今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有機農家の男性が縊死されたこと。








        毎日 胸痛いニュースが続くなかで、
        24日朝、福島県の野菜農家の60代の男性が
        自宅の敷地内で縊死されたという29日の朝日新聞の記事には
        紡ぐ言の葉もなく。
                            ( asahi.com )




        この御方の自宅は、地震で母屋や納屋が壊れたものの、
        畑の約7500株のキャベツは無事で、試食も済ませ、
        収穫直前だった由にて、意欲的に納屋の修理などに励まれていたところ、
        23日に 県からキャベツの摂取制限指示が出たのを受けて、とのこと。


            23日まで作業日誌をつけておられたこの御方は、
            30年以上前から有機栽培にこだわられ、
            自作の腐葉土などで土壌改良を重ねて来られ、
            キャベツには10年近くかけて種のまき方などを工夫し、
            この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功。
            農協でも人気が高く、地元の小学校の給食に使うキャベツも
            一手に引き受けておられ、
            安全な野菜づくりを誇りにしておられた由。










           「 なにもかも喪っても、いのちさえあれば。

                  生きてさえ在れば、また 一から ヤり直せる 」





             どうぞ 諦めないで。

                 どうか 前を向いて。  と、


             そう 言い放てないところが
                    放射能汚染 の 恐ろしいところで。



                母がヒバクシャであることから、
                子どもの頃から、反核、反原発の立場で学んで来た。


                   だもんで、毎日、テレビの前で、
                   手を揉み絞り、歯を喰い縛って来たのだったが。






            未曾有の大地震、大津波で 家を無くされ 大切なひとを亡くされ、

            加えて 原発事故による 放射能漏れで「 汚染 」された土壌、海で、

                農業、酪農、漁業を生業にされて来られた方々のこれから――。




                震災・津波の爪痕だけでも 何もかもが ずたずた な なか、
                先のみえない 原発の放射線汚染に 風評被害まで 抱え、
                今後、どうやって、生活基盤、経済基盤を 構築していくのか。









           「 國 」の出番だ、と 痛切に思う。



             こんなときのために、「 國 」 は 在るのだと。

             こゆときのために、「 みんなの税金 」 を預かっているのだし、
             こゆときのための 本気な 「 政治 」 であるのだよ、と 思う。





           「 國を挙げてのサポートだ!! 」 と 民草は 頑張ってる。


            東北地方太平洋沖地震 復興支援プロジェクトは
            【 がんばろう!! 日本 】 と 掲げ、

            日テレ系 は 【 つながろう ニッポン 】
            FNS は 【 ひとつになろう 日本 】。

            サントリー は、
            いち早く、少しでも多くのひとのこころに 絆の和を広げていきたいと、
            総勢71名による 希望の歌のバトンリレーを行い。


                 著名人、経済人の方々が 次々に巨額な寄付をされ
                 それぞれに 物資を集めて 運ばれたり。


            お金も絵本も物資も、ポイントも、
            ボランティアに駆けつける人々も、次々と集まり。

               それぞれに できる形を探し、
               継続して つながっていける形を模索し、

               なけなしの知恵を絞り、なけなしの財布をはたき。

               瞼を濡らし、胸を熱くし、手をつなぎ、

               ひとりひとりが できることをできる形で 踏ん張ってる。

 


           お金のない國だけど、
           「 國 」 そのもの も 是非、踏ん張って欲しい、と願う。
           この國に 縁あって良かった! と 思わせて欲しいと願う。





                そして、 國を挙げて。

                本気で 脱・原発の國を 目指して欲しいと願う。



                     そのための バイオ、 そのための 技術、
                     そのための 國力であって 欲しいと 願う。







ペン小潤

ここのところ 落ち込み酷く、
この記事も アップできないでいたが、
今のところ、自死される連鎖は起きていないようで、
それだけは、有難く感じたりしている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ニュース
テーマ : 考えさせるニュース

[ 2011/03/29 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(3)
Re:有機農家の男性が縊死されたこと。(03/29)
このニュース読みました



そして昨夜の地震で岩手のブロ友さん達が

「せっかく立ち直りかけてたのに」

と上司の方が心が折れてしまっていると言ってらっしゃいました



なんとかなんとか・・ならないんでしょうか・・
[ 2011/04/08 21:33 ] [ 編集 ]
「 なんとか、、 」
やじさん上総んさん



 > そして昨夜の地震で岩手のブロ友さん達が

 > 「せっかく立ち直りかけてたのに」

 > と上司の方が心が折れてしまっていると言ってらっしゃいました



ちょうど、TVを観てたので、東京が揺れてる様子を観て、ほんとに悲しかったです。

津波警報が出て、ほんとにほんとに真剣に祈りました。



 > なんとかなんとか・・ならないんでしょうか・・



天災だけはどうしようもないですよね(;;)。

私たちにできることは、「 備え 」 と、

起こった後の 「 対処 」 行動と、

祈り、しかないです(;;)。

[ 2011/04/10 01:07 ] [ 編集 ]
Re:有機農家の男性が縊死されたこと。(03/29)
やはり新聞で知りました。

亡くなられた方の絶望の気持ちは、それまでどれだけご自身の仕事に希望を持ち懸命に取り組んでこられたのかと。「無念」という言葉が浮かびました。
[ 2011/04/11 09:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。