今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

少年たちのヒヤシンス☆




2006年 年末。


夫がお客さまからいただいて帰った2球のヒヤシンスの球根を
少年たちが1球ずつ 休耕田へ植えてくれたのだったが。

後に、下の少年は 兄をこき使い、
結局、2球とも上の少年が植えてくれたのだと判明 





翌年春には 見事な花を咲かせてくれて
とっても嬉しかったのだけれど。



例によって、放ったらかしの私であるのに、
その翌年には、見事な花茎の横に、
第2弾の小さな花芽を覗かせ、



Image335


 2009年春には
 立派に2つの花茎を開花させ、
 すっかり成熟した感じ。

 メインの方の花数は
 1本であったときよりも多いほど。




少々、感動し、あれこれ調べてみたらば、
ヒヤシンスには、【 ダッチ系 】 と
【 ローマン系 】 という2種の系統があることを識る。






●【 ダッチ系 】

  水栽培によく利用されるのが こちららしい。
  一本の茎に多くの花を付け,ボリュームがあり豪華。
  でも、球根は自然分球を余りしない。

●【 ローマン系 】

  ダッチ系に比べて 花数が少ない反面、
  1個の球根から 複数の花茎が生長し,
  自然分球しやすい。



なので、少年たちのヒヤシンスは、
ローマン系なのだろうと、思うのだが、
2本の花茎になっても 花数は立派。

近くに行くと、たった2株のヒヤシンスなのに、
むせるほどの芳香と 私好みのブルーがかった紫が
とても 倖せな想いにしてくれる。



、、、といいながら
相変わらず、一切、肥料はあげないし、
放ったらかしの むごい扱い(゚゜)\バキ☆。 … 申し訳ない(滝汗)。



加えて、昨春は 長~ぃ不調により 一歩も外に出られず、
少年たちのヒヤシンス にも 愛しの桜にも、
躑躅にさえ 逢えず仕舞いであったのだったが、
今春は、なんとか京都へ行くこともでき。

帰広して 休耕田へ出てみると、
元気に ヒヤシンスが顔を出しており、
あまつさえ、蕾部分が、
なんだか ごしゃごしゃ繁ってるやうに観える。

思わず 近寄り、仰天し、慌てて カメラを取りに戻る。




自己分球2

いきなり 3つに!! 

   あぁ、びっくり びっくり。


3つに分身しちゃったからか、
さすがに なんだか ひ弱気で、
花茎も余り伸びそうでなく、
花数も少なそうで、赤ちゃんぽぃ感じ。






正直、少年たちのヒヤシンスに出逢うまで、
ヒヤシンスが 好きでなかった私(゚゜)\バキ☆、

ど~~ん、な 「 見事~ 」 な ヒヤシンスより
こちらの 可憐な風情 が、好み、好み 




第二弾花芽


もう1本の方は、まだ 分球してなくて、
こんな感じ。

来春は どうなっちゃうのかな。



こんなささやかな 楽しみ を
こんな倖せを
たまたま 被災を免れて享受できること へ
申し訳なさのなかで ただ 感謝。










快晴

目に浮かぶのは、 面倒がりながらも
スコップとジョウロを持って
休耕田まで行き、植えてくれた ふたりの少年たちの姿。

(」´0`)」  ありのみさぁん、分球しちゃったよ~~  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : **暮らしを楽しむ**

タグ : 庭の花 ヒヤシンス 自然分球 分球

[ 2011/04/11 14:20 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。