今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NZ地震。



   



          NZ南部のクライストチャーチ付近で 22日午後0時51分
          (日本時間午前8時51分)頃に起きた
          活断層に伴う直下型の地震( M6.3 )。

          富山の専門学校生や 国学院栃木中学校生など、
          日本人が多数遭遇されたのもあって、刻々と流れる詳細ニュースに胸が痛い。




          独身時代、 母の長年に渡る大親友であり、
          いつも私に 的確であたたかなアドバイスを下さる御方が
          ご夫君の長期出張に合わせて 数年間、NZ生活をされ、

          その間、そのお宅の愛犬を お預かりしていたこともあって、
          折々にNZの話を聞いており、
          この御方が 帰国されてからは、たくさんの写真も拝見し、
          たっぷりのお土産話に、私のなかでは随分と近しいお國、となっている。


          また 近年では、こちらでお友だちになった御方が
          1年、ご家族で滞在されたお國でもあり、
          NZでのご様子をブログで拝見して来たこともあり、

          実際に 行ったこともないのに、かなりの衝撃である。





                 また NZは夏であるから、
                 2次災害も大変なことになるのではないかと案じたが、
                 肌寒いほどの天候である由。

                 被災地が 真夏の暑さに見舞われるよりは
                 多少、しのぎやすいのかも、と 少しは安堵しつつ。



                         どうぞこれ以上 被害が広がりませんよう。
                         2次災害が起きませんよう。





ペン潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/22 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(2)
こわい
今我が家では毎日のニュースにくぎ付けです。

幸いうちがいたのはオークランドだったからげんちの 知人たちは何事もなく大丈夫でしたが。。

滞在中1度だけクライストチャーチに旅行にいったのですが

ホント綺麗な街でしたのに。。。

家族で見ながら

『ワタシタチが見たクライストチャーチは無くなったね』

と。

日本で紹介されるNZはほとんどが南島で旅行会社のパック旅行なんかはクライストチャーチを含むツアーばかりなので

日本人からみるとNZ=クライストチャーチってイメージを持ってる人も多いせいかワーホリや留学の日本人が結構いますよね。。。

ムスメの話によると ムスメがホームステイしてた家の人からきくと クライストチャーチでホームステイを受け入れている人たちの家もかなり災害にあっているたね留学生もオークランドの受け入れ家庭が引き受けるということで準備でバタバタしているとのこと。

人口が少なく都市言える街が少ないため日本でいえば北海道と東京くらい離れているところですが

そういった活動も始まっているそうです。

NZは日本からに限らずアジアや南米の各国から留学生やワーホリの若者が多いですから。。

本当に これ以上亡くなった方が増えないことを祈るばかりです。



ここだけの話 イマイチNZの医者や救助隊の判断が信用できないワタシ。。。(;^_^A

日本からの救助隊が到着するまでイライラしながら見てました(苦笑)







[ 2011/02/25 15:19 ] [ 編集 ]
Re:こわい(02/22)
をを(;;)>おじゃりん ぴっとさん

まだ、行方不明の日本人の方々の朗報を聞けませんですね(;;)。



 > 今我が家では毎日のニュースにくぎ付けです。

 > 幸いうちがいたのはオークランドだったからげんちの 知人たちは何事もなく大丈夫でしたが。。



そうでいらっしゃると思っておりました(;;)。

母の友人が数年滞在していたのもオークランドでしたので、

おじゃりんさんと同様に感じておられたです。

でも 長期滞在していると、クライストチャーチにも数度出かけてるし、

あちらこちらに友人や知人、その親族、、と多いために、多大なる心痛を抱えておられるです。



おじゃりんさんご一家は、また一段とご家族の絆を深められたことでしょう(;;)。

いつ何処で、何が起きるか判りませんですね。



一日一日を、大切に生きて参りたいです(;;)。

[ 2011/02/27 09:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。