今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実習生助手 10日目。 ( 実験編 )

    




    午後8時。

    ぃょぃょ翌日に 実験授業を控えた少年から電話が掛かり、

    「 悪い。
      こっちで買い物が出来んかったから
      牛レバー200g、買っといてくれん? 」

    げ、もう8時を回りましたぜ。  汗

    車で出れば、閉店9時のスーパーに間に合うけれど、
    牛レバーなんて、新鮮さが いのち。
    大抵、午前中には売り切れるものだけど。 


    その他、ビニールテープ5色分とか、
    A4色画用紙 同色3枚を5組とか、
    割箸100膳分、とか、アルミカップ100枚とか、
    お線香100本、線香立て、少なくとも5個とか。。。。

    大量にリクエストされて 超 慌てたけど、
    あちらこちらの引き出しをかき回したら、
    全部、家に揃ってたところが怖い。

    生まれて初めて、断捨離できないストック魔の自分を褒めてやる。 


    授業で実験! な場合、
    こうして先生が予め揃えなくちゃならないことを、
    文系の私は 初めて実感する。

    なんだか、PTA時代の行事前な雰囲気を懐かしみつつ、
    それにしても 牛レバーを何に使うんだ???


    閉店間際のスーパーへ、牛レバーが売れ残っていることを
    こころの底から念じつつ、車を走らせる。

    したらば、レバー売り場に たった1パック、
    売れ残っているのを発見!! 

    飛びついて カートに入れ、
    それから じっくり眺めると、国産牛の高級レバーで、
    ぴったり かっきり 100g。 たらり


    少年に言われたのは 200g。
    う"~ん。。。。どうしたらいいんだ。 ショック



    。。。とりあえずレジに走り、 次いで隣街のスーパーへ走る。



    そこで閉店には間に合ったものの、牛レバーは売り切れ。しょんぼり

    無いよりはいいかも、と 鶏レバーをゲット。
    なんの実験かわかんないけど、
    牛と鶏とのデータ違いを比較しても面白いんぢゃない?



    





    帰宅した少年は、食事も 牛レバーゲットに走り回った
    私への御礼(笑)も そこそこに、
    すぐさま 実験のための下準備に入る。

    なんでも、本日 一足先に実験したもうひとりの実習生の
    授業時間内に実験が終了せず、準備不足で手際が悪いと、
    2人の先生方から かなり絞られたらしい。

    その失敗の大半が、生徒にレバーを配りきるまでに
    多大な時間を浪費してしまっていたから、とかで、
    見学してた少年は、まさに明日は我が身 と蒼くなり、
    同じ轍を踏むまいと、明日の授業開始と同時に
    実験を始められるよう、完璧な準備をしたい由。

    牛レバーは、酵素の実験に用いるもので、鶏は却下。
    100gでも なんとかなりそうだ、と。 ゃれゃれ。


    帰りの電車を待つ間、100均ショップへ行き、
    少しでも 実験開始までの段取りを縮めるために、
    生徒たちに さっさとレバーを渡せるように、
    蓋付きの大きめの製氷皿や各種識別ラベルを購入した少年。

    一緒に 製氷皿たちを洗い、
    実験グループ別にラベルで数字を打ち、
    実験グループ分×2 のアルミカップを敷き詰め、
    ビニールテープを試験管に貼りつけていけるよう
    7cm単位に切って行き。。。。

    牛レバーは、もう自宅で7mm×2mm位に小さく、
    しかも薄~くスライスして
    生のものと、墨になるまでレンジで加熱したものとを
    製氷皿にぎゅうぎゅうに敷き詰めたアルミホイルに、
    別々にセットして 持って行く、という少年。

    自分で生レバーを小さく薄くスライスしようとするのを
    傍で観ていたが、これが 目も当てられない不器用さ。

    100gしかないので、失敗してる猶予もなく、

      「 今回は、おかあさんが切ってあげる。
        次回、自分でヤらなきゃならなくなったら、
        切る前に、レバーを冷凍しておいて、
        解凍しかけてるものを切れば、
        きっと楽に、上手にスライスできると思うよ? 」

    そう言いながらスライスしていくと、
    少年は 素直に、「 をを! 」 と
    感嘆の視線を私に送ってくる。
             えへ。 ちょっと嬉しい。



      




    そんなこんなで、大荷物となった少年。
    またまた殆ど徹夜で迎えた朝は、折悪しくも雨。 しょんぼり


    過保護な私は 少年を車で高校まで送ることにしたのだけれど、
    良かれと思った その行動は、
    時間帯と雨模様のために、超ラッシュにハマり。 しょんぼり


    生徒たちより30分早い、先生方の出勤刻限に、
    ぎりぎり間に合うか間に合わないか、微妙になる。

    遅刻させないよう、焦って車を出した
    少年の高校時代を嫌でも思い出す。
    まさか、卒業後に、同じ想いで同じ道を辿ることになるとは。

    後ろに座っていた少年も 荷物に囲まれながら、
    「 これなら電車で行った方が確実だった 」などと
    ぶつぶついらいらしていたものの、
    そのうち、ぐっすり眠ってしまい。


         5分でも10分でも、
         彼を休ませることができただけでも良かったと
         思うことにして、BGMを最小に絞り、
         少年の高校へ。


    校門の少し手前で車を停める。
    そこへ 自転車で突っ込んできた、
    少年同様、いかにも実習生な感じの男の子。

    フレッシュさいっぱぃで、
    オーラに とてもイイ空気を纏わせており、
    うちの少年の どよよんな空気との余りの違いに、
    思わず、私まで どよよん。


    ぃゃぃゃ。

    ここまで 準備万端整えたのだから。
    今日の授業はきっと成功するっ。

    ふぁぃと、ふぁぃと!! > 少年 ( と 私 )






励


だぶる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習生 実験 実験実習 実験準備

(*≧m≦*)ププッ
思ったより過保護なりうりうさんにびっくり(笑)

実験あっての理科ですからねぇ~うふふ
オットも(物理ですが)若いころは実験の準備に忙しそうでした
ちょっと偉くなった今は実験助手というかたがいてくれて助かってるみたいです それでも買い物が必要な時はアチコチ探し回っていますが(笑)

[ 2011/07/23 09:55 ] [ 編集 ]
Re: (*≧m≦*)ププッ
 ぎゃぎゃ(/ω\) > おじゃりんさん

 >  思ったより過保護なりうりうさんにびっくり(笑)

 なんも言えましぇーん。
 んでもでも、教育実習期間だけよん。
 生徒の皆さんにご迷惑をお掛けするですからね。 i-229

 >  実験あっての理科ですからねぇ~うふふ

 そうなんですねー。
 当然のことながら、「 ○○キット 」 なんて、ないんですね。
 先生方のご苦労に、今更ながら気付きましたですぅ。
 翌日も、別のクラスで実験でしたから、
 また、同じ準備に駆け回りました。i-229

 1回で終わった気になっちゃってましたです i-201 > ぢぶん。

 > ちょっと偉くなった今は実験助手というかたがいてくれて助かってるみたいです
 > それでも買い物が必要な時はアチコチ探し回っていますが(笑)

 何年も積み重ねた経験値やスキル、余裕があれば、
 少しでも生徒たちのきらきら輝く笑顔を見ようと、
 楽しんで準備できそうなのですが、いかんせん、指導案から、ですし、
 何もかもいっぱぃいっぱぃなので、なかなかハードでしたですぅ。

 で、今回、微々たるものとはいへ、
 これらの実験準備のものたち、自腹だったのには釈然としない私(笑)。
 先生方には予算がおりるのでしょうけれど。
[ 2011/07/23 19:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。