今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今 できること。 ヤってること。






       震災後、1週間が経ちました。



       この1週間、何を観ても何を聴いても涙、涙でしたが、
       そのなかで、日本中で、多くの方々が それぞれに
       それぞれの形で 被災地の方々を支えようと 頑張っておられることに、
       熱い気持ちも感じさせて貰ってます。

           被災地の御方の
            「 今 頑張らねば いつ 頑張るんだ! 」 という言の葉。

           石巻日日新聞社さまの 手書きの 新聞。
 
       思わず衿を正し、「 日々頑張るです!! 」 と こころから思いました。



          とりあえずは、日本赤十字に義援金を送りました。

          上の少年の卒業が決まり、有難くも 私の不調も去年程ではないので、
          卒業式に出席する予定ですが、宿泊を減らし、その分も一緒に入れました。

          式に行くのも取りやめようかと思いましたが、
          自らが志したこととはいへ、6年間、元気で大過なく
          頑張ってくれた彼の晴れ姿を観てあげたい、観たい、と
          贅沢をさせて貰うことにしました。

          あちらこちらにあるネットポイントを義援金に交換して貰いました。

          節電節水に努め、その分も継続して送りたいと思っています。
          で! 粗食にし、おやつも我慢して、その分も!










   「 メガネフレームを集めたら 利用できるのでは 」




       先日、ブログ内で、しゅすらんさんからご提案いただきました。

       しゅすらんさん以外でも、近隣の友人知人や、メール等々
       あちらこちらから、同様のご提案や質問等をいただいています。

       メガネチェーンの本部に勤務するものとして、
       この度の震災はもとより、各地で水害、地震等、
       大きな災害が起きるたび、ずっと悩ましく思って来ました。



           けれど、私たちは 大手メガネチェーンとは異なり、
           創始者グループが、自宅を売り、実家の田畑を売り、愛車まで売って
           皆で お金を出し合って設立した共同経営の会社であり、
           創始者の精神を受け継いで 今も殆どの社員が出資し、
           究極の人事破壊をすることで 経営を合理化し
           その分で メガネの価格をぎりぎりにまで下げ、
           原価率80~70%で 自転車操業状態の運営をしていること。


        そして 何より、
        装用される方々おひとりおひとりのライフスタイルにお合わせし、
        ひとつひとつ手作りのようにして おつくりしたメガネは、
        出来上がったときからが勝負である、いうポリシーがあるです。


           左右両眼の度数、レンズカーブ、瞳孔間距離、、、といった
           光学的に完璧であることは勿論、
           お顔の幅、奥行き、お顔左右のお耳の位置、お耳の後ろの凸凹…

           おひとりおひとり違う状態に、ぴったりお合わせし、
           いつも、快い掛け心地でお過ごしになられるよう、
           便の折にはご来店いただいて 調整し続けて差し上げたい。

             それが出来てこそのメガネ店! だと私たちは思っているので――


                    私たちが メガネの通販を行わない。
                    余りに遠距離にお住まいの方々には、
                    できるだけ お近くのメガネ店をお勧めする。
                    この2つの大きな理由でもあるです。




?   ?   ?




        それでも、今回の未曾有の惨状を見聞きするにつけ、
        ほんとに何もできないのか、と
        手弁当でも、ということが できない言い訳ではないのか、と
        何度も自問自答したです。
             ―― これは、おそらく うちの社員、全員だと思います。


        メガネは 先述のように おひとりおひとりに合わせてつくられたものですから、
        他の方々に そのまま おかけいただくことは不可能です。

        とすれば、なんとかフレームだけでも、ご提供する手段はないか。

        例えば、全店に声を掛け、お客さま方に
        不要不急のお手持ちのメガネをいただけないか、と お声を掛け、
        全店規模で、メガネを集めることが出来たとしても。


          常日頃より、お客さまには
          「 できれば 不慮の事態に備えて、予備のメガネをお持ち下さい 」
          とお願いしており、
          メガネを作り変えられたお客さまにも、
          「 できるだけ、旧メガネを大事にお持ち下さい 」と
          綺麗にクリーニングしてお返ししているです。


        そういった お客さまの旧いメガネが たくさん集まって来たとして、
        型や材質はもとより、サイズや耐用年数等々、それぞれに違い、
        そこから1本1本、レンズを除去する作業を経て、クリーニングし、
        区分けをし、破損しないよう 被災地へお送りすることができたとしても、

           そこから先 、の責任を果たすことが 私たちにはできない。

           せめて、私たちに 検眼機を搭載した移動車があれば、
           現地へ赴き、 そこから先 のケアも
           或る程度はできるかも知れないけれども、
           車もなく、お店を閉めてうちの誰が行けるだろう、と思うと、
           余裕のない私たちでは現実的でなく。。?


        また、被災地にて、古いフレームを 地元のメガネ店に持ち込まれ、
        おつくりになられても、新しいレンズに見合うほどの耐久がない場合等々、
        ありとあらゆる負のケースが脳裏をめぐり、
        果たして これで 本当に「 私たちのできること 」 と言えるのか、と
        懐疑的になって来るです。



       では、新品のフレームで、まとまった本数をお送りする?


        うちの特許フレームは、おひとりおひとりに合わせておつくりし、
        うちの系列でないと作成や修理ができないために 不可能。

        かといって、既存のメーカーフレームだと、
        まずは、仕入れてお送りすることになるため、
        それならば、同じ予算で、製造元のメーカーさまから送っていただく方が、
        うちでお送りできる本数の数倍になるので、不合理。

        郵便局などにある、ちょこっとお近くを観るのには 便利な
        何方でもお掛けいただける既成老眼鏡をお送りすることも
        考えてはみたのですが、これもまた、うちに在庫はなく、
        仕入れてお送りすることになるので、不合理でもあり、
        こうしたメガネは長時間使用には向きませんから、悩ましいです。



       コンタクトとなると、メガネと違い、作業的な手数は不要ながら、
       角膜の上に直接のせるものですから、
       『 高度管理医療機器 』 扱いとなっており、
       度数が合っていればいい、というものではなく、
       個々のレンズ用の眼科医の処方と指導が必要で、
       うちから勝手にお渡しするのは これまた困難であり――



          ―― やはり、今回も、ここで思考停止するです。
            せめて被災地が近ければ、メガネの修理や調整だけでも
            定休日を利用して、皆で こぞって参じるのに。

               。。うちの仲間たち、皆そう思ってるのではないかと思うです。

                     んだから その分、頑張って頑張って
                     個々に、義援金をお送りする。

                     社としては、極力節電節水に努め、
                     夜のネオンも消し、チラシ広告、TVCMも控え、
                     ただただ日々 頑張る。



                  そのうち 社で 「 有志 」 として
                  ある程度 まとまった額をお送りできれば、と思っているです。




ペンSAD

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 生きるということ

Re:今 できること。 ヤってること。(03/18)
送るだけで済むものではないことがよくわかりました。

近ければ皆で被災地に赴く・・・姐さんの会社ならきっとそうしていたんだろうなと思いましたよ。

[ 2011/03/19 15:25 ] [ 編集 ]
Re:今 できること。 ヤってること。(03/18)
眼鏡族としては よ~~~~~~くわかります!!!

眼鏡の無い不便 と 合わない眼鏡の不便と・・・・



姐さんの会社の理念は見せて頂いた映像でわかってる気になってます



あああああ~言いたいことが書けない!!



でも そのご提案は とってもいい!!!

[ 2011/03/19 23:33 ] [ 編集 ]
Re:今 できること。 ヤってること。(03/18)
御子息のご卒業おめでとうございます!

優秀なご子息

これからが楽しみですね!

先日ムスコが一人暮らしを始めるため京都に行きました。

この状況の中 予定通り大学に行けること。新生活を始められることに感謝です。

[ 2011/03/22 17:37 ] [ 編集 ]
「 送るだけで 」
ありがと(;;) > パクチのねぃさん



 > 送るだけで済むものではないことがよくわかりました。

 > 近ければ皆で被災地に赴く・・・姐さんの会社ならきっとそうしていたんだろうなと思いましたよ。



ほんとに ありがとございます。

「 送るだけで済む ・ 済ませる 」 ことも

できるのかもしれませんが、、、、

、、、私たちには やっぱり できない、です(;;)。



また、資金をプールなさっておられて、

検眼機や加工機などを搭載している車を持っておられる大手さんが

被災地を回られたりされるなら、こころから応援させていただきたいです。。。



この度は、社員皆が 何ができるのか、と それぞれに痛切に受け止め、

それぞれに想い、考え。

違う形で できることをしていくと思うです。。。

[ 2011/03/23 22:04 ] [ 編集 ]
「 無い不便 と 合わない不便 」
ありがとございます(;;) > ぅさねぃさん



 > あああああ~言いたいことが書けない!!



ふぇええ。 また ゆっくりお聞かせ下さいませ。



 > でも そのご提案は とってもいい!!!



これは、「 不要不急のお手持ちメガネを 必要な御方に 」 ということですよね。

細やかなお仕事をなさり、きちんとしたカルテ管理をされている

( 地元の )メガネ屋さんだったら、実現可能かも、です。



不要不急の、、と言った瞬間、うちの特許フレームは 半永久的に使用でき、

親から子へ、子から孫へ、と 移譲いただけるので、

どうなるのだろう、、と思わず考えてしまいました。。。

[ 2011/03/23 22:25 ] [ 編集 ]
おめでとうございます☆
ありがとございます(;;) > おじゃりんさん

そして、おじゃりんさんも おめでとうございます!!

NZでの日々が、本当に素晴らしい桜をもたらせてくれましたですね☆☆



 > この状況の中 予定通り大学に行けること。新生活を始められることに感謝です。



ほんとにほんとにそうですね(;;)。

いろんなことを 噛みしめて、日々過ごさなくては!と思うです。

全国のお子たちも、きっと いろんなことを感じ、こころに想う

卒業、進級、入学の春となりそうですね。



明日には 京都を離れます(;;)。

今度は いつ 来れるかなぁ。。。。

[ 2011/03/23 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

志を同じくするということ。
      震災の1週間後。      「 メガネ屋さんには、        メガネ屋さんのできること、        メガネ屋さんにしかできないことがあるのでは 」     ...
[2011/08/03 22:39] 今日も元気で


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。