今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

68年目の原爆忌



       祈。





      世界の為政者の皆さん、
   いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。
   威嚇によって 国の安全を守り続けることが
   できると思っているのですか。 


                            ~ 2013 ヒロシマ 平和宣言 ~




2013祈鶴奉納
2013祈鶴奉納 posted by (C)天使な先輩





        今年も 花粉時期より体調を崩し、
        夏を迎えても 床払いどころか
        満足に歩くこともできない 鬱屈した日々のなか、
        天使な先輩から 平和祈念公園内に奉納された祈鶴の画像が届き。


        8時15分。


        杖を使ってようよう起立し、黙祷を捧ぐ。









        昨年6月。

        両親ともに被爆している被爆2世は
        どちらか一方の親が被爆している被爆2世より
        白血病の発症率が高いことが学術的に明らかにされた。

        被爆2世を対象とした従来の調査では、
        放射線影響研究所を中心に
        「 親の被爆による遺伝的影響はみられない 」と
        結論づけられたものが多いなか、

        被爆後67年を経て、広島大学名誉教授の鎌田七男氏らによって、
        白血病を発症した被爆2世の臨床データを詳しく分析され、
        2世の中で 発症率に明らかな偏りが出たことが発表されたのである。

        戦争で 喪われたいのちの重たさ 尊さは、
        全て等しく同じながら、
        被爆者の染色体にまで異常を起こさせる核の被害は、

        一過性のものではない、ということにおいて、
        【 特別なもの 】 であり、 その一点だけでも、
        全世界において、2度と決して許してはならない、人間の過ちである。

        この被爆2世の白血病発症についての発表は、
        今なお 根強い被爆者差別、被爆2世差別の問題に
        私たちは どう向き合い、立ち向かって行くか、という
        大きな重たい命題をも 突き付けてくる。 
        


        先日の豪雨被害で 自然の猛威に対する人間の非力さを
        またしても 思い知らされたのであったが、
       
        それだけに、【 人災 】 により
        事故発生から2年5ヶ月を経過しても 我が國が
        未だ暴走し続ける原発炉を抱えている恐ろしさを思う。


        この大地の 僅か地下40㎞も潜れば
        既にドロドロのマントル地帯であり、
        その上に立っている世界有数の地震國である我が國の危うさ。



        平野率が低く、四方を海に囲まれた小さな地震國。

        避けられぬ自然災害に備え、
        立ち向かわねばならないだけでも 手一杯目一杯であるのに、
        この上、どうして 【 人災 】 をも抱え込む余地があろうか。




         幼少期に 母の被爆体験を耳にして以来、
         幼ごころに考えに考え、長じる毎に気付いてきたこと。
         学んで来たこと。 


            私たちが直面した悲劇の数々に、
              唯一 救われる面があるとしたら、

            私たちが その悲劇に学び、
              二度と、同じ 過ちを犯さない、という
              この一点に尽きる、ということ。
 

            同じ過ちを犯さぬよう、全身全霊で努力する。


              どんなに困難な道であろうと、努力し続ける。
              そのことこそが、たまたま 生き残った私たちの務めであり、
              責である、と 思えてならない、ということ。
          


       世界平和 と 核廃絶 そして 脱原発 を
       祈る、ことは 宗教でもなんでもなく。
       願う、ことは、過激な思想でもなんでもなく。

       にんげん として、当たり前 な 祈りであったり 願いで在れるよう

       それぞれのひとびとが、それぞれの立場で
       それぞれの平和について、考え続けられるように。



               思惟を重ね できること を できる形 で

               前に。 前に。


                                ふぁいと > ぢぶん




2013 祈鶴
2013 祈鶴 posted by (C)天使な先輩

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






      ** 私自身も 原爆忌は ひとつの節目。
         今年も この日を迎えられたことに感謝しつつ、  
         己れの記して来たことに 向き合うこと > ぢぶん

        ●  『 夕凪の街 桜の国 』

        ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

        ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

        ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

        ●  「 みたび 『 夕凪の街 桜の国 』 」



関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きることは学ぶこと

タグ : 原爆忌 ヒロシマ 被爆者差別 原発 核廃絶 脱原発 被爆国 フクシマ 人災

[ 2013/08/06 09:00 ] ニュース | TB(0) | CM(18)
また、今日がきましたね。
今年もテレビの報道を見ながら、地域によって温度差があるんだな~って感じちゃいました。本当にニュースの1つの項目として扱われるだけなんですもの。
今だからこそ核について、もっと感じなくてはいけないと思うのですけれども…

最近、戦争が遠のいてしまったのかと感じることが多いです。
特に、憲法9条の話しが出てくるたび、あの戦争を忘れていませんか?って問いたくなります。
と言っても、戦争もヒロシマも肌で感じる事はなかったけれど…

今も反原発の考えは変わらず、小さな抵抗はしています。小さいけれど、何もしないよりはよいはずですから…


体調、辛そうですね。
それでも、前を向いて進むしかないんですよね。
今日は、きっとアップされると思っていたのでヨカッタです。
十分、からだに気を付けてくださいね。
[ 2013/08/06 15:23 ] [ 編集 ]
Re: また、今日がきましたね。
メッセージを有難うございます☆☆ > JJさん
すっかりご無沙汰でごめんなさい。
なのに、変わらぬご厚情を有難うございますe-266

下の少年に 私自身の余りのダメダメさを教えられ、
ずっと もう何も語れない、語る資格なし、
生きてる価値なし、的な状態でおりますのですが、、、

また、この日を迎え、
やはりこの日だけは 口を閉ざすことなどできない、と思い。。。。

加えて、安倍氏の復活に
5年前同様、兢兢としています。


例え小さくとも。 微々たるものでも。
声をあげねば、行動しなければ、
【 容認 】 の 機能を果たす自分、ということになることを
忘れてはならない、懼れねばならない、と 思うです――

日常の。
日々の暮らしのなかで。
継続して考え、声をあげ。
自分なりの闘いを ヤめてはならないのだと、改めて。
[ 2013/08/07 12:09 ] [ 編集 ]
ごめんなさい
何もできなくて、私までも寝込んでごめんなさい。
力たりなくて…
りゅうさんの文章が途中から涙に霞んでしまって…
お大事になさってください。
[ 2013/08/07 19:39 ] [ 編集 ]
Re: ごめんなさい
 サヨコさん。。
 ご無沙汰ごめんなさい。
 あたたかなメッセージを何通もいただきながら、
 とてもお返事できなかったダメダメな私をお許し下さい。i-241

  >  何もできなくて、私までも寝込んでごめんなさい。
  >  力たりなくて…

 大変! サヨコさんまで寝込んでしまわれていたのですか!
 とんでもない猛暑が続いておりますので、どうぞお身体おいとい下さいm(__)m。

 サヨコさんが お力不足、なんて、とんでもないことです。
 大きな手術をされ、予後を大事にされねばならないのに、
 積極的にデモに参加され、ついにはご夫君まで説得され。。。

 先刻、ご紹介いただきました民間福島原発事故収束委員会公式サイトへ
 初めて 飛ばせていただきました。

 ここに、「 原子炉シャットダウン方式 」がありました!
 なのに、7日のニュースでは、
 1日あたり推定300トンの汚染水流出との最悪のニュース。

 鬱々と伏せってる場合ぢゃありませんですね!i-240
 活を入れていただき、感謝申し上げます!
[ 2013/08/08 10:25 ] [ 編集 ]
>世界平和 と 核廃絶 そして 脱原発 を
       祈る、ことは 宗教でもなんでもなく。
       願う、ことは、過激な思想でもなんでもなく。

そうですよね、なのに右だ左だなんだかんだと言う声が聞こえてきて・・・不思議でなりません。
おからだ辛い中、りうりうさんの変わらぬ凛とした力強い文章にうれしくなりました。
[ 2013/08/08 12:04 ] [ 編集 ]
「 右だ左だ 」
 パクチーナさん、メッセージを有難うございます!
 3月にいただいたメッセージに、昨日、やっとお返事できました。
 大変遅くなり、ご無礼しましたi-241

  > 世界平和 と 核廃絶 そして 脱原発 を
  >         祈る、ことは 宗教でもなんでもなく。
  >         願う、ことは、過激な思想でもなんでもなく。
  >
  > そうですよね、なのに右だ左だなんだかんだと言う声が聞こえてきて・・・不思議でなりません。

 ですよね、ですよね!
 なぜ 世界平和を祈るのに、
 右やら左やら 訳のわからないレッテルを貼られねばならないんでしょう!

 それは、「 右 」やら 「 左 」やら と、
 手垢のついたレッテルを貼りたいひとがいるから。

 ひとに レッテル貼って、安心したい。
 貼ることで ひとを平面化し、安心して攻撃したい。
 そんな人々がいる、としか思えません。

 情けなさ過ぎ、と思うです。

    … 凛々しさ とは 対極の日々を送っておりました~i-182
      もうそろそろ、脱皮したいですぅぅうぅうううi-181
[ 2013/08/09 16:32 ] [ 編集 ]
ともに祈ります
>世界平和 と 核廃絶 そして 脱原発 を
>   祈る、ことは 宗教でもなんでもなく。
>   願う、ことは、過激な思想でもなんでもなく。
>にんげん として、当たり前 な 祈りであったり 願いで在れるよう
>   それぞれのひとびとが、それぞれの立場で
>   それぞれの平和について、考え続けられるように。



祈るだけではだめなのでしょうけれど、それでも祈ります。
この祈りが、力になるように。

お体、お大事になさってください。
[ 2013/08/10 10:43 ] [ 編集 ]
Re: ともに祈ります
 あそびすとさん  お懐かしゅうございますi-241i-241
 ご無沙汰の限り、申し訳ありませんんんんん。。。

 >  祈るだけではだめなのでしょうけれど、それでも祈ります。
 >  この祈りが、力になるように。

 きっと、祈るだけでは 確かに ダメなのでしょうけれど、
 ヒロシマ、ナガサキ、オキナワ、、そして フクシマ。。。
 根本に祈りのこころがなければ、きっとそれは違うのだ、と感じてきたです。

 ずっと寄り添って下さって有難うございますi-241
 頑張るです!!
[ 2013/08/11 21:58 ] [ 編集 ]
りうりうさんはだめだめなんかじゃない
そりゃ、欠点のない人間なんかいないし、何もかもうまく行くわけじゃないけど、
ともかくダメダメなんかじゃないよ。みんな知ってるよ。
[ 2013/08/12 09:38 ] [ 編集 ]
Re: りうりうさんはだめだめなんかじゃない
 ひぃん( ┬_┬) > あ・りの・みさん

 えぐえぐと泣いてしまいました。
 あ・りの・みさんのお姿とお声が聞こえました。
 有難うございます(T^T)。  本当に有難う。

      。。。でも、やっぱり、ダメダメなんですぅぅぅ( ┬_┬)。 はぅー
[ 2013/08/14 02:40 ] [ 編集 ]
何度でも言うけどダメダメじゃないよ
もし自分を責めてらっしゃるのが、お子さんのことなら、なおさら一人で背負わないで。
うちも次女が不登校になったから、ほとんど2年はお先真っ暗だったし、あとの一年も一喜一憂で疲れたけど、
子どもを「私が」何とかしなくっちゃって思い詰めてる時はむしろ良くなかったかも。

それはそうとネコの目さんや私の秋の旅行のお誘いメールは届いてますか?
もし届いてないならアドレス違いかな。
[ 2013/08/16 12:05 ] [ 編集 ]
Re: 何度でも言うけどダメダメじゃないよ
 あ・りの・みさん、ありがとう( ┬_┬)。

 >  もし自分を責めてらっしゃるのが、お子さんのことなら、なおさら一人で背負わないで。

 どうしてこんなことになってしまったのか。
 どこで ボタンを掛け違えたのか。

 自死する危険を ようよう脱した下の少年に
 「 あなた 」 と 呼ばれたとき、血の気が引きました。

 また、主にPTA時代、
 不登校のお子さまがいらしたり、
 ご家族が鬱状態でいらしたりする 友人たちから相談を受け、
 【 寄り添って来た、と思っていた 】自分に 吐き気を覚えました。


 ダメダメな自分が、
 これ以上、愚痴をこぼさぬよう、自己憐憫に陥らぬよう、
 こちらで いつも温かな皆さんに
 「 容赦 」していただいたりしないよう――
 、、、ていうか、ほんと、「 もう何も書けない…! 」、
 どの面下げて、、って感じです。。。i-238


 >  それはそうとネコの目さんや私の

 !! いただいてないです~。 初耳です~ぅ。

 11年10月に 携帯をiPhone に変え、メアドも変更したので、
 皆さまへメール致しましたのですが、
 今、チェックしたら、ネコの目さんからはお返事をいただいていますが、
 あ・りの・みさんからはお返事をいただいていませんので、
 あ・りの・みさんに うまく届いてなかったのかも~。。。
[ 2013/08/17 08:59 ] [ 編集 ]
ゆっくりと!です
大変ご無沙汰してます。

忙しさにかまけてどなたのブログからも遠ざかっていました。mixiでありのみさんからりうりうさんのブログ更新を聞いてやってまいりました。お邪魔と思ったのですが居ても立ってもいられず、ごめんさない。

お身体お辛そうですね。この暑さです、何とか凌いでお過ごし下さい。

息子さんのこと、言葉もないのですが、いつどこでどうなるか全くわからないんですよ。
私も仕事に出かけようと鍵をかける時、帰宅時に娘はちゃんと変わらず息をしているか、、、と胸が潰れそうになりながら走り去って出勤した約1年があります。世を捨ててただ天井見て寝たきりでした、その頃の次女は。
とても活動的で元気印だったのに!ですよ。わからないことだらけ。。
結局長いトンネル6年を経て、欝の部分を抱えながらも、丸ごと受け止めてくれるパートナーと一緒になんとか楽しく暮らしてくれています。

りうりうさんの真摯な姿をちゃんと見て育った彼は、いつかまた正面から向き合って認め合える日が来ます。
私はりうりうさんがとても深く物事を捉えている姿にいつも感じ入っていてそれ故に自身の思慮の浅さに気が引けるのですが、息子さんも彼なりに母の姿が眩しい時期なのかもしれない気がします。知りもしないことをごめんなさい。
ただ、りうりうさんはちゃんと真っ直ぐに前を見ているだけなのだから。
何もご自分を責めることはないと思います。

ゆっくりと待ちましょうよ。彼が落ち着いてくれるまで。
それにはまずご自分の体力回復されますように。
秋の旅行計画、私も参加予定です。京都でお会い出来るといいですね。
[ 2013/08/18 01:46 ] [ 編集 ]
Re: ゆっくりと!です
 津右子さん あたたかなメッセージ有難うございます。
 本当に本当に有難うございます。( ┬_┬)

 6年掛けて長いトンネルを抜けられた次女さんのお話、
 見守って来られた津右子さんのお話を伺い、
 まだまだ、で、ダメダメ、な自分が、お恥ずかしい限りです(;;)。

 未だ、少年は 広島の私の実家の母の元に身を寄せています。
 … 少年には、私が無神経な塊のように見えていることでしょう。
 少年を預かってくれる母がとても有難く、
 感謝感謝の毎日ですが、
 母も 80歳を越し、随分と歳を取って来ていますので、
 三度三度の少年の食事から、母に掛かる負担を思うと
 身動きつかない私自身の病状からして、不甲斐無く、
 申し訳なく、身の置き所がありません。。。 

 とはいっても、どうしようもないのだから、
 思い悩んでも仕方ないのだ、と 気持ちを切り替え、
  ゆっくり、ゆったり、
  こうして 養生させていただける倖せに 感謝しながら、
  日々を送らねば、、とも 思うのですが、
 やっぱりやっぱり、身の置き所がない、です。。。

 義母の介護も 私が動けないため、
 随分と長義兄に助けて貰っています。。
  く~~~   早く元気にならねば!!!!!!

  >  秋の旅行計画、私も参加予定です。京都でお会い出来るといいですね。

 それは素敵ですね!!
 あの懐かしくも素敵なメンバーさんたちで
 そういうお話が出ること自体が 本当に本当に素晴らしいと思うです!
 すんごく元気をいただけますです。i-80
 しかも、 京都なのですかぁあああ(@ ̄¬ ̄@)
[ 2013/08/20 01:28 ] [ 編集 ]
神様の思し召し
身の置き場がない!
居たたまれない思いはわかる、気がします。

でもね、自分の意思や行動でどうにもならないことですもん。
開き直るっきゃないじゃないですか。

冷たい人間だと思われると思いますが、もう子どもと言える年齢ではなく、自分自身で考える術を持つ一人の人格を持った娘のする事を見守るしかなかったんです。
だから私は当時、最悪の事態もあり得ると覚悟もしました。
ただ小さい時から命の大切さは十分わかってくれてるはず、と彼女を信じつつ。

長いトンネルと過去形にしましたが、同じ人間です。
ホントに抜けたかどうか?人生の最後にならなきゃわからないかも?
でもこれも生きざまのパターン、個性の表れと思うことにしませんか?

そしてお母さまが居てくださるというのも、お母さまにとってはご負担ではありましょうが、生き甲斐となっている部分も多少なりともお有りと思いましょう!
そういう暮らしの中で、また色んな事が息子さんに見えて来ることもあるでしょう。
もしかしたらお年を召したおばあ様におんぶしてるばかりじゃ、と気づく時も来るかもしれません。二人に任せたらいいんだと思います。

何もりうりうさんが何もかも背負わなくていいんですよ~
今はりうりうさんはご自分の管理に専念しなさいという神様の思し召しと思いましょう。
体調が整ってきたら、神様のこと、きっと新に、その状況のなかでできる仕事をくださるはずと思います。
だからちっともダメダメなんかじゃない、神様から休養命令がでただけなんです。
りうりうさんには難しい指令かもしれないけど、神様はその人が受け入れられない試練はお与えにならない、というではないですか。
神様、神様と言っても、ごく一般的な無宗教な日本人なんですけどね私。でもそういう大きな力の中で生かされてるとは思ってます。

少し頑張ってぼんやりと頭を軽くしましょう。
百も承知ですよね、ごめんなさい。
でも言いたかった。。。少しでもいいから楽になってって。




[ 2013/08/20 16:30 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しています
体調が悪いのに、一つ一つ真摯なお返事にいつも読みいっています。

先日、りうりうさんと初めてあったあの品川プリンスのハプナに、
あの日以来はじめていってきました。食べながら、りうりうさんを思い出していました。あれは楽しい時間でしたね。

あのときご一緒した息子も成人し、娘も高校三年です。はやいものですね。

下の少年くんのことは、遅く来た反抗期のように、思われます。
母との距離感が必要なのかもしれません。
今は時間が必要ではないでしょうか?

京都でご一緒できると幸いです。ご検討下さい。
ご体調には気を付けてくださいね。
ただただ、東より、ご健康とを祈ってます。



[ 2013/08/20 21:30 ] [ 編集 ]
Re: 神様の思し召し
 津右子さん
 お返事が遅くなりまして、申し訳ありません!
 9月頭より、義母宅の浴室、脱衣場をリフォームすることになり、
 かなり広いうえに土間まであるので、何かと大変で、
 ずっと義母宅へ詰めておりました。
 夜は 自宅へ戻れるのですが、帰宅するなり倒れ込む体たらくで、、ごめんなさい!

 また、長文のメッセージを何度もアップしていただくことになりまして
 大変お手数をお掛け致しました!!
 すぐに対処できませず、ご無礼致しました(__)

 >  もう子どもと言える年齢ではなく、
 >  自分自身で考える術を持つ一人の人格を持った娘のする事を見守るしかなかったんです。
 >  だから私は当時、最悪の事態もあり得ると覚悟もしました。
 >  ただ小さい時から命の大切さは十分わかってくれてるはず、と彼女を信じつつ。

 津右子さんは、壮絶な覚悟をしておられましたのですね。(;;)
 私はそこまでの覚悟ができませんでした。
 それは、きっと、私は 彼を 「 自分自身で考える術を持つ一人の人格 」と
 認めていないのでしょう。
 過保護な上、過干渉。 彼をしっかりスポイルして来たんですね…i-240

 はぅ。

 ゆっくり、ゆったり。
 彼に 彼のとき が ヤって来るまで、
 ゆっくり、ゆったり。
 でーーーーーーーーーーーーーーーーんと構えられる自分になりたいです。

           お励まし、有難うございます☆☆
[ 2013/08/23 00:45 ] [ 編集 ]
Re: ご無沙汰しています
 ネコの目さん、ご無沙汰しております。
 あたたかなメッセージを有難うございました。

 >  あのときご一緒した息子も成人し、娘も高校三年です。はやいものですね。

 ぅわ~~! ぅわ~~~!!! 驚きましたですーーーー!! ヽ( @.@)ノ
 品川プリンス! 楽しかったですね☆

 >  下の少年くんのことは、遅く来た反抗期のように、思われます。
 >  母との距離感が必要なのかもしれません。

 はぅ。。。
 私には、彼は、生まれたときからず~~っと反抗期、だったように思えてなりませんでした。
 …それは、きっと  決してそんなことはしない! と 思いながら
 その実、無意識に 上の少年と彼を比べまくり、だったから、なんでしょうねi-238

          京都へは、まだまだ先の日程なのでしょうか。。。
          思いがけない 嬉しい楽しいお誘いをいただき、
          とってもとっても嬉しく存じますが、
          正直、今年は かなり無理そうです~~~~~ぅぅ(;;)。
[ 2013/08/23 01:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。