今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 負うた子に 』





         3月9日 夜。

         下の少年より、 保険会社から連絡が入ったとの電話。




         下の少年が事故って  4ヶ月が経過し、
         その間、保険会社に一切を委託していた私たちも悪かったのだが、


         先方が 警察で述べた事実を翻され、
         目撃者不在、警察不介入、ということもあって、
         気が付いたら、9対1で、下の少年が悪い、ということになっており、
         こちらの廃車費用どころか、先方の修理代 50数万円を持つことになっており。

         文句があるなら、訴えてくれ、と言われた由にて、途方にくれる少年。



            先方の修理代は こちらの保険から支払っていただくにしても、
            示談が成立する前に、勝手に修理請求されるのも おかしな話だし、
            事故当初の 警察での互いの主張からの 保険会社の説明から、
            余りに話が違うので、少年の憤りはすさまじく。


         けれど 訴訟するにも時間とお金が掛かることから、
         おかあさん どうしよう、と言われ、

         理不尽な状況に追いやられることを
         「 事故に遭ったようなもの 」 と例える意味を実感しつつ、


            「 とても悔しいけれど、
              私は、もう 君が怪我をしなかったから、それでいい。

              訴訟で 君の貴重な時間を費やして、
              不快な想いを重ねて行くより、
              大きな勉強をしたと思って、あきらめよう。

              でも、君が戦いたいなら、とことん付き合うよ? 」


         すると 少年は


            「 ぅん、そうだよね。
              デカい出費をさせて 心配かけて ごめん。

              これから、本当に気をつけるけど、
              今度 また 事故に遭ったとしても、
              僕は 絶対 絶対、相手にこんな想いは させんけん!  」


         ぅんぅん。 私たちは 決して ひとさまに アンフェアなことをしないよう、
         こころして 生きて行こう   



    




         夜、帰宅して来た夫に、このことを伝えると
         私にとっては 意外なことに、
         夫は 当初の証言を翻した 先方と先方の保険会社に 激怒し、

         先方は 社会人とはいへ若年ではあるし、
         こんなことを許したら、先方の教育にも良くない。

         銭金の問題ぢゃない、とにもかくにも、白黒をはっきりつけるべきである、と
         【 少額訴訟 】 をつかって、徹底的に戦う! と言い、

         私が 意外の念に あんぐりと口を開けている間に、
         てきぱきと こちら側の保険会社さまに連絡を取り、
         訴訟に向けて 話を進めて行くことになる。   汗



             ところが 11日に あの震災が起こり。



         愕然、茫然とするなかで、保険会社からの連絡が入り、
         14日に、訴訟のための打ち合わせで 夫が 少年に連絡を入れたところ、

         少年曰く


            「 こんな大きな災害が起きたのに、
              僕の事故どころじゃないよ、おとうさん。

              保険会社もこれから 本当に大変だと思うから、
              僕の事故に掛ける時間も、被災者の方々の方に回して欲しいと思う。

              ほんとに悔しいし、おとうさんたちには申し訳ないけれど、
              僕は訴訟はしない 」 と。



         (;;)。


            「 う"。 その通りぢゃね、分かった。。。  」



         恥入ったやうに 電話を切る夫に


            『 負うた子に教えられ、、、、、』  とは、


                        こういうことを言うのかも と思ふ。




え゛

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 大切なこと

タグ : 震災 人身事故 事故処理 少額訴訟 負うた子に教えられ

「 泣き寝入り 」
というのは、

理不尽なことに対して、本来なら、絶対しない。

 のが、私、なんだけど。



訴訟までの手続きや、訴訟中のあれこれ。

当事者が少年であり、現場が県外であることや、

講義や実験を抜けることがなかなかできないこと。

教育実習や院の受験を控えていること。



あれこれを思ったら、今この時期に 徹底抗戦するのは、

物理的に無理であるように思え、

少年の貴重な時間がもったいない、、と思ってしまった。



先方がそれを見越して、「 文句があるなら好きに訴えろ

 」 と言っているようで、

それがまた たまらなく悔しいのではあるが。





それに加えて震災が起こってしまい。

私も、少年同様、この事故に奔走するより、今はもっと 他にすることがあるだろう、と思ってしまう。

[ 2011/04/18 19:05 ] [ 編集 ]
世の中は・・・廻ると思うのですよ。
こんばんは。

証言を翻すという行為、とても、憎々しいですね。

でも、相手の方は、今回の行為で、ズルした分、

いつか、自分にかえってくるということに、思いがいかないのねぇ。



きっといつか、自分に恥じ入るような出来事に出会うと思うわ。
[ 2011/04/18 21:14 ] [ 編集 ]
Re:『 負うた子に 』(03/09)
事故の割合がたとえ9:1でも相手方に非があるのなら基本的に息子さんの実費負担はないんじゃないのかと思うんだけどそうじゃないの?

そのための対物・対人じゃないの?



[ 2011/04/18 22:14 ] [ 編集 ]
Re:『 負うた子に 』(03/09)
ちょっと信じられない話。

よく保険会社が、それで納得したな~と驚きました。

1対9と言うことは、先方には非が無いと同じこと。許せないです。



時期が悪かったのですね。本当なら、ご主人に加勢してあげたかったのに…

気持ちを切り替えて、夢に向かってがんばらせてあげてくださいね。

[ 2011/04/20 14:40 ] [ 編集 ]
保険会社?
うー。ご主人のお気持ち、ものすごーくわかります。相手の今後まで考えられるなんてすごいですぅ。

そして、りうりうさん、息子さん、悔しかったでしょうね。それなのに、今の時期やもろもろのことを考えられ、頭が下がります。

ただ、経緯がよくわからないのですが、、そのまま今の保険会社で大丈夫ですか?あってはならないけれど、今後万一を考えると。。。余計なお世話かもしれませんが、ちょっときになりましたです(>_<)。
[ 2011/04/21 08:07 ] [ 編集 ]
Re:世の中は・・・廻ると思うのですよ。(03/09)
「 憎々しい 」 > OMITAさん



 > 証言を翻すという行為、とても、憎々しいですね。



ほんとにね。

これがまた、私自身へ、ではなく、私の少年に対する悪意というか、

「 ズル 」 なのですから、なんともいへない悔しさでいっぱいです^o^;。



 > でも、相手の方は、今回の行為で、ズルした分、

 > いつか、自分にかえってくるということに、思いがいかないのねぇ。

 >

 > きっといつか、自分に恥じ入るような出来事に出会うと思うわ。



あはあはあは。

この世は おしなべて 因果応報ですもんね。。。



ありがとございます☆

ひと は どうであれ、私たちは、天に、自分に恥じない言動をしていきたい、と思うですー。

[ 2011/04/22 02:25 ] [ 編集 ]
「 9 : 1 」
実費負担は > やじさん上総んさん



 > 事故の割合がたとえ9:1でも相手方に非があるのなら基本的に息子さんの実費負担はないんじゃないのかと思うんだけどそうじゃないの?

 > そのための対物・対人じゃないの?



よく判らないのですが、こちらの保険会社さんも 夫の意向をくんで頑張られ?

結局9対1から7対3まで、うちが悪い比率が減って

うちのライフの全損費用(時価…超中古車なので雀の涙)の3割が先方の保険会社から。

先方の修理額の7割がこちらの保険会社から先方に振り込まれたようです。



んだから、先方へ我が家が直接お支払いした訳ぢゃないですが、

先方から、レッカー車代金をいただいただけ、というようなものでした^o^;。



そいでもって、保険更新のときに、どうなるのかが これから恐怖です^o^;。



[ 2011/04/22 02:37 ] [ 編集 ]
「 1対9ということは 」
んでしょ(-_-) > JJ2007さん



 > ちょっと信じられない話。

 > よく保険会社が、それで納得したな~と驚きました。

 > 1対9と言うことは、先方には非が無いと同じこと。許せないです。



直進( 少年 ) 対 右折( 先方 ) だったのですが、信号の色がネックで、

当初は 【 青から黄色になったとき 】の交差点内の事故、だと

互いに警察で証言しあったのに、

ころっと 保険会社には 【 黄色から赤に 】 と 証言を覆されたですよ。



で、最初が正しい! と いう少年の証言を立証するためには、目撃者を捜さねばならず。。。(-_-)。



 > 時期が悪かったのですね。本当なら、ご主人に加勢してあげたかったのに…

 > 気持ちを切り替えて、夢に向かってがんばらせてあげてくださいね。



ありがとございます(;;)。

私も 本来ならば 夫が正論だと思うです。

皆で、いた~~ぃ勉強をしたと思って、頑張るです!

[ 2011/04/22 02:44 ] [ 編集 ]
Re:保険会社?(03/09)
ありがとございますぅ(;;)>mao真生さん



 > ただ、経緯がよくわからないのですが、、そのまま今の保険会社で大丈夫ですか?あってはならないけれど、今後万一を考えると。。。余計なお世話かもしれませんが、ちょっときになりましたです(>_<)。



こちらの広島のご担当の御方には、会社ぐるみで大変お世話になっており、

誠実で細やかな御方で この御方にお任せすれば、万事、OK!という御方なのですが、

それだけに今回、他県で こんなことになったのが信じられなくて。。



要は、先方は 先方の保険会社と契約者本人であり、地元であり、

あちらの保険担当者は あちらに有利に動き放題で、

こちらは、契約者は私で、契約者家族の事故という付帯保険で、

少年の近くの支社の御方が担当された、というのが大きかったのでは、、と感じています。。。



事故に遭遇したのが、私であり、入院するような怪我だったら、

何処で事故を起こしても、広島のこちらの担当の御方が現場まで来て下さったのでしょうけれど。



それでも、小さな事故とはいへ、廃車となり。

( お蔭で交通手段がなくなって 少年のバイトもダメになり、次のバイトも始められず )。



4ヶ月間、なしのつぶてで、結局9対1で、当方が悪い、

なんて、結論は、ちょっとあんまり、ですよね。



夫が 少額訴訟する、と こちらの御方に申し出たら、

こちらの御方はご存じなくて、驚かれて動いて下さり、

結局7対3、ということになりました(-_-)。

( こちらの御方がご存じなかった、ということにもびっくりです )

結構 大きな 昔からの保険会社さんなのですが、

大きすぎて、、、なのかしらん。。。(-_-)

[ 2011/04/22 02:59 ] [ 編集 ]
Re[1]:保険会社?(03/09)
りうりう*さん

おわかりやすく細かくありがとうございます。

そうですよね。りうりうさんが、いきあたりばったりの実績も知らない保険会社さんに頼むわけはありませんよね。

でも7対3になったのは、今後の保険料に反映しないのかな?9対1よりはいいような。

私も旦那も過去自動車事故

にあっており、(旦那は5対5が二回(>_<)、私は10対0と物損)どっちの立場になっても自動車事故による精神の疲労、時間の浪費はしんどいものがあります。で、この時に保険やさんという方々と接触して、保険会社さんは”人”で選ぼうと強く思ったものですから。余計なお世話だとおもいながらコメントしてしましたm(__)m。

[ 2011/04/22 07:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。