今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピンチがチャンスに。。。ならんかな。




 長々と書けないでいました。

 それは、余りに深刻な地震痕、
 そして、原発問題に 押しつぶされていたのでしたが――。


 4月中旬から、下の少年が 体調不良に端を発した記憶障碍、
 言語障碍、と 深刻なる鬱状況に陥り。

 休学、退学をも見据え、
 1週間 とことん少年と話をし、互いに号泣し、
 そのなかで 初めて 彼が こころを全開にしてくれたようで、
 少し、霧が晴れたように思えていたけれど。


   突然の、義母の入院手術。
   そして 退院直後に脳梗塞を発症し、再入院。


 ドタバタしているうちに、
 大学に戻った少年を取り巻く状況は変わらず、
 少年の状態も 元の木阿弥となり。


 自死の危険も在り、と
 保健室の先生が 少年を説き伏せ、
 明日、心療内科へ付き添って下さるとの連絡を大学から受け、

 取るものもとりあえず 車を飛ばし、
 海沿いの静かなホテルに到着する。


    明朝までは 少年と逢わない方が良いらしく、
    今日は逢えないけれど、
    明日、心療内科の受付で、1ヶ月ぶりに 逢うこととなり。







    まさに 怒涛の如くの濃ゆい毎日だったので。

    こうして 自分だけの時間として
    静かにPCに向き合うのも久々で。

    何から記して良いのかも、こころもとない――



    4月。

    殆んどの友人が 別大学へ進学したり、就職したりして 袂を分かち、
    そのまま県立大の院に進学した少年は、
    これまで 如何に自分が 周りのひとびとに 守られ、
    助けられて来たかを思い知らされ、

    思った以上にダメダメ、実力、能力不足の自分に気づき、
    取るに足らない自分 の 存在意義を見い出せなくなり。


    漢方治療で落ち着いていたアトピーが大暴発し、
    かつての私同様、全身がゾンビ状態となって、
    気も狂わんばかりの灼熱の痒みと痛みと 悲しみと。

    満足に起き上がれず、実験、研究もおぼつかず。
    チームの皆の足をひっぱり、
    将来が 途轍もなく不安になり。


    藻掻き 足掻き のたうち。


    言の葉を満足に紡げず、直前記憶を失い、
    簡単な足し算さえ できなくなっている彼に。


     私の体質を受け継がせてしまったことへの
     申し訳なさと

     私は この子を喪ってしまうのかも知れない という
     凄まじい恐怖と無力感に こころ折れそうな日々を

     重ねて 重ねて 迎える明日。




         君は どんな顔をして 私を見つけるだろうか。



  
        万事、晩熟な少年だから。

        あれもこれも。 それもこれも。

        遅ればせながら、青春まっただなかの彼に、
        きっと 必要な試練であるのだろうと。

            いわゆる 五月病だったよ、と、

            いつの日か
            振り返って そう整理することのできるような
            そんな 道行きでありますように。



希




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きることは学ぶこと

タグ : 道行き 五月病 親心子不知、子心親不知 心療内科 大学保健室 ありがとう 義母 脳梗塞

言葉が見つからない
長いこと実母が鬱を患っていたことを思い、本人と家族の苦しさが我が事として思い出され、胸苦しくなりました。本当に大変な中こうしてブログにアップされたりうりうさんのお気持ち…お義母さまの入院も重なりご自身のお身体は大丈夫ですか。事態は逼迫しているとはいえ、幸いにも大学側の付き添いで病院へ向かわれるのですね。良い先生にめぐり逢い、この一時の闇から少しずつ出て行くことができますように。決してもうこれ以上ご自身を責めないで。もうすぐ明日がやってきます。
[ 2012/06/07 22:11 ] [ 編集 ]
私もまったく同じ思いでいます。
娘の苦しみが、きっとこれからの人生において必要な試練であり、これを乗り越えればきっと強くなることができる。後で笑って振り返ることができる。今の経験がきっと実を結ぶ。そういう願いで毎日います。

これから、子どもがどうなってしまうのか・・・一番つらい時期には、本当に怖くて心配で・・・そして、どうしても自分を責めてしまう毎日。私自身もどうにかなってしまいそうでした。

でも、心療内科に通い出し確実に娘は良くなっています。息子さんも明日の診察後は、今のどん底の状態から確実に良くなりますよ。私へのコメントで、病院に行けるということだったので、これで一安心だと思っていたんです。本当に息子さんの状態つらそうだったから・・・

ただ、ほかの診療科と違って時間がかかると思うから、りうりうさんのおっしゃるように、できれば学校はお休みして一度家に帰ることができるといいですね。

息子さんも、うちの娘もいつの日かすっかり良くなって、りうりうさんとあの頃大変だったね~なんて笑いあいたいですね。そんな日が来ますように。いえ、絶対来ますとも!!
[ 2012/06/07 22:33 ] [ 編集 ]
心中いかばかりでしょうか。
誰が悪いわけでもありません。お一人で抱え込まれることがありませんように。
大丈夫、みんな、あの日を振り返って笑いあえる日がきますとも。
[ 2012/06/07 23:30 ] [ 編集 ]
なかなかブログアップされないので・・・気になってました。

みんな いろいろあるのよね・・・・・

ふぁいと
[ 2012/06/08 11:27 ] [ 編集 ]
私も気になっていました。一度に大変なことが起きたのですね。
りうりうさん、大丈夫でしょうか・・・。
息子さんはご両親や周りの方に愛されて育っていらっしゃるからきっと大丈夫、私はそう思います。
[ 2012/06/08 13:11 ] [ 編集 ]
いやなことってまとめてやってくるんですよね
自分に起こった事なら、自分ががんばるしかないけれど
子供だと、どうしたらいいのか

一つ一つやっつけていけば

いつか きっと きっと・・・負けないで!


[ 2012/06/08 14:17 ] [ 編集 ]
心配してました
最近、アップされないので、体調だのいろいろな事を考えちゃって…
まさか、彼がこんな状態だとは夢にも思わず、とってもショックです。

今は、落ち着いてド~ンと構える。そして、自分を責めない!
きっと、大丈夫だから…

力にはなれないけれど、一緒に心配しているからね。
挫けそうに辛い時は、直ぐにアップしてね。

[ 2012/06/08 15:47 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/06/08 19:59 ] [ 編集 ]
うちの娘が大学2年のとき
ある日ぷっつり音信普通となり
携帯には出ない・・・連絡もとれない・・・
本当に何かあったのではないかと
周りの「ほっておけばいい」の言葉を無視して東京に走りました

いまだにあの時娘が何を悩んでいたのかはわかりません・・・
でもとりあえずあの時走ったことは母として間違っていなかったと思っています

今年の春もやはりいろいろともめましたが
子どもを無条件に守り思ってやれるのは親だけだと・・・

そう思っているのはこちらだけで
終わってみたら「自分ひとりで大きくなった」と思っているようですけどね(T_T)

きっといつか仁くんもそんなときがくる・・・子どもが無条件で可愛い親ばかな母はそう思います
[ 2012/06/08 22:06 ] [ 編集 ]
確信があるわけではないのですが
普通のうつとは違うように思います。脳症が起きているように感じます。皮膚症状がひどいのも気になります。
たとえば、ペラグラ。なにかビタミン吸収障害が起こっているのか。
精神を見ない身体医もよくいるのですが、体を見ない精神科医も多いので、
入院しても休息と抗うつ剤だけでは改善しないのではと心配になります。
仁くんが早く回復されることをお祈りしています。
[ 2012/06/09 02:00 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/06/09 11:35 ] [ 編集 ]
一緒にふぁいと
こうして書かれてるのだから少し落ち着かれたと安堵しつつ。
義母様の事はともかくも、下の少年君がそんなことに。
ウチの息子とはどこか性格も似ており、同時期に卒業したこともあって
ついつい重ね合わせてしまっていただけに心が痛みます。
ウチのが、進路が黙らず秋の看護学校受験待ちで、遊ぶ友も無く、
引きこもりがちなだけでも心配だというのに……。
りうりうちゃん自身の体にも心労から何かありはしないかと心配です。
あの時はしんどかった~と笑って言える時がすぐに、今すぐに来ますように。
[ 2012/06/09 17:15 ] [ 編集 ]
 言葉もありませんが ご家族の あたたかい気持ちが きっと 良い方向に向かうと 私は 信じております
 
[ 2012/06/10 10:29 ] [ 編集 ]
母として
お久しぶりです。

なんと言葉をかけていいかわかりませんが。ただ、りうりうさんも倒れたら大変です。人にお願いできることはお願いして、ぜひ、まわりに甘えて、一人で抱え込まないようにしてください。
[ 2012/06/10 14:04 ] [ 編集 ]
驚きました
 久しぶりにりうりうさんのページをめくって驚きました。ご心配ですね。我が家の長男もこの4月に大阪へ出て一人暮らしをはじめ、4月半ばに早速「辞めて帰ってもいい?」とまぁこうでした。一人の寂しさが彼を追い詰めたようで、学校では新しい友達がなかなか出来ず、連休明けにアルバイトに就いた事が全てを解決してくれました。と思っている母です。
 一日も早い回復を祈っています。とは言いつつ、ゆっくり、時間を掛けて納得を伴っての完全復活を!
[ 2012/06/10 18:11 ] [ 編集 ]
試練
ご無沙汰しております
近況を読ませていただき、言葉がみつかりません。。。

心労が重なるりうりうさんのおからだが心配です。
どうぞ無理をなされませんように。。。


[ 2012/06/12 10:11 ] [ 編集 ]
ご無沙汰してました、おりべです。

うー、ことばにならない。

明けない夜はないです・・
[ 2012/06/13 17:51 ] [ 編集 ]
りうりうさん、つらい日々を送られていたのですね。うちの息子も本当にいろいろあります。自閉症スペクトラム、アスペルガーと診断され、今は障碍者職業支援センターの就労に向けた講座に通っているのですが、時々気持ちが落ち込んで起きれなくなる時があります。いつかこのことを笑って話せるようにしたいものです。
[ 2012/06/14 21:25 ] [ 編集 ]
りうさんのお身体も心配です
仁君、アートピーがひどくなりましたか?
私も最近はお化粧ができない状態になりましたが、何故か顔だけです。
痛さは我慢できるけど、痒みのほうが辛いですね。
心療内科は根本的な治療はしません。というか、できません。
状態を軽くするお薬、対処療法だけです。
少し、故郷でゆっくりされたほうが良いのでは?
お義母さまのこともあり、りうさんのお身体も心配です。
無理しないでと言っても、無理しちゃう方ですから……
[ 2012/06/18 17:28 ] [ 編集 ]
どうなさってますか?
久し振りに伺ってびっくりいたしました。
言葉が見つかりません。

仁君その後いかがでしょう。
本当に心が痛みます

りうりうさんに笑顔が戻る日 きっと来ます
しばらくは時がお友達

ご自分のお体も大切になさってね。
[ 2012/06/22 07:14 ] [ 編集 ]
ずっと
ずっと閲覧だけしてきてましたが。。。
まだ更新が無くて心配です。
我が家も人ごとではないなって感じています。
早く元気になられることをおいのりしています。
りうりうさんのお身体も心配。。。

[ 2012/07/17 10:37 ] [ 編集 ]
Re: 言葉が見つからない
 ももみやさん。 あたたかなメッセージを本当に有難うございました。
 また、お返事がとてもとても遅くなりまして、申し訳ございませんm(__)m

 おかあさまが、長く病んでいらっしゃいました由、
 「 子 」 の身では 如何ともし難かったりで、
 お辛いことでいらっしゃいましたですね。

 私も 明日には、息絶えた少年と向き合わねばならないのかも知れない、という
 そんな恐怖の日々を過ごしまして、ほんとにほんとにきつかったです。。。

 少年は まだまだ往年の彼の姿ではありませんが、
 「 きつかった 」 と あの日々を過去形で言えるようになったことを
 本当に有難く思うです。

 「 明日 」を信じて、もうひと頑張り、ふた頑張り。
 ふぁいとふぁいとで参ります。 有難うございます☆☆
[ 2012/11/18 05:29 ] [ 編集 ]
踏ん張ろうね(;;) > とらトクさん
 とらトクさん。。。
 とらトクさんのブログを拝読しながら、何度、涙がこぼれてしまったことか。
 ほんとにほんとに 味わっておられるお気持ちが ご一緒です!!

 > 娘の苦しみが、きっとこれからの人生において必要な試練であり、これを乗り越えればきっと強くなることができる。後で笑って振り返ることができる。今の経験がきっと実を結ぶ。そういう願いで毎日います。

 そう思わないと、もう 立ち上がれそうもありませんよね。。。
 少年は今、私の母の元で、再起をはかろうとしています。
 そんな場所が、彼に私に在ってくれていることに 大感謝です。
  もし、これ以上 彼と私が この地に共に在ったなら、
  お互い、ずたずたに傷つけあいそうでした。
 
 京都への小旅行が、とらトクさんに大きなパワーとなられますよう。
 気持ちの切り替え、ほんと大事ですよね!

 > 息子さんも、うちの娘もいつの日かすっかり良くなって、りうりうさんとあの頃大変だったね~なんて笑いあいたいですね。そんな日が来ますように。いえ、絶対来ますとも!!

 1日も早く、そんな日が来てくれますように!!!!
 そしたら、ご一緒に、乾杯しましょうね!! とらトクさん。
[ 2012/11/18 05:37 ] [ 編集 ]
私が悪いのです。 > あそびすとさん
 はぅ。。 > あそびすとさん
 お返事が遅くなりましたm(__)m。 メッセージを有難うございました。

 > 誰が悪いわけでもありません。お一人で抱え込まれることがありませんように。

 ぃゃぃゃ、私が悪かったのです(T^T)。
 折に触れ、彼のぽつんぽつんと紡ぐ言の葉に
 自分の罪の深さを思い知らされ、震えています。

 そして、そんなことをここに書いたりぶつけたりして、
 悲劇的昇華をしそうな自分が恐ろしく、ここから離れていたです。。

 > 大丈夫、みんな、あの日を振り返って笑いあえる日がきますとも。

 そんな日が。  いつか そんな日がヤって来てくれますように~~~!!!
[ 2012/11/18 05:43 ] [ 編集 ]
「 みんないろいろ 」
 そうだよね(;;) > ぅさねぃさん

 > みんな いろいろあるのよね・・・・・

 みんな、いろいろあるなか、頑張って生きてるんだよね。
 ふぁいとふぁいと!! > ぢぶん!
 ありがとね!!
[ 2012/11/18 05:45 ] [ 編集 ]
「 きっと大丈夫 」
 有難うございます☆☆ > パクチーナさん

 > 息子さんはご両親や周りの方に愛されて育っていらっしゃるからきっと大丈夫、私はそう思います。

 「 きっと大丈夫 」。
 少年が自死するかも知れないと耳にしてから、
 呪文のように そう 自分に言い聞かせながら、毎日を送っておりました。

 その愛が重い、その愛に応えられない、その愛に申し訳ないことをした。。。
 そんな感じで泣くのです。。。。

     はぅ。 でも、今は そこからは抜けられたようなので。。。
         ふぁいとふぁいとで頑張るです!! > ぢぶん
[ 2012/11/18 05:50 ] [ 編集 ]
「 まとめてやってくる 」
 ありがとございます! > ポテ姐さん

 > いやなことってまとめてやってくるんですよね
 > 自分に起こった事なら、自分ががんばるしかないけれど
 > 子供だと、どうしたらいいのか

 長義兄からも「 こゆことは集うものなんだ 」と言われましたです…。
 集うからこそ、今がどん底、だと思い、
 1つ1つ、乗り越えようとすることができるのでしょうか。

 子どもたちを まだまだ何処かで、分身的に感じていたですが、
 とっくのとうに 下の少年は私を見限っていたのだと
 思い知らされる日々です。。。
 頑張りたい、踏ん張りたい。
 でも、その方向が間違っていたら、という恐怖が拭えないでいるですv-409
[ 2012/11/18 08:00 ] [ 編集 ]
Re: 心配してました
 有難うございます☆ > JJさん

 > まさか、彼がこんな状態だとは夢にも思わず、とってもショックです。

 真面目~な上の少年に比して、いつも天真爛漫 風 に行動して来た下の少年なので、
 ほっんとに青天の霹靂でした。
 今も、幼児期の天真爛漫な彼の笑顔の写真がリビングにあって、
 それが目に入る度、涙がこみあげて来るです。。。

 > 今は、落ち着いてド~ンと構える。そして、自分を責めない!

 ありがとございます(;;)。
 でも私は、今回の件で、しっかりしっかり 当時の自分と向き合い、
 自省しまくらなくちゃ、と 感じていますです(;;)。
      … 後ろ向きにならないよう、気をつけますーーー。
[ 2012/11/18 09:10 ] [ 編集 ]
有難うございます(;;)>maigoさん
 maigoさん、有難うございます。
 号泣してしまいました。
 今は、如何お過ごしでしょうか。
 よろしければ、メール下さいませ。 お待ちしております。
[ 2012/11/18 09:19 ] [ 編集 ]
「 無条件に守り思ってやれる 」
 メッセージを有難うございました > やじさん上総んさん

 > でもとりあえずあの時走ったことは母として間違っていなかったと思っています

 > 今年の春もやはりいろいろともめましたが
 > 子どもを無条件に守り思ってやれるのは親だけだと・・・

「 母として間違っていなかった 」 と
  後から思える行動を こころして取って行かねば、
  取り返しのつかないことをしてしまいそうな私です(;;)。

  どうぞ、「 無条件に守り、思って 」 いることが
  少年にまっすぐ伝わってくれますように。
  それが彼にとって 重荷 なんかぢゃなくて、
  ふりかえればいつもそこに 当たり前のように 在る、的な
  そんなものでありますように。
[ 2012/11/18 10:05 ] [ 編集 ]
Re: 確信があるわけではないのですが
 あ・りの・みさん
 メッセージ、有難うございました。
 あ・りの・みさんの近くに在れたなら、と
 今回ほど思ったことはありません。。。。

 こちらの先生も、大きな病が隠れているかも知れないので、と、
 たくさんの血液検査とMRIをなさいましたです。

 ただ、睡眠障害に決して無縁でないはずの彼の酷い皮膚状態には、
  「 皮膚のことは皮膚科で 」 と にべもなくおっしゃったのが、
 私には、とても不信な想いでしたです。

 結果、「 皮膚のことは皮膚科で 」 と、 高知へ参ることを決心し、
 それはそれで良かったんだ、と思うことにしたいですけれど。
[ 2012/11/18 10:12 ] [ 編集 ]
Re: 大変な思いをされていたのですね
 みっしゃるさん、長々とご心配をお掛けしております。。。
 ふぁいとふぁいとで 頑張るです!!
 有難うございます☆☆
[ 2012/11/18 10:31 ] [ 編集 ]
Re: 一緒にふぁいと
 ありがと(;;) > 思惟ちゃん☆

 > こうして書かれてるのだから少し落ち着かれたと安堵しつつ。

 この日から まだまだ 幾つもの山谷があり、
 それでも、自死してしまうのではないか、という恐怖からは
 解放されたように感じられ、とっても有難いと感謝しているです(;;)。

 息子さんの受験、きっと無事クリアされ、
 将来に向けて大きな一歩を踏み出されていることでしょう。
 応援していますです。
 「 一緒に ふぁいと 」。 有難うございます!!
[ 2012/11/18 11:23 ] [ 編集 ]
「 あたたかい気持ち 」
 ぱぱさん、有難うございます。

 > ご家族の あたたかい気持ちが きっと 良い方向に向かうと 私は 信じております

 私たちの気持ちを 「 あたたかく 」 感じてくれたら嬉しい、と思いながら。
 灯りの見える方向を 良き方向と信じ、
 彼が振り向いたときに、そこに在れるよう、
 ただただ ひっそり 静かに 頑張るです。 有難うございます。
[ 2012/11/18 11:53 ] [ 編集 ]
Re: 母として
 真生さん、メッセージを有難うございました。
 お返事が遅くなり、大変ご無礼致しましたm(__)m

 長義兄が定年を迎え、時間に余裕を持てるようになったため、
 随分と助けて貰いました。
 現在も 隔週末は 義母宅へ泊ってくれています。

 義母もリハビリに励み、かなり回復して参りました。
 また、週2のデイケアにも楽しそうに出掛けてくれて助かっています。
 感謝しつつ、ふぁいとふぁいとで頑張るですー。
[ 2012/11/18 19:41 ] [ 編集 ]
Re: 驚きました
 さきさん0218さん メッセージを有難うございました。
 お返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

 ご長男さん、大阪で独り暮らしを始められたのですね!!
 時の流れに、今更ながらびっくりするですー。

 春にはご心配だったことでしょう。
 きっと今は お元気で大阪の街を闊歩しておられることでしょうね☆

 さきさんちにあやかり、我が家にも、少年完全復活の日がヤって来てくれますよう。。。
[ 2012/11/18 20:11 ] [ 編集 ]
Re: 試練
 yuinekoさん、有難うございます。

 今年はダメかと思っていましたが、
 やっと 第九の練習にも 行けるようになって3回目を数えました!
 ろくに練習できないまま、もう本番間近で 焦ってますi-201
 当日は、皆に迷惑掛けないよう、口パクしちゃうかも??

     私に この度の試練を越えられるかどうか、まだまだ定かではありませんが、
     年末を迎え、第九本番を迎えることができそう、ということ自体、
     既に、奇蹟のやうな喜びと感謝であるです。。。。
[ 2012/11/20 19:05 ] [ 編集 ]
おりべさん 有難うございます☆☆
 oribe77さん、有難うございます。
 私の方こそ、ご無沙汰をしておりました。
 毎年、ハナミズキが咲き乱れると、oribe77さんちのお庭先を想像しておりましたです☆

 > 明けない夜はないです・・

 有難うございます。
 私も、それを呪文のように胸に抱き、ふらふらと歩を前に進めようとして来たです。
 そして、明ける直前の闇が一番冥いのだと。。。。
 そう何度も何度も 自分に言い聞かせ、こころの糸を切らさないよう。

   おそらく、もう、朝になって、息絶えた少年の報を耳にすることはあるまい。
   そう思えるようになった喜びだけ、今は噛みしめているです。
   引き続き、私自身が闇のなかで果ててしまわぬよう、頑張るです!
[ 2012/11/20 19:13 ] [ 編集 ]
ともさんさん 有難うございます☆☆
 ともさんさん 
 8月にお返事させていただきまして以来、
 少年は、院退学という ひとつの結論を なんとか下し、
 現在は 広島市の私の母のもとにおりますです。

 大学から紹介された心療内科への不信感が酷く、
 どうなることかと思いましたが、
 私の母に連れられて行った広島の心療内科に落ち着きました。
 けれど、これもまた 9月以来行っておらず、
 良きこと、ととらえるべきなのか、
 ダメぢゃん、ととらえるべきなのか、途方にくれております。。。

 ともさんさんも、私も。
 こんな日もあったよね、と、いつか笑って話せる日が来ますよう。
[ 2012/11/21 21:04 ] [ 編集 ]
サヨコさん、有難うございます。
 サヨコさん、こちらに、メールに、と ご心配をいただき、
 誠に有難うございました。
 ろくにお返事もできませず、ご無礼の段、お許し下さいませ。

 少年や私の湿疹は 高知で すっかり!!綺麗になりました。
 けれど、基本は 【 抑えてるだけ 】 ですから、
 これを如何に長引かせるか。 爆発させないように生きていくか。
 そゆ 暮らし方をして行かねばならないのだと思い知りました。
   足摺岬のやうに、美しき海陸水の環境に在れず、
   汚染された大気内に在る以上、
   一生 飲みもの、食べものに留意せねばならないようです。。
 でも、飲み物も食べ物も、自分の心掛け次第でなんとでもなるのですから、
 頑張らなくっちゃ! ですi-229 
 頑張るです~~~!!! v-41

 サヨコさんも お顔が痒いの、お辛いですよね(;;)。
 気持ちも鬱々としてしまいます。
 どぞどぞ 少しでもお楽になられますよう。
[ 2012/11/21 21:15 ] [ 編集 ]
Re: どうなさってますか?
 usakoppi。さん メッセージを有難うございましたm(__、)m。
 おこころお寄せいただき、本当に有難うございます。

  >  しばらくは時がお友達

 ほんとにそうですね(;;)。
 高校生の時に息子さんが鬱に沈まれ、
 復活されるまで7年掛かった友人の後ろ姿を見てきました。

 気の遠くなるような時間が必要なのだと、覚悟したつもりなのに、
 一喜一憂している自分が情けないです。。。
 ゆっくり、ゆったり、を こころの呪文に致します。
 有難うございます。
[ 2012/11/21 21:26 ] [ 編集 ]
Re: ずっと
 メッセージを有難う! > おじゃりんさん

  > 我が家も人ごとではないなって感じています。

 ええええ。 そうなのですか??
 アメーバにお邪魔し、めっちゃお元気そうな息子さん(笑)、
 そして、娘さんのお姿を 拝読して参りましたですよ~~☆☆

 きっときっと 大丈夫!
 みんなみんな、ふぁいとふぁいとv-41ですね!!
[ 2012/11/21 21:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。