今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「 うつる 」







          たまたま 実家で 母とニュースを観ていて、


          福島原発からの避難区域に指定された御方のインタヴューで、

          タクシーで避難しようとされたところ、

             「 車内が 汚染される 」
             「 放射能が うつる 」 と 何台もの乗車拒否に遭われた由。

          思わず 母と目を見合わせ、同時に怒りの涙が噴き出る。




            あのときの ヒロシマ と 一緒ぢゃん!!




                  「 うつる 」

                  「 ( ケロイドが ) 気持ち悪い 」

                  

                  
             一歩 市外に出れば、そう言われ
             徹底的に忌避されて来た 被差別の歴史。

             県外に住むなら、ヒバクシャであることを
             隠し通さねばならなかった 被差別の歴史。





          被爆後、65年が経ち、

          世界有数の火山國であり、狭い國土に4つもの大きなプレートが接し、
          いつ大地震が起きてもおかしくないこの國に、

        「 核の平和利用 」 と 耳触りの良い言の葉を用い、
         
          ( 何度も 【 小さな事故 】 を 起こしつつも )
          さも、自分たちで 核を完全コントロール成し得ているかのやうに
          原発を建設し続け、世界3位の規模となっている今。




              被曝と汚染の違いも識らぬまま、
              不安を抱えて避難するひとに対する 安易な放言や

              國の 被曝基準、汚染基準からの
              【 摂取制限基準 】 の 曖昧さ、、、。





                  二度と過ちをおかさない、と 誓いつつ。


                   そのためには 「 過ち 」 に
                   学ばなくてはならないはずであるのに、

                   65年の間、なにひとつ、識らず、識ろうとせず、
                   ここまで 来てしまっていることに 愕然とす。







ペン涙。






宿舎まで 劣悪な状況下で、
被曝の危険を背負い、
ひたすら事態打開のため 作業して下さってる
大勢の方々に、ただただ、手を合わせているです。

福島原発には、もう、上から下から、
大量の鉛をぶち込んで、封じ固め、
強制終了させる訳にはいかないんだろうか(;;)。

【 リセット 】 できない 現実の恐ろしさを
私たちは 忘れてはいけなかったはずなのに。


* 被曝と汚染の違いなどは、文科省委託委託事業の
公益財団法人「 原子力安全研究協会 」の運営サイト
『 緊急被曝医療研修 』 のサイトが
除染についてまで、判り易くまとめてあった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ニュース
テーマ : 許されない出来事

[ 2011/03/19 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(4)
Re:「 うつる 」(03/19)
関東の 東京の 電力の為にある福島原子力発電所・・・ふひぃ



もう どんな言葉も申し訳なさすぎて言葉にできない

それなのに 計画停電にも協力できてない・・・



「二度と過ちをおかさない、と 誓いつつ。



そのためには 「 過ち 」 に学ばなくてはならないはずであるのに、」



その「過ち」と この「過ち」は違うものと思ってたんだろうか・・・



せめて私にできるのは、姿のみえない放射能を怖がり過ぎず風評に惑わされず、今までとおり水道の水を飲み買い物も普通にし・・・節電節水に努めます(一応空きペットペットボトルに水は溜め置いております・・・)



『 緊急被曝医療研修 』のサイトとっても為になったのでうちにも載せさせてもらってよいですか?





[ 2011/04/08 12:32 ] [ 編集 ]
「 せめて私にできるのは 」
うさちゃん119さん



殆ど 怒り垂れ流しの八つ当たり日記を受け止めて下さってありがと(;;)。

あの 「 うつる 」 には、本当に愕然としたです。

65年経っても。

核について何も識らなかったあの当時とは違い、核で発電するようになっても。

この國は全く変わっていないのか、と。



 > せめて私にできるのは、姿のみえない放射能を怖がり過ぎず風評に惑わされず、今までとおり水道の水を飲み買い物も普通にし・・・節電節水に努めます(一応空きペットペットボトルに水は溜め置いております・・・)



とにもかくにも、今、何か起こってるのか。

今後どうなっていくのか。

しっかり識ること、継続して学ぶこと、見極めること。。。。

ですよね。



自分の目で観て、耳で聴いて 頭で考え、こころで感じ、

そして、自分のこととして考え、動いて行くこと、なんだろうと思うです(;;)。



電力の恩恵に与るものとして、

 「 せめて私にできるのは 」 という視点をなくさないことは大切なことですよね。



 > 『 緊急被曝医療研修 』のサイトとっても為になったのでうちにも載せさせてもらってよいですか?



お返事 遅くなってごめんなさいm(__)m。

私もこのサイトはとても判り易くまとめてあると思いました。

掲載をありがとございました!

[ 2011/04/08 19:16 ] [ 編集 ]
涙が出ました
初めまして、たまたま辿り着いた東京に住む者です。



こちらの記事のようなことが、今まさに近隣県のニュースとして表面化している現実に、悲しみを通り越し、何か非常に荒涼とした心地でおりました。

読ませて頂いた今は、この小さな島国でこうした無情な歴史が繰り返されようとしている事実に胸が絞られ、ただただ涙が止まりません。



文字にすると空々しく思えてしまい、とても歯痒いのですが……

本当に、限られたことしか出来ません。

それでも、せめて今の自分が感じている憤りや悲しみを胸に刻み、己を見失わずにいようと今一度強く思います。



広大なネットの海の中、りうりうさんのこの記事との出会いに感謝いたします。
[ 2011/04/14 11:01 ] [ 編集 ]
Re:涙が出ました(03/19)
うみさん、はじめまして。

真摯なメッセージを誠に誠に有難うございました。



余震が続くなかで、東日本にお住まいの方々には、

あれこれと胸の痛む毎日でいらっしゃることとお察し申し上げますです(;;)。

その分、西に在る私たちも、日々、なんとも言えない想いでいっぱいでおりますです(;;)。



そして、天災を防ぐことはできないけれど、

これ以上の人災は もうたくさんだ、と 叫びたい。



こと、放射能に関しては、私たちのひとりひとりの人間力が 試されているように思うです。



 > それでも、せめて今の自分が感じている憤りや悲しみを胸に刻み、

 > 己を見失わずにいようと今一度強く思います。



有難うございます(;;)。

私の方こそ、こころ励まされる心地が致しました。

感謝申し上げます。

[ 2011/04/15 21:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。