今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナガサキ平和宣言。



    祈。 


クレパスライン




    人間の前には ふたつの道がある。

    ひとつは 「 核兵器のない世界 」への道であり、

    もうひとつは、64年前の広島と長崎の
         破壊をくりかえす滅亡の道。


 
                            '09/08/09 ナガサキ平和宣言
 


クレパスライン



 
     NHKにて 今年の平和祈念式典に向け、検討を重ねる
     長崎平和宣言起草委員会の様子が映し出された後、
     11時2分を迎え、黙祷を捧げながら、平和宣言を待つ。


     正直、新市長による ヒロシマの平和宣言 に
     かなり失望した私にとって、最後の砦、の如く
     何処かしら 縋るような想いで。


     冒頭から 福島第一原発事故へ こころを寄せた言の葉と
     「 被爆國の私たちが、どうして再び
       放射線の恐怖に脅えることに 」なってしまったのか、
     当事者意識ばりばりで 自問自答していく内容に、

       それ、が 起草委員会内外で 論議に論議を重ね、
       練りに練られた文章であっても。

     まるで、ぽろぽろ 大事なことを落としまくった
     ヒロシマの平和宣言を 拾いあげてくれたような
     気持ちになりながら、
     フクシマ に 寄り添うこころ。
     真摯に向き合い、連帯しようとするこころが
     すっと 自然に 私のこころに入り込み、
     ぶんぶんと 頷き、こぶしを握る。



     原発の是非に触れ、核全廃を主張し、
     オバマ米大統領を名指しで糾弾し、
     國には、非核三原則の法制化と、
     「 北東アジア非核兵器地帯 」の創設、
     実態に即した被爆者援護の充実を求め、
     世界の民草には「 小さな原爆展 」の開催を求め。

     最後にもう一度、フクシマに呼びかけ、
     東日本大震災の被災者に こころ寄せた
     ナガサキの平和宣言は、

     まさに ナガサキの人々の生の声だと
     被爆地だからこその 危機感と決意だと 私には思えた。



     と 同時に。


     8月2日に ヒロシマの県知事が定例記者会見で
     「 エネルギー問題と原爆投下は
       並列して比較すべきではない 」と宣っていたのが、
     9日、同じく定例記者会見にて、
     自分が6日に触れなかったのに、
     菅首相が脱原発依存発言をしたことに不快感を表明。

         唖然 愕然 超ショーゲキ。

     核は 核ぢゃけんっ! 
     ひとが 核を制御できるのかどうか。
     核から受ける 放射能被害は 一緒でしょうに。
     長崎の平和宣言をしっかり読んで下さい > 某知事。





祈鶴




 ―― 祈りのなかで、歩は前に。

      ただ 前に。 前に。



希

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ







          ●  『 夕凪の街 桜の国 』

          ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

          ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

          ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

          ●  「 みたび 『 夕凪の街 桜の国 』 」

          ●  『 原爆忌 前夜 』

          ●  『 66回目の原爆忌 』



関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ニュース
テーマ : 社会ニュース

タグ : ナガサキ 原爆忌 平和宣言 ヒロシマ フクシマ 原発 県知事

[ 2011/08/09 22:40 ] ニュース | TB(0) | CM(6)
ちっとも「平和利用」ではなかった原発
のほほんと平和ボケしていました私。
今回の事故で衝撃を受け
関係本を読みあさり、原発の廃棄物が制御不能の核物質と知りました。
「騙されていた!」
ずっと、核廃絶を願っていた私たちに
国策として展開されてきたことは、日本が潜在的核保有大国になっていたということ。
広島の方にも申し訳なく、悔しい思いでいっぱいなんです。
「安全です」という政府宣言はウソで、
ただ水蒸気爆発の危険が去ったというだけで
緊急時避難準備区域を9月にも解除するらしい。
避難している人に放射線だらけの所に帰っても良いと言う。
唖然、ボーゼン……

 >自分が6日に触れなかったのに、菅首相が脱原発依存発言をしたことに不快感を表明
私もそうでした!
でも、こちらの連絡をとっているブログ友さんは
菅首相じゃなきゃ、脱原発はできないと盲信なの。
そりゃあ、浜岡と玄海町を一時的に止めてはくれたけど
ブレている人ですよね。
長崎市長の素晴らしい平和宣言の後で、霞んだ来賓挨拶でした。
[ 2011/08/12 11:34 ] [ 編集 ]
実際
フクシマの今の放射能の量を実際に見ました。
すごく怖い数字でした
アリエナイ数字。
哀しいけどもう人間が住む場所ではなくなっています。
詳しいことはわからないけれど
フクシマ原発が水蒸気爆発を起こしてから今まで
最初はあれだけメディアでも原発反対の声が多かったのに
4ヶ月たった今 なぜか原発を肯定しているように見えます。
それだけ 癒着があるってことですよね
私腹を肥やしている政治家が多いってことですよね
膨大なお金が動いているらしいですから。。。
今 この国で最優先にしなければいけない原発問題
脱原発を掲げている管首相は なぜあれだけおいつめられているのか よくわからないです。
今は緊急事態のはずなのに。
原発で肥えている政治家は原子力発電所の敷地内に住めばいいんだわっ!

[ 2011/08/13 13:22 ] [ 編集 ]
Re: ちっとも「平和利用」ではなかった原発
ナガサキ平和宣言の通り > サヨコさん

【  福島の原発事故が起きるまで、多くの人たちが原子力発電所の安全神話をいつのまにか信じていました 

と、いうことなんだろうと思うです。

國をあげての あの手この手の原発推進政策に、殆どの國の民は
原発は安全なのだ、と 信じさせられてきた、というか、信じざるを得なかった、というか。
國策に「 NO 」と声をあげ、非國民扱いされることは、
想いを同じくする仲間たち、が 身近にいない場合、
なかなかに、なかなかに 厳しい日常である、と感じて来ました。

だいたい、合併により松江市となった島根原発を除き、
他の原発が全て県庁所在地外に在ることが、
既に 【 絶対安全ではない 】 ことを証明しているというのに。(-_-)

当時、「 そんなに安全なら、自分のところに作れ! 」 と批判されていた
原発推進派の最たる竹下氏が、自分の地元に招致したのは、かなりの話題になったです。
私の両親は、反対表明をしましたが、地元の人間ではないし、温度差も違い、
当時、「 NO! 」 と声をあげれば、たちまち周囲から、
「 じゃぁ お前は電気を使うな! 」とつるしあげられてしまう状態であったのを
覚えています。

また、現地での 「 原発マネー 」 の恩恵は大きく、
2号機建設の後、3号機の建設を地元商工会が町議会に陳情。
当時の 【 町長が中国電力に新設を要請 】 しています。

「 地元のひとたちがイイのなら。 ( そして どうやら安全らしいし ) 」。
周りの空気は、段々そんな風になっていったように認識しています。
以来、私は、ただ「 原発安全 」のCMを冷ややかに見つめ、
テレビやポスターでCM原発安全のアピールをする芸能人を嫌いになる、、、、

そんな情けない消極的抵抗、反発でお茶を濁して来たのでしたが、
山口県の上関原発を建設する話が持ち上がったときには、
なにがなんでも反対、と署名をしたのでしたが、
行動も起こさなくては、ね、、、と思ってた矢先だったです。。。

 >  >自分が6日に触れなかったのに、菅首相が脱原発依存発言をしたことに不快感を表明
 >  私もそうでした!

ぅぅ。i-201 私の場合は > サヨコさん
原発について触れないヒロシマの平和宣言や県知事がおかしいでしょ、不自然でしょ、と思ったのです。
勿論、政局問題を絡ませた言の葉だけのパフォーマンスも論外ですが。
[ 2011/08/15 10:21 ] [ 編集 ]
Re: 実際
どうしたらいいんでしょね(;;) > おじゃりんさん

 >  アリエナイ数字。
 >  哀しいけどもう人間が住む場所ではなくなっています。

ひとの叡知を結集しても、廃炉できない恐ろしさに、胸が灼けるようです(;;)。

 >  最初はあれだけメディアでも原発反対の声が多かったのに
 >  4ヶ月たった今 なぜか原発を肯定しているように見えます。
 >  それだけ 癒着があるってことですよね
 >  私腹を肥やしている政治家が多いってことですよね

基本的に、怒り続けること、のできない國民性なのかなぁ、、と 思うことがあります。
そしてそれは、決して 「 やさしい 」 ということではないよね、とも。

 >  今 この国で最優先にしなければいけない原発問題
 >  脱原発を掲げている管首相は なぜあれだけおいつめられているのか よくわからないです。
 >  今は緊急事態のはずなのに。

ひとのいのち、大地のいのち、海のいのち、が 未来永劫に渡り 脅かされているなか、
全てが 【 政局 】 の問題 に矮小化されてることが許し難いですよね。
菅氏は 8日に 1兆円つぎ込みながら、実用化に程遠い「 もんじゅ 」の廃炉を
検討する、と言ってくれましたが、菅氏どころか、党の政権保持自体が危機的状況だし。

 >  原発で肥えている政治家は原子力発電所の敷地内に住めばいいんだわっ!

皆で 【 ひとごと 】 【 何処か遠いところ 】 で 済ましてしまうこと、
を 許さない体質になっていけるでしょうか。
[ 2011/08/15 13:48 ] [ 編集 ]
沖縄にも核が……
またまた、失礼致します。
ttp://www.youtube.com/watch?v=t8hEnfYAB_Q&feature=player_embedded
ここで、沖縄にも核があることを
今日、知りました。
「密約」で持ち込まれたであろうことは、薄々感じていましたが
沖縄大学に落ちたヘリ事故でも(涙)
[ 2011/08/16 18:26 ] [ 編集 ]
Re: 沖縄にも核が……
核の持ち込みは > サヨコさん
いつからか、暗黙の了解、となってしまいましたですよね。
米軍の基地を置く、ということは、そういうことなのだろう、と
力ずくで納得させられて来ています。

それでも、当時の2006年12月、安倍内閣のもとで当時の防衛庁長官が、
公に核搭載艦通過を容認する発言をしたときには、ショーゲキでしたですよね。
で、昨年5月、ついに核持ち込み密約が明らかになりました。

2004年8月の米軍ヘリ墜落事件も、事故直後から徹底的に米軍が現場封鎖したため、
なんかもやもやしてたのでしたが、
まさかに、ストロンチウム90がばらまかれてたとは思いもしませんでした(;;)。

教えていただき、有難うございます。
沖縄タイムスの8月14日の記事で、
小出氏のこの講演会の内容が載っていましたです。
【 http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-08-14_22080/ 】

これらのことが、なぜ、大きなニュースにならないのか、不思議であり、
小出氏ほどの御方でも、踏みつぶされておしまいになるのか、と とても不安なのですが、
全国のマスコミが取り上げないのは、福島の状況や風評被害等、
虚実取り混ぜ、大変不安定な状況で、
何よりも福島で被災された方々の心情を大切にしないといけないからなのかも、
と 思おうとする私がいる反面、
こうして、お上にとって都合の悪いことは、綺麗にもみ消され、蓋をされ、
「 NO! 」と声を上げるものたちを トンでも扱いしていく構図を
目の当たりにしてるよね、と思う私がいます。(-_-)

昨年の7月には、菅直人首相の私的諮問機関である
『 新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会 』が、
非核三原則見直し提言をし、武器輸出三原則も見直すように求める流れもありました。

何がどうであれ、事実は事実 として、きちんと見極め、判断し、
「 NO 」 なことには 「 NO 」 だと、声をあげて行きたいと思うです。
[ 2011/08/17 14:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。