今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学位授与式にて。








授与式.jpg





          小中高でも、卒業式 というのは、
          確かに 正式には 「 卒業証書授与式 」 であった、と思う。


          院では、修士や博士の 「 学位授与式 」 というのだな~、と
          ぼんやり思いながら。



             式では、逢えないかもしれない、
             運良く、少年を見つけることができたとしても、
             彼も恥ずかしいだらふし、こちらから声を掛けるような
             カコ悪いことはヤめよう、と 前夜は 思っていたのであったが。



          すし詰め状態の式場の後ろの壁に もたれるように立っていたところに
          すぐ横の扉から、入って来た上の少年を見つけて、テンションがあがる。



              、、けれど、少年の横に、振袖姿のお嬢さんが
              寄り添うように一緒に入って来たので、固まってしまい

              なおかつ、そのお嬢さんの斜め後ろに、
              お嬢さんのおかあさまらしきひともいらっしゃって。


              硬直している私の前を、その3人が仲睦まじそうに歩いて行く。


                少年は 私に気付かない。


                手を伸ばせば 届く距離を通り過ぎて行く。


                     ま、ま、待てぃ。。。。


                固まったまま 見送ってしまったら、
                きっと 私は。
                私は この先 ずっと 悶々としてしまう。



              意を決して 強張る顔で 手を振ったら、少年は気付いて足をとめる。

              同じく 私に気付いた彼女は
              ひとごみの中で 私に気付かれていないと思ったか、
              すぅぅっと 私の死角へと退いていくのが目の端に入る。


              少年も ことさらに 彼女を私に紹介しようとしない。





                  あぅあぅあぅ。 





              私は 彼に 「 逢えたね!! 」 と言うのが 精一杯。

              前夜、「 式場で 遭っても、声は かけんから 」 などと
              クールぶって 言ってしまった 自分が 呪わしい。 ?





                    手を振る私に、
                    彼もにっこり手を振って そのまま 通り過ぎて行く。




                    後ろ姿を 見つめてたら、


                    暫くして、また 彼女がすっと 寄り添い、
                         ふたりで 小さくなって行く。



                      それがまた なんとも、イイ感じのオーラ、で、

                         その分、
                         なんとも 「 置いて行かれた ?? 」感も凄まじく、
                         
                         思わず ふたりの 後ろ姿を カメラに収める。
               




イイむーど.jpg





             撮ってすぐ、モニタを確認したら、
             ほんとに ふたりの雰囲気が イイ感じ。??

                なんだか、うるうるしそうだったので、
                慌てて、モニタから顔を上げる。

                と、ふたりから 少し離れて、
                彼女のおかあさま も 一緒に 歩いて行かれてて。



                う"~~~~~~~~ん。 う"~ん。



                        いいのか > 私。

                        空気を読んで、このまま 別れ、
                        後で 死ぬほど 後悔するのか > 私。

                        これで、夫に どう話すのか > 私。


                            ~~~ 頑張れ! > 私。


                            思いきって
                            「 私も~、私も~! 」 と

                            空気の読めない
                              駄々っ子のふりして、
                            ふたりを 追っかけるんだ~~!! ヽ(`Д´)ノ




ペン凍

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 日記
テーマ : (´・ω・`)

とうぜん、【続く・・・・】
ですよね。

期待してます。新たな展開。
[ 2011/04/23 12:12 ] [ 編集 ]
Re:学位授与式にて。(03/26)
それで、それで、それで?????

あ~ん、その後が知りたいよぉ~っ



ぼんやり(当然わざとだと思うけど)とした写真ながら、とってもいい雰囲気はしっかり伝わってきますよ!女の子は振袖着るの?はかまじゃなくて??



で、りうりうさんの複雑~な母心、お察しします(汗)とってもよくわかるだけに・・・(汗)(汗)
[ 2011/04/23 13:46 ] [ 編集 ]
Re:学位授与式にて。(03/26)
私なら、そのまま放置。

家に戻ったら、チクリチクリと白状させます。



でも…

彼も、さりげなく紹介している気なんじゃないかしら?

[ 2011/04/23 14:16 ] [ 編集 ]
Re:学位授与式にて。(03/26)
そ・・それはまた・・

男の子のお母さんの辛さね(@_@;)



彼女の母はしっかり顔なじみってあたりがちょっとね(T_T)
[ 2011/04/23 21:10 ] [ 編集 ]
Re:とうぜん、【続く・・・・】(03/26)
とほほ(-_-) > あそびすとさん



 > 期待してます。新たな展開。



期待していただいちゃって、申し訳ないですが、

殆ど、これで終わったやうなもんです。。。(-_-)。 はぅ。



[ 2011/04/24 23:37 ] [ 編集 ]
「 袴 」
ふぇぇん(;;) > とらトクさん

とらトクさんのお気持ちが、やっとやっと判りましたですぅぅ(;;)。



 > 女の子は振袖着るの?はかまじゃなくて??



学部の卒業式は、98対2位で袴姿でしたが、

院の方では、半々、くらいでしたです。

んで、外国人の御方も多いので、短めの袴姿にブーツとか、袴姿にストールとか、

お國のカラーを出した、ご自分流にアレンジしておられ、にっこりしました。

博士課程の方々は、ミセスでいらっしゃるのか、振袖ではないけれど、

超・粋な和服でいらしたり、如何にもキレもの、といったハンサムパンツスーツでいらしたり。

「 着られてる感 」 がなくて、とても素敵でしたです。



 > で、りうりうさんの複雑~な母心、お察しします(汗)とってもよくわかるだけに・・・(汗)(汗)



ほんとに、とってもとっても複雑でした(;;)。

[ 2011/04/24 23:44 ] [ 編集 ]
「 そのまま放置 」
ひーん(;;) > JJ2007さん



 > 私なら、そのまま放置。

 > 家に戻ったら、チクリチクリと白状させます。



この式場を後にしたら、もう、上の少年と逢えるのは、6月以降なんですぅ(;;)。

JJ2007さんなら、それでも放置されますですか(;;)?



 > でも…

 > 彼も、さりげなく紹介している気なんじゃないかしら?



それはない、と思うです(;;)。

[ 2011/04/24 23:47 ] [ 編集 ]
「 男の子のおかあさん 」
はぅー(;;) > やじさん上総んさん



 > そ・・それはまた・・

 > 男の子のお母さんの辛さね(@_@;)



3人兄弟全てを手放した義母のこころや、

末っ子の嫁である私が懐妊したときに、

「 せめて りうさんだけは 」 と、この地での出産を希われたことを思いだしました(;;)。



 > 彼女の母はしっかり顔なじみってあたりがちょっとね(T_T)



そうなの(;;)。

ふたりだけでなく、3人の後姿は かなり胸にこたえました(;;)。

なんで、そこに在るのが私ではないんだろう、みたいな、

めちゃくちゃ強い疎外感で、茫然自失でしたです。

[ 2011/04/24 23:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。