今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逃亡疑惑。



         暮の29日 夕刻。




         『 クアトロン 』 と 『 ベジータ 』 が
         2台のトラックで 別々に 無事搬入 され、ほっと一息。



         嬉々として 10年ぶり?な マリオに向かう上の少年 に
         懐かしい とき が 戻った心地で キッチンに立っていたところに
         ドアチャイムが鳴る。




         ドアを開けると 蒼い顔をした 元班長の隣の彼女で。




         何かあったかと、彼女に連動して、私まで蒼くなり、

         無言で 見つめあった私たちの後ろから、
         ぴこぴこ と 能天気なマリオの音。 たらり



             「 …… 」

             「 …… 」



         みるみる彼女の頬に血の気が戻り、



           「 りうさん! 良かったぁああ 」 と 彼女がへたり込む。





しょんぼり しょんぼり






         ほぇぇえ。 ?a



         トラックが 2台も 長時間停まり、出て行った我が家に、
         彼女は、すゎ、つひに 私が この地を後にすることにしたのか、と。


         トラックに 家電店のマークが入ってれば、
         そんな誤解も生まれなかったのだろうけれど  
         年末の配送ラッシュのせいか、2台が2台とも
         そういへば ノーマークの、フツーのトラックだった。。。






              ふたりだから 踏ん張れる。

              だから 互いに この地で 頑張れるだけ頑張ろう。


              頑張って頑張って それでも限界を超えたら。


                      そのときは 一緒に。

                      一緒に この地を 出て行こうね。



             そう 約束したのに。


              「  約束したのに 置いてっちゃったのかと~~~ なみだ 」





             私の数十倍頑張ってる彼女。




             やっと1日、やっと また1日。

             1分1秒が 気の遠くなるほど長く。

               賽の河原で 石を積むやうな毎日に。

               なにもかも 全て放り投げてしまいたい こころを
               懸命に押し殺して 積み重ねて来た日々が私にもあった。



               あれが   あのときが。
               あのときが どん底であり、
               あの日々があったからこそ、あれよりはマシ、と 生きていける、

                           そう 過去形で語れる私に比べ、


             これでもか、これでもか、と。
             次々に 災難が降りかかる彼女 の トンネルは
                   どんだけ 長く 深いことだろう。。。




              「 ○○ちゃんが 毎日 こんなに 頑張ってるのに、
                黙って 置いて行ったりしない。 だいぢゃぶだから 」





              驚かせてごめん、と 涙目の彼女を 見送り、
              今もなお、追い詰められ、苦労続きの彼女に



                   いったぃ 私に 何ができるのだろう と ヘコみながら。






                              。。。とりあえず、
                                 ケーキでも焼いて、持ってってあげちゃお。






チビペン潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : ムラ ムラ社会 逃亡疑惑 地域 介護 介護生活

[ 2011/01/08 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(4)
Re:逃亡疑惑。(01/08)
どん底の経験が「過去」にあり、それに比べればどれだけ今が楽か・・・と感じられる私たち(一緒にしちゃったけど)はまだ救われてますよね。



現在進行形で大変な思いをされている彼女にとって、りうりうさんをどんなに頼りにしてらっしゃることか・・・。



自分のことをわかってもらえることってすごく力になりますよね。ずっと支えになってあげてくださいませ。
[ 2011/02/13 09:21 ] [ 編集 ]
Re:逃亡疑惑。(01/08)
驚きました。トラックの姿を見て、そのような不安を抱いてしまった彼女に…

そこまで、ギリギリの気持ちでいらっしゃることが切ないです。



おいしいケーキに笑顔をそえて…

それだけで、十分な気がします。早く、気持ちが晴れる時がくるといいですね。

[ 2011/02/13 11:00 ] [ 編集 ]
「 現在進行形 」
ほんとに(;;)>とらトクさん



にっちもさっちも行かない状況のときは、

とにもかくにも 元気でさえあれば、、、なんて言いたいところが、

彼女の場合、夫君を亡くされ、自身の病もあり、

義両親の介護の問題、ご自身のおかあさまの介護、お子さま方の苦難、etc.etc.

これでもかと彼女に降りかかる、何重もの苦難に、かける言の葉もないです(;;)。



「 黙って置いて行ったりしない 」、、なんて、

そんなことを言うことしかできないのが、切ないです(;;)。

[ 2011/02/14 00:41 ] [ 編集 ]
「 ギリギリ 」
そうなんですよね。。(;;)>JJ2007さん



 > 驚きました。トラックの姿を見て、そのような不安を抱いてしまった彼女に…

 > そこまで、ギリギリの気持ちでいらっしゃることが切ないです。



2台のトラックが出て行って 茫然としてたら、夜になって 我が家に電気が点いたので、

祈るような想いで、ドアチャイムを鳴らした、と言ってたです(;;)。



。。。その最中は、私もそうでした。

出社帰りには、この地に帰りたくなくて、帰りたくなくて。



この地へ帰るホームを飛び越して、新幹線のホームで のぞみに乗りさえすれば逃げられる。

毎週毎週、葛藤でしたです。

でも、その都度、私を待ち侘びる 小1と小4の少年たちの顔が私をこの地行きの電車に乗せました。。



彼女は 私の、そんなだった状態が、

もう10何年も続いてるんだな、と 胸が痛いです(;;)。



 > 早く、気持ちが晴れる時がくるといいですね。



ずっと 彼女を庇い、彼女の支えだった 彼女のおかあさまが 認知症になられてしまって。。。

ここのところ、どんどん進んで来られ、まだまだ彼女の哀しみは続くです(;;)。

[ 2011/02/14 00:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。