今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

67年目の原爆忌。



       祈。





1208祈鶴
1208祈鶴 posted by (C)天使な先輩








        朝日新聞の朝刊一面が オリンピックと高校野球組み合わせ、
        対いじめのコラムで埋められていることに、
        ぅぅむ、そうかぁ~  と。

        その分、天声人語の一語一句を噛みしめつつ。



        体調不良により、出社できなかった今年も、
        職場の皆が 毎日の昼食時間を利用して折った千羽鶴。

        天使な先輩から送られてきた画像をしみじみ眺め、

        8時15分。

        テレビの前で黙祷を捧げる。







        あの戦争で 喪われたいのちの重たさ 尊さは、
        全て等しく同じ。


        しかし 被爆者の染色体にまで異常を起こさせる核の被害は、

        一過性のものではない、ということにおいて、
        確かに 【 特別なもの 】 であり、 その一点だけでも、
        全世界において、2度と決して許してはならない、人間の過ちである。



        なのに、みたび、唯一の被爆國である、この國で。

        【 人災 】 により 暴走する原発炉は
        大地、海を汚染し続け、莫大なる被曝者を出し続けるそのさまは
        今なお、海底の潮吹臼の如く。

          その フクシマ原発の「 処理 」 のため、
          線量計を外して、被曝を隠して従事されることが
          日常であったという衝撃の事実。

        しかも 禊は終えたとばかりに、次々と全國の原発が再稼働を始め。


          大飯原発の地下には 亀裂が走り、
          活断層によるものかどうか、判断不能な状態のなか、
          その配管にさえ 亀裂が入っていたり。

        この國は 地震國であることを
        3.11に あれほど 思い知らされたにもかかわらず。




            私たちが直面した悲劇の数々に、
              唯一 救われる面があるとしたら、

            私たちが その悲劇に学び、
              二度と、同じ 過ちを犯さない、という
              この一点に尽きる、と思う。
 
            同じ過ちを犯さぬよう、全身全霊で努力する。

              どんなに困難な道であろうと、努力し続ける。
              そのことこそが、たまたま 生き残った私たちの務めであり、
              責である、と 思えてならない。
          


       世界平和 と 核廃絶 そして 脱原発 を
       祈る、ことは 宗教でもなんでもなく。
       願う、ことは、過激な思想でもなんでもなく。

       にんげん として、当たり前 な 祈りであったり 願いで在れるよう

       それぞれのひとびとが、それぞれの立場で
       それぞれの平和について、考え続けられるように



               思惟を重ね できること を できる形 で

               前に。 前に。






希

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






      私自身も 原爆忌は ひとつの節目。
      己れの記して来たことに 向き合うこと > ぢぶん

        ●  『 夕凪の街 桜の国 』

        ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

        ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

        ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

        ●  「 みたび 『 夕凪の街 桜の国 』 」




関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きることは学ぶこと

タグ : 原爆忌 ヒロシマ 原発 核廃絶 脱原発 被爆国

[ 2012/08/06 08:48 ] ニュース | TB(1) | CM(6)
今年も今日がきましたね。年々、テレビでの報道の扱いは小さくなっていく気がします。
ヒロシマ・ナガサキ、そこだけが悲しみを背負っていくようで…

難しい事は言えませんが、核の怖さをしっている我が国が、更にその怖さを知り、その対応があまりにもいい加減で…
とても悲しいです。

今年も記事が書き込まれたのに、ちょっぴりホッとしました。
生活が通常に戻っているのだな~と。
まだまだ暑い夏、体に気を付けてくださいね。
[ 2012/08/06 13:47 ] [ 編集 ]
「 今年もこの日が 」
 今年も > JJさん
 8月6日を迎えました。

 悲しい 重たい、辛い日だけれど、
 この日を今年も迎えることができたことには 感謝しなくては、、と思っているです。。

 > 核の怖さをしっている我が国が、更にその怖さを知り、その対応があまりにもいい加減で…
 > とても悲しいです。

 ほんとにそうですよね! 情けなくて涙がちょちょ切れます。
 なので、この上は、憂えず、悲しまず、 とにもかくにも 怒らなくては!! と思うです

 > 今年も記事が書き込まれたのに、ちょっぴりホッとしました。

 ありがとございます。
 義母が倒れる前、少年の学部時代。 な日々が 「 日常 」であった気がして、
 まだまだ 「 日常 」 からは程遠いここちでいっぱいですが、
 この日だけは、と ヤっとの想いで書いたです。 メッセージ、有難うございました
 
[ 2012/08/07 01:03 ] [ 編集 ]
千羽鶴きれいですね。
りうりうさん、まだまだ大変な日々が続いている中、今年もこの日に日記をUPされたこと、強いお気持ちに感服します。

平和記念式典での野田首相のまったく心がない字面だけをひたすら追う姿に苦笑するしかなかったです。

暑い毎日がまだまだ続きますが、どうぞおからだにはお気をつけてください。
[ 2012/08/07 11:36 ] [ 編集 ]
少しづつ 日常が戻ってきてる・・・のかな
お姐さん 一生懸命やっちゃいそうだから手抜けるところは見えないふり だよ~

「本当の核の怖さ」を知ってるのは、原爆を落とされたところの人々と原発事故で日常を失くして人 なのでは・・・

所詮 人の痛みはわからない のかと思うと心が寒々とするよね
何をお勉強してきたんだろう エライセンセイ達は・・・

何もできない私は・・・

[ 2012/08/08 11:47 ] [ 編集 ]
「 字面だけ 」
 千羽鶴は > パクチのねぃさん
 美しくないと「 やり直しっ 」 と突き返す、
 と~っても厳しい後輩の監督のもと、皆がこころ込めて折ってるです~。
 今年はまた、トップを工夫して、進歩してるですね

 > 今年もこの日に日記をUPされたこと、

 せめて、原爆忌だけは!! って、ちょっと頑張りました! 有難うございます☆☆
 何かと、頭もこころも煮える毎日。
 パクチのねぃさんも、どぞどぞ毎日をお気をつけ下さいませ☆
[ 2012/08/09 23:18 ] [ 編集 ]
「 核の怖さ 」
 ありがとございます > ぅさねぃさん
 退院するなり、「 日常 」 どっぷーん!! でしたよ~(笑)。
 家庭内ルーチンは パスできないから、どうしてもそうなっちゃうよね。。。

  >  所詮 人の痛みはわからない のかと思うと心が寒々とするよね
  >  何をお勉強してきたんだろう エライセンセイ達は・・・
  >  何もできない私は・・・

 エラい方々は、核の脅威からも逃れられる術がおありなのかも、です。
 地球そのものが 危ないのに、ね。

 「 所詮 ひとごと、わからない 」 で 済ませるのか、
 「 自分だったかも知れない 」 と、こころを寄り添おうと努力するか。
   この違いって、天地ほどある、って思うです~。

   それに、関東の方々は、日々、核の恐怖を感じておいでだと思うです。
   ぅさねぃさんが 何もできない、何もされてない、ってことは絶対ないですよぉ☆
[ 2012/08/09 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

68年目の原爆忌
       祈。       世界の為政者の皆さん、    いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。    威嚇によって 国の安全を守り続けることが    できる
[2013/08/06 09:46] 今日も元気で


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。