今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

瓦葺き替え工事の波紋。







          南北の緊張関係もさることながら、
          義母の班内の緊張関係もなかなかのもので。




          先般、やっと義母宅の 瓦葺き替え工事 が終了したのだったが、
          すっかり 義母の班内では 瓦の葺き替えが 流行ってしまい

          立て続けに 3軒、瓦を葺き替えるそうで、
          早速、義母宅のすぐ上のお宅が工事に掛かられたのだったが、

          業者さんが異なるからか、そのお宅には、10人もの職人さんが入られ、
          【 10日間 】 で 終了されたのである。?a



?a  ?a



          だもんで、義母宅には、
          工期は20日程度と聞かされていたのに、( 10日でできるものを )
          2ヶ月も掛かって迷惑至極だった、お叱りが相次いだり、

          ねえさんところから始まって 次々と瓦をヤってぢゃけん、
          我が家も葺き替えないと ふうが悪い( 体裁が悪い )。
          全く迷惑なことだ、と 遠まわしに 嫌味を言われたり。

          10日の仕事と2ヶ月の 仕事の見比べに、方々が殺到されたり。  
          


          私だったら、ノイローゼになってしまうであろう状況下、
          ひと一倍 負けん気の強い義母は、雄雄しく立ち振る舞っていたのだったが。

          意外なところ?で、義母が参ったのは、音と土、である(-_-)。



            義母宅の工事は、昔ながら、の 4人の職人さんで、
            屋根瓦も1枚1枚丁寧に外し、20枚ずつを結索して丁寧に降ろし、
            希望者に100枚ずつ分けて渡せるように 別にして、
            残りの瓦は きちんと瓦のリサイクル場に搬入。

            1番心配だった土も、極力 土埃を立てないよう、
            屋根の上で 静かに袋に詰めてから降ろされていたのが、


            そのお宅では、10人中の殆どで屋根に登られ、
            一斉に 瓦を下に投げ落とされるんである。 a

            ひょぃひょぃと 瓦をバケツリレー的に降ろされるものとばかり
            思っていたのが、1枚1枚、ガッシャーン!!! だったので、

            それは驚愕したし、その派手派手しく割れる音は 確かに心臓に悪い。
            何千枚という瓦が落とされて割れていく。

            その音には 到底 慣れることはできないし、
            その度に義母の心臓が跳ね上がり、血圧が上がって行くようで、
            顔色が みるみる 悪くなっていく。


            また、土もそのまま、2階からでさえ そのまま
            巨大なスコップのようなもので 地面へ落とされるため
            もうもうたる 土埃が それは凄まじく。



               義母宅の工事中、畳、廊下は勿論、押入れのなかまで
               ブルーシートを敷いて土を防いでいたのを外し、
               丸2日掛けて 土埃を掃除したのが、また逆戻り、、、
               どころか、
               義母宅そのものの工事のときより、真っ白になってしまう。



              「 あんな やっつけ仕事ぢゃけん、 10日で済むんよ!! ?? 」



            方々から、2ヶ月も掛かるなんて!と 非難されたこともあって
            ( 2ヶ月になったことには 義母や私も 驚き、閉口したのだが )
            義母は すっかり おかんむり、である。


              「 あちらは 10日間で済まれましたが、うちは2ヶ月。

                多かれ少なかれ、うちも皆さんに
                何らかのご迷惑やご不自由を長いこと お掛けしたのですから 」



            そう、とりなしてみたところが、すっかり逆効果。 ??


            ? ?
            結局、そのお宅の工事が終わるまで 義母の機嫌は最悪であったのだが、
            この後、これからまだ 2軒も 工事が続くのだ。?



                             。。。ふぁいとぉ~ > ぢぶん






ペン疲

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/26 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(6)
Re:瓦葺き替え工事の波紋。(11/26)
あらら、とんでもないものが流行りですねぇ。



時間はかかってもきちんと対応してくださる業者さんにお世話になれたことは良かったですね。



隣家解体の折、ほんの一週間のことなれど、騒音と埃と震動(振動ごときではなかった)に、気の休まる閑がありませんでした。耐震施工を済ませておいて良かったと本気で。



しかも、ある作業休みの日が猛烈な風。シートをかけた足場が度々煽られ傾いできて、何度も屋根に接触。あわや屋根が壊されるところでした。半壊状態の建物ごと倒壊してきたらドウしてくれようと終日目が離せませんでした。業者を呼び出して、足場の補強を要求しちゃいました。



配慮のできる業者に出会えることは、幸いです。

[ 2010/12/26 11:58 ] [ 編集 ]
Re:瓦葺き替え工事の波紋。(11/26)
いや・・・それは突貫工事の10人態勢は無茶苦茶だって(@_@;)

お義母さん怒るのもわかるわ・・・



2カ月はちょっと大変だけどお隣の業者さんは「早い・安い・悪い」じゃないのかねぇ???(-"-)
[ 2010/12/26 20:57 ] [ 編集 ]
Re:瓦葺き替え工事の波紋。(11/26)
またまた、お疲れ様です。



そう言うくだらないところで競争心をむき出しにするところは、やっぱり田舎だな~って感じちゃいます。姑もそのような事を言うのだけれど、『そんな事言ってると笑われちゃいますよ。』と蹴散らせるようになりました。



瓦を運んでいる主人は、職人さんをいろいろ見るみたい。都会では、そんな乱暴なやり方ではできません。直ぐに、クレームがでちゃうもの。

きっと、全て終わった時に、きちんと2ヶ月の評価されるんじゃないですかね。



[ 2010/12/27 15:40 ] [ 編集 ]
「 とんでもないもの 」
はぅ(-_-)>あそびすとさん



 > あらら、とんでもないものが流行りですねぇ。



100万円単位のものが 「 流行っちゃう 」 って、凄いですよね(-_-)。

油瓦である赤瓦は、古くなってくると1枚1枚の色の違いがすごーく判るんです。

色も違うし、光具合も違って来ますから、気になりだすと すっごく気になるものらしいです。



瓦の焼かれ加減、釉薬の塗られ具合等々が、5、60年経つとすっごく違ってくるんでしょうね。。。

窯のなかのどの位置に置かれていたか、でも違うんでしょうから。



 > 時間はかかってもきちんと対応してくださる業者さんにお世話になれたことは良かったですね。



ほんとーに そう思い、これぢゃ2ヶ月掛かるハズだゎ、と 密かに納得もし、

義母ともども感謝してるです。

ただ、最初に20日と聞いていたので、これは如何に何でも差があり過ぎだと。

せめて40日、とか50日、とか 聞かされてましたら、それなりの覚悟で臨んだのですが^o^;。



ただ、それをよりどころに、他の方々に この業者さんを褒めこそすれ、

自慢することぢゃないと思ふ(-_-)>義母



 > 隣家解体の折、ほんの一週間のことなれど、騒音と埃と震動(振動ごときではなかった)



幼き頃、近所で大火事があり、焼け落ちた家を引き倒すところは目撃しましたが、

フツーのおうちの解体作業を観たことはありません。

けれど、所さんの『 ビフォー・アフター 』を観てて、

隣家が解体されるときの凄さは 想像できるです!



足場が何度も屋根に接触されただなんて、めっちゃ怖い(>_<)。

なんとか無事にクリアされまして良かったです。



年明けから基礎工事に入られるのでしょうか。

またまたトラックの出入りから何から、落ち着かれませんですね。。。



我が家は ぃょぃょ年明けから 家のまん前が下水道工事です。

車を何処かに置かせて貰わなくちゃ(-_-)。

[ 2010/12/27 19:27 ] [ 編集 ]
「 突貫工事 」
まさに>やじさん上総んさん



 > いや・・・それは突貫工事の10人態勢は無茶苦茶だって(@_@;)



「 突貫工事 」 という言い方がぴったりな感じでした^o^;。

しかも義母曰く、10人中、少なくとも4名は いかにも学生のバイトだったと^o^;。



 > お義母さん怒るのもわかるわ・・・



んでもね、だからといって、そこから波及しまくりで、

「 だぃだぃ あそこのイエは… 」 みたいな話は聞きたくない(T^T)。



どんな業者さんを選ぶか、どんな業者さんに当たるか、で、

「 対 業者さん 」 ですまない「 しこり 」が生じちゃうかも知れないって、

すっごく怖いですよね。



何にでも言えることですが、調達資金に限界がある以上、

( 工事の )何処にお金を遣い、何処でお金を絞るか。

改めて考えさせられたです。

[ 2010/12/27 19:34 ] [ 編集 ]
「 競争心 」
ぅひょひょ~^^*☆>JJ2007さん



 > そう言うくだらないところで競争心をむき出しにするところは、

 > やっぱり田舎だな~って感じちゃいます。



ですよねですよね!!

もっと言ってヤって!!       、、、私は怖くて いえないけど(゚゜)\バキ☆



 > 『そんな事言ってると笑われちゃいますよ。』と蹴散らせるようになりました。



私はまだまだ ダメだわー(-_-)。

すっと 話をそらすか、言葉を選んで選んで 婉曲に、、、



、、、、、だから、義母には通じてないのね(o_ _)oポテッ



 > 瓦を運んでいる主人は、職人さんをいろいろ見るみたい。

 > 都会では、そんな乱暴なやり方ではできません。直ぐに、クレームがでちゃうもの。





ぃゃ、田舎でも そうであるハズなんですよ。

特に どちらも地元の業者さんですから、一事が万事、で、

死活問題であるハズなんですけど、、ね。



「 職人 」 さんにも色々いらっしゃるってことは、

義母宅の下水道工事のときに 凄く判ったです。

( 班内一斉、だったので、町内の業者さんが総出だったし、

地元外の業者さんも来られて、金額からなにから、ピンキリでしたもの )



 > きっと、全て終わった時に、きちんと2ヶ月の評価されるんじゃないですかね。



有難うございます。

金額も金額でしたから(滝汗)、

それこそ、「 一生もの 」な財産を 義母はつくっていただいたのでしょうね。

[ 2010/12/27 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。