今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 憂鬱な2週間 』


      教育実習初日。 


      「 ドキドキするぅぅぅ~~~  」 と 言いながらも

      「 んでも、最終日には、山ほど、ラヴレター 貰って来るけん!!  」


      まんざら 嫌な緊張、ばかりではないこと、
      ワクワク感だって ちょっぴり在ること、 を 匂わせながら
      出発する下の少年 を 駅まで車で送った直後から、

      ヤバぃっ。 この私が ドキドキして来る。 

      月曜日だから、全体朝会があるだろうし、
      そこで、「 本日から2週間、教育実習生が実習に入る 」 と紹介され、
      ひとりひとり、或いは、全員がずらりと 壇上に上がらされ、
      担当教諭に紹介されたり、自己紹介したりするんではなかろうか、と

      私自身の子ども時代や、実習生時代の思い出も加わって、
      超リアルなイメージ が 浮かんで来ちゃったんである。

      他、彼の指導教諭とは うまく行きそうなんだろか、とか
      2週間の担任となる クラスの生徒たちは どんなんかなーとか

      次から次へ、少年が遭遇するであらう場面場面のイメージが
      脳裡を横切る自分を持て余す。


汗   汗




      やきもきしてるなか、9時前着の電車で戻る、とメールが入り、
      駅へ 彼を迎えに行くと、 想像以上に どよんとしたオーラが。 

        「 疲れたぁあああ ヽ(`Д´)ノ 」

      後ろの座席に倒れ込む彼を 質問攻めにしちゃいそうな自分を抑え、
      まずは、

        「 お疲れ~
          どうぢゃった?? しょっぱなから 朝会で緊張したぢゃろ? 」

      かるぅく 様子見で ジャブを入れたら、これが彼の逆鱗のツボに。 








      曰く、朝会はあったけれども、教育実習生については全く触れられなかったと。

        は ?? 

      そんなことのための 金曜日の打ち合わせ だったんぢゃないの??
      私は 自分が小学生だったときの
      実習生の紹介朝礼時のことも しっかり覚えてますぜ??

      先生の卵たちが 2週間ほど、授業をしたり 皆と接するようになることを
      公的に生徒に知らせない、とは どういうことだろう??
      ( 何かとご迷惑を掛ける ) 諸先生方や 生徒たち に 失礼だし、
      そして、公的パスポートを与えられない 実習生にも失礼なことではなかろうか??


      その上、朝礼代わりに?? 職員室横の小部屋へ6人の実習生を集合させた、
      今回の教育実習の総監督的立場、となられた教務主任の先生曰く。


      「 また、憂鬱な2週間がヤって来た。
        足手まといな実習生を指導しなくちゃならん2週間が苦痛で仕方がない。
        日々の業務、学校運営において、邪魔でしかない教育実習生を
        我が校は 何故受け入れるのか。 来年こそは受け入れを拒否したい 」


      開口一番、そんな 八つ当たりじみた挨拶から始まり、
      この先生なりの叱咤激励なる言の葉と思いきや、
      徹頭徹尾、教育実習生を自分は歓迎しない、嫌い、
      だが、今年は、自分が直接受け持つ教科の学生がいなくて 何よりだった、
      とにもかくにも 自分は 受け入れを拒否したい、と 締めくくられた、と。

      で、こんな空気のなかで、どやって2週間を乗り切ればいいのか、と。
      少年始め、6人は すっかり モチベーションが下がってしまった由にて。


     だー
      さすがに 私も 言の葉を喪う。

      「 …… え~~~っと。 
        んとんと。 あのそのえ~~っと。。。 
        それは その先生なりの 教習生は 基本的にお荷物な存在であるのだから、
        2週間、そゆ覚悟と自覚をもって 善きものと成せ、という 訓示ぢゃないの?? 」

      やっとのことで そう 言の葉を絞り出し、
      んでもって 彼には言えない分、めちゃくちゃに腹が立って来る。

      

      確かに、日々、大変な業務をこなされている先生方にとって、
      ほんとに 教師となるためなのか、
      教諭免許が欲しいだけなのか、判らないような 教育実習生を
      2週間 手を取り足を取り、指導しなくてはならないことは 大変だと思う。

      思うけれど、あんた、ぢぶんもそうやって、
      母校や受け入れ校に 実習をさせて貰って、
      あれこれと学ばせて貰い、晴れて 教師となれたんぢゃないのか。 

      だぃたぃ、教習生の受け入れの是非は、
      校内で 予め十二分に討議されて 決定されているはず。
      そのうえで、 「 受け入れ 」 と 決まったからには、
      個人的に どんなに 反対であろうとも、
      受け入れた学生たちに、負の言の葉をぶつけていいものだろうか。
 
      正直、教習生たちは、ちっとも役には立たず、
      現場での足手まといでしかないだろうけれども
      母校には、教師を目指そうと頑張る卒業生たちを
      もうひとおし、育んで欲しいと思うし、
      バックアップしてあげて欲しい、と思う。
      自分たちもまた、そうやって育てられて来たはずであるのだから。
  
      それに 学生たちにとって、 自分の母校は、
      大なり小なり 清濁併せ、大切な想いを抱えているもので、
      高校教師になろう、という想いも、そこで培われたものかも知れず。
  
      どきどきわくわくで この日を迎えた学生たちを
      せめて、初日に 温かく迎えて貰えないものだろうか。

      そうでなくても 2週間のなかの場面場面で、
      自分たちの未熟さを痛感し、ヘコみ、
      先輩である先生方の凄さを再認識し、リスペクトし、
      その先輩方の貴重な時間をいただくことに
      申し訳なさと 感謝のこころで いっぱぃになるハズなのに。

      先生方もまた。
      日々の業務に疲れているときに、
      志に燃えた フレッシュな教習生に遭遇することで、
      当時の自分を思い出したり、
      教え子が、自分と同じ道を辿ってくれ始めていることに、
      些少なりとも 喜びを見出してくれないものだろうか。
   

    




      ヘコみまくってる少年も、放課後のバスケ部では
      顧問の先生( 少年の苦手だった顧問は 少年の卒業した年に異動 )にも
      後輩となる生徒たちにも 大歓迎されたらしく、
      「 大学でも続けてて良かった!!  」 と 少し 表情が明るくなる。


      「 今夜から 指導案づくりで、余り眠れないかも 」


      と 言いながらも、食事を終え、
      そのまま リビングで疲労困憊の顔で眠り込む。

      午前零時に 起こそう、と 毛布を掛けながら、
      蒼い顔に、思わず 頭を撫でてあげたい気持ちを抑え。


      ふぁぃと、ふぁぃと!!  > 少年!

      君たちの試練は、 まだまだ 序の口。

      どんな職場にも、様々な事柄が待ち構えているものだから。
      初っ端に、少々逆風に吹かれるのは、 きっと これからの糧になる。

      そして、6人もの実習生が 被災の不運にも見舞われず、
      予定通りに 同じ立場を共有できる倖せ。
      
      学校、先生方、生徒たちの貴重な時間を貰っていることは事実であり、
      その分、可能な限り、たくさんの経験値を 感謝のこころで 重ねて行こう。





励

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

タグ : 教育実習 実習初日 実習生 初日 朝会 朝礼

( ̄‥ ̄)=3 フン
自分もそうやって育ったことを忘れてるんですかね
最低ですな その教員。

[ 2011/06/18 17:55 ] [ 編集 ]
ひどいやつですね、ろくな教師じゃないよね。これがホントの反面「教師」ってやつですね。いきなり気をくじけさせて教習生をより足手まといなものにしちゃうと気付かないのですかね、バカですね。お客さん気分は蹴っといた方がいいとしても。

仁君ファイト~!りうりうさんのお子さんなので逆境にがんばれると信じてます。
[ 2011/06/19 09:28 ] [ 編集 ]
おつかれさま
今の公立学校はどこもそうなのかもです。

>先生の卵たちが 2週間ほど、授業をしたり 皆と接するようになることを
>公的に生徒に知らせない、とは どういうことだろう??

同感です。
娘の中学にも、何名か教育実習にきていたはず。
でも、まったく知らされませんでしたよ。。。

[ 2011/06/20 00:57 ] [ 編集 ]
あっはっは~ 私も言われたよ・・・乳児院の実習でさ~
「教育実習生は本当は迷惑 しかも慣れてきた頃丁度2週間目でいなくなる 子供も混乱するでしょ」とさ

そりゃ~そうかもしれないけどさ~希望に燃えて行かせてもらってるのにいきなりそれじゃ~ね~

「どうせ大したことできないんだから 子供と遊んであげて」とも

はぁ~今思い出しても腹の立つv-17
[ 2011/06/20 11:13 ] [ 編集 ]
次の世代を育てることも、自分たちに課せられた役割の一つ。とは思えないですかねぇ。

聞くだに哀しい。
[ 2011/06/20 20:36 ] [ 編集 ]
本心で言っているのではないと信じたいですけど、もし本当にそう思っているのだとしたら悲しいですね。

どこの企業でも人材育成とは一番力を入れるところです。ましてや学校はその人材育成が本業なのだから、何か意図があったにしても他の言い方をして欲しいと思います。
[ 2011/06/20 22:32 ] [ 編集 ]
「 ひどいやつ 」
 ああもぉ、ほんとに!! > a-rino-mi さん

 >  ひどいやつですね、ろくな教師じゃないよね。これがホントの反面「教師」ってやつですね。いきなり気をくじけさせて教習生をより足手まといなものにしちゃうと気付かないのですかね、バカですね。お客さん気分は蹴っといた方がいいとしても。

 このブログを書くのに、めちゃくちゃ時間を置かねば書けなかったですぅ。
 ブラックりうりう と化したぢぶんが、どんなに強烈な毒を吐くか、自分で判ってるので。i-229

 そんでね、そんでね、
 こ奴ってば、後半1週間、欠勤しやがったんですぜっっっっ v-359e-268e-329
[ 2011/06/28 00:29 ] [ 編集 ]
Re: ( ̄‥ ̄)=3 フン
 シンプルに > おじゃりんさん
 怒って下さって、ありがと!!です。

 >  自分もそうやって育ったことを忘れてるんですかね
 >  最低ですな その教員。

 ほんと、この2行に尽きる、ですよねー。

 せめて初日ぐらい、実習生たちをきちんと迎え、
 ちゃーんと 生徒たちに紹介してやって欲しい、と思うですよ。

 黙ってても 彼らは自分たちの未熟さにヘコみ、足手纏いさにヘコみ、
 自分たちが生徒だったときに迎えた実習生たちのこころを追体験し、
 苦しみもがく2週間の初日であるのに。
[ 2011/06/28 00:35 ] [ 編集 ]
Re: おつかれさま
そうなのですか@@? > yuinekoさん

 >  今の公立学校はどこもそうなのかもです。

ほぇええ。
あれだけ、いつも 形式、とか儀礼 とかを重んじてるのにね。
朝礼で10分もあれば十分なハズなのに。
そんだけ、吹けば飛ぶやうな立場なんですねー。

はぅぅ。
仮にも、2週間であっても、「 先生 」 として生徒に授業をする、のに、
きちんと 「 はじめまして よろしくね 」 な挨拶もしない関係性って、
一事が万事。
そんなんぢゃ 「 イイ先生 」 は生まれないし、育たないし、
「 イイ生徒 」 だって 育たない気がするです(-_-)。

って、何をもって 「 イイ 」 と言うか、が、問題なのですよね。
誰かにとって 都合のイイ先生、都合のイイ生徒、
マニュアル通りの生徒や先生が イイ とされたんぢゃ
ダメダメぢゃん、と思うのだけれどなぁあ。
[ 2011/06/28 00:47 ] [ 編集 ]
「 子どもも混乱 」
 はぅ > ぅさねぃさん

 >  あっはっは~ 私も言われたよ・・・乳児院の実習でさ~
 >  「教育実習生は本当は迷惑 しかも慣れてきた頃丁度2週間目でいなくなる 子供も混乱するでしょ」とさ

 私も学生時代、幼稚園や保育園へ実習へ行く友人に聞いたことがあるです。
 2週間の実習で、ばぃばぃしたら、当分、子どもたちが泣いてフォローに大変なんだ、と。

 んでもね、出逢いと別れ って、すっごくすっごく大切なことだし、
 そやって、子どもたちも、若い先生たちも み~んな 育って行くんだよね。

 >  「どうせ大したことできないんだから 子供と遊んであげて」とも

 「 どうせ大したことできないんだから 」 というフレーズは 要らないよね。
 言われなくても、イヤというほど自覚させられてるってのに。
 私には、ひとを育てやう、という言の葉ではなく、
 単なる いぢわる な 気がしてならないです。v-359
[ 2011/06/28 00:57 ] [ 編集 ]
「 次の世代を育てる 」 ということ。
 ほんとにっ!v-359 > あそびすとさん

 >  次の世代を育てることも、自分たちに課せられた役割の一つ。とは思えないですかねぇ。

 だって、そーゆー自分も、そやって貰って 教師になったハズなんだもの。

 で、教頭を目指す この御方は、後半1週間、連続欠勤されたですよ(-_-)。
 はっ@@。 もしかして、この御方のこころが病んでらした???

 。。。それでも、学生たちに向かって アタる正当な理由にはならないし、
 実習生担当責任者として、初日の朝礼で実習生紹介をしないことを許した理由にはならーん!
 と 私には思えてならないです。
[ 2011/06/28 01:05 ] [ 編集 ]
「 本業 」
悲しかったです(;;) > わきさん

 >  本心で言っているのではないと信じたいですけど、もし本当にそう思っているのだとしたら悲しいですね。

少年の高校時代、PTA役員は1年間だけでしたが、
何度か高校へ行き、空気に触れ、
「 この高校なら さもありなん 」 と 思わされるところが
もう、悲しいです。

県の なんたら校に あれこれ指定されてたり、
国公立大学進学率50%越えを内外ともに宣言してるからか、
きっと先生方に 余裕がないんでしょね。。。(-_-)。

それでも! 教育実習生を受け入れると決めたのだから、

 >  どこの企業でも人材育成とは一番力を入れるところです。ましてや学校はその人材育成が本業なのだから、何か意図があったにしても他の言い方をして欲しいと思います。

心の底から そう思うです。
「 教師 」でいらっしゃる以上、より 言の葉を ほんとにほんとに大事にしてほしいと思うです。

ふっと、何故か この御方の年齢を識りたくなってしまいました。
[ 2011/06/28 01:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

実習生助手 初日。
  下の少年の 教育実習初日 は 【 迷惑 】 との、   身も蓋もない なんとも信じ難い 教務主任の先生の 言の葉で   一気にモチベーションが最低最悪な状態となり、   先行きが思い...
[2011/06/25 21:21] 今日も元気で


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。