、場所を変えるのも新しくするのも大変なんですよね(;´Д`)

入魂式というのがあるのは、何だったかしら・・・

家を建て直すからと一時的に仮住まいに移すにも色々ある地域もあって、

その度にお坊さん、神主さんなどなどへの色々が、

ひらりひらりと飛んでゆくそうで(ーー;



万事が 同様なんでしょうね・・・

本当に、お疲れ様ですm(_ _)m

(私だったら離婚してでも逃げてますよ^ ^;)
[ 2005/10/12 18:00 ] [ 編集 ]
Re:無事、入佛式を終了。(10/11)
お疲れさまでした。

仏壇を新しくするとこういう「入佛式」というのをやるんですか?

ご馳走作って、お坊さんまで呼んで?

大変失礼ですが、ものすごく仰々しいのですね

(^^;)。

私には到底真似できません(汗)。

ものすごくぐうたらなので・・・。



なにはともあれ、ゆっくりお休みくださいね。



http://www.geocities.jp/chiaki_konishiki/

[ 2005/10/12 22:48 ] [ 編集 ]
お疲れさまです。
こんばんは。

まだまだ、仕事が残っているみたいですが、

とりあえず、お疲れさまです。



ところで、

>蝋燭立てや花立て、香炉、鐘など、

>古い仏具が、我が家に下げ渡されることになる。orz....





これって、どういうことなのかなぁ???

りうりうさんちは、義両親のお仏壇、守らなくてもいい、と、いうことなの?

まぁ、考えるのは、後年にしましょう。

とりあえず、預かっておくのね。と、いうことですね。





[ 2005/10/13 02:38 ] [ 編集 ]
Re:無事、入佛式を終了。(10/11)
りうりう*さんちのまわりでは、

みなさん、こんなにたいへんなのでしょうか…。



友人もアパート&マンション住まいの人ばっかりなので、

「入佛式」って、こんなにビッグイベントだとは想像もしませんでした。ふーっ。



とりあえず、一休みなさってくださいっ!!!



[ 2005/10/13 08:36 ] [ 編集 ]
ねぎらいのお言葉を有難うございました☆☆
レイソルさん、★のん★きっずさん、あ~さんままさん、

どうも有難うございました^^☆



義父母がふたりして上機嫌なので、もぉいいや、って感じです。

つましく信心深く暮らして来られて、やっと新しいお仏壇を買われたんですもんね。



嫁は、後片付けにおおわらわです。(自分ちの方がとっ散らかってるのに(爆))

[ 2005/10/13 22:49 ] [ 編集 ]
金封
だぁるさん、usakoppi。さん

そうでなくても、お疲れちゃんのところ、またまた私んちで疲れ倍増?? ごめんね~~。



金封の表書きって、苦手ですぅ。

一字一字は、そんなにマズくなくても、全体のバランスみるとまるで幼稚園児。

穴掘りたくなってしまふ。



私は、決して【嫁】に来た、とは思ってないんですよぉ>usakoppi。さん。

【妻】の自覚すらないんですから。

なのに、なんの因果なんでしょうか(滝涙)。

[ 2005/10/13 22:56 ] [ 編集 ]
義父もすっかり、にこにこです。
一夜明けると>rain27jpさん



古いお仏壇をどうしたか、などと、義父が落ち着かず、最悪、怒鳴り散らすのではないかと

心配しましたが、すっかりニコニコで、大安心です。



こうなってくると、反対した私などは、逆に肩身が狭いのですが、余り考えないことにします。



 >(私の事ですが、母には死んだ後の仏壇や、お墓に関しては、話をしましたよ^^。)



何よりです。 そういうお話ができただけでも良かったですね!

また、後ほどゆっくりお邪魔致しますね☆

[ 2005/10/13 23:00 ] [ 編集 ]
京都・田舎・長男一人っ子
feb27ぱれっと。さ~~~ん。。。

現在は、ご同居でいらっしゃらないのかな。

それって、とってもとっても倖せでいらっっしゃいますよぉ。

今のうち?に、しっかりエンジョイなさってて下さいませ~~~??



※ そうそう、今年、中3と高3の受験生さんがおいでになられるんですよね!

  我が家が昨年、そうでした。

  じわじわと気持ちが落ち着かなくなって来られるのではないかしら。

  私たちは、食事や体調管理に気をつけてあげることしかできませんものね。

  これから夜は冷えて参りますです。

  feb27ぱれっと。さんが体調を崩されることのないよう、どうぞご自愛下さいませ。

 (3月4月、忙しかったですぅぅ)

[ 2005/10/14 01:33 ] [ 編集 ]
金封の名前
ゆうやけぐもさんもさきさん0208さんも

金封の名前、間違えられたことがおありなのですね?

良かった、私だけではなかったのね~~(T_T)。



滅多にない「会心の出来」で、名前で間違っちゃうとヘコみますですぅ。

金封もお高いですし。。。(T_T)



一夜明けて、義父が新しいお仏壇を気に入っている様子なので、とても安心致しました。

ご心配いただき、有難うございました。

[ 2005/10/14 02:54 ] [ 編集 ]
Re:途中から・・・(10/11)
疲れさせてごめんよぉ(;;)>ポテの姐さん。



 > 読むだけでも、大変な儀式!



ぅん。。。んでも、元々こういう儀式には興味が在る方なので、それ自体に苦痛はなく、

むしろ、目を爛々と輝かせておりました(゚゜)\バキ☆



新しい仏像に、仏さまをお迎えするのは、やはり「呪術」めいてて、

ドキドキ致しましたですよ~~^^*☆

まだ膝が曲がらないので、正座ができないため、別室の柱の蔭から覗いてました(笑)。



私が閉口するというか、負担だなぁと思うのは、そのための準備やら、挨拶周りやらその他諸々。



 > サササ,,,,,,,(((( ̄ロ ̄ノ)ノ



私もそうしたいぃぃ。

[ 2005/10/14 03:06 ] [ 編集 ]
「離婚してでも」
ぅん。。。>_AZ_さん



この地に来てから、それまでは思ったこともなかった

「離婚してでも」な時期、状態は、何度も何度もあったし、

実際、離婚届を取りに走り、今も机の引き出しのなかにあります。

夫ともきちんと話をし、ついて来る、という夫を振り切り、

下の少年が中学を出るまで。と期限も切りました。



しかしその後、義母が難病に倒れ、義父が介護度4のアルツハイマーとなると。。。。

これを振り切って、私は、とても出て行くことができません。。。。(滝涙)。



 > 仏壇、神棚は、場所を変えるのも新しくするのも大変なんですよね(;´Д`)



宗派やその土地その土地で色々とありますですねー。

そのいわれや、理由など、事細かにお聞きして、納得できたり、尊重したい、と思えるものは、

やはり文化として受け継いで、伝えて行かねば、、、と思うのですが、

目いっぱい形骸化してて、意義も意味も無くしてしまっているものに対しては、

理不尽にばかり思ってしまいますです^^;。



私が謙虚でないから苦しむんだ、とも反省をしたりするのですが、、、う"~。。

[ 2005/10/14 03:24 ] [ 編集 ]
「入佛式」
千愛さん



 > 仏壇を新しくするとこういう「入佛式」というのをやるんですか?

 > ご馳走作って、お坊さんまで呼んで?

 > 大変失礼ですが、ものすごく仰々しいのですね

 > (^^;)。



ん~と。。。。

実のところ、私も近隣へのご挨拶周りってどーよ?、と思っているのですが、

日本史で、東大寺の大仏さまの完成時に、大掛かりな開眼式が行われたと習いましたですよね。

「入佛式」とは、あれと同様の意味のようです。



仏像は、仏さまがそこに宿られない限り、偶像でしかなく、

資格のあるお坊さまによる一連の手続を経て、仏像に仏さまをお迎えしないといけないみたいです。



んで、それは我が家に仏さまがおいでになられた!という慶事なんですよね。(金封も赤白)

んだから、お坊さまには御膳料を包み、自分たちはご馳走で寿ぐ。



近隣にもその慶事を知らせ、共に喜んで貰う。

(滅多にあることではないから)親類縁者にもきちんと知らせる。

かくて、、、仰々しいもの、、、になっちゃうんでしょうね。。。はぅぅ。



 ※ んでも、いつもお経の最初に、仏さまをお呼びする経文を唱えるから、

   お迎えしても、いつもそこに鎮座していらっしゃるとは限らないようです。ぅ~む。

[ 2005/10/14 03:41 ] [ 編集 ]
「お預かり」ですよ>OMITAさん
「お疲れさま」を有難う☆>OMITAさん

これを乗り越えたら、ジョニデが待ってる!と思って頑張りました(笑)。



>>蝋燭立てや花立て、香炉、鐘など、

>>古い仏具が、我が家に下げ渡されることになる。orz....



>これって、どういうことなのかなぁ???



たちまち、古い仏具を遣いなさい、持って置きなさい。

こっちで必要になったら、持って来て。



ということだそうです。

今、我が家には仏間がありますが、中身は空っぽです。

お香や、お線香、お数珠、経典、宗教学辞典などが入ってるだけなのですが、

そこに花立てや蝋燭立てなどを置いておけ、と。



だもんで、「置いておく場所がないから」とは断れません。

OMITAさんがおっしゃる通り、もう、深く考えないことにしました。。。。(T_T)

[ 2005/10/15 02:32 ] [ 編集 ]
もっと凄い地域の話
まみい☆さん、仏壇屋さんから、もっと凄い地域の話を聞いてしまひました。



うちの下の少年の高校がある街で、この地に比べればかなり都会化しているのですが、

家を建てても、マンションを買っても、

【仏壇が入らない家は、ただのハコである】という考えで、

家やマンションは、子どもたちが自分でローンを組んで買うらしいのですが、

必ず、夫側の実家が仏壇を買ってその新居に入れるのだそうです。



これって、私の置かれた立場よりもっと苛酷。

自動的に妻側は夫の実家の宗教、ということになりますですよね。 ふひぃ。。。



 >「入佛式」って、こんなにビッグイベントだとは想像もしませんでした。ふーっ。



千愛さんにもお書きしたのですが、

ひとさままでお呼びしてお披露目するかどうかの違いは

あるでしょうけれども、

「形」としての仏像に仏さまをお迎えする儀式は、宗派に限らずあるようです。



おやさしい言の葉をかけて下さり、有難うございました^^*☆

[ 2005/10/15 02:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する